紅蓮のリベレーター単語

グレンノリベレーター
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

紅蓮のリベレーターとは、FF14の拡ディスク2017年6月20日発売。英題はSTORMBLOOD
現在は販売を停止しており、プレイ権は次の拡である漆黒のヴィランズを購入することで得られる。

概要

通算2作の拡ディスクで今作からバージョンは4.0へとなる。

ストーリーで長く触れられてきた帝国に20年前に占領された、アラミゴの奪還と東のドマの奪還を中心に物語が進められる。
帝国皇太子であり帝国最強剣士でもあるゼノス・イェー・ガルヴァスも今作から物語に深く関わるようになった。

今作から『せんすい』が追加され、水の中に潜れるようになった。
かなり深く溝が作られており、フィールドがさらに広大になった。

ジョブとして近接DPSキャスターDPS赤魔道士が追加された。
また、レベルキャップ70まで開放された。拡に伴いジョブアクション全体の見直しが行われ一部スキル削除、変更となった。

新しいレイドとして『次元の狭間オメガ』、24人用のアライアンスレイドとして松野泰己雨宮慶太ゲストに招いた『リターン・トゥ・イヴァリース』が実装された。
またメジャーパッチ零式難易度では物足りない人のために『絶バハムート討滅戦』と『絶アルテマ討滅戦』が実装された。

今拡で登録者と課金者が大きく増え、アクティブプレイヤー100万人をえた。
稼働から5年ほど立つMMOがこれほど盛り上がるのしいことである。

パッチ4.2で新しい武器作りコンテンツ禁断の地エウレカ実装された。昔MMOを意識した特殊なフィールドを使ったコンテンツになっている。

パッチ4.5でゴールドソーサーに麻雀が追加された。PCPS4で遊べるクロスラットフォームの麻雀ゲームFF14だけである。(麻雀フリートイアルの範囲で遊ぶことが可

新しいBGMが追加された。

メインクエスト

アラミゴとドマの解放を軸に展開する革命物語
光の戦士を上回る実を持つ皇太子でありながら帝国最強剣士ゼノス・イェー・ガルヴァスとの死闘、ドマの代理総督であるヨツユの圧政からの脱却を中心に物語が展開される。
蒼天のイシュガルドで好評だったNPCとの冒険は今作も導入され、キーパーソンであるリセ・ヘクストとルヴェユール兄妹が同行することになる。
また、蒼天実装されたが詳細が不明だった種族、アウラ族の生息圏であるフィールドアジムステップ』をめぐる冒険も追加された。
今作で蒼天から長く続いたニーズヘッグの眼を巡る物語完結することになった。

4.1~4.3以降はアラミゴとドマ解放後の世界、それに取り残された人々を中心に描かれた。
4.4~4.5以降はエオルゼアとガレマール帝国の全面戦争に至るエピソードとそれの裏で暗躍するアシエン達が描かれた。

アラミゴ

エオルゼア東北ギラニアに位置する軍事都市国家エオルゼア1の強として知られたが第六1557年(新生から20年前)にガレマール帝国の信仰を受け陥落。以降ガレマール帝国属州として扱われることとなった。以降、ガイウス・ヴァンカエサルが統治していたがガイウスが行方不明になって以降、皇太子であるゼノス・イェー・ガルヴァスが統治を引き継いでいる。

ドマ

東州オサード大陸に位置する都市国家。ひんがしの由来である忍者を要する平和であったが、ガレマール帝国の侵攻によって陥落。25年に渡り帝国属州として支配されている。近年、大規模な反乱が起こるも皇太子ゼノス・イェー・ヴァルヴァスの手で鎮圧。以降、総督代理を引き継いだヨツユの手によって弾圧が続いている。

リセ・ヘクスト

の血盟の1人であり、イダと呼ばれていた女性。アラミゴ革命軍を揮していたを持ち、素性を隠すため名前を名乗っていた人物。相棒であったパパリモの死を受けて、素顔をしてアラミゴの奪還を行うことを決意し、ガレマール帝国に立ち向かう。

ゼノス・イェー・ガルヴァス

ガレマール帝国XⅡ団長にして、帝国位継承権を持つ皇太子。その技は帝国最強の誉れも高く、これまで幾度もの困難を乗り越えてきた光の戦士圧倒する力を持つ最強の敵。性格は冷酷にして無慈悲

次元の狭間 オメガ

ハイリンの理の外から現れ、アラグ帝国時代に蛮神バハムートを捕獲した謎の生命体オメガの消息を追う光の戦士シド達。
発見されたオメガを追った彼らはオメガが支配する間、次元の狭間へと迷いこむのだった……。

今作のレイドダンジョンコンテンツ。『デルタ編』、『シグマ編』、『アルファ編』の三部作からなる。
蒼天のイシュガルド機工城アレキサンダーと同じく難易度が低めのノーマルと挑戦用コンテンツである『零式』が実装された。

デルタ編ではFF5から、シグマ編ではFF6から、アルファ編ではFF1から過去作のボスFF14グラフィックで登場しており、特にエクスデスケフカなどといった歴代ラスボスを歴代BGMを流しながら闘うことが出来るのは古参ファンには胸熱である。零式では最終形態と闘うことが出来る。

原初世界における外宇宙の在り方、ドラゴン族のルーツなど重要な設定がいくつもられる。

リターン・トゥ・イヴァリース

伝説のオウガバトルFFTFF12等を手掛けたクリエイター松野泰己氏と牙狼で有名な雨宮慶太氏をゲストに招き行われた24人で行うアライアンスレイドコンテンツ
全編、松野泰己脚本である。
FF14世界観でイヴァリースのようなものを作ったらというイフ展開が行われる。
家畜に神はいないッ!で有名なアルガスルカヴィ、ヤズマットなど松野氏が関わったボス雨宮慶太氏の手によってリデザインされて闘うことになる。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%B4%85%E8%93%AE%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%99%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

紅蓮のリベレーター

1 ななしのよっしん
2020/10/13(火) 12:44:12 ID: D7MOdEeM5q
登場人物の見せ方・動かし方に失敗したってくらいで言われるほど悪くない、個人的には一番好きなんだけどなぁ、漆黒はほんとすごく良く出来てるけど個人的な好みとしてはちょっと味付けが濃い

も言及してないところだとクエスト受注/了のファンファーレはお気に入り
2 ななしのよっしん
2020/12/01(火) 00:56:53 ID: 3C1Wes1PC9
というかアラミゴという題材が正直、難物すぎるのであそこまで面く出来ただけでも十分良く出来てると思うよ
あとオメガは全レイドで一番好き