童磨単語

418件
ドウマ
3.8千文字の記事
  • 14
  • 0pt
掲示板へ
ネタバレ注意

ネタバレ閲覧の権を他人に握らせるな!!
この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
閲覧の際は自己責任猪突猛進!!猪突猛進!!

童磨とは、漫画鬼滅の刃』に登場する人喰いである。十二鬼月の次席"上弦の弐"としてそのを奮う。

CV:宮野真守

概要

鬼舞辻無惨の直下十二鬼月"上弦の弐"に位する強者。人間社会では万世極楽教という宗教教祖として振る舞っている。そして、胡蝶しのぶ胡蝶カナエに致命傷を与えて殺した男である。童磨の持って生まれた賦の才は良きにつけ悪しきにつけ彼の活動を支える、と言うか拡大させてきた。

容姿

閻魔の意を基にした帽子に血が垂れた様なベルトで締められた縦縞を着た優男。血がかぶったような模様をした橡色の長に、色の瞳をしており左に「上弦」右に「弐」の文字が書かれている。死に際の胡蝶カナエく「頭から血をかぶったようなだった」「にこにこと屈託なく笑う 穏やかに優しく喋る」とのこと。作中ではほとんどの場面で笑顔である。

鬼として

二十歳でとなりその後年以上を生きている。にしてはしく、過去をはっきり思い出すことができ、更に人間時代とべて性格も変化していない。言い換えると、人間時代から化け物じみた性格を有していたと言える。「信者の皆と幸せになるのがの務め」というが、その内実は信者を喰って自分と一つになることで死への怯えもなく永遠の時を生きられるという狂気じみたもの。「情報は有益」と考え、今後の戦いのために技を出し切らせて殺そうとするなど向上心も一定程度ある模様。

初登場は96話「何度生まれ変わっても(前編)」。妓夫太郎過去話で、彼ら二人をになるように誘っていた。「どうしたどうした 可哀想に は優しいから放っておけないぜ」 「命というのは尊いものだ 大切にしなければ」と言っておきながら、往来で右手で肩から女の死体をさかさまに担ぎ、左手には女の首を以てその死体を食いながら登場。その異様さを見せつけた。この時点では"上弦の陸"であったが、後に「入れ替わりの血戦」によって"上弦の弐"となったようである。

他の上弦に対してはしげに話しかけているが、基本的に天然煽り口調であり、止めのかからない狂気に加え、行動駄にれしく絡んでいる。驚くべきは、自分より上位の黒死牟鬼舞辻無惨にすら変わらない言動で接しており、そのため無惨及び他の上弦からは嫌われている。特に、童磨以前に化したにもかかわらず童磨の下位に位置させられている猗窩座は、「よりも強くならなくてはいけない」こともあって童磨を心底嫌っている。一方で、童磨のほうは猗窩座を「一番の友人」と評している。前述のとおり、"上弦の陸"妓夫太郎になるよう勧誘したのもこの人物、いやこのである。

になってから年以上にって信者を食らい続けて得た強さは相当の物。猗窩座の一撃を受け顔面を半分削られても、「前よりも少し強くなったかな?」と飄々とした態度を崩さない。「猗窩座殿らに勝てまいが」「わざと避けなかった」などの台詞から、後からになったにも関わらずその戦闘力は鍛錬を続けてきた猗窩座を追い越して歴然と差をつけている模様。なお、本人く探知探索は不得意とのこと。

戦闘には、両手に持った色での模様が描かれた対の扇を使用する。この扇は血術の起点となるほか、それ自体の切れ味が極めて鋭く、しのぶが切られてから数後に気づくほどである。また、氷を元にした彼の血気術は鬼滅隊が基本とする呼吸を抑える術の他、近接、遠距離、対分身を作り出すなど多。身体も、気づかぬうちにカナヲの日輪を奪い、之助の面を取るほどに優れている。しのぶの用意したすら即座に耐性がつくどころか、致死量の700倍のをぶち込まれても死なずに再生を試みる適応も驚異。更にカナヲが「」に、之助が「肌」に優れていることに気づき、それに合わせた技を出す秀でた洞察と対応を持つ。15年前に会った之助の、琴葉を之助の容貌から思い出したり、胡蝶しのぶとその羽織から胡蝶カナエの呼吸、技を思い出すなど記憶も高い。カナヲには「コイツべたら今まで倒してきた赤子だ」と独白されている。

