罪と罰単語

ツミトバツ
1.2千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

罪と罰(つみとばつ、露: Преступление и наказание)とは、フョードル・ドストエフスキーによる1866年連載の長編小説である。

概要

貧しい大学生主人公ラスコーリニコフが「自分はエリートであり、社会道徳から外れた行為を行う権利がある」という己の正義観を信じて高利貸しの老婆を殺するが、その際に不本意ながら善人だった老婆のも殺してしまい、苦悩するストーリー
その哲学的な内容から現代においても頻繁に創作の題材となったり、論述の引き合いに出されたりする。

難しい小説と思われがちだが、『刑事コロンボ』のように初めから犯人が分かっているタイプ推理小説的な面もあるので、較的読み易い部類に入る。分量は厚めの文庫本上下巻程度で少々長い。

罪と罰が由来となった作品

ドストエフスキー小説を原案にしたもの、翻案したもの、タイトルのみ借用したものなど、様々な作品が存在する。特に書名での引用については裁判や量刑などの刑事法制度や、広いレベルでの社会倫理に関わる問題をテーマにした作品が多い。

関連動画

関連商品

一部訳者の評価については「ドストエフスキー」の記事を参照。

また、ドストエフスキーの作品のいくつかは抄訳本や解説ウィキペディア先生によって手軽にその概要に触れることができるし、「漫画で読む」シリーズなどの形で易な漫画作品に書き直されていることもある。

 

もちろん、初めて彼の作品に触れるなら、小説を読む前にこうした漫画などから入るのも良いが、下手な漫画化作品を読むぐらいならいっそ原作から大胆にスピンオフされたこれらの作品から読むのもいい、かもしれない。

 

映画・ドラマ・朗読

  

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%BD%AA%E3%81%A8%E7%BD%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

罪と罰

51 ななしのよっしん
2016/10/20(木) 02:09:24 ID: SEgi5LT9Sw
漫画太郎の方を一ページ読むごとにドフトエフスキーの同名小説を一ページ読むっていう読み方してたら一日で読めた
52 ななしのよっしん
2017/01/04(水) 02:33:27 ID: FvRQxjBikm
厨二病心をくすぐるワードトップ10に入るぐらいにはかっこいい言葉
53 ななしのよっしん
2017/02/12(日) 12:07:55 ID: A3NDxSsuH9
中二:が罰だ

高二:が罪だ
54 ななしのよっしん
2018/05/27(日) 21:41:33 ID: 6X5Vrgg0+h
何だろう、割と最近(と言っても数年前だが)こういう内容の邦画を見た記憶がある。
(時事的な内容になるが、幼女誘拐殺人犯人探しに懸賞を出すも…と言った内容)

確かワーナー映画だった
55 ななしのよっしん
2019/06/09(日) 22:43:25 ID: lX9INHsusf
ドストエフスキー←つよそう
罪と罰←かっこいい
ラスコーリニコフ←回文かな?
56 ななしのよっしん
2020/02/13(木) 12:33:07 ID: TCiGE5cfvw
意外と注されてないけど、ポルフィーリ判事がラスコーリニコフに対して最後あたりに言った「太陽におなりなさい。そうすれば、もがあなたを仰ぎ見ることでしょう」と言うセリフ名台詞だと思う
いまだに辛い思い出している
57 ななしのよっしん
2020/03/16(月) 01:44:22 ID: y8kQIXldwy
コート
58 ななしのよっしん
2020/07/16(木) 23:52:45 ID: +HgS8asPRw
ナスターシャとかいう負けヒロインめっちゃ好き
最近のアニメ漫画で見るとすごい萌えるからオオスメやで
世話焼きはええよな
59 ななしのよっしん
2021/07/31(土) 21:47:51 ID: 83W9jWsSIm
デスノート元ネタとなった作品
60 ななしのよっしん
2021/08/02(月) 01:23:58 ID: 83W9jWsSIm
ラスコーリニコフって絶対夜神月元ネタだし、ポルフィーリーは絶対Lの元ネタ
罪と罰が面いからこそ、デスノートも面
デスノートが面いからこそ、ギアスも面

おすすめトレンド