美女と野獣単語

ビジョトヤジュウ

 

昔々、遠いくおに若い王子様が住んでいました。
ある、おに年取った物乞いの女が来て、一夜の宿を恵んでほしいと言い、
一本のバラを差し出しました。
でも王子様は、そのみすぼらしい姿をバカにして老女を追い返そうとしたのです。
老女は、見かけに騙されて人の心の美しさを見逃してはいけないと言いましたが、
王子様は聞き入れませんでした。
すると、老女の醜さが急に消え美しい魔女の姿が現れたのです。
王子様は謝ろうとしましたが手遅れでした。
魔女は罰として王子様を恐ろしい野獣の姿に変え、
に強魔法をかけました。
が流れ、王子様はすっかり希望を失いました。
いったいが、こんな野獣愛してくれるのでしょう・・・?

 

美女と野獣Beauty and the Beast)とは、ヴィルヌーヴ夫人(ガブリエル=シュザンヌ・ド・ヴィルヌーヴ)原作、ボーモン夫人(ジャンヌマリー・ルプランス・ド・ボーモン)補作によるフランスの民話である(ストーリーの詳細はウィキペディア参照)。
映画バレエの題材として多くの作品が作られているが、ここでは特に有名なディズニーアニメーション映画らびに、それをリメイクした実写映画について解説する。

概要

異類婚姻譚の代表的な話の一つであり、本作のみならず単なる「人間×人外」のカップリングとしてこの言葉が使われるケースも多い。

有名なディズニー映画以外では、フランスで1946年と2014年実写映画化されている。前者はフランスの文としても知られるジャン・コクトーが監督を務めたモノクロ映画で、後者ディズニーとは全く違う世界観で当時大きく宣伝されていた。いずれも、原作ディズニー版と内容や作が大きく異なっているので、見べるのも一(なお、2014年実写版はフランス内では高く評価されたが、日本を含む海外ではディズニー版のイメージがあまりにも浸透したせいか、「知ってる美女と野獣と違う」と評判はあまりよろしくない模様)。

アニメーション版exit

1991年開。この一昨年に開されて大ヒットした「リトル・マーメイド」に続き、ウォルト・ディズニーの死後長らく低迷していたディズニーアニメ映画を復させた、所謂ディズニールネサンスの代表作の一つ。アニメーション映画で初めてアカデミー作品賞にノミネートされた。
リトル・マーメイド」に引き続き、製作・楽曲作詞ハワード・アッシュマン音楽アラン・メンケンを担当し、エンディングではセリーヌ・ディオンが歌う同名の主題歌「美女と野獣」も、アカデミー作曲賞・歌曲賞を受賞した。
なお、アッシュマンは映画完成を前にエイズによって40歳の若さで他界し、同時制作していた「アラジン」と共に彼の遺作となった。エンディングではアッシュマンへの追悼メッセージが載せられている。
後に、ベルが野獣と和解してかのダンスシーンまでの間にの中で起こった出来事を描いたOVA「ベルの素敵なプレゼント」「ベルのファンタジーワールド」が制作された。キャストオリジナル版・日本語吹き替え共に、映画とほぼ同じである。また、2002年にはIMAX巨大シアターで再上演され、オリジナル版では没になった新曲と新規映像を加えた完全版制作された。現在発売されているBDでは、この完全版仕様となっている。

1994年には、ディズニー映画初のミュージカル作品としてブロードウェイなどで演され、日本でも翌年から劇団四季で上演され20年間の長きにわたるロングランとなった。
ミュージカル化にあたって多くの曲が追加され、その一部は後にアニメーションのリバイバル上映時に新規映像と共に復活した(後述)。また、ミュージカルの演出として、前半の第一部にべて、後半の第二部では具に変えられたの使用人達の具化が進行しており、後の実写映画版でも終盤で彼らが全に具になってしまう展開として使われている。
キャストの中には、野獣役に後にノートルダムの鐘でカジモドの日本語吹き替えを担当した石丸幹二や、チップ役に子役時代のウエンツ瑛士豊永利行が演じたこともある。

