義姫単語

ヨシヒメ

義姫(よしひめ 1548年~1623年)とは、最上義光であり、伝によれば二度も戦場へ参じた鬼姫であり、仁が後世誤解された鬼姫であり、伊達輝宗の妻であり、伊達政宗である。号は保春院。通称はお東の方最上御前など。

羽州の鬼姫

1548年、最上義守として山形で出生。最上義光

義守は天文の乱に際し伊達稙宗方についていたが、伊達晴宗勝利に等しい和条件を勝ち取ると関係修復を図り、ようやく独立を果たしたばかりであった。

その後も勢の拡大をしたが、1560年の寒河江攻めに失敗すると事態が均衡してしまった。
戦乱に次ぐ戦乱の中で育った義姫は平和を願う仁の人として強い意志を持った女性に育っていった。

1564年、後顧の憂いを断ち、羽州定に心血を注ぐため、義守により州の雄・伊達輝宗がされる
当時はしくもなんともない政略結婚である。両の鎹となる使命を帯びて、義姫は山形から米沢へと輿入れした。
同年末には宗が督を継いで伊達第16代当となる。

1565年、子宝を祈願するために文殊堂へ詣でて羽州山岳信仰の徴・出羽三山の総院・湯殿山(葉山に代わって出羽三山に入るのは江戸時代以降)に登頂。山頂の湯に浸した幣束(へいそく。御幣(ごへい)、幣(ぬさ)などとも。木やの幣(ぬさぐし)の先端に垂(しで)を挟んだもので、寺社に奉納したり、の依代とされたり、祓具(はらいぐ)として使われたりする)を持ち帰って寝所の屋根に安置している。

1567年、待望の第一子にして嫡男誕生。三年子きは去れと言われる世俗において、まさに執念の年であった。
ある、老僧から体内を宿に貸して欲しいと請われた夢を見て、宗と相談し宿を貸すことを決め、翌晩その旨を告げたところ、件の幣束が体内に宿って懐胎したという逸話は有名である。
この老僧は湯殿山の神大山(おおやまづみのかみ))と信じられ、幣束の中でも垂が幾つも下がったものを梵天(ぼんてん。古の「秀(ほ)で」に由来する)にちなんで子は梵天丸と名付けられた、とわれている(後の伊達政宗)。

1568年、丸(後の小次郎)誕生。※生年には他に1574年と1578年説が有り、実在も疑問視されている。
他2女を後年産んでいるが、いずれも折している。

1570年、義督を継いで最上第11代当となる。
この際義守と義の間で対立があり、夫・宗は義守に加担している。

1571年、梵天丸が疱瘡にり生死のを彷徨う。のち癒するも右を失明。

1574年、再び最上子の対立が再燃(最上の乱)、宗はまたも義守の援軍へ参じている。

1577年、梵天丸元次郎政宗と名乗りめる。

1578年、義守の婿上山満兼が義に反発して起(柏木山の戦い)、宗は三度これに協。しかし伊達勢は本格的な戦になる前に撤兵した。
この撤兵の理由を説明する諸説の一つには、実家ぎ先の争いもさることながら、督を継いで以降長きに渡る実と実の争いに危機を感じた鬼姫が意を決して戦場へ馳せ参じ宗の中に輿で割って入ると情ともいえる決死の説得を行った、というものがある。もしこれが本当であるならば、御留守を守る重責を敢えて放棄し、敵方に加担する業を背負ってでも人のを貫き通した彼女の行為はまさしく至に通ずの体現であったろう。しかし、結果として伊達最上への影を大きく失ってしまう。

1584年、伊達政宗督相続し、宗が隠居、ともに館山城へ移る。

1585年、政宗に侵攻され深い恨みを持つ畠山義継によって夫・宗が拉致され更に救出に失敗、非業の死を遂げる之巣の変事)。深く悲しんだ義姫は米沢にて落飾して保春院と号した。

