編集  

統計学単語

トウケイガク

統計学statistics)とは、統計に関する研究を行う学問である。

概要

元々は国家の状態を把握するための学問。後に数学的に発展していく。

現在ではほぼあらゆる企業、学問分野で使用されており、恐らくはもっとも汎用性のある学問。

統計学を利用してなんらかの仮説を実するものと、統計学そのものを数学的に研究する場合の二種類あるが、前者の場合は最近だと統計ソフトEXCELが有名だろう)が発達しているので数学的知識に乏しい人でも統計学が使えるようになった。便利な時代である。

統計学の使い方の一例

例えばかが「日本人パンよりご飯が好き」というをしたとしよう。しかし、ただそうしただけでは「お前がそう思うんならそうなんだろうな。お前ん中ではな」と言われてしまうのがオチである。そのため彼が自分のを認めてもらいたいのならば、彼はを正しいと明するための「ソース」、「拠」が必要となる。運良くネット上などにソースが転がっていればよいのだが、もしなければ彼は自分で調して拠を作り出す必要がある。

では実際に彼はどういう調をすれば良いだろうか?っ先に思いつくのは「全ての日本人に『あなたはパンご飯、どっちが好きですか?』とアンケートを取る」方法である。しかし一億三千万人以上いる日本人全てにアンケートを取るのは明らか現実的ではない。かといって適当に10人くらいに聞いてみたところで「それお前の周りだけじゃね?」と言われてしまうだけだ。それでは何人ならアンケートの結果が信用できると言えるだろうか?統計学はこういうときに大体どれくらいの人数にアンケートをすればある程度信頼できるものになるかを教えてくれる学問なのだ。

仮説の実というのは学問はもちろん日常生活でも常に要されうることである。例えば「お客さんはどんなことを会社に要しているのか」、「読者はどんな漫画読みたいのか」そういう意味で、統計学を学ぶことは有用なことだろう。

統計は信用できる?

統計学的にこれは既に明されている」、「〜という統計データが存在する」

普段からこのような言葉をにすることは多いだろう。しかしこれらの言葉。実に胡散臭いのである。実際に統計データが発表者によって恣意的に結果が操作されている場合も少なくない。いわゆる数字のマジックというやつである。

アンケートの数字そのものが竄されている場合は論外として、統計学的に正しい操作をしても結果を実際の状態と大きくずらす(ずれる)ことは非常に容易いことなのである。一例を以下にあげる。

内閣支持率調 2012/10/26を行い、85,658人の方に回答をいただきました。

結果は次のようになりました。

政党 支持率
民主党 4.6%
自民党 32.2%
維新の会 5.8%
公明党 1.9%
共産党 1.7%
国民の生活が第一 1.5%

(編集注:一部省略

この結果だけ見れば、次の選挙自民党が圧勝か!? と思われるかもしれない。

しかし実はこのアンケート、なんとニコニコ動画ネット調によるものだったのだ。ネット上では較的民主党かれやすく、そもそもニコニコユーザーの少なからずは選挙権を持っていない。それに加えて投票率の高い年配の方はニコニコ動画をあまり見ていないので、この結果だけで選挙を論ずるのは危険である。しかしもちろん、この結果が100%間違っているという拠もないので、選挙結果がこれと一致する可性も依然として存在していることも忘れてはいけない。さらに選挙の場合は世論調査の結果で有権者の行動が左右される。このことはアナウンス効果と呼ばれる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%B5%B1%E8%A8%88%E5%AD%A6
ページ番号: 4999997 リビジョン番号: 2612546
読み:トウケイガク
初版作成日: 12/11/20 17:44 ◆ 最終更新日: 18/08/02 00:05
編集内容についての説明/コメント: <br>除去。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

統計学について語るスレ

36 : ななしのよっしん :2016/10/25(火) 10:33:44 ID: jC8YEii/3L
>>az4166601105exit_nicoichiba