実写リメイク版exit

2017年開。2010年代からディズニーでは、かつてのアニメーション映画実写版を次々に制作し続けており、過去には「アリスインワンダランド」「シンデレラ」などの作品が大ヒットを記録した。本作では、ヒロインのベルをハリー・ポッターシリーズハーマイオニー人気を博したエマ・ワトソンが務めた他、ルミエール役にユアン・マクレガーなど錚々たるキャストえ、出演者たちはいずれも吹き替えしの生歌を披露している。
ストーリーアニメ版に忠実かつほぼ踏襲した、リメイク作品としては正統派な作りとなっていると同時に、登場キャラクターの人物像をより掘り下げた形となっている。アメリカ内は元より、日本でも行収入124億円の大ヒットとなり、ディズニー映画としては「アナと雪の女王」「アルマゲドン」に続いて第3位を記録した。
日本では本作の大ヒットにより、結婚式ではベルと同じ黄色ウェディングドレス人気が急上昇するなど、社会にも大きな影を与えた。

主なキャスト

アニメミュージカル実写映画では名前が異なるキャラクターも存在する。ミュージカル版、実写リメイク版でそれぞれ変更された名前である。
声優の欄は「アニメ版(日本語吹き替え) / 実写リメイク版(同)」となっている。

ベルペイジ・オハラ(伊東恵里) / エマ・ワトソン昆夏美
本作の主人公ヒロイン。村一番の美人だが、いつも本を読んでばかりいるため変わり者扱いされている。実写版では、楽に洗濯できる機会を作ったり、子供読み書きを教えるなどより進歩的な生き方をしているが、それが村人たちから快く思われておらず、アニメ版にべて周りから否定的に見られて孤独を感じている。
前作「リトル・マーメイド」のアリエルと同じく、古い価値観に囚われず自由に生きることを望む、ディズニー作品にとっても新しいヒロイン像の代表格であり、モーリスフィリップも乗りこなすなど、当時のディズニーヒロインの中でもかなりの行動である。
また、アニメ版では野獣王子の姿に戻って初めてキスをするが、実写版ではガストンに撃たれて尽きた野獣を告げる場面で口づけをしてこれが野獣の呪いを解くきっかけとなっており、奇しくも白雪姫や「眠れる森の美女」のオーロラと立場が逆転している。
ベルの装と言えば、私水色ワンピースダンスシーンでは先述の黄色ドレストレードマークであるが、ダンスシーンの直後にモーリスを助けにを出る場面では、アニメでは私着替えているのに対して、実写版ではなんとドレスのままフィリップに乗って村に戻る(その後、野獣を救うためにに戻る時は、黄色い一番上の部分だけ脱いで同じように駆けていく)。
説明
野獣
ロビー・ベンソン(山寺宏一) / ダンスティーヴンス(山崎三郎
もう一人の主人公。あま知られていないが、本名はアダム。物乞いの老婆に扮した魔女から追い出そうとしたため、21歳の誕生日を迎える前に真実を得ることが出来なければ永遠に恐ろしい野獣の姿のまま戻れなくなる呪いを受ける。つまり、野獣の姿のため年上に見えるが、本編では実は20歳とかなり若い(ベルも原作では15歳という設定だが・・・)。
アニメ版では野獣が人の心を取り戻していく成長を描いた物語でもあり、当初は四つん這いで歩いたり、食事も皿に直接口を付けて食べるなど、身も心も野獣そのもので、文字を読むことも忘れてしまい、ベルに読み聞かせてもらうシーンもある。これに対して実写版は、原作における見たは恐ろしい姿だが深い知性を持った人格者という設定も採用し、アーサー王伝説の話に関する機知でベルを感心させるなど、王子としての品格も失われていない。
なぜ王子から野獣の姿になったのか原作では描かれておらず、フランス制作されたディズニーとは全く関係の2014年映画版ではオリジナルの解釈がなされていたが、ディズニー実写版では幼少期に母親を亡くし、厳格な父親からスパルタ教育を受けた反動でわがままな性格になってしまったとなっている。また、アニメ版では呪いが解けて初めて人間の姿を見せるが(それまでは呪いを受けるまでを描いたステンドグラスや破れた肖像画などでしか見ることができない)、実写版では冒頭でいきなり呪われる前の姿で登場する。ただし、この時はパーティーでかなりの厚化粧をしているため、素の姿を見られるのはやっぱりラストまでお預けである。
