編集  

統合失調症単語

トウゴウシッチョウショウ
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

統合失調症(とうごうしっちょうしょう)とは、幻覚や妄想などの陽性症状、自閉や感情鈍麻などの陰性症状を徴とする精神疾患。俗に、統失(とうしつ)と呼ばれる。また、インターネットスラングとして糖質と表記することがある。かつては分裂病(せいしんぶんれつびょう)と呼ばれていたが、誤解を招き、患者への偏見や差別につながるとして称された。

ニコニコ大百科Wikipediaなど、インターネット上のフリー科辞典は、でも(医学を専門としていない方も)編集できるため、情報みにして自己判断しないこと。心配な方は、お近くの医療機関で相談してください。→病院MAPexit

概要

統合失調症は、思考、感情、意欲など、人格全体に影を及ぼす精神疾患。幻覚や妄想などの陽性症状、自発性減退や感情鈍麻などの陰性症状を示し、思考や行動が障される。増悪と回復を繰り返し、人格崩壊に至る例もある。ただし、そのような例は多くはなく、治る見込みのある疾患である。

10代から30代にかけて好発し、男女間に大きな差はない。また、有病率は1%100人中1人)程度であり、まれな疾患ではない。統合失調症の発症機序は全に明らかにはされていないが、遺伝的要因と環境的要因(ストレスなど)の両方が関与している。メタナリシスによれば、統合失調症の遺伝率は81%

症状

統合失調症な症状は、陽性症状と陰性症状の2つ。陽性症状は急性期に、陰性症状は慢性期に顕著だが、慢性期でも増悪すると陽性症状を呈する。このほか、役割を遂行するの低下や記憶の低下などの認知機をきたす。ただし、症状には個人差があり、すべての患者が同じ症状を呈するわけではない。

  • 陽性症状 - 幻覚、妄想、自意識障、思路障奮など。一見して異常と分かる症状。
    • 幻覚 - 幻聴、幻嗅、幻味、幻触、体感幻覚など、存在しないものを感覚として捉えてしまうこと。「かが自分に話しかけてくる」、「自分の噂話がされている」という、言幻聴が多く見られる。ほかにも、「生臭い匂いがする」、「気持ち悪い味がする」、「かに触られている」、「内臓が溶けている」などと感じる。
    • 妄想 - 被害妄想、関係妄想、心気妄想、誇大妄想など。幻覚をなんとか説明づけようとして、妄想を形成するとも考えられる。「周囲の人間が自分を陥れようとしている」、「かが自分を監視している」、「電磁波で攻撃されている」、「料理が入れられている」、「大きな病気っている」、「自分はである」などと思い込んでしまう。
    • 意識障 - 思考奪取、思考吹入、作為体験(させられ体験)など。「自分の思考が他人に抜き取られている」、「他人の思考が自分に入り込んでいる」と考える。また、「他人が自分の思考や行動を操っている」と感じる。
    • 思路障 - 連合弛緩、滅裂思考、言葉のサラダワードサラダ)など。思考を適切に統合できなくなり、発言が支離滅裂なものとなる。
  • 陰性症状 - 自閉傾向(引きこもりなど)、感情鈍麻・坦化、疎通性の障(意思疎通が困難になる)、自発性の欠如、意欲低下など。本来備わっている機が減弱ないし喪失することで現れる症状。数年にわたり継続することがあり、治療が難しい。
  • 認知機 - 遂行機が低下する。すなわち、的や問題に対して、計画、判断、実行、解決するが低下する。そのため、無計画で非効率的な行動をしたり、行動そのものが取れなくなったりする。注意や記憶も低下する。

