緋村剣心単語

ヒムラケンシン
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

緋村剣心とは、『るろうに剣心』の主人公である。

概要

剣心

不殺(ころさず)を誓い、と峰が逆になった特殊な・逆を振るって弱い人々を守るを続けていた流浪人明治十年に東京を訪れ、縁あって神谷活心流場に居候する。
見たい長を持つの優男といった感じでとても強そうには見えないが、その正体はかつて幕末において、長州維新志士として佐幕の要人を数多く暗殺してきた伝説客「人り抜斎」。
作中では敵と認識した者や絡んでくる悪伝説剣術飛天御剣流」で"殺さない程度"に撃退していく。

普段は温厚な性格で、「~ござる」口調で喋る口癖があり、また女性に対しては「~殿」と敬称を付けて呼ぶ。(など、一回り年下の女性であっても。)
しかし物語の初期から中盤にかけては、感情が昂ぶると人り時代の荒々しい性格が露になり、普段の剣心とは似ても似つかない好戦的な人物へと変貌、このとき「拙者」という普段の一人称も「」に戻っていく。そして上述の「不殺の誓い」の箍が外れた事で普段の剣心以上の凄まじい戦闘を発揮するようになる。
(もっとも一人称については、人りへ立ち戻る以外にも古との再修業の際は普通に「」と呼んでいるし、人誅編でも人り抜斎が覚醒せずとも「」と呼ぶ場面があるが。)

幼少時、野党に殺されかけたところを飛天御剣流の継承者である比古清十郎に救われ、以後子として剣術叩き込まれながら山で暮らす。(ちなみに本来の名前は心太というが、古と出会った際に「優しすぎて客にはそぐわない」との理由から剣心という名前を新たに授かり、以降は剣心の名で過ごす事になる)
やがて十四歳の頃に身につけた剣術を使って動乱を終わらせ人々を救いたいという気持ちから山を下りることを決心し、古にその旨を伝えるも、意見が合わなかった為に喧別れして下山長州の奇兵隊に参加した折、圧倒的な剣術をつけた桂小五郎めに応じ、京都で幕府要人の暗殺に手を染める事になる。
 自らの罪を悟った剣心は暗殺稼業を後に敵対する事になる志々雄真実に譲った後、幕臣達と戦う遊撃剣士として活躍。鳥羽伏見の戦い以後、それまで使っていたを捨て、幕末刀匠である新井から託された逆に持ち替え、同時に「もうも殺さない(らない)」不殺の誓いを立て、各地を放浪する流浪人となり、本編第一話に至る。

その他の詳細は、Wikipediaexitなどを参照されたし。

なお、ニコニコ動画では海外版「るろうに剣心」の空耳で有名であるが、動画アップロードすると新撰組がやってきて悪・即・の信念の下に切り捨てられる模様。

テレビアニメ版の声優は元宝塚歌劇団トップスターである涼風真世ラジオドラマ版は、“予定通り”の緒方恵美であった。実写映画版のキャスト佐藤健である。

ニコニコ動画などのネットカルチャーにおいては、蓬莱山輝夜ベジータなどと並んでニートネタが多い。

幕末時代に実在した「人斎」こと河上彦斎モデルと言われる。モデルとなった河上彦斎も背が低く、しかも女性のような顔立ちをしていたという。

なお、実写版では、後半かなり流血戦となっているにもかかわらず、着物は終盤のシーンで新品同様に綺麗になっている。実写版剣心の御剣流には秘法の洗濯術や裁縫技術があるのだろうか?