1588年、大崎義隆中の内紛に窮した隙を突いて政宗が大崎に侵攻する(大崎合戦)。
最上にとって大崎氏は本家筋にあたるため、義は援軍を差し向けた。同時に伊達南方で侵攻が始まり、両面作戦を強いられた政宗は大崎勢に田重を捕縛されるなど苦戦を強いられる。
またもや伊達最上の争いが巻き起こり、そればかりか北も南もと心中穏やかならざる事態が連続したため、保春院は再度意を決して立ち上った。戦場鬼姫再びである。
甲冑に身を包むと伊達最上両軍の間にり、80日にも渡って双方に睨みを利かせ居座り続けた
その頑強な意志の前に両軍はなす術もく、やがて着状態を嫌って停戦へと収束する。
この時義は密かにを見舞っており、へ「叔母上、叔母上」と邪気になつく幼い息子を見て落涙したという。
※和後に兄妹の間でやりとりした書状が残っており、女性向け平仮名よしあきと署名したため義読みが判明するという歴史的に重要な資料となっている。

1590年、小次郎が政宗の手にかかって死去。政宗殺未遂事件により成敗されたとする説が一般的であるが、この事件は後年の創作が入った可性が非常に高い。
同年政宗、小田原

1591年、岩出山転封。

1593年、文の役で渡した息子の下へ見舞三両と「あきかぜの たつ唐舟に 帆をあげて 君かえりこん 日のもとの」の一首を添えて送る
思いがけず遠い異の地にてに触れ、感した政宗は普請の合間を縫って贈り物を探し回り、ようやく朝鮮木綿を選び出して返書をしたためている。
やりとりは何度かあったようで、このうち現存している一通はとんでもない長さで書き連ねてある。まさしく
その内容は、伊達の築技術は上方に全く引けを取っていないこと、西に遠い領からい帰許可されそうな気配であること、この時ばかりは東の生まれでよかったと思ったこと、一会って上の顔を拝みたく思っていることなど、いずれの文面にも不安と喜びが溢れており子の情が読み取れるものとなっている。

1594年、突如山形へ出奔。その時政宗は帰してに留め置かれていた。

1595年秀次事件。姪・駒姫が刑死、義正室・大崎夫人も後を追って自死。政宗も御取り潰しの危機する。

1600年長谷の戦いに際し、政宗の命により援軍に発った留守へ催促の書状を出している。
結局伊達勢は具体的な軍事行動を取らなかったが、保春院は戦後へ援軍に対する御礼の書状を送った。
※署名には「ひ可し(ひがし)」とあり、伊達内の通称を使用している。

1614年最上義光没。柱を失って変わり果てて行く最上中を嘆いたという。

1622年最上御家騒動により易される。政宗は行き場のくなった老いた仙台城に迎え入れた。
二人は再会を喜ぶ歌を詠み合っている。
政宗の歌 ※年しうへだたりけるにあいて、と添え書きされている。
あいあいて 心のほどや たらちねの ゆくすゑひさし 千とせふるとも
保春院の返歌
二葉より うへしこまつの 木だかくも えだをかさねて いく千世のやど

1623年江戸愛姫へ手製の下げ袋を送っている。すでにが見えなくおり、足も不自由であったという。
同年徳川秀忠に伴い、政宗・忠宗親子が江戸を経てへ向かう。
中の政宗から書状を受け取った保春院は、女・小宰相に筆を執らせ、許で路の事を祈念したこと、
路次も良く参内に支障がないと知り安堵したこと、帰まで長生きし続けることを記して送った。

ところがそのわずか1ヶ後、息子に看取られることはわず仙台城にて没する享年76。

にて訃報に接した政宗は「立ち去りて 浮世の闇を 遁れなば 心のや なほも曇らじ」と詠みを悼んだ。13年後の辞世は対の句と見るべきだろう。

名:保春院殿久栄尼大

は政宗自らの手作りと伝わる。

鬼姫は冷徹な悪女・毒婦か?

