第三次産業単語

ダイサンジサンギョウ

三次産業とは、サービス業全般を含む第一次産業、第二次産業以外の産業のことである。

概要

英国出身の経済学者コーリンクラーク(Colin Clark)が唱えた人類の産業は第一次産業から第二次産業、第三次産業へと、徐々に重が移っていくという説の三番に該当する産業である。日本における第三次産業のGDP構成2015年データにて73.2%(海外との較の為、電は含まれていないデータを記載)。

サービス業、小売業、融、医療から福共(日本標準産業分類では大分類Sにて務と分類されている)に至るまで第一次産業、第二次産業に分類されない業態すべてが該当する。

クラークの定義では電気業、ガス業は第二次産業に該当しているが、日本国においては電気業、ガス業は第三次産業に分類されている。

注意点としては製造業や建設業は第二次産業であるのに対して、既存の設備や施設を補修したりする保守関連についてはこちらの第三次産業に該当することが多い点があげられる。そのため国家の資本実装率が上昇し物を作ることよりも修繕して直したりすることが多くなってくるとその保守業務も第三次産業に含まれてくる。またサービスも同様である。研究開発や医療・介護等も第三次産業に該当する。

一般的には先進工業を経由した後にが成熟してくると、第三次産業が経済活動のほとんどを占めてくるとされる。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%AC%AC%E4%B8%89%E6%AC%A1%E7%94%A3%E6%A5%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

第三次産業

1 ななしのよっしん
2019/06/05(水) 22:33:54 ID: /iEVStN3Qw
三次産業って言っちゃ悪いが、何も生み出していからな...
2 ななしのよっしん
2019/06/05(水) 22:38:15 ID: 2/3Ayrdz29
形なきものに意味を見出す文明人以外には価値を見出しづいよな