働きたくないでござる!絶対に働きたくないでござる

飛天御剣流

かつて戦国時代に端を発し、一人対大勢の戦闘を想定して作られたとされる殺人(古流剣術)。飛天の名が示すとおり、天空へ飛び上がるほどの跳躍や「神速」とうたわれるほどの人的な体捌きが特徴で、作中では剣心以外にも彼の師匠比古清十郎が使う。
時代時代の苦難から人々を守るために振るわれる、どの組織にも閥にも属さずいかなる権にも与しない自由にして、「戦闘になれば、まず間違いなく加担した方に勝利をもたらす『陸の』」である。
(しかし飛天御剣流の理をに理解しないまま古と別れた剣心は、当時の政治の1つである長州へと加わり、本人も意図しないまま権に手を貸してしまう事となった。)

そして何よりの技や身のこなし以上に、30代に入ってなお、10代20代と大して変わらないかなり若々しい容姿を保っているため、弥らが摘するように飛天御剣流には若づくりの秘法があるのではないかと専らのになっている。

 

詳細は『飛天御剣流』を参照。

関連動画

大人の事情によりいでござる

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%B7%8B%E6%9D%91%E5%89%A3%E5%BF%83

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

緋村剣心

247 ななしのよっしん
2020/10/01(木) 14:02:46 ID: GjDuzau45N
元々作中でだって散々他のキャラクター摘されてるでしょ。
ただ優しさも元々持ち合わせているから、非情になりきれないだけ。
だから人を殺す事に抵抗感は有っても、悪人叩きのめす事には抵抗がないんだよね。
248 ななしのよっしん
2020/10/12(月) 23:25:16 ID: Mgd4aevxC2
>>242
姉弟も独剣心に辿り着いたわけじゃなくて闇武に教えてもらっただけだからな。
249 削除しました
削除しました ID: nx8ZpZOzIe
削除しました
250 ななしのよっしん
2021/01/04(月) 08:20:56 ID: QsKL8Y1kqz
>>245
左之助が説明してた「遊撃剣士」の下りだよね
暗殺者なのに有名なのはここで大活躍したせいだって

>>249
師匠との再修業でもだったしな
拙者」とか「ござる口調」とかわざとらしい喋り方を意識してすることでの面を意図的に抑えてた節はある
今でいうスイッチングみたいな
北海道編では優しいのはそのままちょっと口悪くなってたり、元来の性格と流浪人になってからの要素が混ざって定着した感がある
「抜斎に戻る」ことは人誅編でもうなくなったけど、今は抜斎時代(とそれ以前)だったことも取り繕わなくなってる気がする
結婚して本音を吐き出せる相手が出来たのがデカいかもしれない
251 ななしのよっしん
2021/02/07(日) 14:12:25 ID: sckD8GSIfV
北海道編ではこう、古い時代の人間ってのが強調されてきてる気がするね
新しい時代ってのを度々口にしてた剣心がそうなるのは皮な感じするけど本人も自覚してる節あるんだよなぁ
252 ななしのよっしん
2021/02/07(日) 20:25:19 ID: uhIbAR3Q5p
北海道編のテーマの一つは世代交代だと思うから、
剣心が古い時代の人間になるのは仕方がない事だと思うけどね
次世代の明日郎にバトンタッチするための布石なんだろうし
253 ななしのよっしん
2021/03/05(金) 18:06:48 ID: QsKL8Y1kqz
>>251 >>252
写真で魂取られるから怖がるとかねw
アの三馬鹿との対もあるし北海道編は意図的に古い人間として描写されている

代わりに左之助、弥とか栄次とか(ついでに流も)の成長が覚ましい
幕末世代が新時代を作ったその後って雰囲気は出てるな
斎藤すら本誌時代のギラギラ感が薄れてる気がするし(半分永倉のせいかもしれんが)
254 ななしのよっしん
2021/04/11(日) 02:57:36 ID: V3NGhpI+gw
に逆渡して北海道編まで半年くらいだっけ?
伸びるくね?
255 ななしのよっしん
2021/04/27(火) 23:58:19 ID: AXD6xUof5O
九頭龍からのとかいう鬼畜コンボ原作でもやっていたっけ?
256 ななしのよっしん
2021/05/03(月) 08:37:44 ID: i0v2keYwXt
多分やってない
そもそもは納しなきゃ出来ないからコンボにならないし