病型

統合失調症は、症状によっていくつかの病に分類されている。妄想、破(はか)、緊の3つが代表的。

  • 妄想 - 30代に好発。幻覚や妄想を呈することが多い。人格準が低下することは相対的に少ない。
  • (解体) - 10代に好発。感情や行動の変化が著しく、会話が支離滅裂になる。幻覚や妄想は少ない。治療のまま放置すると、人格が荒することもある。
  • - 外部からの刺に反応しなくなったり、不自然な姿勢で静止したり、的なく同じ動作を繰り返したりする。
  • その他の病
    • 分類不能 - 複数の病の条件を満たす、あるいはいずれの条件も満たさないなど、特定の病に分類できないもの。
    • 残遺 - 陽性症状がほとんど見られなくなり、陰性症状がな症状として持続している状態。他の病から残遺に移行する。
    • 単純 - 陽性症状がほとんど見られず陰性症状のみが進行していく。残遺との違いは過去に陽性症状が見られたかどうか。

治療

陽性症状と陰性症状には、神経系の機異常が関与すると考えられている。

統合失調症物療法では、陽性症状を抑える的でドパミンD2受容体遮断作用をもつ物を、陰性症状を抑える的でセロトニン5-HT2A受容体遮断作用をもつ物を用いる。基本的には単剤投与。第一選択は非定抗精神病薬である。詳しくは、抗精神病薬の記事を参照。

上記の抗精神病薬による治療を軸として、症状の程度に応じた精療法やリハビリテーションも行われる。

ちなみに、抗精神病薬のなかった時代、統合失調症の治療としてロボトミーが行われていた時期がある。ロボトミーは、前頭葉の神経を切断することで、統合失調症善させるというもので、1949年にノーベル賞が授与されるなど革新的な治療法だった。しかし、患者の人格変化や、知の低下などの不可逆的な障をきたすため、現在は行われていない。

罹患者

統合失調症を発症した人物。ただし、推測によるもの、医師による診断を受けていないものを含む。

著名人

著名人ではない人物

ほとんどが視聴者による認定、あるいは自称であり、医師の診断があるわけではない。

関連疾患

統合失調症と似た症状を呈するが統合失調症とは異なる疾患、統合失調症を内包した疾患概念などをいくつか例示する。同一視しないように注意。治療にあたり、鑑別が必要な場合がある。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%BF%E7%97%87
ページ番号: 4312163 リビジョン番号: 2639872
読み:トウゴウシッチョウショウ
初版作成日: 10/03/19 17:15 ◆ 最終更新日: 18/11/07 20:41
編集内容についての説明/コメント: 遺伝率加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

統合失調症について語るスレ

1038 : ななしのよっしん :2018/12/25(火) 00:32:09 ID: KtF0nP6VaH
統合失調症によって法で裁かれない犯罪者が現れるという偏見のは、病識のない患者を余計に適切な診療から遠ざける
ただでさえ自分の精状態の悪化を認知できない人を「あなたは統合失調症で、潜在的に他人に危を加える可性のある犯罪者予備軍な上に、いざ事件を起こしたら法で取り締まれない最悪な存在なんですよ」なんて揶揄したらどうなるか
「自分はそんな危険分子じゃない、違うに決まっている」と更に病識の否認を深めてしまう
統合失調症の患者の中には自分がおかしいことを何となく自覚できてる「病識はないが病感のある人」っていうのがいて、期治療のためにはその気づきが重要なんだが、こういう社会からの圧迫があれば病感による危険信号も引っ込んじゃうだろうね
1039 : ななしのよっしん :2019/01/07(月) 11:49:59 ID: GYGr3lt15n
かに対して統合失調症だみたいな中傷とかはネットにはそこら中にあるが
その煽りが専門の診断ですらない素人の妄言であることは言うまでもないが
それ以前に統合失調症ってレッテル貼りは「悪いのはお前だけじゃなくて病気もある」という意味合いも含めてしまう
もちろん統合失調症というレッテル貼りしてる人間はそんなこと少しも思ってないんだろうけど
それって中傷とか非難としてどうなの...とも思ってしまう
1040 : ななしのよっしん :2019/01/07(月) 12:02:40 ID: GYGr3lt15n
>>1033
>>裏を返せば病気遇、恨みなどの減刑条件が一つでも見つかれば絶望的ってことになる。

