美少女(小説)単語

ビショウジョ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

美少女とは、太宰治の短編小説である。1939年発表。

あらすじ

妻に付き合って温泉に出かけた「私」は、混浴の浴場で湯治に来ているらしいある美少女を見かける。恥じらう様子もなく裸体をし薄笑いを浮かべるその美少女に、白痴的な魅を感じる。

それからしばらくして、床屋へ赴いた私はそのらしい少女越しに自分を見つめていることに気づく。どこかで見た覚えのあるその顔に、記憶を呼び起こそうと少女に注し始めると彼女は途端に興味を失ったように視線をそらしてしまう。こちらが気がある様子を見せるとすぐ逃げる。少女でも女の性質を備えている、と内心いまいましく思った私だが、不意に彼女があの温泉少女であることに気づく。

その発見に、思いがけず知り合いに出会ったような満足感を覚える私だった。

解説

太宰治中期の作品。非常に短い小品だが、日常風景を軽妙な筆致で切り取った心地の良い佳作。

「顔より乳房のほうを知っているので、失礼しました」

「おそらくは、あの少女のこれが父親であろう人に、ざくざくを刈らせて、私は涼しく、大へん愉快であったという、それだけの悪徳物語である」(いずれも本文から引用

太宰の精状態にまだ余裕のあった頃の作品である。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%BE%8E%E5%B0%91%E5%A5%B3%28%E5%B0%8F%E8%AA%AC%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

美少女(小説)

1 ななしのよっしん
2015/03/15(日) 14:12:17 ID: 44jv9cHEFl
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/card242.htmlexit
2 ななしのよっしん
2018/03/28(水) 04:00:12 ID: BHuK7n5bjD
自分にとっては美少女々よりも、過剰な自意識に嘆いている太宰の姿に共感する話
太宰の作品にはよく「ポオズ」という言葉が出てくるけど、それがその性質をよく表していると思う。

急上昇ワード

おすすめトレンド

最新の話題で記事を新しくしてみませんか?

総統閣下シリーズ DYNAMIC CHORD 神之塔 加賀美ハヤト AGRS 杉田智和 大蛇丸の人 桜色