自由惑星同盟単語

ジユウワクセイドウメイ
  • 15
  • 0pt
掲示板へ
基礎データ
正式名称 自由惑星同盟
Free Planets Alliance
国歌 自由の旗、自由の民
自由、自、自、自尊
公用語 同盟公用語
首都 ハイネセン/ハイネセンポリス
人口 150億人(銀河2位
通貨 同盟ディナール

自由惑星同盟とは、銀河英雄伝説における恒星国家の名称。
略称フリー・プラネッツ同盟

概要

宇宙527年帝国218年)に建され、宇宙800年(新帝国2年)2月20日まで273年間存続した恒星国家の名称である。
政治形態は民主共和制。元首は最高評議会議で、大統領に相当する。
多数の系による連邦制を採るが、恒星間への展開が可軍事バーラト系の中央政府のみが保有する。

政治体制

原作で直接説明されている内容はあまり多くない。以下の記述は原作及びOVA作品の描写を元にしたものである。

中央政府大統領制と議院内閣制の折衷。
正確な選挙方式は不明だが、少なくとも小選挙区制は採用されている。

中央政府最高評議会が最高意思決定機関ロイヤル・サンフォード政権時の定員は9名(議長+評議員8名)。最高評議会は議長のみ選で、他の評議員は議長もしくは議会による議員からの名制と思われる。

最高評議会議長が首席行政官でもあるほか、議長および書記以外の評議員は必ず一人一分野の委員会委員長(大臣に相当)を兼ねる。この委員会は単なる議会の委員会にとどまらず、担当中央行政府を下部組織として融合させている(例えば、安全保障をるのは「防委員会」であり、この一で議会の委員会と行政府の双方を表す)。委員会は務、防、財政、情報交通、法秩序、天然、人的資経済開発、地域社会開発の9つ。委員長は副議長を兼ね、議長不在時の対応にあたることがある(例:ジョアン・レベロ議長誘拐時のシャノン委員長)。

最高評議会の政策決定は多数決を原則とするしい形式で、担当委員長でも抵抗することが出来ない強制を持つ。また、評議員の投票行動は全て一般開される。そのため、政策の失敗などで政権交代がおきた際に、投票行動から責任が小さいと判断された評議員のみが慰留されるケースが見られる(例:サンフォード政権崩壊時のジョアン・レベロ財務委員長ホワン・ルイ人的資委員長ヨブ・トリューニヒト委員長)。 

特徴として、議長と政策方針が全く異なる評議員が度々登場する。
末期の統制国家化した状況でも、議長と全面的に対立している評議員が表だって排除されることはなかった。さらに外伝では、議長選挙当選者が次点補を重要ポスト委員長名している。劇中では政治、特に政党の存在形態について言及がないが、議会の勢などに応じて評議員ポストを割り当てることにより、最高評議会と委員会の強大な権による多数暴走を抑止する仕組みが制度化されているものと思われる。

地方政府システム原作中では言及されていないが、トップ首相と呼ばれており、地方政府首相から中央政界に進出するケースもみられる。

軍事体制

防委員会の統制のもと、自由惑星同盟軍として大規模な防衛軍を組織する。軍政を統括する防委員会の下部には作戦を担当する統合作戦本部、補給を担当する後方勤務本部、それに技術科学本部の3つの本部と防衛、閲、経理、情報、人事、装備、教育、施設、衛生、通信、戦略の12部を擁し、そのトップ本部長部長)にはいずれも中将以上の軍人が任命される。

この中で統合作戦本部は他の本部に優越しており、統合作本部長制服組軍人の最高ポストとされている。
いっぽうこれらの他に実戦を管轄する宇宙艦隊総部が存在し、宇宙艦隊長官が制服組軍人の第二位にあたる。そのため統合作本部長宇宙艦隊長官の二名がともに元帥位にあることも多い。

宇宙艦隊総部の下部に存在する実戦部隊は常置12個の正規艦隊に分けられるが、予算などの都合上、一時に前線で戦闘するのは3個艦隊程度が基本のようである。その他、各系の警備部隊、辺域分艦隊などが存在し、帝国領侵攻の際など、正規艦隊とともに出征することもある。

