舩坂弘単語

21件
フナサカヒロシ
1.3千文字の記事
  • 29
  • 0pt
掲示板へ

「舩坂弘」(ふなさか ひろし、1920年10月30日 - 2006年2月11日)とは、

旧日本軍大日本帝国陸軍)の元軍人であり、日本初のビルを丸ごと一つ使った書店デパートである大盛堂書店の初代代表取締役会長店長としては2代目)、南太平洋慰霊協会理事である。

最終階級は軍曹第二次世界大戦パラオマリアナ戦役の最後の戦いであるアンガウルの戦いで活躍した。存命時には精的な戦者の慰霊活動から「生きている英霊」と呼ばれた。戦中の呼称は、「不死身の分隊長」「の分隊長」「グンソーフクダ」(俘虜時の偽名)。

ニコ動内では「リアルチート」「ルーデルシモ・ヘイヘと並ぶ世界大戦3大英雄の一人」として扱われる事もある。

また、畏敬の念を込めて「汎用人決戦兵器」と呼ばれることもある。事実銃剣を用いた戦闘いて彼に肩する攻撃・生命を持ちう生物今日に至るまで存在せず、恐らくこれからも存在しないであろう。また小銃射撃でも銃剣術と共に徽章を授与されるほどの腕前であり、オールレンジで死が存在しない。

※「」とよく書き間違えられるが、「」が正しい(舩はの異体字)。

概要

一言で彼を表現すると「モビウス1」もしくは「アンレイカブル」もしくは「リアル爛舞踏」もしくは「リアル異能生存体」である。日本公式戦史である『戦史書』には、個人としては一、彼だけが個人名として登場する。

アンガウルの戦いにおける彼のの如き活躍と不死身伝説には枚挙に暇がいが、ここではクライマックスである米軍部に特攻手榴弾の信管を抜く直前に頸部を撃たれてした際の負傷についてだけ述べておく。

負傷は戦闘初日から数えて大小24箇所に及んでおり、このうち重傷は左大腿部裂傷、左上膊部貫通創2箇所、頭部打撲傷、左部盲貫の5箇所であり、さらに右肩捻挫、右足首脱臼を負っていた。また、長い間匍匐していたため、肘や足は擦り切れてボロボロになっており、さらに連日の戦闘による火傷と全身20箇所に食い込んだ弾の破片によって、さながらか亡霊のようであったという。(wikipediaexitより)

これほどの重傷を負いながらも突撃を敢行した彼に米軍兵たちは恐怖し、あるいは驚嘆した。そして米軍の野戦病院3日後にを覚ましてひと暴れした彼は移送された収容所を脱走して弾薬庫を爆破。後に彼は「私は傷が治りやすい方だった」と述べている。いやいや。これ以上の伝説の詳細は wikipedia 等に譲るとしよう。

彼の戦後人生アンガウル玉砕の生存者として「舩坂弘之墓」と書かれた墓標抜くことから始まり、日本初のデパート書店経営の傍らで戦記を執筆し、アンガウルを初めとした南洋の々で鎮慰霊碑建立して現地と日本の架けとなることにげられた。公園通りの店こそ建物老朽化により閉店したものの、彼が再建し、発展させた大盛堂書店は、今なお渋谷センター入り口に看板を掲げている。

関連動画

 

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 29
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

ニコニ広告 (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: E.A.Crowley
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

舩坂弘

301 ななしのよっしん
2022/10/07(金) 11:43:32 ID: XDpMRsvEyd
崎氏を持ち上げる要素有るか?
地獄ニューギニア戦線帰りとは言え、戦後にやったことが……
👍
高評価
1
👎
低評価
0
302 ななしのよっしん
2023/05/30(火) 01:55:49 ID: qrNqmctJTM
>>35
の発表が信用ならんってのは太平洋戦争明してるじゃん。
実際戦史書は旧軍の身内が書いた上に史料の裏取り調もしてなくて学術的価値がないと批判されてるから、坂のとこも本人談をみにして書いただけでしょ。

ロバートテイラーの話だって収容所内の出来事だけで、後は本人談以外の記録がないから信用できん。そもそもルーデルやヘイヘと違って信用されてないのは公式記録がないからだろ。

てか反論する側が拠出せとか、そんな言ったもん勝ちが歴史研究に通用するわけないだろ。史料批判せずにみするのは下の下。
👍
高評価
3
👎
低評価
0
303 ななしのよっしん
2023/05/30(火) 02:11:24 ID: qrNqmctJTM
>>270
こういうのがTwitterとか掲示板情報みにしてるんやろな

都市伝説として面おかしく話すならともかく、ガチ歴史事実として話してる情弱
👍
高評価
3
👎
低評価
0
304 ななしのよっしん
2023/06/02(金) 13:49:35 ID: NRLlggTbie
例えばルーデルの場合、出撃回数に関しては(過小の可性もあるが)まず事実と見て間違いないだろう

何せ、防軍が認知している出撃回数が(過小という意味で)ならStG2/SG2の数人からを隠し通す必要があるわけで、出撃回数も含めて勲章をもらっている。
兵站と整備の都合上、そのへんを記録して運用する必要性がある以上、まあ出撃回数が過大報告の可性はほぼない
記録の不手際等を除く)

…まあ他人名義で記録されれば可性があるがルーデルのような出撃廃人以外は他人にスコアを譲らないので、
やはり通説通りの過小の方はあっても、過大は

撃破数の方も、断単独出撃でもない限りは僚機がいるわけで、例によって誤認スコア、他人名義の虚偽報告はあるだろうけど
過大報告ってのは考えにくい

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
305 ななしのよっしん
2023/06/02(金) 18:59:27 ID: 1W4LhLCrj2
ルーデルに限らず本人が書いた回顧録に自己弁護による捏造記憶竄が多分に含まれることはちょっと戦史興味あるオタクなら分かってることだと思う
ドイツ防軍の将軍たちも回顧録ではこぞって「防軍は清廉潔で武装SS虐殺には手を貸さなかった!」とか「ソ連侵攻計画はヒトラーが細部も決めた!負けたのはあいつの口出しのせい!」とか書いてたわけだが、後で命書や議事録と突き合わせてみた虚偽まみれだったのは有名な話だし
あと、戦後10年20年も経って書かれた回顧録の場合、本人は全くついてるつもりいのに事実と食い違ってることが多々ある
どんな人間のどんなだろうと客観的な拠がないならみにすべきじゃない
👍
高評価
4
👎
低評価
1
306 ななしのよっしん
2023/06/04(日) 10:37:49 ID: NRLlggTbie
記憶の自己竄なんて精的な防衛反応として当然のことだから、よくあることだしねえ
👍
高評価
2
👎
低評価
0
307 ななしのよっしん
2023/07/15(土) 07:45:35 ID: R1TndCsZ9O
戦史書に名前が載る人笑
これ編集したは他の旧軍関係者を馬鹿にしとるやろ

戦史書のアンガウルに関する記事読んだけど伝説とされてる戦果も本人の回想しか言及がないし、必死逃げ回ってただけじゃ分隊長としての立場がないから生き残りがどいないのをいいことに戦果を盛りに盛ってそう
👍
高評価
3
👎
低評価
3
308 ななしのよっしん
2023/08/21(月) 18:46:48 ID: 6o+w8VIvB6
戦後書店経営者・作家として大成して、海外で散った戦友の慰霊のために尽くしたのが舩坂の生涯の本分のはずなんだけど、戦時の話の偽ばかりられてそれらへの注・再評価がなかなかされないのは不遇だよな
👍
高評価
2
👎
低評価
0
309 ななしのよっしん
2023/10/20(金) 11:20:20 ID: XeKuAsRTSm
ちなみに戦史書については防衛研究所の戦士編纂官自体が戦史書刊行30周年記念の寄稿で、アンガウルらへんは資料が少なすぎて生存者の話を載せるくらいしかできなくて、正確な情報書けなかったのが心残りって書いてたりする。
👍
高評価
2
👎
低評価
0
310 ななしのよっしん
2023/10/20(金) 11:30:18 ID: eo+nYrrp2p
そもそもルーデル坂さんもシモヘイヘもそうだが、戦争終わったあとにそれとなく自分の人生を「そんなに誇れるものじゃない」とってるので、それが全てなんだよな
👍
高評価
3
👎
低評価
1