米沢城単語

ヨネザワジョウ
米沢城
続日本100名城 109
別名 ヶ岬
舞鶴城
構造
守構造
長井時広
伊達晴宗
生郷安
上杉景勝
1238年(歴仁元年)
1871年(明治4年)

米沢城とは、山形県米沢市にあった日本である。続日本100認定されている。

本記事では址に立てられた上杉神社や近隣の関係施設も合わせて記述する。

概要

米沢城は上杉謙信祖とする上杉の本拠で、現在米沢市のほぼ中心に位置するである。石垣守は設けられず、の防備はと土塁に任せた構成となっている。

明治に入ってのを構成していた建造物は破却され、上杉神社が本丸跡に建立された。その後、址はヶ岬公園として整備され一般開放された。

大正には米沢市内で大火災が発生し、ヶ岬公園一帯も被害にあったため、現在建てられている建築物は大火以降に建てられたものということになる。

歴史

詳しい概要などはWikipediaの記事exitにまかせておくとして、大雑把に記しておく。

西暦元号 出来事
縄文時代 米沢地には縄文時代の遺跡もあることから、古代から人が集まる立地であったと考えられる。
1238年
(歴仁元年)
鎌倉幕府の重臣である大江広元の次男・長井時広が地頭として米沢を領して、を築いたのが米沢城の始まりだとされている。
室町時代初期[1] 長井氏が伊達氏の侵略により米沢を追われる。
1548年
17年)頃
伊達・稙宗と嫡男・宗の子内紛から州一帯に波及した天文の乱の末に、宗側が勝利し実権を握る。
宗が米沢に本拠を移す。
1567年
(永10年)
伊達政宗が生まれる。[2]
1582年
正10年)
本能寺の変発生からのなんやかんやで、羽柴秀吉下の大勢を制する。
1589年
17年)
伊達政宗名氏を滅ぼし会津黒川へ本拠を移したものの、豊臣秀吉が認めず会津召し上げとなり米沢に戻る。
1591年
正19年)
北条氏を滅ぼし天下統一を達成した秀吉による州仕置で、政宗は陸奥の岩出山城に飛ばされた。
米沢一帯は会津に封じられた蒲生氏郷が領することになり、氏郷は米沢城に重臣の生郷安をとして据え、米沢城も郷安の手で修が加えられたとされている。
1597年
(慶長2年)
氏郷が40歳の若さ死にしてしまい、跡を継いだ秀行は器量に乏しく中がドンパチな状態(生騒動と呼ばれる)を招いてしまい、宇都宮へと飛ばされることとなってしまった。
なおドンパチは郷安の専横が火種であり、最終的に郷安はを追放されてしまった。
蒲生秀行の後の会津120万石は上杉景勝が領することになり、勝は米沢城に重臣の直江兼続として据えた。
1600年
(慶長5年)
豊臣秀吉の死後、徳川家康の専横に対抗して上杉は有名な「直江状」で喧を売り、家康による会津討伐を受ける。
それに呼応して石田三成が挙兵。その報を手にした家康は引き返し、関ヶ原の戦いで三成を破り下の大勢を制する。
家康側に与した最上に侵攻していた直江兼続率いる上杉軍だが、最上の猛抵抗を突破できない間に、三成側敗戦の報が入り撤退を余儀なくされる。
関ヶ原の戦いの結果、上杉30万石に減封され、勝は米沢城に居を構えることになった。
1613年
(慶長18年)
1608年(慶長13年)から勝が兼続に命じて始められていた米沢城修工事が了する。
1664
(寛文4年)
3代・綱勝が急逝し、吉良義央(吉良上野介)の長男(綱勝の甥にあたる)が末期養子として上杉を継ぐことが認められ綱と名乗ることになる。しかし、石高が30万石から15万石に削られてしまう。
もともと120万石の時代から臣をそのまま抱えていた米沢だが、15万石になっても臣を解雇しなかったため、慢性的な財政悪化に悩まされることになる。
1689年
(元2年)
上杉は自身の次男(後の吉良義周)を吉良義央の養子に入れる。
これにより吉良との関係がさらに深まり、は厳しい財政にも関わらず吉良の面倒を見ることになってしまう。
1701年
(元14年)
江戸城内で吉良義央が浅野長矩(浅野頭)に切りつけられる事件が発生する。
1703年
(元15年)
1月(旧では12月)、穂浪士が吉良邸に討ち入り、吉良義央が殺される。
江戸邸で討ち入りの報せを聞いた上杉・義央を援けるべく兵を出そうとするが、臣の反対により、出兵の断念を余儀なくされた。
1767
(明和4年)
日向より養子として迎えられていた上杉山)が上杉督を継ぐ。ちなみに治の祖上杉という縁。
米沢は先代の重定が統治を諦めて儀にを返上しようと考えたほどの負債を抱えていた。治革と質素倹約を以って負債に立ち向かった。
1773
安永2年)
革反対による強訴(七騒動と呼ばれる)が起こされたが、治はこれを退け革路線は続けられた。
1823年
(文政6年)
からの革が実を結び、治の次々代の斉定の代で負債は済された。
1867年
(慶応3年)
大政奉還。
1868年
(慶応4年)
米沢羽列同盟を仙台と共に導し戊辰戦争を戦うが、9月に新政府軍に降伏する。
9月明治元される。
1873年
明治6年)
1919
大正8年)
米沢市内の大火災により焼失。2年前にも米沢市内で大火災があり、二度の大火で米沢市内はほとんど焼け野原になったという。