その他、同盟領内には警備管区が設けられ、少将クラスが管区官となる。また同盟全土に小惑星などを利用した補給基地、工といった設備が広がっている。

歴史概略

ゴールデンバウム朝の成立~「血のローラー」

"大帝"ルドルフ・フォン・ゴールデンバウムは当初こそ立君主制を敷き、自身が銀河連邦末期首相大統領として開始した社会革に邁進した。

しかし、その強引な手法が半ば盲目的に圧倒的支持を受け続けた結果、彼は即位数年後にはくも自己格化に傾倒していった。帝国9年に発布された「劣悪遺伝子排除法」とその反対運動の弾圧を経て議会と連邦憲法は停止され、政治手法は専制君主制による恐怖政治へと変貌。「血のローラー」と呼ばれる共和粛清40億人の犠牲者を出し、ルドルフ死去後に起こった残党の一斉起では直接参加した5億人が殺され、縁者100億人が基本的人権を剥奪されて奴隷階級が復活した。

「長征一万光年」~同盟建国

奴隷や共和残党による帝国領脱出の試みは数多かったが、大半は宇宙船調達の段階で社会秩序維持局に察知されて残な失敗に終わった。一反帝国の形成に成功したのがアルタイル系第7惑星グループで、実に帝国立から1世紀半が経過していた。

宇宙473年(帝国164年)、奴隷労働者の若者アーレ・ハイネセンリーダーとする40万人が、氷河を丸ごと切り出して即席の宇宙船に用いるというアイディアにより、極寒の監惑星アルタイル系第7惑星からの脱出に成功した。彼らは辿り着いた小惑星帯で密かに恒星移民船団を建造し、民主主義国家復活の地をめて、後に「長征一万光年」と呼ばれる苦難の行程に出発した。

後にイゼルローン回廊と呼ばれることになる危険宙域を手探りで進む途上、ハイネセンは事故死した。後を継いだ親友グエン・キム・ホアの下、宇宙527年(帝国218年)、ついに居住可な安定した惑星を含む恒星群を発見。半世紀にわたる過酷なを生き延びた16万人が「バーラト系/第4惑星ハイネセン」と名付けられたを中心に開拓を開始し、自由惑星同盟の建を宣言した。

ダゴン星域会戦…量的な膨張と変容

後の同盟は急速にを充実させながら周辺宙域を開拓し、マヌエル・ジョアン・パトリシオ政権下の宇宙640年(帝国331年)、反対側から生存圏を拡大していた帝国とついに接触。防衛戦争を予期して1世紀に渡り準備してきた同盟軍は、リン・パオ総司令官ユースフ・トパロウル中将揮により、ダゴン帝国軍と突。組織的な軍隊との戦闘経験が1世紀以上なく、単なる反乱鎮圧の延長という感覚で侵攻してきた帝国の「討伐軍」を、約半数の戦で殲滅した。

以後同盟の存在を知った帝国内の共和義者らが多数亡命し、量的にも人口増加が図られて2大国家対立の構図が形成される。ただし、単なる刑事犯や帝国内で政争に敗れた貴族などが身の安全を守るためだけに亡命する例も多かった。

この過程で、「帝国の圧政から脱し、銀河連邦初期の理想的民主主義を取り戻す」ことを的とした当初の理念は、次第に硬直した「反帝国」へと変質していった。

衰退

銀河連邦時代からの先進地域を独占しに優る帝国との長期にわたる戦争は、名将ブルース・アッシュビー提督を中心とした前線指揮官グループ"730年マフィア"が活躍した740~50年代を過ぎると着状態に陥ってゆく。帝国が多大な労をかけてイゼルローン要塞の建設を成功させたことにより戦場回廊の同盟側に限定されると、その傾向は加速していった。

780790年代には、イゼルローン回廊の同盟側出口に散在する系群を長期の展望もなく奪い合う、大規模な小競り合いに終始するようになる。788年のエルファシル系失陥を最後に、会戦を含む数多くの衝突にもかかわらず有人惑星や大規模軍事拠点の支配権が全く移動せず、戦況の大きな変化が起こらない消耗戦に陥っていった。

戦闘規模のみが拡大の一途をたどり、成人の死亡原因第一位が「戦死」などという状態が長期にわたって続いた結果、宇宙790年代になると、中年層の特に男性が一般社会から欠落した状態が固定化された。徴兵前の若年層と除隊した傷兵・高齢者が大半を占める社会構造は活の低下と効率の悪化を招き、首都ハイネセンのインフラ維持にも支障をきたす程が疲弊していった。

