空想科学読本単語

クウソウカガクドクホン
2.1千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

空想科学読本とは、特撮マンガアニメなどに登場する設定、現などを科学的な線で考察した本である。

著者は柳田理科雄

概要

1996年2月26日に一作が刊行。考察により導き出される面い結論やユーモアのある文章が読者に広く受け入れられてベストセラーとなり、シリーズ化された。現在シリーズの刊行は続いており、20周年を迎えた2016年には「空想科学読本17」が発売されている。

「2」宝島、「3」・「4」・「5」はSPA!の連載企画、「6」以降(書き下ろしの「6.5」「9」「12」「14」「17」以外)は筆者が全高校高専に配信している「空想科学図書館通信」の原稿を加筆・修正したもの。

元々は筆者が宝島社「帰ってきた怪獣VOW」に寄稿した、特撮番組の科学考察が原。そのため初期の発行所は宝島社だが、計算などを手直しした上で文庫化したかった筆者と文庫版をく出したかった宝島社の間で文庫化を巡って裁判沙汰となり、決裂。裁判は筆者側が勝訴し、その後はメディアファクトリー(現:株式会社KADOKAWA)が出版している。

原作の設定を無視して検証する場合や、単純な計算ミス、強引な仮説、理論展開が散見されるため、批判も多い。その反面、「子供化学興味を持たせている」という肯定的な意見もある。発売当時は「こんなを壊すような本を書くなんて」と言われることも多かったが、のちに実験ショーなどを行うようになると「子供たちにを与えるような実験を」と言われるようになったと筆者は述懐している。

2013年からは児童書レーベル角川つばさ文庫から小学生向けに再編集された「ジュニア空想科学読本」が刊行され、「楽しく読むうちにすっかり理科が好きになる本」としてアピールされている。近年はこちらのシリーズメインで展開されており、2020年には「ジュニア空想科学読本20」が刊行された。

一方で本シリーズの刊行は「17」で一段落し、ナンバリングを冠さない総集編的な文庫版、電子書籍がいくつか刊行されている。書店におけるサブカル系書籍の棚が近年は縮小傾向にあることが理由の一つのようである(雑誌「Febli」vol.58のインタビュー記事より)。

近藤ゆたか氏により挿絵が描かれているが、著作権などの配慮のためか、原作微妙に似ていないように書かれている。挿絵の解説文にもあえてキャラクター名前を書かず、曖昧な表現で描いている。なお原作側から許可オファーを受けて制作された本や原稿など、以下のように原作側が積極的な協を行っている例もある。

また、このほかにもアニメ漫画の出来事を日本法律で解釈する「法律読本(著者:盛田栄一)」や、アニメ漫画の出来事を実際の歴史に当てはめて考察する「歴史読本(著者:円祥之)」などの生本も多い。

モリナガ・ヨウ氏のオブジェが掲載されてるが、「16」以降はusi氏によるイラストが掲載されている。

内容の間違いについて

前述のとおり、本書の考察内容は必ずしも正確なものではない。

計算間違いや設定認識ミスの多さは柳田本人も認め、たびたび新装版などで謝罪、訂正している。例えば96年に出版された空想科学読本(宝島社刊)では「ゴジラは体重が重すぎるため、生まれた間に圧死する。」と導いたが、のちに出版された新装版では「ゴジラは非常に納得のいく体重設定である。」と訂正している。

ちなみに作中では「(編集者の意向もあり)少々強引であっても面い結論を出すことを重視して書いたつもりである」「正確さとわかりやすさの二者択一を迫られるケースでは、思い切って人間の実感を重視した。つまり正確さを犠牲にした場合もあるということだ。」などともられている。

また、「想非科学大全」を文庫本にする際に全面的に構成と計算間違いを手直ししたが、編集者に「前のほうが面みに満ちていて良かったのでは?」と言われて間違いの訂正などに修正を留めるなど、編集者読者める形が原稿(及びその修正)に反映されている面もある。

と学会会長であった山本弘は、こうした問題や不勉強な点をクローズアップした「こんなにヘンだぞ!空想科学読本」という本を上している。こちらは性質上、難しい公式喩などが頻出しており、「原作」からの本格的な引用(「ブレードランナー」においては映画版だけでなく原作の「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」からも引用)が多いため、空想科学読本よりも門外に分かりづらく、記述も一部間違いがあるなど、こちらもこちらで問題を抱えている。