んなわけねーだろボケェ、ぶつけんぞ。様はお帰り下され。なにとぞ、なにとぞ~。

伊達政宗との親子関係は中々複雑なものだったようで、政宗は折に触れ追悼の歌を詠んで終生敬する一方で、には恨みもあると残している。また、疱瘡で醜くなった政宗よりも次男の丸の方を溺愛していたというエピソードが有名であるが、有な資料からはその様子を覗い知ることはできず、近年の頭蓋の調からもそこまで深刻な病かったようである。政宗は南羽の秩序を堅持しようとした宗とは外交政策でっ向から対立しており、の非業の死も実は事故と見せかけた政宗による謀殺であり、・保春院の出や後の最上出奔も息子からの暗殺逃れであったとする説もあるが、偽は定かではない。

以上のような話から政宗殺未遂事件でも関与が疑われているが、これに対する検証材料を以下に列挙する。

  • 1590年の政宗殺未遂事件は貞山による伊達正史に記載がある。ただし成立年は1703年。
    さらに遡ったとしても編纂者が伊達に仕え始めたのは1679年で、当時を知る者は生きていない。
  • 小次郎成敗直後と思われる政宗直筆の書状が残っており、鬼庭綱元に宛てて事の末を書き記している。
    今日言われている殺未遂事件と全く同じ内容。ただし、貞山記録の付録であり信憑性に疑問の余地有り。
  • 1679~1703年の間、最上御家騒動により既に没落して羽から姿を消している。
    ほぼ同年代に伊達も同じく御家騒動でてんやわんやしていた。詳細は割愛
  • さらに遡って1636年、伊達成実の『成実記』には「饗応が催されるも政宗気(腹痛)にて帰館」とあるのみで、
    保春院の手ずからの料理だとかが入ってたとかの記載はない。なお政宗の腹痛はすぐ治ったとのこと。
  • 1594年の山形行きは理由が全くい訳でもなく、駒姫婚姻に際し礼節の教えを授けに出向いた可性がある。
    立った者はみなにおり、上方に辱めを受けない一流の作法を心得ている彼女が一肌脱いだのかもしれない。
  • 山形到着直後に東北で大地震発生。翌95年に駒姫惨死。さらに翌96年慶長伏見地震
    大事件の連続。心痛に耐え、静かに座して姪の鎮魂を祈るを選んだためすぐに帰しなかったのだろう。
  • 岩出山転封以来伊達は財政不安の連続。新領統治、朝鮮出兵、大地震仙台城普請、さらに臣の出奔多数。
    機を見るに聡いお東の方は政情が安定するまで帰るのを憚り、そうこうしている間に帰る機会を失った。

以上のことから推測するに、
最上を潰して伊達を残した徳幕府の英断を讃え恭順の意を表するために、仙台過去既成事実として長年最上に留まり続けた保春院を悪人に仕立て上げ、正史として伊達歴史に残した」
という仮説も成立する。やや強引だが。
※ただしこの場合は捏造というより処世であり、現代の感覚で感情論にまかせて難癖を付けるのは浅はかである。

ともあれ保春院は、親を愛し愛し、姪を愛し、夫を愛し、子を溺するがあまりに、親とに背いて参し、姪をむざむざ死なせる業を負い、夫に背いて撤兵させ、子に背いて出奔し28年間も帰らなかった。
凡人にはなんとも分かり辛い、誤解されやすい強な仁の持ちであったことは確かと言えよう。

『戦国大戦』の義姫

羽の鬼姫とはの事ぞ!」
CV:小清水亜美

伊達でVer2.0より参戦。1.5コストで4/6制魅の足軽明らかイラストが怖い。
計略の「入りの」は範囲内の最も統率の高い敵武将の兵を徐々に減らす妨計略。
このが強で、足軽は攻ラインから食らえばまず戻れず即死する程の減りっぷり(Ver2.00A)。やっぱ怖い。


信長の野望」(PCシリーズにおける義姫の力一覧。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 専用イベント有り
覇王 采配 戦闘 智謀 政治 野望
天翔記 戦才 智才 政才 野望
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 智謀 政治 野望
蒼天 統率 知略 政治
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 19 武勇 46 知略 80 政治 59
統率 19 武勇 46 知略 80 政治 59

武将として選択しない限りは登場しない。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%BE%A9%E5%A7%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

義姫

23 ななしのよっしん
2016/04/24(日) 19:08:27 ID: +e1xMUuFvo
まあ歴史フィクションって史実の端の一言から壮大に妄想できるものだから
に恨み」と一言残ってるならメンヘラ電波フィクションが創造される原料には十分じゃないかな
24 ななしのよっしん
2016/05/11(水) 12:37:59 ID: ZsgNJQZfFO
>>22
が謀略の人だからね。その実のである義姫最上スパイではないか?って疑った臣がいないとも限らないしな。実際兄妹同士で仲良く文通してたから、それを情報の横流しをしていると勝手に怪しんだ可性もある。

戦場へ乗り込んで両軍停戦を働きかけたのも、を使った義の策だと思い込んだ臣もいるんじゃないかな?