戦力の崩壊と体制の変質

ロイヤル・サンフォード政権下の宇宙796年(帝国487年)5月ヤン・ウェンリー提督の奇策によりイゼルローン要塞帝国から奪取することに成功し、状況に変化が訪れた。しかし政権は議会選挙を前にして支持率回復論み、謀な帝国領逆侵攻作戦を実施してしまう。これはアムリッツァ星域会戦における決定的な敗北をもたらした。年初のアスターテ域会戦を含めるとこの一年で常設12艦隊のうち10艦隊が壊滅し、同盟の軍事は致命的な損を被った。

後を継いだヨブ・トリューニヒト政権は翌年の救軍事会議によるクーデターの収拾、銀河帝国正統政府への支援を経て全体主義化し、同盟はプロパガンダ戦術と軍・官・マスメディアトリューニヒト賛体制による統制国家へと変質してゆく。この過程で救軍事会議によるクーデターとその失敗によってさらに1艦隊を失った同盟軍は、首都直衛の第1艦隊とヤン提督のイゼルローン駐留艦隊のほかにまとまった機動戦を持たないありさまとなった。

滅亡

宇宙798年(帝国489年)8月帝国宰相ラインハルト・フォン・ローエングラム公爵自由交易惑星フェザーン自治領を占領、イゼルローンフェザーンの両方面から攻撃を開始する。二正面作戦に対処するだけの兵情報処理を失っていた同盟軍の防衛はついに破綻した。

首都直衛の第1艦隊と残存部隊をかき集めた第14、第15艦隊はランテマリオ域会戦で惨敗。その後ヤン提督のイゼルローン駐留艦隊がゲリラ戦ののちにバーミリオン星域会戦ローエンラム本隊を追い詰めるが、帝国軍別働隊がハイネセン上を制圧すると、トリューニヒト議長は同盟を見限ることを決断する。ヤン提督に後を託す形で徹底抗戦する最高評議会を、トリューニヒト議長は逆クーデターで制圧。強引に停戦を受諾した。翌年5月25日に「バーラトの和約」という事実上の降伏文書に調印し、同盟はローエングラム朝銀河帝国の属となる。

しかし、同年11月にはジョアン・レベロ新議長による延命努が裏に出て、帝国から派遣されていたレンネンカンプ高等弁務官の死亡、ヤン提督独立化という事態を招いてしまう。皇帝となっていたラインハルトは再宣戦を宣言し、和約は事実上破棄された。宇宙800年(新帝国2年)1月マル・アデッタ域会戦の結果、同盟軍はビュコック長官と共に事実上消滅し、レベロ議長も統合作本部長ロックウェル大将らに保身的で暗殺され、同盟は事実上崩壊した。

同年2月20日惑星ハイネセンにある国立美術館内のバラ園にて、ラインハルトによる勅、いわゆる「バラ園の勅」が発せられた。この勅で自由惑星同盟は過去の存在を追認されると同時に銀河帝国への全併合が宣言され、名実ともに消滅し滅亡した。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%87%AA%E7%94%B1%E6%83%91%E6%98%9F%E5%90%8C%E7%9B%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

自由惑星同盟

349 ななしのよっしん
2020/12/19(土) 01:01:14 ID: qdJUV559Xq
バーラトの和約で取り決められた戦艦宇宙母艦棄は実際には予定通り進んでなかったはず
棄処分第一弾はメルカッツ揮下の動くシャーウッドの艦隊に強奪されて
第二弾はチュン・ウー・チェン長官代理が書類の上だけで処理して
実物はフィッシャー達同盟本に残ってたヤン艦隊幕僚に引き渡してエルファシル方面に送り出してる

それらを差し引いても棄を免れた戦艦宇宙母艦はまだ多く残ってただろうし
後はランテマリオ会戦の時みたいに辺宙域駐留の小規模艦隊を再編して宇宙艦隊に組み込んだのではないかと
350 ななしのよっしん
2020/12/19(土) 01:18:19 ID: 7WHgNbNELf
バーミリオン会戦での残存も損傷艦含めれば9000隻くらいいるし
マル・アデッタでの動員兵は2万ないし2万2000隻程度でしかないからね
バーミリオン会戦時に建造中だったりランテマリオで損傷して連れていけなかった艦も少なくないだろうし
351 ななしのよっしん
2020/12/19(土) 08:11:28 ID: FDhIsIYDp0
石黒版やDNT準拠で考えると、同盟艦はブロック工法を底してそうだからなあ。損傷艦Aに損傷艦Bブロック移植して前線復帰、とかもできそう。

ただ、マル・アデッタ時は「戦艦空母の数が多かろうはずもない」とも摘されてたし、巡航艦や駆逐艦体だったとも思われる。
言ってみれば、マル・アデッタのビュコック艦隊は和約のルールに従った構成にすることで、解放回廊のヤンに譲渡された戦がどれくらいか、さらには回廊決戦時のヤン艦隊の総数を帝国軍はますます把握できなくなったわけだ。
352 ななしのよっしん
2020/12/19(土) 10:03:49 ID: ABVUrNTWkF
親不孝号とかもそうかもしれないけど、艦の解体は爆破スイッチ押してはいおしまいって訳にもいかないだろうし、「時間も費用も足りないので武装解除の上民間に払い下げます。代は安全保障税の財に充てます」みたいな、帝国側からは微妙に反対しづらい船体隠しが行われてたのかも。
353 ななしのよっしん
2021/02/06(土) 14:37:51 ID: FDhIsIYDp0
ヤン・ウェンリースレアルテミスの首飾り破壊に関して因縁つけてるアレな人が湧いてたけど、あの首飾りって、帝国軍でなく「同盟を離脱したサジタリウス諸星系」を仮想敵にしていたという事はないだろうか。
もし旧地球政府が植民からそうしていたように、バーラト系と他の同盟系が同じように収奪していたとしたら、シリウス戦役の再現になるかもしれない。それに備えたのが、アルテミスの首飾り建造だったとか。
354 ななしのよっしん
2021/02/06(土) 18:03:09 ID: a3CyVbZU22
>>353
いんじゃないかな
基本的に軍事面においては中央集権制だったと推測されるので
よっぽど反ハイネセン連合が上手く立ち回らないとアルテミスの首飾りしでも対処できる(末期クーデターも中央の軍が起こしているわけで)
それと、地球政府と植民の反省点は同盟も心得ているだろうから軍事以外は地方分権が進んでいた節が有るし(防備都市宣言は各系の判断に委ねるとか)バーラトの和約が結ばれる前までは独立とか考えもしなかったんじゃないかな
355 ななしのよっしん
2021/02/15(月) 01:59:30 ID: 3AXvlf3hog
そもそもアルテミスの首飾り建設のきっかけがコルネリアス1世の親征じゃなかったっけ。純に対帝国の最終防衛線くらいの狙いだったと思うよ。

ただまぁ、ゴールデンバウの旧同盟のバーラト・その他関係は色々ねじれた関係はなりそう。バーラト中央政府は同盟を守れなかった挙句、自分たちだけ自治を認めてもらうわけだし
356 ななしのよっしん
2021/02/15(月) 02:00:34 ID: 3AXvlf3hog
×ゴールデンバウ 〇ローエンラム
357 ななしのよっしん
2021/03/14(日) 22:19:11 ID: W5B+nEisst
アルテミスの首飾りは艦隊と連携した台、地で単独で使う事を想定していないよね。有効利用するなら要塞の堡塁に使うか対要塞の防御地…イゼルローン回廊閉塞に使えば多大な損を出していた要塞戦をする必要がかったのでは。
帝国戦的に動かせる防御地、台は必要だけど、中央政府経済政策か何かで死地に送られた者の感情としては政府に対する意趣返しの一つぐらいはしたくなる。
358 ななしのよっしん
2021/04/04(日) 19:41:42 ID: f/woOnN/VT
フェザーン並みかそれ以上に独立心が強い民衆が多いし
扇動に掛かりやすい扱いにくさに加えて行動もある
物語終了後はなんというか統治の面みもやりがいもさそうな宙域になりそう
減税とかインフラ整備とかの+でしかい政策にも
足りないとか一々文句付けて来そうで
これで帝国人にべて教養とか技術とか同盟人が勝る物があればいいんだが