笑福亭松鶴単語

シヨウフクテイシヨカク

笑福亭松鶴(しょうふくていしょかく)とは、戦後上方落語界において、上方落語四天王といわれた大名人である。(しょうかく)ではない。本名は竹内日出男。5代目爆笑王といわれた有名な人物だったが、ここでは6代について記述する。

概要

かの人間国宝にして、文化勲章受賞者三代目桂米朝と並び、上方落語を復させた立役者の一人である。立て板に水というべき、軽妙な話術に定評があり、役者顔負けの演技と表現を持っていた。とりわけ、丁稚や酔人など個性溢れる演技に定評がある。気品のあった役など艶やかな演技で人を魅了した治と較すると、快さが似合う剛性の人物でもあった。また、類の好きであったことで知られ、

「私、笑福亭松鶴がを飲めないことを疑うならば、ぜひの前に置いてください。おそらく、お口でほんの少ししか…残らないでしょう」

というお約束であった。

残念なことに50代半ばに脳梗塞を患ったことで呂律が回らなくなってしまい、往年の言い回しは成りを潜めてしまった。それでも噺として第一線に立ち続け、円熟味の増した懐の深い演技で、人々を魅了し続けた。子に笑福亭仁鶴笑福亭鶴光笑福亭鶴瓶などがおり、多くの子を拒まず受け入れ、笑福亭一門を繁栄させた立役者でもある。

68歳で没。

江戸落語界との交流

が評価されている点は演技もさながら、戦後で初めて東西の落語界の交流を深め、お互いを研鑽したことにある。五代柳家小さん、三遊亭夢楽とは親しく、それが縁で数々の若い東京落語家も可がっていた。その中に古今亭志ん朝立川談志という、後に江戸落語を背負って立つ人物もいた。

その古今亭志ん朝、そして立川談志ともども、心底から心酔、尊敬していた上方落語の人物の一人として笑福亭松鶴を挙げている。二人が大阪に行った時、氏の十八番「らくだ」を聞いて衝撃を受けたことは有名なエピソードである(この「らくだ」はすらも、彼が世を去るまで、畏れ多くてど演じなかったという一世一代の名演技であった)。また、東京落語家を上方に招いた時には必ず、トリを任せていたといわれており、そのもてなしの心に甚く感銘を受けたという。

もっと、江戸落語に知って頂きたい人物である。ただ、破天荒な生き様や癖のある演技から、較しても、上方落語でも好悪はけっこう分かれてはいる。

なお、破天荒な生き様についての記述については、pixpediaピクシブ大辞典)における同氏の項が精しいが、正直である。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%AC%91%E7%A6%8F%E4%BA%AD%E6%9D%BE%E9%B6%B4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

笑福亭松鶴

1 ななしのよっしん
2017/08/25(金) 07:45:53 ID: ZvyQwWto3Y
上方特徴のちゃらんぽらんエピソード
2 ななしのよっしん
2018/11/28(水) 13:41:41 ID: hzrej6B7UR
師が6代存命中はらくだを演じなかったって本家wikiにも書いてあるけど普通に演じてるんだよなぁ…
6代が亡くなったのは昭和61年だけど、師自身が全集の解説で昭和51年ネタ下ろししたって書いてるし、昭和52年らくだの録音がレコードCDとして普通に販売されてる
なんでこんな調べたらすぐ分かるような間違いが広まってるんだろう?
3 ななしのよっしん
2019/04/13(土) 02:38:13 ID: Ed0ZgUjo6i
調べてみたら、本人が演じなくなった時期と関係してるっぽい?まだ確とれないので記事の変更はしないけど

急上昇ワード