第7師団単語

ダイナナシダン

第7師団とは、

  1. 陸上自衛隊 北部方面隊第七師団のこと。師団本部は北海道千歳市にある。
  2. 大日本帝国陸軍 第七師団のこと。師団本部は北海道旭川市現在陸上自衛隊 旭川駐屯地)にあった。

である。この稿においては1.および2.について解説する。

概要

陸上自衛隊・第七師団(だいななしだん)

陸上自衛隊・北部方面隊隷下の師団であり、東千歳を中心に駐屯・展開している。
日本でただ一つの戦車を中心とし、その他の部隊も装甲車輌等で編制された機甲師団。

陸上自衛隊の前身、保安隊から陸上自衛隊組されたあと各地の戦車(当時は特と呼んだ)を集約。恵庭に第一特群が結成されると共に札幌にも第7混成団が編成されこれが第7師団の前身となった。
昭和36年に13個師団体制とになると共に第7混成団は第7師団へと組。当時は内ただ一つの機械化師団だった。もっとも現実には3個連隊編成のうちの一つが機械化されただけで、厳密にいうと自動車化師団にもなっていないのだが(詳しくは陸上自衛隊の項参照)。

昭和57年に第一戦車団(旧第一特群)が編され、第7273戦車連隊として第7師団に加わり、ここにようやく機甲化師団化を達成した。
(のちに73戦車連隊がコア部隊として編されるものの、2013年度末に再度フル化編成となる予定)

陸上自衛隊の虎の子、90式戦車により編制された三つの戦車連隊(71,72,73)を有し、普通化(歩兵)連隊(11)や特科(砲兵)連隊すべて自動車化、すなわち89歩兵戦闘車等、装甲車輌が配備されている。

冷戦時代、仮想敵であったソ連北海道上陸に対しての切り札として存在しており、常に最新装備が割り当てられていた。何しろ89歩兵戦闘車は第7師団か富士教導団にしか配備されていないし、陸自レア装備(わずか24両!)である96式自走120mm迫撃にいたっては第7師団でしか見られない。

ただ、諸外の機甲師団とくらべるとそれでも戦車の配備数など編制面で過小なのは確かではある。
また最近の諸外の趨勢変化に伴い兵抽出も行われている。2013年度の概算予算を見る限り、配備人員数600人の増加が行われるものの、戦車数は230両から170両に削減することが決定している。(この他にも前述にも出てきた北部方面直轄だった第1戦車群も止が決定している)

もっとも口が悪い人達にいわせると北海道には広大な駐屯地と演習場があるから第7師団があるのだ。と言われるらしい…まぁ、確かにそんなこともあるかもしれませんね。
千歳の名物と言えば、演習場に向かうため地を90式戦車などの車輌が極々あたり前に通るシーンだろう。

 

大日本帝国陸軍・第七師団(だいしちしだん)

日露戦争を直前に控えた1896年、それまで北海道の開拓及び守備を担当していた屯田兵を中心として編制された。
郷土兵制度(その地域師団の兵は地元の人員を元にする)ではあったが北海道はまだ人口が少なく、他地域(東北)からの兵もいたという。

近代日本において第七師団ほど戦地に送り込まれた師団もしい。

日露戦争では攻略戦・奉会戦に参加、大損を出しつつも日本勝利へ貢献する。その後、シベリア出兵、満州事変など、明治後期・大正と数々のイベント?に参加、極めつけは師団に所属する第28連隊がノモンハン事件に参加したことで、日本軍導部の無能ソ連の物量によって全滅に近い損を受ける。

さらには太平洋戦争ではまたもや歩兵28連隊を中核に一木支隊が編制され、ガダルカナル派遣される羽に。ここでも日本戦争揮とまずさとアメリカ軍の物量によってここでも全滅どころではすまない損を出す。

さらには第七師団残余の留守部隊などを中核にして編制された第91師団は千島列島防衛を担当し、8月15日後の戦いとして知られる"占守島の戦い"に一部部隊が参加。ここでも大損を出す…が、彼らの戦いぶりによって結果的には北海道ソ連軍が上陸されなかった、という説もある。

