筒香嘉智単語

ツツゴウヨシトモ
6.0千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

筒香嘉智(つつごう よしとも、1991年11月26日-)とは、和歌山県出身のプロ野球選手内野手外野手)である。

概要

筒香(つつごう)という苗字は全で3世帯しかいない。

松坂大輔に憧れて横浜高校に進み、1年から4番に抜され、2年には甲子園に出場。3年は県大会止まりだったが、第8回AAAアジア野球大会に出場し、際大会を経験した。

高校通算69本塁打の打棒をひっさげ、高校No.1スラッガーとして2009年ドラフト1位横浜ベイスターズ名され入団。高校時代から呼ばれていた「ハマのゴジラ」というニックネームから背番号55を与えられた。

横浜・DeNA時代

2010年(1年)から二軍で4番に起用され、イースタン・リーグルーキー記録となる26本塁打マーク。88打点イースタンの本塁打王打点王く。その活躍が認められ、シーズンの最終盤に一軍デビュー。最終戦となった10月7日阪神タイガース戦で、久保田智之からプロ安打・初本塁打となるホームランを放った。


2011年背番号を8に変更。打撃不振と故障が重なり開幕からしばらく二軍暮らしが続いたが、8月末に一軍昇格。将来を見据え、経験を積ませるため5番・一塁手に固定された。最初は低打率にあえいだが、徐々に対応し、統一球をものともしない快な本塁打横浜ファン希望になる。9月末からは3番に入り、最終的に40試合で打率.241、8本塁打22打点。翌年に大きな期待を抱かせる結果を残した。


2012年村田修一読売ジャイアンツに移籍したため、背番号25を受け継ぐことになった。55→8→25と、高卒3年で3つ背番号というしい事態になった。怪で開幕を出遅れ5月3日から一軍に合流し、に3番や5番を任される。5月6日山本昌から2本のホームランを放つと約一ヶで5本のホームランを積み上げる。しかし6月下旬から徐々に調子を落とし始め、打率2割を切り死球もあって7月30日に登録を抹消8月11日に昇格するといきなり4安打を放つが、そこからは特に調子を上げることも下げることも打率.218、45打点、10本塁打シーズンを終える。8月25日読売ジャイアンツ戦で自身初のサヨナラヒットを打ち、9月12日にはエンジェルベルト・ソトからホームランを放ち2桁本塁打に到達した。また、エース級のピッチャーからのホームランが多かった(金子千尋前田健太吉見一起など)。


2013年オープン戦にて走塁中に左足首をひねり負傷。開幕戦絶望と言われたが間に合い、6番・三塁手で初の開幕スタメンに選ばれた。しかし、その後立った活躍はなく、7月6日東京ドームでの巨人戦で澤村拓一からトニ・ブランコと共に二者連続ホームランを打ったが、一軍では一塁手ブランコ三塁手中村紀洋が定着していたため出場機会が限られ、場に二軍落ちしそのままシーズンを終える。


2014年は打を生かすため、またアーロム・バルディリスの加入などもあり正式に左翼手へ転向。オープン戦ではに五番に起用され、長打を減らす一方、四球を良く選び単打でしぶとく出塁するスタイルに変化した。前半戦終了時点で自己キャリアハイの成績を残しレギュラーに定着した。8月13日中日ドラゴンズ戦で、中堅手梶谷隆幸と衝突し後頭部を強打。自に起き上がれないまま救急車病院に搬送されたが、幸い命に別状はなかった。診断の結果、振とうと頸椎振とうと診断された。後に復帰し、最終的に111試合、打率.300、22本塁打、77打点オフには中村晃の代わりに日米野球に出場した。

2015年は開幕から4番として起用され続ける。5月は23試合出場で打率.383、本塁打5本の活躍を見せ5月MVPを受賞した。5月24日阪神戦で走塁中に足を痛め、暫くの間スタメンを外れたこともあった。
7月17日・18日のオールスターゲームにはセ・リーグ最多得票で初選出され、第1戦試合前のホームラン競争では史上最多の合計15本を放ち優勝した。
後半戦ではチームが低迷するのと同じくして本塁打減したが、最終的に打率.317、24本塁打、93打点と自己キャリアハイの成績を残した。オフWBSCプレミア12日本代表に選出された。プレミア12の後は海外修行した。


