編集  

第二次産業単語

ダイニジサンギョウ

第二次産業とは、第一次産業で取得した素材を加工する産業である。

概要

英国出身の経済学者コーリンクラークColin Clark)が唱えた人類の産業は第一次産業から第二次産業第三次産業へと、徐々に重が移っていくという説の二番に該当する産業である。日本における第二次産業GDP構成2015年データにて25.6%(海外との較の為、鉱業、電含むデータを記載)。

クラークの定義では建設業、製造業、電気業、ガス業のことをし示すが、日本国においては電気業、ガス業は第三次産業に分類され、かわりに鉱業が第二次産業に分類されることが多い。

よって一般的には日本では鉱業、採石業(砂利採取業)、建設業、製造業が第二次産業に該当する。コンビニで販売されている弁当などを製造している工場もここに該当する。装置産業という単も元々は第二次産業における製造業を念頭に置いて発生した単である。

が発展する時期においては海外からの製造需要を取り込んで第二次産業が大きく成長し、結果として貿易黒字が定着する。その際に、が発展し個人消費が伸びる第三次産業体となり、海外第二次産業が移転していくこととなる。

クローサーらが提唱した経常収支発展段階説においては、第二次産業の成熟とともに輸出の発達によって貿易・サービス収支が黒字になる「成熟した債務」を経由し、貿易・サービス収支が赤字、所得収支の黒字に支えによる経常収支の黒字の「成熟した債権」(アメリカイギリス日本が該当)へと遷移していく。ただし、2017年時点において日本国の工業が競争不準まで下がっているわけではない為、厳密な意味でいうならば一段前の状態の「未成熟な債権」に該当する。将来にわたってもこの状態が継続するかどうかについては不明である。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E7%94%A3%E6%A5%AD
ページ番号: 5468905 リビジョン番号: 2479385
読み:ダイニジサンギョウ
初版作成日: 17/01/31 14:12 ◆ 最終更新日: 17/04/14 13:52
編集内容についての説明/コメント: 概要を編集。可読性向上を目的としてインデント下げのスタイルを追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

第二次産業について語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 第二次産業についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード
ニコニコニューストピックス