継体天皇単語

ケイタイテンノウ

継体天皇

(けいたいてんのう 450年?~531年3月10日)とは、第26代天皇である。

後述の出自から、現在皇室は継体天皇が初代にあたるとする説が提唱されている。

在位:507年3月3日531年3月10日 

概要

近江で生まれたが、くに亡くした為、の故郷の越前で育った。越前地方を統治していた頃には、農耕や住むのに適さない湿地帯を大規模な治を行って干拓したり、港を開いて産業を振させたとの伝承が残っており、越前開闢の祖とされている。

そんな越前英雄天皇へのが開く。第25代の武天皇が皇子を残さずにお隠れになられた為、後継者がおらず、族の代表達が協議して丹波にいた仲哀天皇の5世孫にあたる倭王(やまとひこおおきみ)を即位させる事になったが、迎えの兵士を見て恐れをなした倭王は行方不明になってしまう。

そして次に即位の話がまわってきたのが、↓の系図で示すとおり日本武尊の孫の応天皇の5世孫で、男系の血をうけついでいた継体天皇だった。 

(1)
神武天皇
(2)
綏靖天皇
(3)
安寧天皇
(4)
懿徳天皇
(5)
孝昭天皇
(6)
孝安天皇
(7)
孝霊天皇
日本武尊 (12)
景行天皇
(11)
垂仁天皇
(10)
崇神天皇
(9)
開化天皇
(8)
孝元天皇
養子 (13)
成務天皇
(14)
仲哀天皇
(15)
天皇
(16)
仁徳天皇
(17)
履中天皇
辺押磐皇子 (24)
仁賢天皇
(25)
天皇
(18)
反正天皇
(23)
顕宗天皇
稚渟毛二皇子
(19)
允恭天皇
(21)
雄略天皇
(22)
清寧天皇
意富富杼王
(20)
安康天皇
乎非王
人王 (26)
継体天皇

しかし、大和朝廷から遠く離れた地にいる自分にそんなうまい話が転がってくるわけがないとでも思ったのか、継体天皇は用心を重ねてまず使者を送って確認し、即位の話が本当である事を確かめてから即位した。

↑の通り、皇室の男系の血筋ではあったが、当時流だった血筋からあまりにも離れていた為、即位とともに先代の武天皇にあたる手皇女(たしらかのひめみこ)を皇后にした。

天皇の頃から族間の争いが頻発していた事や、即位までの様々なドタバタにより、即位19年後の526年にようやく都を大倭に定める事が出来たが、その頃九州北部では、新羅と結んだ族磐井が反乱をおこしており、軍を派遣して鎮圧にあたった。

朝鮮半島の領土を失ったものの、磐井の鎮圧には成功し、その後は、養蚕の奨励など産業育成にをいれ、群臣の意見を聞き入れて内を穏に収めた。

531年に、皇室の記録上初めてとなる皇太子への譲位を行い、安閑天皇の即位と共にお隠れになられた。

済本記では、継体天皇と皇太子と皇子が政変で同時に殺されたと記されている。 

継体天皇と言う諡号は、諡号を持たない神武天皇から元正天皇までの44代(弘文天皇と文武天皇を除く)に対して、奈良時代の文人「淡三船」が諡号を一括撰進して以降呼ばれるようになったもので、古事記では袁本杼命(をほどのみこと)、日本書紀では男大王(をほどのおおきみ)と呼ばれている。 

崩御後

天皇の五世孫」というあまりにも離れすぎた血筋は皇統を見渡してみても「三王交代説」などが提唱されるほど異常なことである。

さて、上記の系図の話をすると、継体天皇は自らを天皇であると諸侯に認めさせるために武天皇、手皇女を后に迎えた。継体天皇の死後は別の妃との子である安閑天皇、次いで宣化天皇が即位したが、高齢もあってか両者合わせてわずか7年の治世だった。その後は手皇女との子、天皇が即位し、宣化天皇の血筋も加えて皇統が現在まで引き継がれている。

関連動画

関連商品



関連チャンネル

関連項目

25 26代 27代
天皇(ぶれつてんのう)
498~506
継体天皇(けいたいてんのう)
507~531
安閑天皇あんかんてんのう)
531~535

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%B6%99%E4%BD%93%E5%A4%A9%E7%9A%87

