紫色のクオリア単語

ムラサキイロノクオリア

『紫色のクオリア』とは、うえお久(著)/綱志朗(絵)のライトノベル作品である。

概要

原作小説2009年7月電撃文庫から発行された。以下の三編(実質、二話+エピローグ)から成る。

「“少し不思議な”日常系ストーリー」と謳っているが、『毬井についてのエトセトラ』後半で急展開を見せ、さらに二話の『1/1,000,000,000のキス』では、あるを身につけた学が友人のゆかりを助けるために奔走する、大きなスケールながらテンポよく展開する世界物となっている。

コミカライズ版はコミック電撃大王 2011年3月号より連載開始。原作イラストを担当した綱志朗による。2012年2月に発売されたコミックス1巻は、原作の『毬井についてのエトセトラ』の最後までの内容。

あらすじ

毬井についてのエトセトラ

自分以外の人間がロボットに見える少女、毬井ゆかり彼女友達である波濤学は、ゆかりと共に少し不思議な日常生活を過ごしていた。やがてゆかりの「見え方」をめぐって事件に巻き込まれていき――。

1/1,000,000,000のキス

特殊な才を持った子供を保護育成する組織「ジョウント」から留学してきた少女アリス彼女もまた特異な「感じ方」を有しており、自分と同じく才を持ったゆかりスカウトするために来たという。悩んだ末に、学はゆかり背中を押すことになるが――。

登場人物

一部の登場人物名に、日本初のロボット学天則」から一文字ずつ取られている(コミックス1巻巻末の解説より)。

毬井ゆかり
自分以外の人間がロボットに見える少女。この才により、他人の(本人さえ気づいていない)特技を言い当てたり、趣味プラモデルを説明書も見ずにすばやく丁寧に組み上げるなどの特技を持つほか、警察の捜に協して参考意見を提示するなどしている。
他人には「見え方」を隠している。奇矯な行動を取ることがあっても、外見が小柄で可らしいこともあり天然マスコットキャラ的な扱いを受けている。
波濤学
本作のり手。ゆかりの友人であり、彼女の「見え方」を知りながらも受け入れている。称は「ガク」(名の読みは「マナブ」だが本人は気に入っていない)。
(以下ネタバレ反転
ゆかりに「修理」された際に左手携帯電話を埋め込まれたことで、それを使用して世界の自分と会話するを得た。このを用いて、数の並行世界の自分と協しながら無限の可能性をたどり、ゆかりを救うために奔走する。
アリス・フォイル
「ジョウント」より、ゆかりスカウトするために留学生として送られた少女。11歳にしてすでに大学を、それもアイビー・リーグを掛け持ちで卒業している。
数式が絵に見えるという特異な感じ方を有している。自分と同じく才を持つゆかりと仲良くする一方で、他の人間を「凡人」と呼び軽蔑している。
条七美
ゆかりの「見え方」を知っており、過去の因縁を匂わせながらもの敵にしている。
加則智典
脇役だが、なぜかカラー口絵に登場している(当初のプロットではもっと出番があったらしい)。
特徴もなく立たない男子であるが、ゆかりで見ると「大きくて、ぎらぎらしていて、見ているだけで震えちゃうような、いまは止まっているけれど、いざ回転しだしたらもうどうにもできないぞ、って感じ」のドリルを持っており、密かに憧れているらしい。

関連商品

コミカライズ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%B4%AB%E8%89%B2%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

紫色のクオリア

34 ななしのよっしん
2013/12/14(土) 23:43:38 ID: 802+oFbuvt
それに対して学がとった行動は世界の新たな観測の基準となる万物理論を自分が一番最初に理解すること
テストの答案の例えで言うなら、先生になって毬井の解答こそが正しいと正答の方をねじ曲げたという感じだね
でも先生になったら生徒として一緒にいられないから、毬井にその問題間違えてるとだけ教えてまた生徒に戻った
毬井が今後正解を導きだせるかは未定
35 ななしのよっしん
2014/02/14(金) 22:37:01 ID: bMDEaoCkTs
21
同じく酔歩する男の方を先に読んでしまってたからなんとも言えなかった
良くも悪くもラノベだなって感じ
決してけなしている訳ではないのであしからず
36 ななしのよっしん
2014/02/16(日) 23:56:19 ID: mhq6FPITiA
>>31
ゆかりはその性質から絶望的な孤独感に苛まれていて
それ故に死の運命を呼び寄せている、というか
死の運命から抗う気を持っていなかった、と解釈している
最後にきちんと友達になったから孤独感がくなり、生きる気を取り戻して生存する可性が生まれたと
最後以外はどれもゆかり生存を重要視するあまりゆかりの気持ちには気を配っていないと思う
37 ななしのよっしん
2014/03/12(水) 00:23:21 ID: dzSG7yGWXw
今さっきコミック版の方を読み終えたが展開が怒涛に突っ切って飛躍して開き直ってる感じが清々しいな、学の友情と情と執心には畏怖しながらも感動したし個人的に快作。ifが気になるし原作の方も読もうかな
しかしバタフライエフェクトといいこの手の作品は一応ハッピーエンドなんだろうけど悲しさや寂しさが強く残る終わり方するね
38 ななしのよっしん
2014/03/14(金) 15:02:30 ID: oaXpqzhodY
>>31
受け売りだけど、学がの死を観測した、てとこを起点にして世界の移動が始まってるから、世界でどれだけ試行したところで前提条件である「の死」は回避できない…ていう解釈が好き。
39 ななしのよっしん
2014/10/14(火) 23:39:39 ID: E8WxMSzaT5
他人の視点を経験することはできない
この一見残酷な前提があるからこそ
になった後もゆかりの瞳から学は隠れることができなかったし
元の自分に戻ることができた
この終盤のくだりが最高だった

絶対に自分が理解できない他人のクオリアが存在することが
この世界が閉じた系ではないことのだとしたら
この前提もそう悪いことじゃないのかもね
40 ななしのよっしん
2015/01/05(月) 23:22:12 ID: Kf/U2ynzXw
の中の手紙」って
携帯封印ガクちゃんの世界ゆかり(=概念ガクちゃんと接触なし)」が残しといたっぽいのに
なんで「概念ガクちゃんと接触したゆかり」の視点で書かれてるの?
封印ガクちゃんは教えそうにないし教えたとしても
さも自分が体験したかのように書いているからおかしく感じる、意味深プラモキッスもあるし
やっぱゆかりちゃんも記憶を引き継いでる?
41 ななしのよっしん
2016/02/03(水) 10:52:37 ID: 7qCJnqA4EJ
>>40
多分だけど、ゆかりは万物理論でになったガクちゃんを『観測』した、からじゃないかな
42 ななしのよっしん
2016/06/12(日) 22:46:36 ID: cB+UZ4Itcw
もしかしてゆかりって人がロボットに見えるクオリアくなれば助かるんだろうか?
43 ななしのよっしん
2016/07/04(月) 01:48:05 ID: OkrqGSyj6w
これ読んだ人ほかのループもの読んでも学ちゃんより大変じゃなく見えちゃう説

急上昇ワード