立山単語

タテヤマ

立山(たてやま)とは、


立山(たてやま)とは、飛騨山脈北部の立山連峰に位置する雄山(標高3,003m)、大山(標高3,015m)、富士ノ折立(標高2,999m)の総称のことである。一般的には「雄山」のことを「立山」と呼ぶことが多いが、立山連峰に「立山」と言う山は存在しない。

概要

日本百名山新日本名山、名山に選定されている日本で有名な山である。また、古くから山自体が信仰の対となっており、日本三霊山・日本三名山(他に富士山白山)でもある。雄山の山頂には雄山神社の本宮がある。
立山三山とする場合は、雄山、浄土山(標高2,831m)、別山(標高2,880m)のことをす。
ちなみに立山はもともと「たちやま(太刀山)」と言い、剱岳(標高2,999m)のことをしていたのだが、いつの間にか雄山のことを「立山」と言うようになったらしい。

ちなみに立山には氷河があるのだが、これは極東にある氷河で最も南にある氷河であり、日本ではとてもしいものである。

立山は山頂エリア地獄(いわゆる温泉)があり、立山登山によって死後の世界を類似体験することで、極楽に行けるとして、信仰登山する人が増えていった。
1964年に立山高原バスが開通すると手軽に立山登山ができるようになり、1971年立山黒部アルペンルートが開通すると多くの観光客が訪れるようになった。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%AB%8B%E5%B1%B1

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

立山

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 立山についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!