2016年からノーステップ打法に取り組み、オープン戦で結果を残す。 前半戦は5月に軽度の離れで一週間一軍を離れたが、それ以外は4番として出場し本塁打を量産。2年連続で選出されたオールスターでは第1戦で2安打1本塁打の活躍でMVPを獲得。第2戦も本塁打を放ち、敢闘選手賞を獲得した。
後半戦でも勢いをキープし、7月間歴代2位の16本塁打記録し、7月MVPを獲得。8月5日中日ドラゴンズ戦で通算100本塁打を達成した。9月13日東京ヤクルトスワローズ戦で40本塁打に到達(球団では村田修一以来)。この年は44本塁打110打点本塁打王打点王タイトルを獲得。名実ともにベイスターズ、ひいては「日本の4番」としてその存在感を大いに示した。


2017年WBC日本代表に選出され、4番として7試合に出場。第1ラウンドでは打率.364、2本塁打、5打点記録し、第1ラウンドMVPを獲得した。レギュラーシーズンではWBCの疲れなのか、深刻な打撃不振に陥り、4月27日阪神戦(92打席)までホームランが出なかった。打撃不振はしばらく続いたが、5月30日に3番に座ってから徐々に持ち直し、6月間成績は.311、6本塁打、19打点記録8月には打率.315、7本塁打、23打点の活躍でMVPを獲得した。


2018年シーズン当初は3番で出場していたが、5月中旬から4番に戻った。10月7日広島東洋カープ戦では初めて1番打者として出場した。139試合の出場で打率.295、38本塁打、89打点だった。


2019年前半戦は4番で出場していたが、後半戦からは2番を担当する。8月17日広島戦では通算200本塁打を達成した。9月22日右手打撲で離脱したで、131試合の出場で打率.272、29本塁打、79打点に留まった。オフポスティングシステムを使用し、メジャーリーグへの移籍を表明した。

レイズ時代

2019年12月13日タンパベイ・レイズと2年契約を結んだことが発表され、12月17日に入団会見が行われた。背番号25

2020年7月24日トロント・ブルージェイズ戦では3番三塁手デビュー。第3打席でメジャー本塁打記録した。メジャー1年は51試合に出場し、打率.197、8本塁打、24打点記録した。


2021年打率1割と結果を残せず、5月11日に戦外となった。

ドジャース時代

2021年5月15日にトレードでロサンゼルス・ドジャースに移籍した。背番号は28。しかし打率1割と結果を残せず、6月9日に右ふくらはぎの故障で故障者リスト入りし、マイナー戦で復帰したがそこでも打率1割と結果を残せず、7月7日マイナーに降格する。8月16日自由契約となった。

パイレーツ時代

2021年8月16日ピッツバーグ・パイレーツ契約した。背番号は32。パイレーツでは打撃の状態が良くなり、43試合の出場で打率.268、8本塁打、25打点と活躍した。オフFAとなったが、11月24日に残留となった。さらに背番号25に変更した。


2022年は50試合の出場で打率.171、2本塁打、19打点と結果を残せず、メディアから酷評された。8月5日自由契約となった。

パイレーツ退団後

2022年8月17日トロント・ブルージェイズマイナー契約を結んだが、ブルージェイズへの昇格はないまま11月10日FAとなった。


2023年1月15日テキサス・レンジャーズマイナー契約を結んだ。

プレースタイル

「ハマの大砲」の呼び名通り、アベレージとパワーを兼ね備える打撃が魅。かつては中距離打者と称されていたこともあったが、2016年にはすり足打法に近づけることでホームラン数を飛躍的に増加させると同時に、逆方向の打球も伸びるようになった。