余談だが、アニメ実写吹き替えを担当した山寺山崎は、後に「昭和元禄落語心中」で有楽亭助六役で、それぞれアニメ版・実写ドラマ版で同役を演じている。
ガスト
リチャードホワイト松本宰二) / ルークエヴァンス吉原夫)
本作のヴィランズ。村で腕一番の猟師実写映画版では戦場帰りの軍人)。自慢でハンサムなので村人からの受けも良く、三人組の若いから熱アプローチを受けている。が、その実態は自分しかせない極度のナルシストで、言動もかなり下品。ベルの先進的な考えも全く理解していないため、彼女からは全に嫌われている。
前半ではただの勘違い野郎で、ユーモラスな部分も多いのだが、後半になると邪悪な本性をむき出しにするようになり、モーリスに嵌めてベルごと監禁し、敵である野獣を殺そうと村人を騙して扇動し、野獣を襲撃する。返り討ちに遭って一度は命乞いをするが、野獣が油断した隙を狙って致命傷を与えるも、ヴィランズ恒例の最期でもある、底に落ちて死亡した。
実写版でガストンを演じたルークアニメからそのまま出てきたような圧倒的な再現率で評判も高く、同吹き替え吉原夫はかつてミュージカル版でもガストンを演じた経験もあり、こちらも好評。東京ディズニーランドのパレードでは、当然ベルと野獣野獣人間の姿両方あり)がセットなのだが、ファンタジーランドキャラクターグリーティングでは、ベルと一緒に登場するのは野獣ではなく彼である。村の中ではいい顔しているためか、ヴィランズながらゲストにも想が良く、本編と異なりベルも満更ではい。野獣涙目
モーリス
レックスエヴァハートあずさ) / ケヴィンクライン村井国夫
ベルの父親より小柄で口を蓄えた好々爺。アニメ版では発明だが、失敗作が多いことから村人からはベル以上の変わり者と笑いものにされている。自作割り機を売りに出かけてに迷いに襲われたところ、野獣にたどり着き、野獣許可しに彼の椅子に座っておの使用人にもてなしを受けたことが野獣の怒りを買って閉される。これに対して、実写版では原作小説と同様、ベルのためにの庭のバラを持ち帰ろうとしたのが原因となる。
アニメでは気弱でおっちょこちょいコミカルな役柄だが、ミュージカル版以降はベルの方が村で変人扱いを受けることが多くなり、孤立するベルを優しく受け入れる心優しい父親の面が強く描かれている。さらに実写版ではオルゴール職人にして元画という教養の深い人間となり、かつてはパリに住んでいたが、パリペストが流行して妻(ベルの)が感染し、彼女から自分を置いてパリから離れるように促され、泣く泣く去ったという悲しい過去が描かれている。
アニメでは自分の身代わりにに閉じ込められたベルを助けようと山で行き倒れたり、実写版ではガストンにベルをに出すことを断ったために怒ったガストンによって木に縛られの中で置き去りにされるなど、なにげに悲惨なに遭うことが多い。
ル・フウ
ジェシー・コーティ(中丸新将) / ジョシュ・ギャッド(藤井隆
ガストンの子分。モーリスより小柄で小太りな男で、いつもガストンに付き従う腰巾着。ベルに振られてご機嫌斜めガストンを励ますなど、彼のフォローに努めるが回りすることもしばしば。ガストンが野獣を襲ったときはっ先に乗り込んだが、おの使用人たちの反撃に遭い、他の村人同様這々の体で逃げ出してそのまま退場した。
実写版では人物像が深く掘り下げられ、アニメ版にべて恐らく最も印が変わったキャラクターである。実写ではガストンに片想いするゲイという裏設定が付けられており(なお、監督のビル・コンドンガストン役のルークエヴァンスが、自らゲイ表している)、このせいで一部のでは上映禁止もしくは制限がかけられていた。
