自来也(NARUTO)単語

エロセンニン
注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

自来也(NARUTO)とは、NARUTOの登場人物である。CV.大塚芳忠CV.奈良徹(幼少期)
モデル江戸末期の絵本(児雷也豪傑譚)に登場する自来也

概要

三次界大戦で活躍した伝説の三の一人でありナルト師匠
第一部では51歳、第二部では54歳。長い白髪の大柄な中年男性で、油と書かれた額当てをしており、常に下駄を履いている。
自らのことを「妙木山のガマ仙人」と称しており、ことあるごとに見得を切る。
作中に登場するの中でも高い実を誇り、五代火影の補者としてっ先に名前が挙げられるほど(本人は辞退し代わりに綱手を推薦)。
大蛇丸や綱手とはかつて同じ師に教えを受けた間柄であり、特に大蛇丸とは「ライバルかつ親友」という非常に親密な関係であったが、後に大蛇丸は危険な思想に覚めたことにより里を抜けてしまう。この時に大蛇丸を止められなかったことを今でも悔いている。

作家としても活動しており、自来也豪傑物語イチイチシリーズ等を執筆している。執筆当初は全然売れなかったが、現在はたけカカシのような熱読者がいたり、映画化されたりするほどの人気を博している。
と女が大好きで、としての任務中やナルトとの修行中でも「取材活動」と称して女湯を覗きに行ったり風俗店で飲んだくれたりしており、若いときに綱手の風呂を覗いて殺されかけたこともあったらしい。そのため、ナルトから日常的に「エロ仙人」というあだ名で呼ばれており、綱手に「インテリエロ助」と呼ばれたこともある。他にも遊ぶ欲しさにナルトからお金をだまし取ったこともあるなど、普段の自来也は基本的に見習いたくないダメな大人そのものである。

一方で大蛇丸暁など里の脅威となる者たちの動向の調底的に行っていたり、いざというときは最前線で戦うなどやるときはきっちりとやる男。
飄々としている様に見えてなんだかんだ仕事や任務を見据えていることが多く、根はな男なのだと思われる。

ナルトの「エロ仙人」呼びだが、の他人との会話で自来也の話をする時は、流石のナルトでも(一旦エロ仙人と言いかけて)「自来也先生」などと言い直す。
しかし綱手や長門など、自来也をよく知る人物との会話ではエロ仙人呼びのままで話し、そしてそれで通じる。

師弟関係

師匠

猿飛ヒルゼン

自来也の最初の師。大蛇丸や綱手と共に仰ぐ。

フカサク

妙木山にて自来也に仙術を教えた師。落ちこぼれだった自来也が急成長する。後にナルトも師事。

弟子予言の項目に戻る

長門・小南・弥彦

自来也が初めて子に取った子供達。

波風ミナト

自来也子の中でも最も優秀な子で「こんな優秀なは今後現れない」と評された。ナルト父親四代目火影となる。

うずまきナルト

ミナトの息子で九尾の人柱。本作の主人公

自来也豪傑能力

自来也5.0体4.5幻3.0賢4.54.5速4.5精5.0印4.5合計35.5

これは公式で発表された各を5点満点評価したパラメータで、総合点は40点満点である。
幻術以外はすべてのトップクラスとなっておりほぼ隙がい。この合計点数はうちはイタチと同じ値であり、他のメンバー伝説の三三代目火影を差し置いてトップである。
苦手な幻術に至っても、フカサク夫妻を口寄せすることでカバーできるほか、自らに掛けられた幻術を解く術はマスターしている。
上記の通り三代目亡き後の火影としてを掛けられており、うちはイタチから「と二人掛かりでもよくて相打ち」と評されたり、ペインから「ペインの秘密(輪廻眼の瞳術、六人いること、六人による視野共有、六道それぞれの地獄による倒れたペイン生、遠隔地からの操作)がバレていたら負けてた」と評されるなど高く評価されている。
また、教え子たちは後に良くも悪くも大きく名を挙げるものが多く、師としてのも非常に高い。
戦闘時は口寄せの術、分身術、結界術、火遁術、土遁術、螺旋丸などといった様々な術を駆使して戦う。強敵が相手の場合は口寄せ動物とのコラボ攻撃や大玉螺旋丸なども使用し、さらなるの手としてフカサク夫婦を口寄せし、二人のを借りて仙人モードとなる。この状態であればフカサク夫妻の強な術の数々を使用したり、本来は苦手であるはずの幻術を使ったりなど、仙術を使った強な戦法をとることができる。