総じて、らしい狂気を振り乱し、柱すら圧倒する極めて高い戦闘を有した、"上弦の弐"に相応しい大敵と言える。

血鬼術

二つの扇を起点として、冷気や氷を操る血術を用いて戦う。その様相はを連想させるものが多く、更に彼の閻魔帽と合わせて考えると恐らくは八寒地獄を元としている。その技は多で幅広い威や範囲がある。その上術の全てに冷気がわれており、これを吸い込むと細胞壊死する。単純だが、呼吸によって身体強化を行う殺隊には非常に有効な術である。

万世極楽教

彼の生まれは万世極楽教という宗教をつくった教祖息子。生まれつきの色の瞳、橡のが特別なであるとして、からが聞ける子と扱われ、信者からは崇められていた。彼自身は幼いころから非常に賢かったため極楽に導いてほしいという大人たちの話に合わせていた一方で、彼自身は一度もなど聞いたことがなかったため、「も存在しない」「死んだらになるだけ」という無神論義の考えを持つようになる。そして彼は信者たちを「頭が悪いとつらいよね」と思い、「気の毒な人をしあわせにしてあげたい 助けてあげたい」「そのためには生まれてきたんだ」という考えを持つようになる。

童磨がになった後は、信者を食って自分と共に永遠の存在となることで救済する「善行」をしている。本人く「これ程人に尽くし世の中に貢献して」きたらしい。先代の教祖であった童磨の父親も次々と信者の女に手を出していたらしく、問題だらけの宗教と言える。

一方で、之助の、琴葉の例で見られるようにこの宗教団体は駆け込み寺の機も持っていたらしい。江戸時代日本では自分が属する共同体からの離脱はほぼほぼ法の埒外に置かれることを意味していた。明治以降であってもその傾向は強く残っており、特に戦前女性には財産権はく、を追い出された女性には、遊女にでも身をやつすほかなかった。そのような時代で、そういった女性も含めた弱者の保護を行う場所は、保護される弱者にとっては「極楽」であったといえる。加えて、この宗教団体が本編に至るまで破綻せず運営されていたあたり、彼がになるまでは、信者たちの身の上話をきくことで信者たちを救っていたようである。

精神性

童磨の特筆すべきはその精性である。一言でいえばサイコパスカナヲく「嬉しいことも楽しいことも苦しいこともつらいことも本当は空っぽで何にもない」。だが、一般的なサイコパスと違い、利己義的な言動や虚言も見られない。ただひたすらに他者への共感がなく、更には自分の死すらもあっさりと受け入れるほどに本人の感情もない。童磨の中にはせいぜい、僅かな快不快があるだけであり、その行動は童磨にとって「適切な」言動を機械的に相手に返しているのみである。その精性ゆえに、彼は父親信者の女に次々と手を出し、それに対し母親が半狂乱になってめった刺しにしたのち、自殺した後も、「部屋を汚さないでほしい」「換気しなきゃ」としか思えなかった。にも拘わらず、生まれ持った知性と、になった後の戦闘の才によって、彼はその地位へと着くこととなってしまった。

童磨にとって不幸(と彼は感じていないが)は、彼の内面を見ようとするものがいなかったことに尽きる。生まれたときから見たによって両神の子として利用され、その知性によって信者から一方的に崇められ、になってからは地位と鬼舞辻無惨に奉仕している。彼自身は他人からめられた言動を取り続けているだけで、彼なりに「善行」を行い「助けよう」としているだけである。救済をめた他の信者女性を喰っているのと較して、ただ保護される場所をめた琴葉を(綺麗なものを傍に置きたいと思ったとしても)喰うつもりはなかったと言ってるあたりも一考に値する。一方で、童磨を深く知ろうとし、いは彼に与えようとするものがいなかったのもまた事実である。

このあたり、彼の地位にこだわりそれを狙っていた猗窩座を一番の友人といい、であるとして命を懸けて殺そうとするほど童磨に執着していた胡蝶しのぶに今際の際にした理由であるとも考えられる。

関連動画

関連静画

関連コミュニティ・チャンネル

関連リンク

関連項目

今はもう心臓が脈打つような気さえする」「これがというやつかなぁ 可愛いしのぶちゃん
本当に存在したんだねこんな感覚が」「もしかすると天国地獄もあるのかな?
ねぇ しのぶちゃん ねぇ」「と一緒に地獄へ行かない?

