絶滅危惧種単語

ゼツメツキグシュ
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

絶滅危惧種とは、以下のことを表す。

  1. 本来の用法で、絶滅危機に陥っている動植物種のことである。本項で記述する。
  2. 1.から生して、かつては多く見られた物・文化が、技術の進歩によるより優れた代替品の普及や流行遅れ等が原因で急速にれ、数を大きく減らしている様子を表す俗称としても使用される。
    (例)VHSビデオDVDブルーレイに取って代わられ、今や絶滅危惧種となっている。
  3. 1.から生して、古い考え方をしている人やかなり少数の考え方をしている人の事を揶揄して言う言葉。

概要

国際自然保護連合exit(IUCN)が絶滅種絶滅の恐れのある種をレッドリストにまとめている。

日本では環境省自然環境局exitや各都道府県が、状況を調し保護事業を行っている。→ 環境省レッドリストレッドデータブック 絶滅危惧種情報検索exit

絶滅危惧種というとトキホッキョクグマなどが有名である。地域によってはミノムシ(オオミノガ)やメダカなど、一見身近そうな動物も絶滅危惧種に定されている。ちなみにオオミノガに関してはオオミノガヤドリバエという外来種による寄生が原因と考えられている。

現在日本においてはIUCNのカテゴリに基づいた絶滅動物カテゴリを下記のように設定している。

カテゴリ 概説
絶滅(EX) 野生では論飼育下においても絶滅している種。
野生絶滅(EW) 野生では絶滅している種。
絶滅危惧IA類(CR) 近い将来絶滅する可性が非常に高い種。
絶滅危惧IB類(EN) 近い将来絶滅する可性が高い種。
絶滅危惧II類(VU) 現在絶滅する可性が高まりつつある種。
絶滅危惧(NT) 現在絶滅する危険はないが、今後絶滅の危険性が高まるかもしれない種。
情報不足(DD) 評価を下すのに十分な情報が得られていない種。
絶滅のおそれのある地域個体群(LP) 個体群としての絶滅の可性が高いもの。

注釈

  • 絶滅危惧IA類~絶滅危惧II類までが絶滅危惧種である。
  • 個体群とは、種としては同一ではあるが地理環境的状況によりそれぞれの接触がない個体の群れのことを言う。
  • 脊椎動物、維管束植物以外の植物に関してはIA類とIB類の区別をせずI類とする。

関連動画

関連リンク

関連商品

関連用語

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%B5%B6%E6%BB%85%E5%8D%B1%E6%83%A7%E7%A8%AE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

絶滅危惧種

199 ななしのよっしん
2021/01/27(水) 16:29:41 ID: mJ4f6IURuQ
絶滅から「救う」って言い方は良く見るけど引っかかる
絶滅したら何がどう困るのか?

これがもし病気ペットを救うとか畜産動物が殺されるのを救うとかなら分かる
なぜなら動物が好ましくないと感じる状況から脱しているから確かに「救う」という表現は正しい

しかし殺されるために繁殖させられたりコンクリ打ちっぱなしの狭い檻で飼われノイローゼになる動物絶滅したほうがこれ以上苦しむ個体が発生しないという意味で救われるのではないか

例えば純野生の馬は既に居ないが人間畜化したため絶滅は免れた
しかし畜となった戦争に使われ戦死したり、競走馬に使われ走れなければ屠殺されたりなどろくなに合っていない
これなら絶滅していた方が全体の幸福度としては良かったのではないか

この「絶滅から救う」みたいなスローガンからは個体数が多ければ良い、個体の幸福度など知ったことではない、という理不尽さをあたかも善いことであるかのように偽装した偽善性を感じる
200 ななしのよっしん
2021/02/12(金) 11:21:07 ID: SK7I1ov9Ir
ある生物絶滅あるいは在来種の生存を脅かす要因によって農被害が生じた例が過去あったから人間の生活に負荷がかからない範囲で在来環境を保全しようって話であって
別に絶滅する生き物が可哀想だから保護するって訳ではない
201 ななしのよっしん
2021/02/13(土) 01:29:27 ID: mJ4f6IURuQ
なら「救う」という表現は間違ってるじゃん
202 ななしのよっしん
2021/02/13(土) 20:46:30 ID: SK7I1ov9Ir
保護政策全てを否定してるのかと勘違いしてピキってしまった、申し訳ない

多様性の消失による災害・文化経済への影みたいな標見せるだけでついて来てくれるのが一番良いんだけど、フラグシップ種の危機を感情に訴えかけるのが市民環境保全活動に引き込むのに有効な手段なのは未だに変わってないからなあ…
正しい発信の仕方だと全然広まらないので『救う』『外来種は悪』みたく単純化する人達がいるのも分からなくもない、良い事だとは思わないが
203 ななしのよっしん
2021/04/01(木) 22:57:42 ID: u3dLLcTC2h
絶滅危惧種を保護しよう」という考え方自体が他の生物への上から目線で冒涜
人間はいつから万物の霊長になったんだ?
204 ななしのよっしん
2021/04/20(火) 10:13:13 ID: hECLhSIibq
一絶対のを想像した頃からじゃない?
そもそも自然界なんて絶滅の繰り返しで現在に至るからな
人間が大切に思う現在自然すら、何かの生物の大量絶滅で成立した環境だし
保護といっても、結局のところ人間支援がある間の一時しのぎでしかない
保護活動だって、自然環境を捻じ曲げる行為の一環だって自覚は持つべきだろうね
205 ななしのよっしん
2021/04/26(月) 21:22:39 ID: SK7I1ov9Ir
絶滅危惧種保護と生息環境保全の根底にある的は人間絶滅を回避する事なので、偽善者による楽という訳ではい(もちろん胡散臭い団体もいるが)
自然環境の衰退による人間絶滅自然の摂理だと言うならまあそれはそうだが
206 ななしのよっしん
2021/06/02(水) 07:01:48 ID: d895Fpfidk
後は純に学術的、つまり学者用サンプルってのもあるね。まあ、実学義と言うように学問系を楽と見做す人は多いけど。
207 ななしのよっしん
2021/08/29(日) 02:48:11 ID: c+GWwrStjq
世界に1万頭しか居ないとか聞いてもまだ1万も居るなら何とかなるだろって思っちゃうんだが
208 ななしのよっしん
2021/08/29(日) 08:27:56 ID: fk5ScdjHtI
>>207
人口1万人の村でも限界集落感あるじゃん?
それが全世界で1万ならかなり限界
あと生息地が分断されている場合各生息地でジリ貧になっていく危険性が有る