自来也豪傑物語~劇開始以前~

修行時代

アカデミー卒業後上猿飛ヒルゼンの班に綱手・大蛇丸と共に配属される。当初は三人の中でも才がなく、綱手には嫌われ、才あふれる大蛇丸には見下されるなどナルトと似たような下であった。
ヒルゼンが使用する口寄せの術に魅了されたことで自身も口寄せの術の修行に挑戦するも、口寄せ契約せずにチャクラを込め印を結んでしまったためにガマたちの総本山である妙木山へと飛ばされてしまう。

妙木山で出会ったガマ達に予言の子として迎え入れられ、フカサクから仙人としての修業を受けることとなる。忍者としての訓練や任務をこなしつつ、仙人としての修業も行う生活(いずれの努女の子にモテるため)を数年すごしたある日、大ガマ仙人から

  • いずれ一人前の忍者として子を持つようになる
  • その子がびの世に大きな変革をもたらす子となる
  • 変革の内容は今までにない安定もしくは破滅をもたらす
  • 変革者を導く者としてびの世にかかわる大きな決断を迫られる
  • その決断が子の起こす変革の良し悪しを決める
  • 世界を巡り森羅万象を見て回り、そして本を書くことが重要である。

という予言を受け、に出ることにする。

弟子探しの旅

その頃の世界は荒れに荒れており、の中で傀儡を売り歩く武器商人、運命を呪う者、子供達に生き残るための術を教える隠れの里の忍者、世の善悪は人々の心掛けであると説き祈る者、世界絶望しながら戦う魔一族の忍者等と出会うものの変革者と思えるような者との出会いはなく、更には第三次界大戦の木の葉の戦として綱手や大蛇丸と共に戦いに加わることとなりは中断。この戦いで隠れの里の山椒魚の半蔵に木の葉の三として認められる。

そんな戦いの最中、戦災孤児である長門・弥・小南と出会う。大蛇丸はこの三人を今のうちに殺しておいた方が幸せであるとしたが、自来也は悲惨な遇にある三人を見捨てられず、一人前になるまで保護することにする。ある日弥長門から襲撃を受けるが、長門輪廻眼を使いを殺伝説輪廻眼を開眼していることから長門を予言の変革者であると推測し、三人に術の導を行うことにする。また、弥を守るためとはいえ殺人を犯してしまったことに思い悩む長門に対し、「そういった「痛み」を知っているからこそ優しくなることができ、それこそ人であり成長であり考えることである」と諭した。

予言に従いこれらの生活の傍ら執筆も行っていたが、その時に長門から世の中を平和にするために重要なのは平和な世の中をし諦めないことであるという意見を受け、それを物語主人公の人物像のヒントにし、丁度その時食べていたラーメンナルト長門を見て主人公の名前をナルトと命名する。

三人との別れ

三年間の生活で三人ともそれぞれ一人前に育ったとして、再会を誓って三人と別れる。その後、第三次界大戦に再び身を投じ戦場にて活躍。伝説の三と呼ばれるようになる。そんな中、長門たちが死亡したとの知らせを受け絶望する。その後、第三次界大戦は自来也の別の子の一人である波風ミナトの活躍もあり、木の葉側の勝利に終わる。そして、長門達の死のショックは消えないながらも世が安に落ち着いたことから、新たに子を探そうと考えるようになる。
戦後老齢となった三代目火影に変わり次なる火影を決めることとなる。大蛇丸が次の火影として立補するが、三代目火影達に却下され波風ミナト四代目火影となる。このことがきっかけで大蛇丸が里を脱出して抜けとなろうとしたために拳を交えた説得を行うも、結局止めることはできなかった。
その後、四代目火影となったミナトのを訪ねた際に自来也豪傑物語主人公の名前を息子にもらいたいといわれてこれを承諾し、うずまきナルトの名付け親となる。

自来也豪傑物語~第一部~

ナルトとの出会い

試験の三回戦予選終了後に登場。女湯を覗いているところをナルトと遭遇する。
自来也の術に惚れこんだナルトから修行を付けてもらうよう頼まれる。出会った当初は女湯を覗いていることをばらされたことなどから気を悪くし、ナルトに冷たくしていた。しかし、ナルトのお色気の術に惚れこみ、修行監督を引き受ける。ナルトのおの封印術を見て大蛇丸が元々の偶数封印の上に奇数封印を重ね掛けすることでナルトチャクラコントロールを下げたことを見抜き大蛇丸の五行封印を解除する。
その後、ナルトに九尾のチャクラの扱い方と口寄せの術を教えた。

