立川流単語

タチカワリュウ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

立川流とは、

  1. かつて日本に存在した仏教の一で、読みは「たちかわりゅう」。真言宗の一であったため「真言立川流」とも。詳細は「真言立川流」の記事を参照。
  2. 落語家立川談志」が創設した一門で、読みは「たてかわりゅう」。「落語立川流」とも。ニコニコ大百科に記事がある人物としては「立川談志」「立川志の輔」「立川談笑」「立川こしら」など。
  3. 大工の流。寺社建築における装飾彫刻(宮彫り)で特に名を馳せた。「大隅流」からの分として江戸で起こった大元の「立川流」(便宜上、江戸立川流とも)と、その流れをんで諏訪盛を誇った「立川流」(便宜上、諏訪立川流とも)がある。

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%AB%8B%E5%B7%9D%E6%B5%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

立川流

1 ななしのよっしん
2020/11/01(日) 11:46:19 ID: IYn8Coe4Bd
真言立川流のは説だけど、ここはまさしくカルトと言っていいw