世の中にはいい加減なアンケートを行って自分のに都合のいい方向に持っていこうとする団体が少なくないと言う話。学会政治社会運動利権とかが絡んでいる
最近、そんなひどい統計をネットで見つけた。
https://www7.atwiki.jp/sapphire-ribbon/pages/24.htmlexit

とにかく、いろんな意味で統計としての価値を成してない。
・まず調を一箇所の大学生に絞っている時点でアウト。(参考程度の調なのでこの辺はをつぶれるかもしれないが…)
・回答を聞く前に、バイアスのかかった紹介をしている。自分に都合の良い意見に誘導するのは一番悪どい手法。答える側も「こう答えて欲しいんだろうな」となってしまう
ラストでほぼ二択の回答に持ち込んでいる。全な誘導尋問。
どうでもいいけど、人にわざわざ協を持ちかけておきながら
>> おおお!おまいらスイーツとかゆとりとか言われながらしっかりしてるじゃん!
してくださってる人達にレッテル貼って見下してるのは何なんだろうか…この調行ったの人間性を本気で疑う
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
37 : ななしのよっしん :2017/01/15(日) 00:16:30 ID: t3brbOizH2
統計うんぬん以前の問題だが、「最近○○が多い」というのは
メディアが単に○○を集中して取り上げているからに過ぎない
高齢ドライバー事故を起こす間にも、別のところでは未成年者が事件を起こしたり、お菓子の袋にが入ってたりするもんだ
38 : ななしのよっしん :2017/01/26(木) 19:06:31 ID: P1zpr2d51l
>>37
メディアの印操作は何時もの事として確率論的にも事故って立て続けに起こるっていう話だけどあれとも関係あんのかな
39 : ななしのよっしん :2017/01/26(木) 20:06:29 ID: WNAJvMc439
それは確率論というよりある種の確率分布(ポアソン分布)はそう錯覚しやすいという話では。

他にも、メディアの取り上げ方、マーケッターによるごり押しなんかも大きいし、
自殺報道することで自殺が増える」みたいな話もあると。
また、統計処理が統計学的にマトモでも、調法に問題があるということもある。
アンケートの設問にたとえ悪意くとも誘導が含まれる場合など。
40 : ななしのよっしん :2017/10/16(月) 15:46:55 ID: /yNeliI5v4
>>36 ニコニコアンケート
41 : ななしのよっしん :2018/06/04(月) 13:31:41 ID: Ycf8KiTX3E
統計の体をなしてない調で溢れかえってる
42 : ななしのよっしん :2018/06/04(月) 19:09:50 ID: /yNeliI5v4
twitterアンケート作為抽出でない良い例だよね
結果を見て楽しむ分にはいいけど、いかにも統計学的な「資料」として挙げられるとだいぶ引く
43 : ななしのよっしん :2018/06/05(火) 05:57:03 ID: WNAJvMc439
まず統計学と言っても統計解析と調法を分けて考えて、
それぞれのカラクリを理解しないと騙される。またはデタラメ摘されて恥をかく。
さらに調法以前に、これはこのデータカウントするかといった調固有の解釈の問題もある。
44 : ななしのよっしん :2018/07/31(火) 21:57:51 ID: P1zpr2d51l
>>39
んーその「錯覚」て言葉をポアソン分布についてそうる人は多いみたいですね。
「同時性の法則」ってなんですけど確かにこれは確率論というより()心理学に属する話なんで確率統計を幾らやっても「偶然」と「錯覚」でしかないという話にしかならない訳ですな
その「自殺報道自殺が増える」についてはまあ確かに同時性の法則っていうのは何だか気が引けますね同時多発テロを同時性の法則だっていうようなもんだと言われてしまいそうで
45 : ななしのよっしん :2018/10/25(木) 15:33:46 ID: 18lpNP4P92
私がエビデンスだから統計とか必要ないんだよなぁ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス