絆の守護銃士 アンテロ単語

ボクガトコハノコトズットミマモルヨ

それはが導いた一度きりの“奇跡”――。

《絆の守護銃士 アンテロ》とは、TCGカードファイト!! ヴァンガード」に登場するユニットカード)である。

概要

Gユニット
クランネオネクタール 種族:バイオロイド
グレード:4 パワー:なし クリティカル:なし シールド15000
効果:【Gガーディアン】(お互いがグレード3以上で、あなたのGゾーンの表のGガーディアンが3枚以下なら使える) - 相手ターンガードステップ - [あなたの手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。
自:[【SB(1)】] このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットシールド5000し、さらに、あなたのリアガードが、1枚以下か4枚以上なら、このユニットシールド15000。

エクストラブースターG2弾「The AWAKENING ZOO」で収録されるGガーディアン
レアリティはRだが、性自体はレアリティ不相応の凄まじいものを持っている。

ソウル1枚をコストシールド+5000は、通常のGガーディアンとしてそこまで強くないである。
彼の価は、その後の付与効果が十分に発揮された時にあり、自身のリアガードが1枚以下、いは4枚以上でさらにシールドが+15000され、合計シールド35000。
そのガード値は、通常のヒールトリガーとの較で3.5枚分と破格の数値になる。
リアガード4枚以上は展開に優れたネオネクタールならまず自で実現できるラインであり、条件達成のための展開自体は余裕で可
逆にリアガード1枚以下はどうかといえば、こちらはリアガード除去に長けたクランや、リアガードを呪縛カードに変えるリンクジョーカーを相手にすれば自然と達成出来うる。

ここまでのガード値があれば、通常のGユニットの攻撃でもこのカード1枚で止められることが多々ある。
ガーディアンとして非常に優秀なGユニットである。
なお、彼は元々の所属故か「士」に属しており、小百合の精マイラコストになることができる。
そのため、Gガーディアンとして使う機会がなくなった状態でも「士」ならばコストとして使用する選択肢は覚えておいたほうがいいだろう。

《竜胆の銃士 アンテロ》

クランネオネクタール 種族:バイオロイド
グレード:2 パワー9000 クリティカル:1 シールド5000
効果:自【V/R】:[【CB(1)】] このユニットアタックヒットした時、このユニットと同名の他のあなたのリアガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。

貴様らを様の前にやるわけにはいかんのだ!」

キャラブースタートライスリーNEXT」で収録されたユニット
の守護士」の元となったユニットカードである。

カウンターコスト1で1枚ドローできる効果を、序盤に発動できる可性がある。
ヒット時というのがマイナスだが、序盤では大してガードを割けないことが多く、結果としてこのカードアタックヒットしやすい。
ドローの条件として、同名のリアガードが要されているが、リアガードの入れ替えが積極的に可な「士」デッキならば難しくはない。

条件を満たせば、ヴァンガードでもリアガードでも効果は発動可
グレード2でこのカードにライドし、同名リアガードを置くことが出来れば、ヴァンガードでもヒット時効果を与えられる。
ただしその場合、リアガードヴァンガードに1枚ずつでは、「他のリアガード」にユニットがいなくなるリアガード側は効果を発動できない
理想盤面は、ヴァンガードと前列リアガードが全てアンテロであることであり、上手くいけば序盤でドローを安定化させ、攻防をさらに強化させることができる。

正義」「実」の言葉を持つ「胆」から生まれた士。「アーシャ」と同世代のバイオロイドであり、昔は身体が弱いことが原因でよく他の子にいじめられていた。その際、1度だけアーシャが助けに入ったことがあるらしく、勇気を出して抵抗することの大切さを教えてもらったのだという。残念ながらアーシャはそれを覚えていなかったのだが、「アンテロ」は彼女の警備を任されたことに運命を感じており、彼女を「様」と呼んで忠を誓っている。なお、冗談の類がまったく通じない生の堅物であり、下手にからかうとっ二つにされかねないので注意。「ルアード」との決闘敗北し、自分の弱さを責め続けた彼は、“ギアクロニクル”の調員と接触したことで、面下で協者を募っている特別な作戦の存在を知る。さらなると知識をめ、作戦への参加を決意するアンテロ。その決断が、守るべき者の心に深い傷を残してしまうことを、この時の彼は知る由もない。

メディアミックスでの活躍

《竜胆の銃士 アンテロ》は、ユーロジュニアリーグ選手ミゲル・トルレス憑依していた時空間憑依者ディフライダー)である。
ギアクロニクルの調員と接触した結果、「ディフライド」のことを知り、それに志願する形でアニメ世界地球に進出。
ミゲルとの互いの合意により、意識を共有することとなった。

ディフライド後は、同じくディフライドされていた鬼丸カズミ=《 シラヌイ》と会う。
偶然にも、チームメイト全員ディフライダーとなった「チームオーガ」の仲間であり、アンテロ(ミゲル)とのひと時は、シラヌイ(カズミ)にとって一つの大きなきっかけとなっていた。

その後、ミゲルの友人であったハイメ・アルカラスの紹介で、留学中の安城トコハに出会う。
それをきっかけに交流を持ち、彼女とは短い間であったが、特別な縁で結ばれる存在となった。

―――しかし、トコハとの間に出来た縁が何であるかを知る前に、ミゲルは呆気なく亡くなってしまった
それは同時に、ディフライドしていたアンテロ」自身の死をも意味する
この死によって、ミゲルの友人であったハイメや、事情を知らないトコハは深い悲しみに包まれ、またシラヌイ(カズミ)もこの一件で人間に対してマイナスな考えを強めるようになってしまった。

これがアニメ第8期「カードファイト!!ヴァンガードG NEXT」序盤の末である。

……このように、アニメ世界では僅かな出番ながら非常に重要なキャラクターだったアンテロ。
しかし、このうちのトコハがアンテロの死を乗り越え、「GNEXT」作中で大きく成長していった。
直接の続編である「カードファイト!!ヴァンガードG Z」にて、仲間を助けようとしたトコハは、仲間の囚われている「レリクス攻略のため、自身の内面の影としてのミゲルと対峙した。

そのレリクス破壊作戦レリクスクライシス」の果てに、唐突にトコハに一枚のジェネレーションカードが舞い込む。
諸々の描写から考えると、この《絆の守護銃士 アンテロ》こそがトコハに舞い込んだジェネレーションカードであると思われる。
レリクスクライシス」後、静養中のクロノを襲撃しに来た炎熱猟兵 ダムジッドとのファイトにてトコハはこのカードを初使用。
襲い来る獄炎ゼロスドラゴン ドラクマは、登場時相手リアガードを全てバインドするスキルを持つ。
そこで条件が満たされたことで、このカードシールド35000となる。
ドラクマの攻撃をジェネレーションガードで止めた際、一だけトコハの前に「アンテロ」の幻影が現れ……。

がトコハの事、ずっと見守るよ」

アンテロが生前、トコハに贈ったこの言葉。
アンテロは生きてトコハに会うことはわなかったが、ありえたかもしれない未来から、トコハを守るという想い一つで、彼女を守る存在となった。
その一度きりの“奇跡がこのカードなのである。

関連動画

関連商品

絆の守護銃士 アンテロに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%B5%86%E3%81%AE%E5%AE%88%E8%AD%B7%E9%8A%83%E5%A3%AB%20%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

絆の守護銃士 アンテロ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 絆の守護銃士 アンテロについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!