聖女単語

セイジョ
2.7千文字の記事
  • 304
  • 0pt
掲示板へ

聖女(せいじょ)とは、宗教や、それぞれの時代によって意味合いが若干異なるが、な事を成し遂げた女性す言葉であり尊称・称号として使われる。聖人と同義。

概要

キリスト教では、女性聖人す呼称。

それぞれの社会宗教的に熱心であり、の恩寵を受けて奇跡を成し遂げたとされたり、社会弱者に対して大きく功を成したで高潔な女性して呼ぶ言葉である。

宗教とは関係に、「に満ちた女性」をして形容し、賞賛したりする例も見られる。

フィクション上の聖女

上記と同義で使用されることもあるが、に「邪悪をなるで浄化・退治する」、あるいは「病気に苦しむ人々をなるで癒やす」などの持ちとして描かれる。

ファンタジー作品では々が実在し、その奇跡が身近な事が多い。職業としての僧侶シスター奇跡を使用しての魔法に長けていることが多く、その中でも群を抜いて強いを持つ女性が聖女と呼ばれる。

一方、現実世界と同様に、慈に満ちた女性して聖女と呼ぶ使い方もやはり多い。だが前述の回復魔法を使うシスターとは「癒し」という点で重なることが多いため、女性僧侶シスターは特に聖女と呼ばれやすい。

少女の場合は稀に少女とも呼ばれることがある。

悪堕ち・闇落ちする聖女

聖女は尊い存在として描かれるが、それがゆえにそれが悪堕ち闇落ちした姿というのもまた魅的である。

その原因は聖女に対する裏切であることが多く、への信仰を捨て去り、かつての慈溢れる姿とはかけ離れ、救うべき対する堕ちた聖女というのは実にギャップ萌えする存在である。

性的対象としての聖女

悪堕ち闇落ちと同じく、聖女とは尊い存在であるがゆえにそれを穢したいという性的対にもなってしまう。

職者という立場ゆえに性に対しては禁欲的であることがめられるというのは創作の中でも多く、性的知識・性的経験に乏しい聖女を好き勝手したいという創作は一定数存在する。

その一方であえて聖女に性的な格好・志向をさせる場合もあり、これもまたギャップによるミスマッチねらいである。場合によっては「性女」という不名誉な呼ばれ方もしてしまう。「このおっぱいで聖女は無理でしょ」などの記事も参照。

なろう作品での聖女

近年では小説家になろう作品において多用される。

一代限りの聖女、世襲制の聖女、修行を積んでなる聖女など様々なパターンがあり、一または全世界において崇拝される対となる。に5 ~ 30歳までの女性が聖女とされていることが多い。

また、物語世界女性が聖女となるとは限らず、異界異世界おもに地球日本)から何らかの形で召喚された女性が聖女として崇拝される場合もあり、異世界転生セット地球から転生した主人公が聖女になる例もある。

聖女を召喚するつもりが儀式に失敗して関係の女性が聖女と共に召喚されたりもする。この場合、関係な女性外追放か死刑にされる悲惨な結末が待っていることもある。その一方、召喚者が間違えて召喚した女性に対して償いの意味で生活が出来るように計らい、召喚された世界で懸命に生きていくを選ぶ選択肢もある。

ときに聖女は崇拝されると同時に脅威や厄介払いの具として扱われる。その場合、聖女が脅威を取り払い、救いに対して尽したにもかかわらず、適当な理由をつけて悪者扱いして外追放か死刑にされる悲惨な末路が待っている。その逆に、英雄として後世にまで名を残すことができた聖女も存在する。

また聖女の肩書きを悪用して傍若人と化す悪聖女なるものもいたり、本物の聖女を追放する口実をつくるために偽物を連れてきて本物の聖女を外追放・強制的に僧籍(シスター など)に入れる。・死刑公開処刑も含む。)にする物語もある。

偽物魔族乗っ取りを企む勢)に唆されて、本物の聖女を外追放・強制的に僧籍(シスター など)に入れる。・死刑公開処刑も含む。)にする物語というのもある。

聖女と呼ばれる人物

※ 特に有名なものを挙げるが、キリスト教の聖女は他にも多く存在する。

ジャンヌ・ダルク
15世紀(日本の時代区分では室町時代中期)のフランス王国(現・フランス共和国)の軍人でフランス民的女性。英百年戦争において活躍し、救に尽したが魔女裁判で火あぶりの刑の判決を受けて大衆が見守る中、公開処刑された。死後、489年後の1920年に聖女に列し、名誉を回復した。
詳細は「ジャンヌ・ダルク」の記事参照。
マザーテレサ
20世紀にインドで貧しい人々に施しを続けた女性。死後6年での列福、死後19年の列は異例の速さである。

聖女と呼ばれる創作キャラクター

カタリナ・クラエス
ライトノベル乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』に登場するキャラクター
公爵という高な生まれでありながら周囲に対して身分にとらわれず分け隔てなく接し、気付かぬうちに悩みを解消してしまう事から聖女と呼ばれているが、本人にはその自覚はい。
佐倉杏子
アニメ魔法少女まどか☆マギカ』に登場するキャラクター
現代に生きる魔法少女であるが、宗教家を持ち、仲間を救うために自己犠牲をいとわないなどの行動から「杏子ちゃんマジ聖女」と言われることがある。
ジャンヌ・ダルクモチーフキャラクター全般
前述のジャンヌ・ダルクモチーフにしたキャラクターは全般的に聖女という扱いを受けることが多い。
該当するキャラクターは多数存在するので、ここで一人一人は取り上げない。詳細は「ジャンヌ・ダルク」の記事の【ジャンヌに由来する作品・名称】の項を参照。
聖女イリス
ブラウザゲーム千年戦争アイギス』に登場するキャラクター
マルタ(Fate/Grand Order)
新約聖書の聖女マルタ本人。を調したという逸話から調したを従えて登場するが、水着着替えた際の戦闘方法は素手による打撃が立つという暴力系聖女になっている。
リシュリュー(アズールレーン)
ブラウザゲームアズールレーン』に登場するキャラクター
KAN-SENという常の存在でありながら祖国では聖女として扱われているという。

関連動画

関連静画

関連項目

聖女がタイトルに含まれる作品

【スポンサーリンク】

  • 304
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%81%96%E5%A5%B3
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

聖女

1 ななしのよっしん
2022/03/24(木) 16:36:34 ID: V3WDOb1KYT
男の聖人の場合は男(せいだん)?
2 ななしのよっしん
2022/05/03(火) 20:28:33 ID: 7T6gyFu9Wz
者じゃね?
3 ななしのよっしん
2022/06/13(月) 16:44:34 ID: PXVBvhOlIc
>>1
聖人または者。

※ 特に宗教上の決まり事などの事情がい限り、女性でも聖女以外に、聖人者のを使っても誤りではないし、差支えはいだろう。