繁殖牝馬単語

ハンショクヒンバ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

繁殖牝馬(はんしょくひんば)とは、子を産むために牧場に繋養されているのことである。

肌馬(はだうま)ともいう。

概要

競走馬の生産牧場にとって、繁殖牝馬の存在そのものが生産牧場の機である。繁殖牝馬は牧場に繋養され、2月から7月にかけて一定の周期で発情する。発情した機会を捉えて牧場契約した種牡馬のいる「スタリオンステーション」などに連れて行き、種牡馬交尾させる。

なお、発情していないに近寄られると後足で蹴るなどすることがあり、高価な種牡馬に怪を負わせかねない。実際にこのような事態を避けるために試情を近付けて発情していることを確認する。

多いだと1年で100頭以上のを作る種牡馬と違い、繁殖牝馬は基本的に1年に1頭しかを産まない(双子で受胎した場合は片方を堕ろす)。なので頭数を確保するために選定基準は種牡馬よりも緩く、未勝利や未出走でもそこそこ血統が良ければ繁殖牝馬になるケースは多い。

関連動画

繁殖牝馬に関するニコニコ動画動画紹介してください。

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

繁殖牝馬

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 繁殖牝馬についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!