但し、ガストンの言いなりだったアニメ版に対して、次第に行動がエスカレートしていくガストンのやり方に不安と疑問を抱くなど、性格がかなり良心的になっている。当初はそれでもガストンに従っていたが、の襲撃でカデンツァの下敷きになって身動きできない所を助けをめたガストンに見捨てられたことから遂に袂を分かち心しての使用人側に付いた。エンディングダンスシーンでは、途中から男と踊るシーンがある。ちなみに、実写版で彼を演じたジョシュ・ギャッドは、「アナと雪の女王」のオラフを演じたこと人物でもある。
ルミエール
ジェリー・オーバック(江原正士、若江準威知(歌)) / ユアン・マクレガー(成河)
野獣の給仕頭。呪いで台に変えられている。陽気でオシャレなお調子者で、ベルやモーリスを快く迎え入れ、晩餐会でにもてなす。コグスワースやポット夫人と共に野獣とベルのの仲立ちに尽した。アニメ版では顔のパーツが蠟になっているため、の襲撃にはル・フウのたいまつで顔があわや溶けそうになったが、コグスワースに助けられて事なきを得た。その直後には、村人に襲われていた人のフェザーダスター麗に救出している。
実写版では、ユアン・マクレガーが好演。「ひとりぼっちの晩餐会」ではフランス訛りの英語美声を披露して多くのファンを魅了した。外見も大きく異なり、人台になっており、顔のパーツも蠟ではなく本体にある。
東京ディズニーシーのドックステージで行われたショーテーブルイズウェイティング」では主人公の大役を務めている。が、通常演では晩餐会がパイ投げになってしまい、クリスマス版では肝心のメイン料理を忘れてしまうなど散々なに・・・。ちなみに、スペシャルイベント時はかつて東京ディズニーランドショーベースで行われた「フィール・ザ・マジック」の時と同じ姿が、レギュラーショーとなってからは顔が大きく異なり近くで見ると結構恐い。
コグスワース
デヴィッド・オグデン・スティアーズ(熊倉一雄) / イアン・マッケラン(小倉久寛
執事。置き時計に変えられており、口時計の針になっている。生かつ心配性で、野獣が癇癪を起こすことにいつも怯えている。性格が正反対のルミエールとは古くからの付き合いの親友で、彼のストッパー役でもある。
実写版ではルミエールやポット夫人にべてアニメ版からの変更点は較的少ない。を襲ってきた村人の中に、呪いを掛けられた時に記憶を失った妻がおり、恐妻家なのか人間に戻った後も「時計に戻りたい」とぼやいていた。
ポット夫人
アンジェラ・ランズベリー福田子、福田ポプラ(歌)) / エマトンプソン岩崎宏美
メイド頭。呪いでティーポットに変えられている。アニメ版では注ぎ口が鼻で全体的に丸いフォルムになっているのに対して、実写版では顔が側面に付いておりった形状をしている。おの使用人たちのまとめ役として皆から人置かれており、野獣も頭が上がらないのか、彼女に対しては怒鳴り散らすこともない。温厚な性格で、に閉じ込められて嘆き悲しむベルを優しく慰めたり、自身もチップ母親であるためか、ベルにとっても母親代わりの存在である。有名なダンスシーンでは彼女が歌っている。
かつて東京ディズニーランドシンデレラ城で行われたマッピングショーワンス・アポン・ア・タイム」は彼女チップ物語を聞かせるという展開になっている。
チップ
ブラッドリー・ピアース山口史) / ネイサン・マック池田優斗)
ポット夫人の息子。呪いでティカップに変えられており、カップの縁が一部分欠けている。中に入ってる飲み物を泡立たせるのが得意技だが、ポット夫人には注意されている。ベルによく懐き、モーリスを助けようと村に戻ったベルに秘かについて行き、モーリスが作った割り機を使って、ガストンに閉じ込められていたベルとモーリスを救出した。実写版ではベルについて行かず、と共におで襲ってきた村人たちを撃退する。
フェザーダスター ベット プリュメット
キミー・ロバートソン(横尾まり) / ググ・バサ=ロー(島田歌穂