関連商品

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

空想科学読本

502 ななしのよっしん
2022/10/06(木) 12:48:35 ID: ah/EJRW0jo
関連項目カール・ルイスがあるなら
ジャイアント馬場
👍
高評価
0
👎
低評価
0
503 ななしのよっしん
2022/10/28(金) 00:01:38 ID: JUOiN4ELJW
初期ので、仮面ライダー変身について
変身できるという事は、強くも弱くなれるという事であるが、強くなるならともかく、弱くなることに何のメリットがあるのか?変身できる改造人間を作るよりも、最初から強い改造人間を作ったほうがいいに決まっているのだが」というものがあって、それがなんとも記憶に残ってる。
変身カッコいいし、ロマンだが、まあ合理的な理屈をつけるのは難しいかも…。ドラゴンボールでは「超サイヤ人への変身は体に負担がかかる」とあったけど、体に負担がかかる、というのがまあ自然な理屈だろうか?
👍
高評価
0
👎
低評価
1
504 ななしのよっしん
2022/10/28(金) 00:06:59 ID: 4QwwdT2WOG
あの姿だと飯も食えないし排も出来ないからかな?

超サイヤ人状態でも別にうんこはできそうだけど、仮面ライダー状態だとうんこは出来なさそう。下半身だけ脱ぐって訳にはいかない構造な気がするし。
👍
高評価
0
👎
低評価
1
505 ななしのよっしん
2022/10/28(金) 00:09:33 ID: 4QwwdT2WOG
あ、すまん今考えたら回答ずれてるね

うんこができる状態で強い改造人間にすればいいだけの話か
👍
高評価
0
👎
低評価
0
506 ななしのよっしん
2022/10/28(金) 00:12:58 ID: l8d2EsRD2x
ショッカー的が武による日本政府打倒、じゃなくて
秘密裏に暗殺、拉致洗脳を繰り返す乗っ取り侵略だったからね。
仮に、一般人が乗るような自動車から全武装した戦車
で変化できる兵器があったら相当な脅威だと思う。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
507 ななしのよっしん
2022/10/28(金) 00:15:21 ID: rvZQdiMM9y
自衛隊でも特殊部隊だと顔を隠すのはOKのはず。シャア仮面といってもヘルメットジオン兵と同タイプの部分にバイザーがついているだけ。
仮面ライダー変身は、実は怪人もやることがあって必ずしも人間になるわけじゃないが潜入活動的で非戦闘形態を持っていた。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
508 ななしのよっしん
2022/10/28(金) 20:00:33 ID: JUOiN4ELJW
まあ、仮面ライダー変身は、人間へのカモフラージュ、と説明できるのかな。
あと、最初ので「巨大ロボットに人が乗るのは危険である。遠隔操縦にするべきだ」というのがあった。確かに巨大ロボットに人が乗るのは危険だけど、今の軍事だと遠隔操縦は、妨電波で妨されたり、乗っ取られたりする危険性がある、とされてるらしいね。
「巨大ロボット遠隔操縦にするべき」というのは今考えると、古臭い考えに感じる。しかし当時は、未来はすべて兵器になる、と考えられてた気がするな。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
509 ななしのよっしん
2022/10/29(土) 10:12:26 ID: GEdVP1GKD/
>>503
ガイバー獣化兵は戦闘時以外は人間形態で消費エネルギーを減らすって理屈だったな
用途が長期間の宇宙戦争だし、個体としての意思や生活もあるから、ガチ戦闘時以外は非力で省燃費の方が都合はいいだろうね
DBZ戦士だって最大出デフォだったら日常生活が大変になるし
👍
高評価
0
👎
低評価
0
510 ななしのよっしん
2022/12/19(月) 13:19:35 ID: LcO4zIANBJ
>>503
パーマンはそういうの理由付けというかアニメでなんとなくわかった。
が強すぎて日常生活で案外不便。
って部分はある、変身すると強い系は。
しなくても十分不便な人もいるけど
👍
高評価
0
👎
低評価
0
511 ななしのよっしん
2023/01/07(土) 19:01:18 ID: /1POHhTIsk
浅倉ショッカーに捕まって怪人されそうって言ったの好き
👍
高評価
0
👎
低評価
0