余談というか、終戦直前道東方面の守備隊長の一人に、日露戦争時の陸軍揮をとった大山元帥息子大山がいた。陸軍を若い頃に辞して貴族院議員(かつ考古学者)だったが政治的思惑から貴族院議員の中でただ一人現役復帰を命じられるハメに。ところが当の部隊は旭川の第七師団参謀某の差しか横流しか、物資が補給されず、泣く泣く自分の自で部隊を維持していたなど涙ぐましい話がある。
また、まともな対戦車装備もなく、自作古代ローマ時代のようなカタパルトまで作っていたというエピソードが残っている。

師団本部が置かれた旭川には、現在陸上自衛隊の中でも精強を誇る第2師団が駐屯している。

 

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%AC%AC7%E5%B8%AB%E5%9B%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

第7師団

47 ななしのよっしん
2015/12/16(水) 16:34:23 ID: 9WDaT/CCgs
>>44
日露までは同郷意識も手伝って
どこもおらが師団が最強と言い争ってるイメージ

そしてみんなから最弱扱いされる
48 ななしのよっしん
2015/12/18(金) 22:32:03 ID: CXPFQMke40
静岡34連隊が最強に決まってるだろ!(県民並感)
49 ななしのよっしん
2015/12/26(土) 23:06:26 ID: PaK3ba/eOD
旧陸軍内だと、金沢の第9師団と久留米の第18師団が精鋭さで双璧だったみたいだね~
50 ななしのよっしん
2016/10/30(日) 19:27:02 ID: 2IY9Mb1Xba
旧軍の第七師団は、ノモンハンに一個連隊を派遣したそうだが、の第23師団が壊滅する中、火炎瓶と速射ソ連軍をめちゃくちゃにしたそうだな。結局、第23師団と共に壊滅する…。
んで、再建されたその連隊から一木支隊が兵されたけど、練度は昔ほどじゃなかったらしい
51 ななしのよっしん
2018/03/30(金) 09:12:35 ID: 7byT/cuCXd
WW2から調べて最近現代の編成見たにわかだけど
馬鹿みたいに戦車の割合が多い(普通科の数が少ない)印なんだけど
今の2-3倍は必要じゃない?それか戦車減らして相対的に割合減らして身軽にするか、予算的には後者がいいけど
52 ななしのよっしん
2018/06/23(土) 01:42:31 ID: +NPV8Dhx6M
>>51
昔はソ連ロシア)が侵攻してくるならまず北海道って自衛隊は想定してて
北海道戦車戦ができる平野があるから第七師団に戦車部隊(と、それを支援する自走無反動砲歩兵戦闘車等を装備した機械化部隊)が集中配備されてたのよ

今だと北方重視から南方の諸防衛に変わってきてるから今後の編成も変わってくると思うよ
53 ななしのよっしん
2018/07/17(火) 17:51:57 ID: Irdc67pUAF
戦車北海道が多すぎるんじゃなくて本州が少なすぎるんだよ
54 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 12:39:03 ID: dPappo+6rt
>>51
言いたいことはわかる。機甲師団にはTKの1.5~2倍のFVかAPCが必要ってのが相場といわれているし、実際他の機甲師団ではそうなってるが、7Dの戦車連隊戦闘団は元々は5個戦車中隊+1個普通科中隊で戦車に偏ってる。ただ2Dと合わせるといい率にはなる。
ソ連戦車団が割とまとまった運用してたから、前線に台数ないと理とかあるのかなと考えてる。
もっと詳しい人いない?
55 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 22:30:17 ID: Qcb5SysTwK
陸軍最強師団は

日露戦争では第1師団
大東亜戦争では第5師団、第14師団、第18師団

これらの師団の実績にべたら第7師団最強とは思えない。
北海道民が持ち上げてるだけでは❓

56 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 18:18:30 ID: MmKnEu/dBQ
旭川の北鎮記念館は北海道観光したなら絶対訪れるべき!
自衛隊や旧第七師団の博物館というだけでも価値があるのに、
さらに現役の陸上自衛官が無料ガイドしてくれるという恐ろしく贅沢なサービスがある