メイド。呪いで羽根ばたきの姿に変えられている。ルミエール人で、時々物陰でいちゃついている。アニメ版では「フィフィ」という称が付いているのだが、なぜかミュージカル実写映画共に名前が異なる。顔ははたきの先端部分にあるが、実写版ではこの部分がの頭になっている。また、実写版では魔法バラ全に散った時、一番最初に全に具と化して動かなくなり、ルミエールを嘆かせた。
ワードローブ ダム・デ・ラ・グランデ・ブーシェ ダム・ド・ガルドローブ
ジョーアンウォーリー近藤高子、白石美(歌)) / オードラマクドナルド濱田めぐみ
衣装係で元オペラ歌手。呪いでタンスの姿に変えられている。ポット夫人と共に落ち込むベルを励まし、ダンスシーンではベルに似合うドレスを選んで例の黄色ドレスを仕立て上げた。アニメ版とミュージカル版ではの棚の上部分に顔があるが、実写映画版では観音開きの棚の中に顔があり、すぐ眠くなって寝てしまうのが悩みの種。タンスの中から大量のを一斉に出すことができ、襲ってきた男の村人を時に女性ドレスを着させた。女装させられた村人は逃げ出したが、実写版ではその中で一人だけ何かに覚めたのか、かえって上機嫌になって喜びながら帰って行く場面がある。
エストロ・カデンツァ
未登場 / スタンリー・トゥッチ(松澤重雄)
実写映画版で初登場した、お抱えのピアニスト。呪いでチェンバロに変えられている。の部分が鍵盤になってるが、元々虫歯だった部分が欠けており、一部の音がズレている。ガルドローブの夫であり、お互いに重い具に変えられた上、全く別々の場所に置かれたため、呪いを掛けられてから一度も会えずにいる。の襲撃時には、ル・フウボディプレスを掛けて身動きが取れなくして、その状態のままショパンの葬送行進曲演奏していた。その後、村人達を撃退して、全に具になる直前にガルドローブと再会を果たした。
本屋 ペール・ロベール
アルヴィン・エプスタイン(矢田稔) / レイ・フィアロン(田中美央
ベルがいつも読んでいる本の持ち。村では数少ないベルの理解者であり、ベルにタダで彼女のお気に入りの本をあげる程。アニメ版では老人だったが、実写映画版ではなぜか当時のフランスにはいないはずの人の神父となっている。ガストンが野獣を襲おうとした時はベルやモーリスの他に一反対した。
ムッシュー・ダルク
トニージェイ渡部猛) / エイドリアン・シラー英語版)(福沢良一)
村の病院の院長。見るからに分かる年寄りの悪人で、モーリス精神病院送りにしようとするガストンの悪巧みに協する。オリジナル版の声優は、後に「ノートルダムの鐘」でヴィランズのフロローを演じている。
実写映画版ではそこまで悪人っぽくはなく、を離した隙に、ガストンが閉じ込めたベルとモーリスが鍵に細工して逃げられてしまう少々間抜けな役柄になっている。
魔女 アガット / ナレーション
デヴィッド・オグデン・スティアーズ(鈴木瑞穂)※ナレーションのみ / ハティ・モラハン(戸田恵子
物語の冒頭で、王子の心の冷たさに対する仕打ちにや使用人ごと強な呪いを掛けて、王子野獣に変えた本人。魔女と言っても、その正体の姿はかなり若々しい。アニメ版ではおの使用人たちは全にとばっちりであるが、実写映画版では王子だけでなくおの人々たちも老婆に化けた自分を嘲笑ったため、連帯責任として使用人たちを具に変え、その家族である村人たちからもに関する記憶を奪い去った。
また、アニメ版では野獣に呪いを掛けた序盤にしか登場しないが、実写映画版ではアガットという名前のに住む老女の姿に化け、秘かに野獣たちや村人たちを見守っていた。ガストンによってに置き去りにされたモーリスを救い、ガストン達に襲撃すると、自らも秘かにに向かい、尽きた野獣にベルが愛してると告げてキスをすると、彼女が呪いを解いて野獣たちを元の姿に戻し、村人たちの記憶を戻すという演出に変えられている。
なお、アニメ版では冒頭のナレーション視点にして全くの第三者であるが、実写映画版では彼女ナレーションも兼任している。