関係施設

松ヶ岬公園

現在が巡らされた豊かな公園となっていて、四季折々の風景が人々にされている。

上杉神社

米沢城本丸跡に建立された祖・上杉謙信られた神社。建立時には9代上杉山)も共にられていた。

1902年(明治35年)に別格官幣社[3]に列せられた。

稽照殿(けいしょうでん)

謙信が所用した「色々威巻」(重要文化財)、勝が所用した「糸威伊予札五枚胴具足」(県定文化財)、の前立てで有名な兼続の「小札浅葱糸威二枚胴具足」など様々な宝物が所蔵されている。

12月3月頭まで閉館されているので要注意。

松岬神社

上杉神社が別格官幣社に列せられることになったのにあわせて、米沢城二の丸世子御殿跡に新たに摂社を建立し治はこちらに遷された。

時代を経て初代上杉景勝直江兼続に、治の師である細井、治の下で革に貢献した俣当綱、莅戸善政が合されている。

公園名としては「ヶ岬」「が岬」「岬」と表記ぶれがあるが、神社名としては「岬」が用いられているようだ。

上杉博物館

ヶ岬公園に隣接する文化施設「伝の社」を構成する博物館

玉展示物としては戦国時代頃のの都を描いた「外図」[4]謙信文字」が挙げられる。どちらも割とよく他県の博物館に貸し出されているようなので、観光予定を立てる際には情報収集はしておきたい。

上杉伯爵邸

もとは明治29年に(上杉14代)上杉伯爵の本宅として米沢城二の丸跡に建てられた。大正になり上述の大火で焼失し再建された建物が現在まで残る。第二次大戦後に上杉から米沢市に寄贈された。

建物や庭園は無料で見学できる他、米沢など郷土料理を味わえる料理屋や和風甘味処がある。

上杉家廟所

上杉謙信から11代・斉定と治長男で10代・治広の養嗣子となっていたものの折した顕孝が埋葬されていて、の史跡に定されている。

宮坂考古館

故・宮坂善助初代館長が個人で収拾した前田慶次が所用した「朱漆塗糸素懸威五枚胴具足南蛮式」、上杉景勝が所用した「浅葱糸威物二枚胴具足」、謙信が所用した「素懸巻」といった様々な甲冑や屏火縄銃などなど700点あまりの資料が収蔵された博物館

JR米沢駅から南に徒歩5分。

堂森善光寺

前田慶次供養」や慶次が里人たちと試しをしたと伝わる「力石」、小高い山の上には見などの遊山を楽しんだ「」がある他、周囲には慶次が晩年を過ごしたという「」跡やの飲料用に掘られたと伝わる「慶次清水」がある。

アジサイの名所でもあるらしい。

JR米沢駅から市民バス万世線「桑山団地中」で下、徒歩10分。ただし本数が少ないので注意。徒歩ならJR米沢駅から東に30分ぐらいの距離だが、かなりわかりにくいので素直にタクシーを使った方がいいかも。

関連動画

前田慶次関連

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *1380年~1413年まで諸説あり
  2. *米沢城で生まれたとされるが諸説あり
  3. *明治になって定められた神社を等級化する制度。別格官幣社は国家に功績を挙げた忠臣や、国家のために戦い命を落とした兵士たちをった神社が列せられる。
    例:楠木正成神社
  4. *外図は複数有り、上杉博物館に所蔵されているものは「上杉本」と呼ばれている。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%B1%B3%E6%B2%A2%E5%9F%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

米沢城

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 米沢城についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!