竹本健治単語

タケモトケンジ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

竹本健治(たけもと けんじ)とは、日本推理小説漫画家アマチュア棋士である。日本ミステリー四大奇書の一つ『匣の中の失楽』の作者として有名(三大奇書とされる場合もあり、その場合『匣』は入らない)。同業者を残な方法で死なせる事でも有名。

概要

1954年兵庫県相生生まれ。1977年探偵小説雑誌『幻影城』から『匣の中の失楽』でデビュー。まったくの名新人でありながら、いきなり連載を持つと言う破格の待遇であった。これは、『匣』の原である『静かなる祝祭』を中井英夫(あの『虚無への供物』の作者)に見せたところ絶賛され、『幻影城』の編集長であった島崎博への推薦を貰ったことによる。

メタミステリ匣の中の失楽』は大きく話題を集め竹本中井の跡を継ぐ存在として期待されたが、次なる大作を上する前に『幻影城』が休刊となり、SF雑誌『奇想外』に活動の場を移し、SFファンタジーなど様々なジャンルの作品を手掛ける。一方で少年棋士牧場智久を主人公としたシリーズなど推理小説からも離れなかった。

そんな中同誌に連載した『ウロボロスの偽書』によって再び注を集める。これは、実在推理小説や業界関係者が実名 (といってもペンネームの場合もあるが)で登場するエッセ小説でありながら、作中で殺人事件が起き小説家たちが事件に巻き込まれるというメタ構造のミステリである。しかもややこしい事に、作中の竹本が作中で書いているという設定の作中作や、登場人物の一人である殺人鬼竹本ワープロを勝手に操作して混入させたという設定の文章まで現れ、しかも最後には各作中作世界同士がリンクし始めるというたいへん複雑なメタ構造を取っている。

以降、『ウロボロスの基礎論』『ウロボロスの純正音律』と続刊し、この「ウロボロス三部作」は『匣の中の失楽』と並ぶ竹本の代表作と看做されている。

2016年には48首に及ぶいろは歌を組み込んだ暗号ミステリ『涙香迷宮』を刊行。同年の「このミステリーがすごい!」で1位き、第17本格ミステリ大賞を受賞するなど高い評価を集め、還暦えてなお健在ぶりを示した。またこれにより、品切れとなっていた旧作2017年より各社から続々と復刊されている。

その他

竹本は以前少女漫画志望だった事もあり、自著に自ら挿絵を入れることもある。また、囲碁の腕は相当なもので文人囲碁大会で優勝を飾り、アマ名人戦に特別出場したこともあるほどである。これらの趣味が合わさり『入』という囲碁漫画を発表した。また、『ウロボロスの純正音律』では詰めが重要なファクターになっており、作中で登場する『崑崙』と題された詰めは「八十八ナカデ」という暫定世界一の記録を持つものらしい。残念ながら囲碁に疎い筆者にはこれがいかに凄いことなのか今一ピンとこないが、作中人物の反応を見るにこれはもうモノスゴイことだと思われる。囲碁に詳しい読者の方がいらっしゃったら是非解説して頂きたい。

作品リスト(刊行順)