主な楽曲

()は原題。また、ミュージカル版では曲の邦題が異なっている。例:「風景」→「変わりものベル」、「ひとりぼっちの晩餐会」→「おもてなし」など。全体的にミュージカル版の方が原題に近い訳となっている。

風景Belle
王子野獣に変えられるまでのプロローグ、続いてメインタイトルが表示された直後、ベルの初登場シーンで歌われる。本の物語ロマンを寄せるベルと、本を読みながらやって来るベルを変わり者と噂する村人達の歌が交差し、後半からはベルをが物にしようとするガストンも加わり、どんどん賑やかになっていく。
劇中では、言い寄るガストンを追い払った後、ベルがあんな男との結婚なんて御免と切り捨てた後に、もっと素敵な世界が待っているはずと原の中で一人歌う。
東京ディズニーランドのエントランスディズニーリゾートラインBGMにも使われており、実際開演前の待ち時間などに聞く機会が多い。また、東京ディズニーランドのキャッスルショーミッキーのギフト・オブドリームス」では、ベルからドナルドダックに置き換えた替え歌もあったりする。
強いぞ、ガストGaston)
ベルへのプロポーズが失敗し、大恥をかいてふてくされたガストンをなだめながら、場でル・フウが村人たちと共にガストンの偉大さを称える。すっかり機嫌を直したガストンも自分の武勇伝を誇らしげに自慢し、悪役ヴィランズ)の持ち歌ながら、とても明るく陽気な曲である。後半ではベルが捕まったと助けるモーリスを利用する企みを思いつき、村人もガストンに全面協約束して成功を前祝いするが、これがガストンのコミカルシーンの見納めとなり、これ以降のガストンは残ガチ悪役に変貌する。
ひとりぼっちの晩餐会(Be Our Guest
野獣の怒りを買い、閉されて嘆き悲しむベルを慰めようと、ルミエールがお仲間達と共に野獣には内緒で晩餐会でおもてなしするシーンで流れる、前半のクライマックスと言える人気曲。そのやかさも相まって、美女と野獣が開された直後に始まった、東京ディズニーランドのパレード「ディズニーファンタジーオン・パレード」から速使われ、アトラクションの「ミッキーフィルハー・マジック」やディズニーランドのいくつものショーやパレードでこの曲をにしたことだろう。
実は元々、映画の前半でモーリスに迷い込んだ時にルミエール達が歓待する場面で使われる予定だったのだが、ベルとおの使用人たちの親が深まる重要なシーンでもあるなどの理由で、ベルをもてなす時の歌に変更された。なお、当初のバージョンBDの特典映像などで見ることが出来る。
実写映画版では映像麗さがさらにグレードアップしており、ユアンの歌と合わせて必見かつ必聴。ちなみに、中の人繋がりかどうかは不明だが、シャンリアに掴まるシーンでは、ちゃっかりブラ=サガリを披露している。
の芽生えSomething There
から逃げ出しての群れに襲われたベルを命がけで救い、大怪を負った野獣をベルが介抱したことで、それまで険悪だったベルと野獣の仲が急速に深まっていく。前半はベルと野獣デュエット、後半では二人をおの使用人たちが「何かが芽生えた」と温かく見守り、まだお子様のチップだけわからず皆に尋ねる場面も微笑ましい。なお、アニメ版で野獣が歌うのは、意外にもこの曲だけだったりする。
ちなみに、合戦のシーンアニメ版では野獣がベルに玉をボコボコ投げられ、大きな玉で反撃しようとして自滅しているが、実写版ではベルにガチ玉をぶん投げて当ててたりする。また、スーパーファミコンで発売されたゲーム版では、この合戦のエリア鬼畜ファンの間ではもっぱらの評判。
美女と野獣Beauty and the Beast
本作を代表する、ディズニーの中でも一二を争う名曲中の名曲黄色ドレスのベルが野獣と踊るダンスシーンは、当時まだ最先端だったCG技術を駆使して今見ても圧倒的な迫美麗さに息をむ名シーンとしてり継がれている。
忘れがちだが映画本編では、ポット夫人が歌っているという設定である(二人のダンスシーンが中心で、ポット夫人が歌う場面がほとんどいのが原因かも)。エンディングスタッフロールでは、アニメ版・実写版共にセリーヌ・ディオンが歌っているのは先述の通り。
実写版でもアニメにほぼ忠実に再現されているが、実際の撮影で野獣役のダンスティーヴンスはモーション・キャプチャースーツを着て踊っている。BDなどの特典映像だけでなく、ネットでもこの画像がすぐ検索できるが、人によっては本編の感動がぶち壊しになるため注意。
夜襲の歌(The Mob Song)