かつてはことごとく打てず「デブ」とも揶揄されたほど低打率にあえいでおり、2014年の開幕前に中畑清監督の下で三塁手から左翼手へのコンバートを経て開眼した。

左翼手の守備はあまり話題にならないが、パワーヒッターにしては良好である。かつてはまれに一塁手を守ったりしていた。

応援歌

球団 レス No プレイヤー
横浜
DeNA
応援歌のピコカキコ一覧#199 8850
8850

成績

年度別打撃成績




Year



Team



G



PA



AB



R



H



2B



3B



HR



RBI



SB



SH



SF



BB



HB



SO



GDP



AVG



OBP
2010年 横浜
DeNA
3 10 7 1 1 0 0 1 1 0 0 0 2 1 1 0 .143 .400
2011年 40 160 145 16 35 10 0 8 22 1 0 1 13 1 51 4 .241 .306
2012年 108 446 386 31 84 16 3 10 45 1 2 5 51 2 102 4 .218 .309
2013年 23 56 51 5 11 1 0 1 3 0 0 0 3 2 13 2 .216 .286
2014年 114 461 410 58 123 24 2 22 77 2 0 2 47 2 100 7 .300 .373
2015年 138 568 496 79 157 28 1 24 93 0 0 2 68 2 98 5 .317 .400
2016年 133 561 469 89 151 28 4 44 110 0 0 2 87 3 105 6 .322 .430
2017年 139 601 503 85 143 31 0 28 94 1 0 3 93 2 115 7 .284 .396
2018年 139 580 495 77 146 33 1 38 89 0 0 3 80 2 107 10 .295 .393
2019年 131 557 464 74 126 24 0 29 79 0 0 3 88 2 141 5 .272 .388
2020年 TB 51 185 157 27 31 5 1 8 24 0 0 1 26 1 50 5 .197 .314
2021年 26 87 78 5 13 4 0 0 5 0 1 0 8 0 27 1 .167 .244
LAD 12 31 25 2 3 0 0 0 2 0 0 0 6 0 12 0 .120 .290
PIT 43 144 127 20 34 8 1 8 25 0 0 1 15 1 33 2 .268 .347
21年計 91 262 230 27 50 12 1 8 32 0 1 1 29 1 72 3 .217 .307
2022年 50 193 170 11 29 4 0 2 19 0 0 4 19 0 50 3 .171 .249
NPB:10年 968 4000 3426 515 977 195 11 205 613 5 2 21 532 19 833 50 .285 .382
MLB:3年 182 640 557 65 110 21 2 18 75 0 1 6 74 2 172 11 .197 .291

国際大会での打撃成績











































2015年 日本 プレミア12 8 35 26 6 10 1 0 0 5 0 0 0 9 0 2 0 .385 .543
2017年 WBC 7 30 25 5 8 0 0 3 8 0 0 0 5 0 6 0 .320 .433

年度別守備成績

年度
Year
球団
Team
守備位置
POS
試合
G
刺殺
PO
補殺
A
失策
E
併殺
DP
守備率
Fld%
2010年 横浜
DeNA
一塁手 3 21 4 0 3 1.000
2011年 40 336 12 4 28 .989
2012年 19 94 7 0 9 1.000
三塁手 92 45 148 6 8 .970
外野手 12 15 0 1 0 .938
2013年 一塁手 4 6 0 1 1 .857
三塁手 9 4 11 0 2 1.000
外野手 7 7 0 0 0 1.000
2014年 一塁手 11 80 4 1 8 .988
三塁手 7 1 7 0 0 1.000
外野手 101 162 3 6 0 .965
2015年 128 185 10 0 2 1.000
2016年 128 198 3 2 0 .990
2017年 136 199 6 1 2 .995
2018年 132 187 5 3 0 .985
2019年 三塁手 27 14 37 1 2 .974
外野手 101 145 4 1 0 .993
2020年 TB 三塁手 14 6 16 4 3 .846
左翼手 16 15 0 0 0 1.000
2021年 一塁手 15 80 4 0 9 1.000
LAD 一塁手 1 2 0 0 0 1.000
左翼手 8 15 0 0 0 1.000
PIT 一塁手 15 79 7 0 8 1.000
左翼手 2 5 0 0 0 1.000
右翼手 20 26 1 1 0 .964
21年計 一塁手 31 161 11 0 17 1.000
左翼手 10 20 0 0 0 1.000
右翼手 20 26 1 1 0 .964
2022年 一塁手 35 260 15 2 29 .993
NPB 一塁手 77 537 27 6 49 .989
三塁手 135 64 203 7 12 .974
外野手 745 1098 31 14 4 .988
MLB 一塁手 66 421 26 2 46 .996
三塁手 14 6 16 4 3 .846
左翼手 26 35 0 0 0 1.000
右翼手 20 26 1 1 0 .964

タイトル・表彰・その他

タイトル
NPB 最多本塁打 1回 2016年
最多打点 1回 2016年
NPB ベストナイン 3回 2015年-2017年
MVP 3回 2015年5月2016年7月2017年8月
オールスターMVP 1回 2016年第1戦
WBC 1次ラウンドMVP 1回 2017年
その他
NPB オールスターゲーム出場 5回 2015年-2019年