太字現在新品で入手可なもの、太字は品切れだが電子書籍で読めるもの。

  1. 匣の中の失楽1979年幻影城1983年講談社文庫→1991年講談社ノベルス2002年双葉文庫→2015年講談社文庫[新装版])
  2. 囲碁殺人事件1980年CBSソニー出版→1985年、河出文庫→1994年角川文庫2004年、創元推理文庫→2017年講談社文庫)
  3. 将棋殺人事件1981年CBSソニー出版→1994年角川文庫2004年、創元推理文庫→2017年講談社文庫)
  4. トランプ殺人事件1981年CBSソニー出版→1994年角川文庫2004年、創元推理文庫→2017年講談社文庫)
  5. 狂い 狂い1983年講談社ノベルス1993年角川文庫2007年講談社ノベルス[復刻版]→2018年講談社文庫)
  6. 腐蝕の惑星1986年、新潮文庫)
    → 腐蝕 (1994年角川ホラー文庫[題])
    → 腐蝕の惑星2018年角川文庫[再題])
  7. クー1987年講談社ノベルス2000年ハルキ文庫)
  8. パーミリオンネコ1 殺戮のための・絶・技・巧1988年トクノベルズ・ミオ→1992年、徳間文庫→1999年ハルキ文庫)
  9. パーミリオンネコ2 タンブーラの人形つかい1988年トクノベルズ・ミオ→2000年ハルキ文庫)
  10. パーミリオンネコ3 兇殺のミッシングリング1989年トクノベルズ・ミオ→2000年ハルキ文庫)
  11. パーミリオンネコ4 魔の四面体の悪霊1990年トクノベルズ・ミオ→2000年ハルキ文庫)
  12. カケスカケス1990年徳間書店1993年、徳間文庫)
  13. 殺人ライブへようこそ (1991年トクノベルズ1996年、徳間文庫)
  14. ロボロスの偽書1991年講談社1993年講談社ノベルス2002年講談社文庫[上下巻]→2018年講談社文庫[新装版・上下巻])
  15. 区の1992年カッパノベルス1995年光文社文庫)
  16. 定本ゲーム殺人事件 (1992年、ピンポイント) ※2~4の合本
  17. の舌 (1992年カッパノベルス1996年光文社文庫)
  18. 眠れるの惨劇 (1993年カッパノベルス
    → 衣の牙 (1998年光文社文庫、題)
  19. 閉じ1993年角川書店1996年カドカワノベルズ1997年角川ホラー文庫→2018年角川文庫
  20. ロボロスの基礎論1995年講談社1997年講談社ノベルス2018年講談社文庫[上下巻])
  21. 闇に用いる力学 気篇 (1997年光文社
  22. 迷宮1998年カッパノベルス2002年光文社文庫)
  23. 1999年南雲堂) ※漫画
  24. 面のクー2000年ハルキ文庫)
  25. フォア・フォーズの素数2002年角川書店2005年角川文庫2018年角川文庫
  26. クレシェンド2003年角川書店2017年角川文庫
  27. 闇のなかの2004年講談社ミステリーランド
  28. 2005年河出書房新社
  29. 狂い咲く薔薇を君に 牧場智久の雑役2006年カッパノベルス2009年光文社文庫)
  30. ウロボロスの純正音律2006年講談社2010年講談社ノベルス2018年講談社文庫[上下巻])
  31. キララ、探偵す。2007年文藝春秋2010年、文文庫)
  32. キララ、またも探偵す。 (2008年文藝春秋
  33. せつないいきもの 牧場智久の雑役2008年カッパノベルス2017年光文社文庫)
  34. グミはツグミ2009年講談社2013年講談社ノベルス
  35. かくも深き不在2012年新潮社2017年、新潮文庫)
  36. 汎虚学研究会2012年講談社ノベルス) ※27を収録
  37. 涙香迷宮2016年講談社2018年講談社文庫)
  38. しあわせな死の2017年講談社

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

竹本健治に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%AB%B9%E6%9C%AC%E5%81%A5%E6%B2%BB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

竹本健治

1 ななしのよっしん
2015/01/02(金) 12:35:36 ID: ylGlPRuNPb
『匣』や『ウロボロス』ばかり評価されてるけど、ゲーム三部作や『狂い 狂い』なんかも傑作
2 ななしのよっしん
2015/02/21(土) 00:39:01 ID: g6ComoEe8g
ゲーム3部作面
復刊して欲しいわ 匣の中の失楽とかウロボロスって
ずっとノベルス版しかないけど文庫化されてないのか・・・
3 ななしのよっしん
2015/06/23(火) 22:19:12 ID: m364z2xp6z
>>2
してるにはしてるけど共に絶版だと思う。
匣の中の失楽講談社文庫と双葉文庫がある。双葉の方はプレミアついてる
ロボロスは偽書だけ文庫化。
尼とかブクオフ覗いてみるといいよ
4 ななしのよっしん
2015/06/23(火) 23:34:58 ID: gTcL8ncCsY
偽書しか読んだことないが、あれは新鮮だったな。

あと囲碁経験者だけど、記事の88ナカデとかちょっと訳がわからんw
絶対死ぬはずのない石が死んでるってことだから、まるで盤上のミステリーだな。

急上昇ワード

2020/01/21(火)11時更新