木の葉崩し

木の葉崩しでは木の葉に加勢し、口寄せしたとともに里に投入された大蛇と戦った。
木の葉崩しをしのいだ後、5代目火影に就任するようにが掛かるが、これを拒否し綱手を推薦行方不明の綱手を木の葉の里に連れ戻して火影にするためにに出かける。
このには、ナルト本人が自来也修行を付けてもらいたがっていたことや、ナルトを綱手に会わせてみたかったこと、からナルトを保護するために自分の監視下に置いておきたかったことなどの理由からナルトを同行させた。

綱手探しの旅~vs暁~

の中で綱手の情報を集めながら、ナルトに対しチャクラの形態変化を極限まで極めたAランク術「螺旋丸」を教える。
修行内容は厳しい上に退屈な内容であったが要領を得た的確なものであり、なんだかんだでナルトの気持ちを思いやりつつ導したためもあってか、見事に螺旋丸を伝授することに成功する。
旅の途中では、「ナルトサスケうちはイタチ干柿鬼鮫に襲撃されて窮地に陥ったところに駆けつけ、強な口寄せ術で二人を追い詰めるもうちはイタチ天照によって逃げられてしまう」という一幕もあった。

綱手探しの旅~vs大蛇丸~

綱手の情報をつかみ接触に成功するが、火影就任を拒否される。その後説得も兼ねての席に綱手を誘うが、彼女に密かにを盛られたことによりほぼ戦闘不能となる。
自身の腕を治療させるために綱手を探していた大蛇丸彼女と接触したことにより二人が戦闘を開始したため、の効果でフラフラになりながらも戦線へ出向き、全を出せない状況で苦戦しながらもなんとか大蛇丸を退ける。その後、綱手は火影就任の要請を受諾した。

サスケ奪還任務失敗後、サスケを速やかに奪還するよう焦るナルトに対して、サスケ大蛇丸に取り込まれるまでにはある程度の猶予期間があることを説明し、サスケを奪還できるようにを付けさせるため、そしてナルトから自分の身を自分で守れるように鍛えるために、ナルトを連れて2年半余り修行に出る。

自来也豪傑物語~第二部~

諜報活動

ナルトとの修行から帰還する。その後、里外でに関する情報の収集を行ったことによって砂隠れの里の影・我愛羅に攫われたことを知り、綱手に伝える。また、ナルトの九尾のついての忠告も行った。
以降もしばらくは情報収集にし、大蛇丸サスケに殺されたことを綱手に報告したほか、リーダーであるペイン情報を掴んだ際には、綱手にペインに関する情報を与えた後に危険を覚悟で単身隠れの里に潜入した。

ペイン戦

隠れの里に潜入しペインについての情報収集を行うものの、里への侵入者を警していたペインに察知され、ペインとその側近である小南による襲撃を受ける。
かつての子であった小南の登場により、ペインの正体を弥長門であると推測し、さらにの前に現れたペイン畜生輪廻眼であったことから、修行中に輪廻眼を開眼した長門であると推測する。
長門は世の中の平和に必要なのは「痛み」であるとし、そのために禁術兵器を作って何億人も人を殺すことで世界に痛みを教える必要があるとする。んだ思想に走り、師にすらを向けるようになってしまった子の姿をの当たりにし、師として悲しみを覚える。
 
輪廻眼の未知なるの前に(相手がかつての子であるがゆえに手の内を知られていたこともあるが)劣勢を強いられるが、自身のの手である仙人モードにより対抗する。
命懸けの戦闘のさなかでも冷静に敵のの分析と情報収集を行ったことにより対策を立て、畜生、餓人間の三体を仕留めることに成功するが、直後に増援で口寄せされていた修羅に背後から腕を切り落とされ、さらに倒した三体を地獄により生されたことにより、ペイン六道全員が集結してしまう。この時、ペインに弥の面影を見る。
六人がかりの猛攻撃を受けるが、畜生を結界間に引きずり込むことにより仕留めることに成功し、更にこの畜生がかつて戦ったことのあるであることに気付く。このまま畜生の死体を収穫として撤退することも可であったが、ペインを見抜けそうであったためにシマにこれまでの情報と畜生の死体を持って木の葉に帰るよう頼み、自身はフカサクを連れて残りのペインたちと対峙する。
イン全てが自分が今までに会ったことのあるであることに気付いたが、修羅に喉をつぶされ、さらにペインの集中攻撃を受けたことにより心肺停止となる。
そのまま絶命してしまうかと思いきや、走の中のナルトが見せた「最後まで諦めないド根性」に勇気付けられたことにより一度息を吹き返し、フカサクの背に新たに分かったペイン情報を記すも、修羅の攻撃で沈められてしまう。

最期

遂に体が限界に達したためになくへと沈んでいく中、最後に「諦めないド根性」を呼び起こさせたナルトめて予言の子であると確信し、全てをナルトに託す。自らの自伝に近かった”自来也豪傑物語”の続編のタイトルを、これからのナルトの活躍を見越して”うずまきナルト物語”にすると決めて笑顔のまま絶命した。

ペインと自来也の関係性

自来也の中でかつて会ったことがある人物とペインの対は以下のとおりである。

自来也と他のキャラクターの実力関係

自来也は「伝説の三」と呼ばれるなど、作中でも最高クラスの実を誇る忍者である。
故にうちはイタチには、「との二人掛りで良くて相打ち」と評価されているほか、実際に自来也の強な口寄せにより一度追い込まれている。またペインからも「秘密がバレていたら負けていた」といわれている。

一方で、同じく伝説の三である大蛇丸過去イタチに撃退されている他、サスケ戦にてイタチに封印されたり、大蛇丸自身も「彼は私以上に強い」と発言しているなど、イタチよりも弱い描写が多い。

故に自来也イタチ大蛇丸という図式が成り立つが、大蛇丸自来也より優秀な描写が多かった他、自来也を殺しかけた四本の尾が出るまで尾獣化したナルトとも較的互に戦っている。またペインに至っては、八本の尾が出るまで尾獣化したナルトともペイン六道のうちの1体で劣勢ながらも渡り合っている。

故に大蛇丸自来也イン自来也となるが、それでは先述のイタチやペインの発言と矛盾することになる。その他前述した公式パラメータでは、大蛇丸よりも自来也の方が合計ポイントは高い。
また、イタチ自来也公式パラメータの合計ポイントが同値であるために両者は互ということになり、これはこれで矛盾してしまう。
ネット上ではこれらの矛盾についてしばしば議論されているが、矛盾を解消するための解釈として

  • イタチの発言は遠まわしにナルトに積極的に手を出さないため、もしくは自身にもリスクの大きい万華鏡写輪眼を使うのを避けるための口実である可性がある。下手に万華鏡写輪眼を使いすぎると、サスケと戦った際に大蛇丸を引きずり出す前に自身が殺されてしまう可性もあるため、自来也との戦闘を避けようとしたとも推測できる。
  • 大蛇丸戦時のイタチ全盛期であったが、近年は病に侵されたことや写輪眼による視低下により衰えたため、相対的に自来也の方が強くなった可性がある。
  • イタチ術体術幻術いずれもハイスペックであるものの幻術に特に秀でている。大蛇丸はそのイタチに幻術を用いて襲い掛かったためあっさり返り討ちに遭ったが、自来也は自身の幻術を解除することは可だが自身の攻め手は幻術を用いないによる勝負が多いため、幻術でない勝負に持ち込まれるとイタチと言えど不利である可性がある。
  • 四本まで尾が増えたナルト自来也が殺されかけたのは、ナルトを傷つけないために自来也が全を出さなかったためとも考えられる。
  • 大蛇丸は殺しても殺してもるため、りを全に根絶するまでは倒したとはいえず、一意的にイタチに負けたとは言い難い。
  • 勝敗には戦闘時の環境や相性、情報量、時の運も大きく関わるため、強さの上下関係は一意的にいえない可性がある。

等の理由付けが行われたりする。

予言と現実

いずれ一人前の忍者として弟子を持つようになる

事実数多くの子を育て上げる。詳しくは→師弟関係

その弟子が忍びの世に大きな変革をもたらす子となる

予言の子は一人ではなかった。長門を組織し、世界に混沌と痛みと平和をもたらした。波風ミナトは第三次界大戦をおさめ、九尾を封印し第四次界大戦でも活躍。NARUTOという漫画うずまきナルトに関してこの予言を遂し、さらに未来に繋げる物語であった、とも言える。

変革の内容は今までにない安定もしくは破滅をもたらす

答えはその両方であった。長門は大きな破滅とそれに伴う痛みによる世界平和し、ナルトは九尾という大きな危険因子を抱えながら世界平和した。

変革者を導く者として忍びの世にかかわる大きな決断を迫られる

輪廻眼を持つ長門忍者として育て上げる決断、ペイン追いつめられたときに撤退するかしないかの決断、ナルトを変革者だと信じる決断。

その決断が弟子の起こす変革の良し悪しを決める

長門を育てた結果、大きな破滅を伴う変革をめるようになる。ペイン戦時に撤退せずペインの一部を暴き、ナルトが変革者だと確信を持つ。ナルトを変革者だと確信しナルトにのみわかる暗号を残した結果、ナルトは妙木山の仙人に認められ仙術を習得し、ペイン勝利する。さらには世界を救うため戦う。

世界を巡り森羅万象を見て回り、そして本を書くことが重要である。

世界を巡ったことでペインを解くヒントを得た。長門主人公モデルヒントとした自来也のド根性伝の主人公の諦めない心を波風ミナトに気に入られ、主人公の名前である「ナルト」をミナトの息子であるナルトに与える。またナルトも諦めないド根性をもってペインを撃退し、自来也のド根性伝の話をきっかけに長門の説得に成功。その結果、木の葉の多くの人の命を救う。
また、ペインの秘密を書き記すためにナルトにのみ伝わる暗号が必要になった際にも、自身の著書を利用して暗号を作成した。

自来也豪傑商品

自来也豪傑動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%87%AA%E6%9D%A5%E4%B9%9F%28naruto%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

自来也(NARUTO)

91 ななしのよっしん
2018/10/20(土) 00:08:19 ID: 8amLtnsxAR
ミナトとクシナが死んだ時のこの人の心が知りたい(ついでに三代目の心も)
この人にとっちゃ出来の良い息子みたいなもんだったろうに(名付け親にされたり死に際に名前が出てくるって相当深い関係だと思うし…それに螺旋側を真似して習得したぐらいだからね)
92 ななしのよっしん
2018/10/22(月) 14:31:17 ID: stgbSa/+Ne
螺旋丸が使えて口寄せがで昔使ってた感知システムチャクラ登録がある

これもう居士=自来也確定やろ
93 ななしのよっしん
2018/10/24(水) 00:34:08 ID: PIDakTHEjd
BORUTO見てないんだけど居士は敵ポジん?
94 ななしのよっしん
2018/10/24(水) 23:01:17 ID: RhGg8zsQZ/
>>92
あとあり得るとすれば旧自来也班のミナト以外の2人の子位か。
子なら口寄せ契約教えるのも不自然じゃないし
ミナトも螺旋丸を師(自来也)と子(カカシ)だけ教えて
チームメイトには内緒とはせんだろう
95 ななしのよっしん
2018/10/25(木) 16:10:11 ID: 9mdAvLXejs
クローンの可性もあるからね
96 ななしのよっしん
2018/11/02(金) 09:36:46 ID: yy3ZpNCCHo
「敵側になったフリをする」「心の変化で敵になった」「死亡後、体だけ敵に乗っ取られる」は原作で散々やってきたが、たしかにクローン原作後からの設定だから可性としては高いかも
97 ななしのよっしん
2019/01/29(火) 03:05:45 ID: 9wFE+x+rRa
今更だけど自来也がペインと対峙した時、弥以外は全員会ったことのある人物だったわけだけどそれって深い意味あったん?
相手が全員会った事のある相手だったのは偶然って事?
98 ななしのよっしん
2019/01/29(火) 06:40:18 ID: gJApzNLyh8
各地を色々冒険するのが大切っていう予言にしたがった結果ってことでしょ
会ったことある人だったのは偶然だけど、予言通りであればあの場で会ったことある相手と戦うのは必然だった
99 ななしのよっしん
2019/02/06(水) 09:11:39 ID: yy3ZpNCCHo
予言による強制必然々を抜きにすると、世界中の忍者と交流して知り合いを増やしながらをしていたことが後にペイン素体になる人間との遭遇率を上げ、これが最終的にペインが「乗っ取り系」であることを看破するのに繋がった、みたいな流れ
100 ななしのよっしん
2019/02/20(水) 07:31:34 ID: tiYdCfpDjQ
全ての漫画キャラの中でこの人の死に様が一番好きだわ
哀愁漂うのにかっこいいという

急上昇ワード