記録

初出場 2010年10月5日 読売ジャイアンツ24回戦 横浜スタジアム
安打
本塁打
打点
2010年10月7日 阪神タイガース24回戦
久保田智之から
盗塁 2011年10月13日 阪神タイガース21回戦
小嶋達也小宮山慎二から
サヨナラ 2012年8月25日 読売ジャイアンツ15回戦
高木康成から
100本塁打 2016年8月5日 中日ドラゴンズ18回戦
田島慎二から
200本塁打 2019年8月17日 広島東洋カープ20回戦
エマリンモンティージャから

関連動画

横浜・DeNA時代

レイズ時代

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

筒香嘉智

269 ななしのよっしん
2023/06/30(金) 07:30:12 ID: fF18+D3Xo7
MLBロースターの選手や実績ある選手ならともかく
30過ぎてメジャー昇格してマイナーに在籍する選手は基本邪魔だからな
いい歳していつまで野球なんてやってんだ、若手にチャンスやりたいから
さっさと諦めて違う仕事探せって世界だし、秋山もそれで
MLB諦めて日本に戻ってきた
👍
高評価
2
👎
低評価
0
270 ななしのよっしん
2023/07/19(水) 11:29:46 ID: HkcJB4yYoU
あれだけ筋トレ否定して活躍してるのはガッツ筋トレやってる大谷吉田正尚っていうのがな、いくら内で素のフィジカルがよくても…
👍
高評価
3
👎
低評価
0
271 ななしのよっしん
2023/07/19(水) 14:05:30 ID: am7YBGx5bE
そもそも30過ぎたらもう筋肉は衰える一方だから、維持するための筋トレもしてなきゃオッサンに近づくばかり
筋トレ否定イチローも筋維持ための筋トレはやってたしな
👍
高評価
2
👎
低評価
0
272 ななしのよっしん
2023/07/31(月) 18:57:46 ID: am7YBGx5bE
引き取り手しか…
かなしい
👍
高評価
1
👎
低評価
0
273 ななしのよっしん
2023/08/01(火) 23:14:33 ID: HFSd1Q7osv
独立リーグ入り
内複数球団からそれなりに熱心なオファーも届いてたらしいけど、
それすら蹴ってアメリカに残り続けるを選ぶってことはもう日本
というか日本球団に戻る意志は輪際ないってことなんかな。
それにつけても当人がこんな状況で開設予定のアカデミー生徒集まるんか?
👍
高評価
1
👎
低評価
0
274 ななしのよっしん
2023/11/08(水) 08:24:05 ID: am7YBGx5bE
代理人NPBから複数オファーがあったが蹴った、来年もNPBに戻る気はいと
うーん
👍
高評価
0
👎
低評価
0
275 ななしのよっしん
2023/11/08(水) 11:47:01 ID: HqLiwes/fW
多分引退までNPBに戻ることはなさそう。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
276 ななしのよっしん
2023/11/28(火) 00:55:54 ID: /vm9Qrrgqv
そりゃまあ客観的に見たらNPBレベルですら速球得意でなかったのがMLB行って実際通用しなくて
しかもどんな選手でも加齢によるの衰えがあるので若い時より速球には弱くなっていくわけなのでこの先通用する可性なんてほぼない

だから今の筒香を現実見えてないとか意地ってるとか思うのもわかるけど
でもしがみついてでもアメリカでやりたいって願望を通すのも一度しかない本人の人生なんだから勝手にすればいいことだよ
👍
高評価
2
👎
低評価
0
277 ななしのよっしん
2023/12/05(火) 03:00:49 ID: HFSd1Q7osv
MLBジャイアンツマイナー契約
ジャイアンツ大谷の獲得にかなり熱心だって話だから、仮に契約できた場合
同じ左打者の筒香はその時点でメジャー昇格の望みは一段低くなるだろうね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
278 ななしのよっしん
2024/01/20(土) 03:01:49 ID: am7YBGx5bE
筒香本人が選んだだから強く否定することはできないけど
「筒香は挑戦を続けてる!逃げ帰ってきた有原や他の通用しなかった選手とは違う!」みたいな意見が出続けるのがなあ
👍
高評価
0
👎
低評価
0