編集  

絶滅危惧種単語

ゼツメツキグシュ

絶滅危惧種とは、以下のことを表す。

  1. 本来の用法で、絶滅危機に陥っている動植物種のことである。本項で記述する。
  2. 1.から生して、かつては多く見られた物・文化が、技術の進歩によるより優れた代替品の普及や流行遅れ等が原因で急速にれ、数を大きく減らしている様子を表す俗称としても使用される。
    (例)VHSビデオDVDブルーレイに取って代わられ、今や絶滅危惧種となっている。
  3. 1.から生して、古い考え方をしている人やかなり少数の考え方をしている人の事を揶揄して言う言葉。

概要

国際自然保護連合(IUCN)が絶滅種や絶滅の恐れのある種をレッドリストにまとめている。

日本では環境省自然環境局や各都道府県が、状況を調し保護事業を行っている。→ 環境省レッドリストレッドデータブック 絶滅危惧種情報検索

絶滅危惧種というとトキホッキョクグマなどが有名である。地域によってはミノムシ(オオミノガ)やメダカなど、一見身近そうな動物絶滅危惧種定されている。ちなみにオオミノガに関してはオオミノガヤドリバエという外来種による寄生が原因と考えられている。

現在日本においてはIUCNのカテゴリに基づいた絶滅動物カテゴリを下記のように設定している。

カテゴリ 概説
絶滅(EX) 野生では論飼育下においても絶滅している種。
野生絶滅(EW) 野生では絶滅している種。
絶滅危惧IA類(CR) 近い将来絶滅する可性が非常に高い種。
絶滅危惧IB類(EN) 近い将来絶滅する可性が高い種。
絶滅危惧II類(VU) 現在絶滅する可性が高まりつつある種。
絶滅危惧(NT) 現在絶滅する危険はないが、今後絶滅の危険性が高まるかもしれない種。
情報不足(DD) 評価を下すのに十分な情報が得られていない種。
絶滅のおそれのある地域個体群(LP) 個体群としての絶滅の可性が高いもの。

注釈

  • 絶滅危惧IA類~絶滅危惧II類までが絶滅危惧種である。
  • 個体群とは、種としては同一ではあるが地理環境的状況によりそれぞれの接触がない個体の群れのことを言う。
  • 脊椎動物、維管束植物以外の植物に関してはIA類とIB類の区別をせずI類とする。

関連動画

関連リンク

関連商品

関連用語


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%B5%B6%E6%BB%85%E5%8D%B1%E6%83%A7%E7%A8%AE
ページ番号: 166617 リビジョン番号: 2159679
読み:ゼツメツキグシュ
初版作成日: 08/05/28 17:07 ◆ 最終更新日: 15/02/11 17:44
編集内容についての説明/コメント: 概要中の一部を冒頭に移行。関連項目に環境省など追加。ほか
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

絶滅危惧種について語るスレ

145 : ななしのよっしん :2018/08/31(金) 10:51:25 ID: cvxAwizVGq
>>144
細菌ならまだしも、なぜ生命の最小単位である細胞すらないほぼ非生物であるウィルス天然痘を守らなければいけないのだ? ウィルス生物とする人も居るが議論の余地はかなりあるんだぞ?
146 : ななしのよっしん :2018/08/31(金) 10:59:22 ID: cvxAwizVGq
絶滅危惧種とは絶滅危機にある生物種のことである。
絶滅(ぜつめつ)とは、一つの生物種の全ての個体が死ぬことによって、その種が絶えること。

ウイルスとは、核とそれを包むタンパク質の殻から成る結晶、『機械的な構造体』である。生物細胞を利用して自己を複製できる(してもらえる)。細菌と混同する人が少なくないが、全くの別物。非生物生物の両方の特徴を持った「物」と言うべきであろうか。
い話、『生物学的には生物ではない』。

生物学において生物種に対して用いられる絶滅の概念を、生物学的には生物ですらないウィルスに対して誤用してダブルスタンダードとか、そんな自分の無知さらし上げて笑い者になる行為をしてなにか意味あるの?
147 : ななしのよっしん :2018/08/31(金) 11:04:06 ID: uYA7AuEV+V
こういうのよく見るな。自然保護なんて人間のエゴだ、みたいな意見止まりで冷笑して終わったままの逆り意見。
その上でなんで大投じてやろうとしている機関とかがいるのか、まで論理を進めてるのを見たことがない。

先進国だって暇人の集まりじゃないんだから、長期的とはいえ、それなりの打算で環境保全活動やってんのに。

>>141 のような意見を基本としながらも、内で獲れるマグロウナギが滅びる、あるいは近で生息しなくなる環境に変わるのは、将来的に計り知れない損益がもたらされるおそれがある、として保全側の意見に賛同している人もいることも知っていてほしい
148 : ななしのよっしん :2018/08/31(金) 11:17:30 ID: yPUr68iTi6
動物(野)」護と「ウイルス」撲滅は別にダブスタではないよな

ウイルス生物と認めた上で、天然痘撲滅に対して消極的賛成以上の立場で
かつ本人が生物は皆救うべきというスタンスや言動をとったという条件付きで
ようやく「その」活動家に対してはダブルスタンダードだと言える
149 : ななしのよっしん :2018/08/31(金) 11:17:35 ID: fqrhkUXyXh
こう言うのもなんだが、ウィルス生物学的に生物の定義には全には当てはまらないの存在だから・・・。宇宙から来たのではとか言われるくらいだしな。
だいたいどっちかっていうと攻めて来たのはあっちなので。
150 : ななしのよっしん :2018/08/31(金) 11:21:14 ID: dIQpSVHJck
そもそも自然の一員であるはずの人間があたかも視点シミュレーションゲームをやっているがごとく「絶滅から守れ」とか言ってるのが最高にギャグ
敵のいないに上陸して弱小種を節操に食い散らかす外来種がそんなこと考えるか?
恐竜絶滅したのも人間のせいか?
151 : ななしのよっしん :2018/08/31(金) 11:26:03 ID: uYA7AuEV+V
人間とその社会神様ほど不死身じゃないから、巡り巡って自分の身を守るために生態系の構成要素を把握して管理しようという理由でやっているんですがそれは…
どうも保護を嗤う人ほど、保護活動の理念を美化してる節がある
152 : ななしのよっしん :2018/08/31(金) 20:55:48 ID: cvxAwizVGq
>>150
視点とかシミュレーションゲームとか関係ないんだけどね。
かつての行いから「生物絶滅させ生態系にダメージを与えた場合、人間にも悪影が出てしまうことがある」と学習した結果、『自己防衛』『自己利益確保』の為にやってる場合がほとんど。

保護を綺麗事と言って唾を吐く人が思ってるほど生物保護は綺麗事じゃない。
でも、手段が的化して行き過ぎた呆どもは別にして、例え『偽善』だろうが先しか見てない短慮より先を見据えた行動の方に敬意を示したいかな。
153 : ななしのよっしん :2018/08/31(金) 21:05:12 ID: gPPO2IVd9Q
>『自己防衛』『自己利益確保』の為

結局はなにごともそれよね
でもいいじゃない自分たちのためで。結果が周囲のためになるのなら
にもにもならないドヤ顔人間批判してる連中よりはよっぽどマシ
154 : ななしのよっしん :2018/10/18(木) 20:58:14 ID: De6WL0Fsi8
小学校の理科の授業からやり直して来いよw
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス