船中八策単語

センチュウハッサク
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

船中八策とは慶応3年6月15日(グレゴリオ1867年7月16日)、土佐脱浪士の坂本龍馬が土佐参政の後藤象二郎に対して提議したとされる八ヶ条の政策論である。

上記にあやかったについては記事の下部を参照。

概要

通説

慶応3年6月15日坂本龍馬後藤象二郎と共に土佐の蒸気船夕顔丸()に乗り、京都に向かっていた。その船上で坂本後藤に対し、土佐そしての掲げるべき政策として以下の八ヶ条を提議し、援隊の同志である長岡謙吉に起せしめたとされる。

一、下の政権を朝廷に奉還せしめ、政宜しく朝廷より出づべき事。
一、上下議政局を設け、議員を置きて万機を参賛せしめ、万機宜しく議に決すべき事。
一、有材の卿諸侯及び下の人材を顧問に備へ官爵を賜ひ、宜しく従来有名実の官を除くべき事。
一、外の交際広く議を採り、新に至当の規約を立つべき事。
一、古来のを折衷し、新に窮の大典を撰定すべき事。
一、海軍宜しく拡すべき事。
一、御親兵を置き、都を守衛せしむべき事。
一、金銀物貨宜しく外均の法を設くべき事。


以上八策は方今下の形勢を察し、之を内万に徴するに、之を捨て他に済時の急務あるなし。苟も数策を断行せば、皇運を挽回し、勢を拡し、万と並行するも、敢て難しとせず。伏て願くは明正大の理に基き、一大英断を以て下と更始一新せん。

要旨は大政奉還、上下院の議会設立、官制革、条約正、憲法制定、陸海軍の創設、通貨政策で、その後のの様々な制度革を先取りする内容であった。後藤はこれに賛同し、京都に着くと在中の寺村左福岡辺栄三郎ら土佐重役を相手に説明し、全員から賛同を得た。この方針をもって後藤7月上旬高知に戻り、山内容堂に大政奉還の建を説いた。容堂の認可を受けた後藤10月3日幕府に大政奉還の建書を提出し、徳川慶喜がこれを受け入れ、同14日に政権を朝廷に返上した。

坂本はこの船中八策を考案するにあたり、かつて交流した幕臣の大久保一翁した政権返上論や、儒学者の横井小楠越前(福井)に提出した『是十二条』などの影を受けたのではないかと言われている。

疑問点

この『船中八策』と呼ばれる提議については近年様々な疑問のが上がっている。以下に要約する。

船中なのか?

坂本がこの『船中八策』を示したのは6月15日の船上だったという説が一般的に流布されている通説だが、坂本後藤の乗った夕顔丸が長崎を発ったのは6月9日であり、大坂に到着したのは3日後の12日である。15日には両者ともに京都に滞在中であるため、15日に船上であった出来事としては有り得ない事になる。[1]

八策なのか?

現在『船中八策』と呼ばれている提議は明治時代に書かれた坂本の伝記では八ヶ条ではなく十一ヶ条であるとするものがある。宣枝という人物が明治29年(1896年)に出版した『阪本』という伝記がそれで、この中では「彼が(中略)長岡謙吉をして建議案十一箇条をせしめた」と書いている。9、10、11条については不詳としており、残ったのが八ヶ条になるわけだが、『船中八策』という名称については特に何も触れられていない。なお、坂本の甥に当たる高松太郎の甥である。[2]

そもそも実在したのか?

長岡謙吉坂本の意を受けて起したとされる八ヶ条の文章には原本が現存していない。また、この『船中八策』は明治時代には上記のように別名義で呼ばれていた事もあり、その実在性や起についてはが多い。高知県歴史松岡司によると、現在確認できる『八策』と記された最も古い記述は明治31年(1898年)初稿と見られる『坂本龍馬伝』(瑞山会・編)だが、ここにも『船中』とは書かれていない。[3]

大正期の本の著者として知られる千頭清臣の、大正3年(1914年)に出版された『坂本龍馬』では『の八策』と書いており、しかもその内容は現在では大政奉還後の11月坂本自ら起したとされる『新政府綱領八策』の事とし、坂本長岡謙吉に起させ、更にそれを後藤が修正を加えたものがこれ(船中八策)であるとしており、新政府綱領八策と船中八策の成立時期が逆転している。[4]

大正15年(1926年)出版の『坂本龍馬関係文書』を編纂した岩崎英重()も、現在『船中八策』と呼ばれる提議を『新政府綱領八策』と名付けた上で「の綱領を俗に船中八策とふ」とした。従来『船中八策』の名称が確認できる最古のものはこれではないかと思われたが、知野文哉によれば更に遡り、大正5年(1916年)11月15日に開催された「坂本中岡先生五十年祭記念講演会」での講演においてである。[5]

新政府綱領八策』という呼称に関しては昭和期の歴史平尾道雄昭和4年(1929年)に刊行した『坂本龍馬 援隊始末』の中で6月提議を『船中八策』として以降、後発の関連書籍等で各々の呼称が踏襲されるようになった。[6]この『船中八策』と『新政府綱領八策』にまつわる千頭清臣や岩崎英重の扱い方が後世の歴史研究に紛らわしさを残したきらいがあるため、松岡司6月提議を『八策一次』、11月提議を『八策二次』と呼んでいる。また、歴史学者の松浦6月提議を『八策』、11月提議を『八義』と呼んでいる。なお、『新政府綱領八策』については坂本自筆とされる原本が二通現存している。

大正5年以前に『船中八策』という呼称が使われていたのか、使われていたとしてそれはいつからだったのか、そもそもこの八策は明治中期以前に遡る史料が存在するのかどうかについては研究者の今後の課題であるが、坂本後藤に政策提言をしていた傍として、長岡謙吉が慶応3年10月に親戚宛てに送った手紙の中で「建二書を案」とある事が挙げられる。仮に『船中八策』が実在しなかったとしても、坂本後藤に対して『八策』に類する何らかの示唆を与え、それが後世『船中八策』の逸話の原になった可性もあるのではないだろうか。

船中八策(酒)

上記にあやかった高知県メーカー牡丹造にて製造・販売されている。「香り高く、口中で旨みが膨らみサラリと切れる、キレ味抜群の辛口純。」との事。

参考サイトexit

関連商品

関連項目

脚注

  1. *別冊歴史読本『坂本龍馬伝』P103
  2. *別冊歴史読本『坂本龍馬伝』P104
  3. *松岡司『異聞・龍馬伝P191
  4. *新・歴史群像シリーズ維新創世坂本龍馬P102-104
  5. *知野文哉『「坂本龍馬」の誕生 船中八策と坂崎』P78
  6. *知野文哉『「坂本龍馬」の誕生 船中八策と坂崎』P85

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%88%B9%E4%B8%AD%E5%85%AB%E7%AD%96

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

船中八策

1 ななしのよっしん
2012/09/13(木) 20:13:07 ID: HqrvyFYN/P
と、いうお酒もあるんですが、その事も書いた方がいいかも。
2 ななしのよっしん
2012/09/29(土) 11:39:09 ID: i9nndruUjY
よもや後世に原作悪されるとは思いも寄らなかったでせう
>>sm18902820exit_nicovideo
3 ななしのよっしん
2012/09/29(土) 12:57:59 ID: RdXZtAp+dQ
そんなことより船中八策実在したかどうかについて話そうぜ
4 ななしのよっしん
2014/09/14(日) 12:03:49 ID: 4JKuOprDx7
実在したかどうかも怪しい代物で民衆の人気取りとか、半万年の笑えねぇ。
5 ななしのよっしん
2018/04/13(金) 12:40:36 ID: 2D3s/67YE5
歴史小説なんてみんなそんなもんだろ。
6 sage
2020/03/29(日) 23:41:25 ID: 1gePtHaSok
>>3
一般に伝えられる形での「船中八策」はなかったんじゃないかな?
いかにもで格好良すぎるし。
案がって所は確かだと思うけど。