これそんなに悲観することか?
むしろ本人の自由意志によらないところがあるのに犯した犯罪に対して死刑が下されることの方が怖いわ
死刑ってほどひどくないにせよ幼児に性的虐待した犯罪者がその後に腫瘍が見つかってそれが犯罪の原因だってわかったって例もあるし
腫瘍であれ統合失調症であれ自分がそういう状況に陥らないなんて根拠どこにもないしな
1041 : ななしのよっしん :2019/01/09(水) 12:59:00 ID: dQxQC/Aygt
>>1040
そうは言うがな
自由意志によるよらないにかかわらず犯罪を犯したことには変わりはない
自分が犯罪者側になる話をしているが自分が被害者になる可性もあるぞ
1042 : ななしのよっしん :2019/01/09(水) 16:58:03 ID: sq8gv34+eM
>むしろ本人の自由意志によらないところがあるのに犯した犯罪に対して死刑が下されることの方が怖いわ
えっ、じゃあ死刑なるほどの事件起こしたら統合失調症って言う理由で罪になるの?
1043 : ななしのよっしん :2019/01/09(水) 17:58:40 ID: MYKHkMA9xq
そもそも刑法以前に法学自体が社会バランスをとるものであって、加者への復讐社会正義の遂行を第一に的としたものではない。

被害者感情が大事、加者の権利なんて知るか」って一辺倒に訴える人は多いけど、加者の権利や人権理解できないならそもそも法学を論じることはできない。

例えば、自分の親や子ども、会社の部下が病気で人格がおかしくなって犯罪したことで、自分にも管理責任が問われたらどうなる?
そういう不幸の波及を防ぐためにも精鑑定が認められないといけない。

もし、こういう観点も認められずに「何があっても自分は自分、他人は他人」って考えるようなら、人や家族と関わる社会的な生活を構築する努を放棄するってことになるってことは忘れないほうがいいぞ。
1044 : ななしのよっしん :2019/01/09(水) 18:27:43 ID: KtF0nP6VaH
>>1040
自分が加を受けたくないから取り締まれって理屈は統合失調症患者の全隔離や殺の奨励にしかつながらないな
なぜなら自由意思がない人間には応報刑による抑圧も懲役刑などによる教育も効果がないからね
陽性症状による他のおそれを防ぎたいなら法律による懲罰は最初から役に立たない
むしろ統合失調症患者やその家族が余計に病気を否認して更なる病状悪化を招くことも考えられる
1045 : ななしのよっしん :2019/01/12(土) 00:31:03 ID: oVtn1ROFKp
自分もおかしくなったらって可性より被害者側になる事を恐れてた。
あと責任の定義と処罰に重視されるポイントを調べてきました。
>>1037の言う通り責任病気関係なく「善悪の区別はできるか、殺人犯罪だと認識できるか」が争点となるらしい。
敵に襲われる妄想に取り付かれても罪になるのを知って殺せば有罪、アニメ現実の区別付かない引きこもりや幼児が「殺人じゃなくてプリキュアの浄化行為だ」と言って殺したら罪になる・・・って感じかな?

あとは世間の感情が事件の動機を許してくれるか、判決内容が社会に不安を与えるかで刑罰が変わるとも読んだ。
山口県で村八分にされた(という)報復で五人連続殺人した男は当初期懲役だったが、いじめ妄想だと判明して死刑に切り替わってるよね。これって前半は情状酌量で減刑(世間が同情)、現在は世間に与える影を考慮して死刑って解釈で合ってる?
1046 : ななしのよっしん :2019/01/28(月) 02:25:13 ID: tRsgVgZ2oh
いつの間にやら大石動画が一斉削除されてて悲しい
youtubeにもないし楽しみが一つなくなってしまった
1047 : ななしのよっしん :2019/02/14(木) 08:22:16 ID: 3Pw32mwjRG
哲学利行
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス