聖火リレー単語

セイカリレー
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

聖火リレーとは、オリンピック開催前に行われるイベントの1つである。

概要

ギリシャのオリンピアにあるヘラ殿おこした炎から採火し、トーチを持ったランナーリレー方式で各を回って、最後は開催の会場に届けられるというのが聖火リレーの流れ。

聖火リレーの由来は、古代ギリシャで行われていた「平和の使者」である。オリンピックの開催が近づくと、ヘラ殿おこされた火を携えて全裸の男が各を走り回り、休戦を知らせる役割があった。ただ、現在のようにをまたいでの大規模なものではなく、休戦を伝えるための手段に過ぎなかった。炎には火のヘスティア加護が宿っており、炎が燃え盛っている間は繁栄が約束される。このため炎が消えないよう、ヘラ殿では見りが立てられる。

今でこそオリンピックに欠かせないイベントになった聖火リレーだが、初めて行われたのは1896年に近代オリンピックが始まってから40年後の、1936年にベルリンで開催されたの第11回オリンピックである。聖火リレーは初期の近代オリンピックでは行われていなかった後発のイベントなのである。

発案者はベルリンオリンピック大会組織委員会事務総長を務めたカール・ディームと言われている。国際オリンピック委員会も聖火リレーの開催に賛同した。ここから現在行われているようなをまたいだ壮大なリレーが始まった。

ベルリンオリンピックでの聖火リレーについて

火は1人1kmずつ、計3075名の手で運ばれ、ギリシャのオリンピアから北上し、ブルガリアユーゴスラビアハンガリーオーストリアチェコ、そしてドイツベルリンに送り届けられた。

1939年第二次世界大戦が勃発すると、ドイツ軍は聖火リレーのルート逆走してバルカン半島に侵攻した。実は聖火リレーの際の地理の調軍事情報に転用されていたのである。聖火リレーが各を縦断して走る都合上、侵攻ルートの下見に打ってつけだったのである。この時に調された陸路の記録はドイツ軍参謀本部に納められ、バルカン半島侵攻に活用された。

北京オリンピック(2012)での聖火リレーについて

エクストリーム聖火リレーの記事参照

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%81%96%E7%81%AB%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

聖火リレー

1 ななしのよっしん
2021/04/11(日) 21:56:13 ID: 47EHuBLCww
あんた、いったい、何やってんのよ!
2 ヘスティア
2021/04/23(金) 06:53:45 ID: Euw5FdhFit
の名前で起こした火を火とか呼ぶのは勝手だけど、
厄介者扱いするぐらいなら必要な時まで消しとけばいいじゃん、燃料の駄だよ
3 ななしのよっしん
2021/05/03(月) 12:50:20 ID: 47EHuBLCww
あんた、いったい、何やってんのよ!
4 ななしのよっしん
2021/05/15(土) 15:34:37 ID: 47EHuBLCww
あんた、いったい、何やってんのよ!