とっととくたばれ糞野郎

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 14
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

天外魔境II (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: ディーヴァ
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

童磨

532 ななしのよっしん
2024/02/24(土) 14:26:21 ID: x3zP4lysIg
童磨テーマって考えるの難しそう
👍
高評価
2
👎
低評価
0
533 ななしのよっしん
2024/02/26(月) 12:35:31 ID: x3zP4lysIg
童磨の食べ方は柱の男と似てる
👍
高評価
3
👎
低評価
0
534 ななしのよっしん
2024/03/01(金) 22:54:02 ID: zw+uor5kZX
>>531
童磨を見て思ったのは、こいつ、悪行はあれど動機や人格に人間味を感じないから現実味がなくて、結果として創作上の人物として思えるのはありそう
こいつのもたらす被害って『人食いである』というファンタジーな理由だし
逆に無惨とか半天狗とかは現実にいそうなリアルさがあって嫌悪感が出てくる
👍
高評価
3
👎
低評価
0
535 ななしのよっしん
2024/03/27(水) 22:25:50 ID: x3zP4lysIg
そもそも人を襲うから倒さないといけない存在なだけで、もし人を襲わなかったらただの変わり者で終わってる気がする。

と思ったけど猗窩座に思いっきり嫌われてるし、上弦会議でも同僚からの扱いが辛辣だったから、嫌われ者にはなるのか。
👍
高評価
2
👎
低評価
0
536 ななしのよっしん
2024/03/29(金) 08:19:38 ID: ovkZlXoudl
猗窩座に嫌われるのは当たり前だと思うぞ。
なんか唐突に猗窩座自身より上のが現れたからな
👍
高評価
4
👎
低評価
0
537 ななしのよっしん
2024/03/30(土) 18:02:05 ID: 82+mtrDaJj
猗窩座との差は血術の性以外はそこまで大きな差はなさそう
👍
高評価
2
👎
低評価
0
538 ななしのよっしん
2024/04/21(日) 12:17:37 ID: x3zP4lysIg
痣、透き通る世界、赫が全て使える柱なら、勝てるかは分からんが、しのぶ含めも犠牲なしで勝てたのではと思う。

痣と透き通る世界が使えて、恐らく赫も使えたであろう黒死牟が上弦のだし。
黒死牟と対戦したキャラのうち二人が透き通る世界も発動させられているし。
を受けた部分から黒死牟の身体が崩れ落ちているし。
👍
高評価
1
👎
低評価
0
539 ななしのよっしん
2024/05/08(水) 08:56:24 ID: MB5llOh6Wt
>>537
単純に肉弾戦特化の猗窩座じゃ多な遠距離攻撃持ってる童磨には不利だし、結晶の御子とか自稼動のドローンみたいなもんだから闘気感知の羅針も役に立たないし血術の相性もよくないからね
👍
高評価
3
👎
低評価
0
540 ななしのよっしん
2024/05/10(金) 01:10:53 ID: jZrvR3LA0a
感情豊かなフリをするくらいに感情に対する憧れのようなものを抱いてる?
感情に振り回される人間を愚かだと思いながらも、「自分の人生が退屈なのは感情の欠落のせいなのでは?」みたいなに思ってるんじゃないだろうか
感情がないことを摘された時に演技が剥がれるくらい動揺してんのよね
👍
高評価
2
👎
低評価
0
541 ななしのよっしん
2024/05/13(月) 14:17:50 ID: d2+r7IklnE
>>540
実際にファンブック2では、あらゆる欲で身を持ち崩して相談しにくる信者たちを愚かだと思いつつ、興味があったと書かれてるね
それでもや地位、半不死の体があっても何も感じなかったから、相手を変えて子供のような恋愛ごっこをしてたとある
一番知りたかった感情が恋愛なんだろうな
👍
高評価
2
👎
低評価
0