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

継体天皇

39 ななしのよっしん
2018/11/04(日) 11:07:26 ID: xmBnIZlSkZ
皇室マスオさんポジ
妻の実家の地盤がある土地に入ったのが晩年になってようやくというのが入婿の悲哀を感じさせる
けど何十年も頑って遂に実家(の口煩い支持族たち)から認められたとすれば、報われて良かったと考えていいかな
40 ななしのよっしん
2019/04/07(日) 07:56:16 ID: 0xpI3q54hE
>>36
正史上本当のこと書けないが全に書いちゃうと本人の祟りが怖いから「それとなくわかるように」手がかりを残しておいた説


まあ解釈次第でなんとでもできちゃうから微妙だが。

41 ななしのよっしん
2019/04/07(日) 09:29:07 ID: Hp2Fhgm4t4
織田島津といった源氏の現当だって「神武天皇の男系男子の子孫」という条件に当てはまってしまうんだよな...
だけど、彼を天皇が断絶したからといって彼らを新天皇に出来るかと言えば「それは違う」としか...
42 ななしのよっしん
2019/04/29(月) 22:55:09 ID: seq6RCjLRC
継体新王論者継体天皇が即位から十数年も都入りしなかったのは前王の勢と争ったからだ!!!!!!!!」

それ文字資料までめないから、せめて戦場跡でもいんですか?
43 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 14:56:27 ID: seq6RCjLRC
継体というおくり名は継体持統という四字熟語から拾ったに過ぎないんだよね
同じ四字熟語を出典にした持統天皇も前王とは断絶してるのをごまかすためにこのおくり名にしたんですかね?w
ほんと新王説って説の字を使うのもおこがましい小説家論だよな
44 ななしのよっしん
2019/05/05(日) 15:30:37 ID: 6rLDFn8/fL
>>41
大名の系は養子相続が当たり前(一応血統が近いなり考慮してることはある)だから余計難しい
本当に「神武天皇の男系男子の子孫」に当てはまるのかどうか

氏(徳)は辿ると会津水戸を経て徳に戻るからまだいいけど、
織田氏(信雄系嫡流柏原)の今の当田原本領旗本平野の子孫で、辿ると小見内田からの養子、さらに遡ると遠江勝間田でこれはどうも桓武平氏良文流、清和源氏支流、藤原工藤流と諸説あって判然としないらしい(勝間田系図を見つけられてないのでどこかで養子が入ってるかは不明)。
島津氏はずっと続いてるけど初代が頼落胤説(自称)と惟宗氏説とあって、後者渡来人氏系で皇別ではない(ひょっとするとどこかで皇別氏から養子入ってるかもだけど調べきれんしたぶんわからん)
45 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 23:06:49 ID: 5cfRhJms1r
偽がどうあれ、井にいた5世孫が即位したということが皇室歴史として記録されてるわけだから
今の皇室問題でも女性天皇や女系天皇より皇籍離脱した(というかさせられた)旧宮家の男系子孫を
復帰させる方が説得があるかな。

まあ何よりも悠仁親王以降安定して男児がお生まれになるのが望ましいけど。
46 ななしのよっしん
2019/05/15(水) 11:53:53 ID: MH3SpN/iWt
>>37
後漢光武帝6世孫だけど、まあ普通前漢後漢で王を分ける。
伏見が男系としては怪しいのは同意。
47 何処某
2019/05/23(木) 04:59:32 ID: 28DZe/zvty
>>45
継体天皇の践祚は手皇女あってのものだし継嗣に「五世の王は、親王を娶ることはできない」と書かれるくらい特異中の特異なものだから彼を持ち出して旧皇族の子孫の皇籍取得をするのは違う気がする。
本人も「私は天皇に相応しくない」とこぼしていたようだし。

>>46
はもっと酷いぞ。初代→2代が14親等、4代→5代は18親等だ。
48 ななしのよっしん
2019/06/16(日) 21:47:03 ID: 0xpI3q54hE
>>43
いやまあ、持統天皇の方は(王交代ではないものの)実際「統を持つ」の意味で諡してると思うぞ。