ベルへの執着心と、彼女ハートを掴んだ野獣への妬みで全に暗面に堕ちたガストンが、野獣を恐ろしい怪物だと村人を騙して扇動し、野獣へ向かう曲で流れる。物語も終盤となり、非常に緊迫感のある仕上がりとなっている。
実写版では後半のパートが一部異なり、ガストンたちの攻撃からを守るためにルミエール達が歌う場面もある他、ガストンの行に付いていけなくなりつつあるル・フウが彼を恐れるフレーズもある。なぜか、ウィキペディアではこの曲に個別記事があるのだが、実写版のそれはトランプ大統領への批判も含まれるという解釈にされている。だが、この記事を書いたのは朝日新聞なので非常にきな臭い。
歌詞が過なので他の楽曲にべて聞く機会は少ないが、キャッスルショーワンス・アポン・ア・タイム」では野獣ガストンの一騎打ちの場面で、観客エリアまで熱さが伝わる燃え上がる炎と共に非常に迫のある場面となっている。
人間に戻りたいHuman Again)
IMAXの再上映版で新規映像と共に追加された楽曲。「の芽生え」の直後に、ベルと野獣が仲良くなっていくのを見たおの使用人達が、人間の姿に戻れると希望を持ち始めて楽しく歌い踊る。実際には、オリジナル版のテンポを良くするために泣く泣くカットされたが、ミュージカル版で採用されたところ好評だったことから、逆輸入される形でアニメ版にも使われるようになった。よって、映画オリジナル版をリアルタイムで見た観客、VHS版を見た人からは、「こんなシーンあったっけ?」と驚きのが上がったとか。
時は永遠に(How Does a Moment Last Forever)
実写映画版で追加された楽曲その1。映画では二度使われており、一度は村人達から変わり者扱いを受けて傷心のベルを、モーリスが優しく慰める場面で使われる。ミュージカルでは同様のシーンがあるが、アラン・メンケン実写映画制作にあたり、ミュージカル版の新曲ではなく、今作のために新たな書き下ろし曲を3曲手掛けている(後述の「ひそかな夢」も、ミュージカル版では同じような場面で別の曲が使われている)。
二度は、野獣がベルに魔法の本を渡して、ベルが幼い頃に起こった両親の悲劇を知り、野獣がベルの悲しみを知ってお互いを皿にわかり合う場面で使用される。なお、洋画はスタッフロールクレジット)の時間が非常に長いため、本作では「時は永遠に」→「美女と野獣(セリーヌ・ディオン版)」→「ひそかな夢」の順番で曲が流れる。
日差しをあびてDays in the Sun
実写映画版追加曲その2。「の芽生え」の前に、負傷した野獣をベルが介抱する場面で使われている。冒頭では、野獣になる前の王子が幼かった頃にを失った時の回から始まり、おの使用人達が野獣の容態が良くなることを願って、自分たちも野獣とベルの仲が深まることで人間に戻れることを夢見て歌う。これによって、再上演版で使われた「人間に戻りたい」が本曲と差し替わる形で使われなくなった。
ひそかな夢Evermore
実写映画版追加曲その3にして、実写版最大の玉と言える楽曲。モーリス危機を知ったベルを案じて、自分達が元の姿に戻れる希望を捨ててまでベルをから解放した野獣が、遠ざかっていくベルを見送りながら歌い上げるナンバー。元々アニメ版の野獣は歌うシーンが非常に少なく、ミュージカル版では大幅に歌う場面が追加されたが、アラン・メンケン実写映画版で敢えてミュージカルの新曲を使わず、この曲を描き下ろした。
美女と野獣の開に合わせて、野獣の日吹き替えを担当した山崎三郎は、番宣のため様々な歌番組でこの曲を熱唱したことが記憶に残っている人も多いことだろう。

関連動画

ディズニー以外の美女と野獣

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%BE%8E%E5%A5%B3%E3%81%A8%E9%87%8E%E7%8D%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

美女と野獣

1 ななしのよっしん
2019/07/08(月) 07:56:57 ID: OP6xVWe0KL
最近できていたのか
2 ななしのよっしん
2019/07/08(月) 12:58:20 ID: ZTiTjhjWhs
ベルの本名はベルペイジだったのか、知らなかったわ
3 ななしのよっしん
2019/09/10(火) 19:56:52 ID: sZMjED2OxJ
原作のベルに名前はないよ
ボーモン夫人の他の童話もほとんど固有名がない話ばかりだ
4 ななしのよっしん
2019/09/10(火) 20:02:13 ID: d2+2c8pLm9
美女と野獣※ただしイケメンに限る