自明単語

ジメイ

自明(じめい)とは、自ずと明らかなこと、取り立てて説明する必要もないほど当たり前のこと、を表す言葉である。

自明な事柄といえば例えば次のようなものが挙げられるだろう。

  • 1+1=2
  • 「私は存在する」
  • 「熱したやかんに触るとやけどをする」

「自明な事柄」は本当に“自明”か?

しかし、上に挙げた例は本当に“自明”なのだろうか?

1+1=2」というのは本当に当たり前のことのように思える。だが、「それはなぜですか?」と問われたとき、あなたは答えることができるだろうか?りんご1個とりんご1個を合わせたらりんご2個になるから、ではあまりいい答えとは言えない。この場合問題になるのは「1」や「2」、「+」や「=」とは何か?ということである。これらを定義してはじめて、「1+1=2」は正しい、ということができる。そう考えてみるとこれは本当に自明なことだろうか?

「私は存在する」これも本当に当たり前のことだ。根的な問題だからこそ、これを議論するのはより一層が折れる。まず「存在」とは何なのか、そしてその意味で私たちは「存在」しているのかを考えなければならない。「思う、ゆえに在り」なんて馬鹿馬鹿しい言葉だ、と思うかもしれないが、今述べた観点で考えてみると、実はよく出来た表現だということが分かってくれると思う。 

「熱したやかんに触るとやけどをする」これは上の二つよりも具体的な話で考えやすいだろう。やけどはなぜ起こるのかなどと考えると上二つと同じような話になるが、今はそれは考えないことにしよう。とりあえず私たちはこのことが正しいということを経験的に知っている(論上の二つの例も経験的には正しいだろうと思っていたはずだ)。だが、例えば火というものを見たことのない人間は、熱したやかんに触ってどうなるか、全く想像ができないだろう。今のは少々突飛だが、時代や文化が違えば、経験から来る自明性でさえもまた違うことは分かってもらえるだろう。

自明という言葉には気をつけよう

自明」という表現には観が多分に含まれる。私にとっては「自明」であっても相手にとっては「非自明」である、というのは意外とよくあることだ。「自明」だと思っていたことが実は「非自明」だった、あるいはそもそも間違いであった、ということも少なくない(例えば、ガリレオ実験以前は重いものほどく落ちる、というのが自明とされていた)。自明と思える事柄を深く考えることも時には重要である。そうすることで、自分の考えは何を根拠にしているのかがはっきりしてくる。時には新たな知見を得ることもあるかもしれない。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%87%AA%E6%98%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

自明

14 ななしのよっしん
2016/12/08(木) 23:17:39 ID: RirpqCNHz0
フェルマーの最終定理はもう明済みでしょ?
15 ななしのよっしん
2017/01/21(土) 21:55:00 ID: 3Onuhsha7+
>>9
10進法が10で繰り上がる、、
2進法が2で繰り上がると考えれば、
1進法は1で繰り上がる、すなわち1でさえ
00000000000000000000...となるんじゃないか?
16 ななしのよっしん
2017/01/21(土) 22:19:15 ID: 8rfAw10bls
>>15
>>11でも書いたけど1進法に0は
最小の数は1で、1増えるごとに桁が増える
やおはじきで数を数えるのと同じだ
(1進とは言うけど数字は1でも2でも何でもいいらしい)
17 ななしのよっしん
2017/06/13(火) 01:09:50 ID: iGMydfkOd3
関連項ブロントさんがはいっていないのは忍者のせい
これは自明であり確定的に明らか
汚いさすが忍者汚い
18 ななしのよっしん
2017/08/20(日) 06:48:20 ID: +wJPOMTU3i
定義?
定義の定義?
定義の定義の定義?
         自明
19 ななしのよっしん
2017/11/19(日) 01:48:27 ID: QbE/MUaR5U
1+1問題は表記法に関しちゃぶっちゃけ枝葉の話で、重要なのは、足すってなんだというそっちの考察の方。2進数で1+1=10にしたところで、それは単に見たの問題で十進の1+1=2と同じ概念を表していることに変わりないので、「1と2は違う対なのに、何故1という対同士を『足した』ものが2という対に等しいことを自明だといえるのか」という根本的なところの理解になってない。
例えばペアノ算術だと「今の数には次がある」ことは公理で保してくれるけど、任意に持ってきた二つの自然数を組み合わせるとどうなるのかは公理にない。よってこれは任意数の加算を定義して「1同士の加算結果=1の次の数」を定理としてちゃんと明しなきゃいかんわけだ。
数学史的には、 https://ja.wikipedia.org/wiki/exitプリンキピア・マテマティカ が「数学は全部記号論理学がどう見ても自明公理から組み立てようぜー」とやったら何ページも使ってやっと1+1=2明がでできたってのが有名。自明だと思われてることが、立脚点によってはみんな思ってるほど自明ってわけじゃないという例なわけね。
20 ななしのよっしん
2018/02/05(月) 22:30:26 ID: e98Ci8COP5
科としては意味と使用例,(あれば)自明テーマにした動画の紹介程度で十分だろうに,半分以上を自説のおよびそのために用意した例に費やして実に気味悪い。
21 ななしのよっしん
2018/06/19(火) 20:19:31 ID: fS22KmjlwJ
明らかに」の「に」を省略する何なの?気持ち悪い
22 ななしのよっしん
2018/06/19(火) 20:44:58 ID: lMMIiuhiUj
この記事的には>>20>>21はその「気持ち悪い」という感想が本当に自明な事柄かを自問してみればいいわけだ。

>>20は煩雑なので>>21だけ。
「一生懸命に頑る」は「一生懸命頑る」と略されるが、
必死に頑る」は「必死る」と略されない。
「一生懸命だ」も「必死だ」も形容動詞なのに、この違いは何故なのか?
単なる慣用なのか?慣用なら誤用を新用法として認める余地もあるのでは?
あるいは高次の文法的・法的理由が存在するのか?
23 ななしのよっしん
2019/03/29(金) 19:52:42 ID: /IYGQGwUI7
>>20>>21は別に自分の言い分が自明だとはしてないだろ