山形へ帰郷後に伊達の本領へ戻れなくなったのも、政宗が伊達臣団の中にを良く思わない者がいるを気にして、ほとぼりが冷めるまで山形に留まるように義を通じて配慮したのかも。
25 ななしのよっしん
2017/08/16(水) 10:54:41 ID: n7bD9hiPNK
既に言われてるように書状を見ても殺する・されそうになった人のやり取りにはまるで見えないわな。

そもそもライバル最上という微妙な立場の人が伊達の大事な跡取りを殺しようとしたら当時から非難囂々だったはずで、100年後の史料にようやくちょろっと書かれる程度では済まないでしょう。
26 ななしのよっしん
2017/08/16(水) 20:42:45 ID: RwVZHFRiid
最上(というか最上義光)ってよく伊達ライバル扱いされるけど、関ヶ原合戦後に出羽五十四万石になる以前なんて伊達から見ると吹けば飛ぶ程度の『分レベル』でしかないよなぁ…
最上すらろくすっぽ統治できてない状態から始まって秀吉州仕置時点でやっと二十四万石程度
かと言ってずっと伊達と仲が悪かったわけでもなく、最上合戦では逆に政宗が最上に援軍を出してるぐらいだし

政宗のライバルって普通相馬名か上杉だと思うんだが
27 ななしのよっしん
2017/08/16(水) 20:48:03 ID: qAAmY2GvNb
一応最上は名
それが見事に落ちぶれてたのを義が出羽の大名まで押し上げた
なので、伊達ライバルというよりは版図拡大の競争相手って感じ
伊達が大大名に押し上がって相馬と戦ってる一方最上は出羽で勢拡大してたって感じ
28 ななしのよっしん
2017/12/10(日) 14:30:43 ID: 1d4lVDUwdG
政宗さまと綱くん、の義姫が可すぎる件
29 ななしのよっしん
2018/04/06(金) 06:55:08 ID: ZS7med8dV7
殺未遂は伊達の為に息子(達)と共謀して行った狂言だったんじゃねえかって説もあるな
外交お化け義姫だしありえん話でもいと思う
30 ななしのよっしん
2018/08/06(月) 07:32:45 ID: 2Oeokt++tg
「政宗殺未遂」は史料を普通に読めばほぼなんだろうなぁとは分かるけど、
かといって出奔して最上から最上級の待遇で受け入れられてた辺り、伊達の女でもないんだろうなぁと

宗と義愛していて、息子が生まれてからするものが増えてしまったのかなという印
戦国東北と言えば、稙宗の次にってたのは彼女と言えなくもない辺りすげー女だとは思う
31 ななしのよっしん
2018/09/24(月) 18:54:05 ID: elzntMopdP
殺がなかったのなら政宗が小次郎を殺すのを黙って見過ごしたということになるな
息子の争いに割って入るほどの女傑がやすやすと黙認するとは思えんし
弟殺しを認めたのなら後年の出奔はその憤が年を経て溜まったせいとも解釈できる
32 ななしのよっしん
2018/12/05(水) 07:04:09 ID: 7WRDZn6URL
伊達小次郎に関しては法印秀雄として1642年まで生存していたという話があるな。
少なくとも法印秀雄が伊達政宗であることは当時の史料にも載っている事実
その後政宗の死没に際しても回向を秀雄が行ったとある。一方で後代に作成された
伊達系図に秀雄は載っておらず、系図的には全にの人物。
だから小次郎と秀雄は実は同一人物ではないかという説が最近根強い。

ちなみに伊達政宗が秀雄のいる大悲願寺を訪ねたのは1623年の8月の頭。
記事にもある通りこの年の7月義姫仙台城で死去している。
そして政宗がの死を知ったのは7月末と言われてる。
まあちょっと匂うよね。