色違い単語

イロチガイ

色違いとは「色が違う事」をす。ニコニコ動画ではその他に以下の様な意味を持つ。

  1. ゲームキャラクターで、同じ姿で色だけが違うこと。カラーパレットの変更でキャラクターの種類を増やせるため、容量を節約したかった昔のゲームに多い。色違いのプレイヤーキャラクターについては次の記事も参照。→ 2Pカラー
  2. 通常と違う色のポケモン(色違いポケモン)のこと。この項で説明する。

概要

色違いポケモンとは、極めて低い割合(8192分の1、およそ0.0122XY以降は倍の4096分の1)で出現する、通常とは違う色をしたポケモンのこと。は基本的に通常ポケモンと大差ないが、戦闘に出したりステータスを確認したときにエフェクトがつくため、ポケモンと呼ばれることもある。
金銀版で初登場。このシリーズではいかりのみずうみギャラドスに遭遇するイベントがあるため、第二世代をプレイした人なら一度は見たはず。エフェクトは当時がハードでもプレイであったため、画面での色違い判別用として導入されたシステムだった。

進化による色の変化が複雑で、通常色であれば進化前後でほぼ同じ色をしているポケモンも色違いを進化させると進化前とは大きく違う色になるケースがある(マリル緑色マリルリ色)。逆に通常色との違いが色の微妙濃淡グレイシアなど)や模様の反転トゲキッス系統)程度しかないなど非常に分かりにくいケースもある。

素の出現率は前述のとおり1/4096と極めて低いが、以下のように色違いの出現率を上昇させる方法がいくつか存在する。

国際孵化

第4世代からの仕様
内産と外産でタマゴを作って孵化させることで、色違いの出る確率が上昇する。第4世代では4倍の1/2048になり(正確には色違い判定が3回増えるので1/2048.4くらい)、第5世代では倍率が6倍(判定回数5回増加)になっており1/1366、更に第6世代からは出現率が素で2倍になっているので1/683確率で色違いが産まれる。
HGSSでは国際孵化の性格遺伝が効だったが、BWから性格も遺伝するようになったので有用性が増した。
詳しくは個別記事参照。

更に、第7世代では「妹前固定孵化」という進化系が登場した。こちらも個別記事参照。

ひかるおまもり

BW2以降では全図鑑を完成させると「ひかるまもり」を貰える。これは持っているだけで色違いとの遭遇率が上がるというもの。
具体的には色違い判定の回数が2回増えるため、出現率はおよそ3倍の1/1365(XY以降)になる。
国際孵化と併用した場合は判定回数が計7回増加することになるので、元の8倍で1/512になる。この場合はおまもしから33%程度の増加になるので、そこまで劇的に上がるわけではない。
サン・ムーンではアローラ図鑑完成させるだけで貰えるようになり、入手難度が下がった。

ソフト別の方法

色違いを入手するための方法は色々用意されている。連続・連鎖系のものは場所を大きく移動したり、電を切ると連鎖が切れる。

  • ポケトレ
    DPt、およびXYでの方法。運と地形にも左右されるが、やり方を把握していれば難しくはない。具体的な方法は関連動画参照。
    長くないむらと花畑でしか使えないため、それ以外の場所でしか出現しないポケモンの色違いは狙えない。また、XYだと群れバトルでしか出ないポケモンも狙えないので注意。
    XYだと60連鎖すれば3V確定になるので、入手した色違いをそのまま対戦用に育てることも可ではある。
  • 群れバトル
    6世代の要素。群れバトル自体には特別な効果はないが、5体同時に出てくるため出現率が単純に5倍の1/819になる。
    それだけなら大して高い確率ではないが、ひかるまもりを持っていれば1/273まで上昇する。しかもあまいかおりを使うだけでいいので非常に楽。
    狙える種類は群れバトルにおいて高確率で出現するポケモンだけなので、あまり多くはない。
  • 連続釣り
    6世代での方法。連続で釣りを成功させるだけで、色違いの出現率が大幅にアップする。
    具体的な確率は不明だがかなり高くなり、短時間で色違いを入手可。ただ、連続で釣っていくと判定はシビアになるので、結構集中しないと難しい。
    「つれないなぁ…」の時も失敗扱いとなるが、周囲3マスが岩・に囲まれている場所、あるいは特性が「ねんちゃく」「きゅうばん」のポケモンを先頭にして周囲2マス以上が岩・に囲まれている場所で釣れば、確実にポケモンが食いついてくれる。
    サン・ムーンでは釣り仕様が大きく変わったため、連続釣りも存在しないと思われる。
  • フレンドサファリ
    XYの要素。色違いが出やすく、ひかるまもりの有に関係なく1/512という検証結果があるとか。出現するポケモンはある程度決まっている。
  • サーチ機
    ORASでの方法。図鑑ナビのサーチ機で出現したポケモン忍び足で近づき、連続で倒す(or捕獲する)ことで色違いが出やすくなる。
    運次第ではあるが100連鎖しても出ないことも多く、時間がかかりやすい。忍び足さえミスらなければいいので難易度は低いが。
    サーチしたときのポケモンの影はむら(長い・水中含む)では動かないため問題ないのだが、砂漠洞窟・屋内・水上といった場所では一定間隔で移動する。こちらは忍び足ゆっくり近づく必要があるので、むら以外の場所で色違いを狙うほどの連鎖を続けるのはほぼ不可能
  • 仲間呼び
    サン・ムーンの要素。野生のポケモン戦闘中仲間を呼ぶことがあるのだが、その後にどちらかを倒して一戦闘中に何度も仲間を呼ばせることで連鎖し、色違いの出現率が上昇する。
    ほとんどの野生ポケモン仲間呼びを行うので、狙える種類はかなり多い。ただし一部のポケモン仲間呼びをしなかったり、自分と違う種類を呼んだりする。
    野生のポケモンHPを減らす、アイテムビビりだまを使う、特性「いかく」「プレッシャー」「きんちょうかん」のポケモンを使う、といった方法で仲間を呼ぶ確率が上がる。
    特に「プレッシャー」持ちを使っている時は野生のポケモンPP切れ→わるあがきに注意。残すポケモンを呼ばれた方に変えても同じ系統のポケモンであれば連鎖は途切れないので、適度に入れ替えてPP切れを防ぐとよい。自分のポケモンPP切れにも注意。
    更に、255連鎖以上するとリセットされてしまう。
    31連鎖以降に呼ばれたポケモンは4Vが確定するため、性格などにもよるがそのまま対戦用にも十分使える。まあすごいとっくんがあるので従来ほど個体値は気にしなくてもいいが。
  • 金銀VC
    2世代では色違いの判定に個体値が使用されているため、親が色違いであれば子も色違いが産まれやすい(ただし両親どちらも色違いだとそもそもタマゴが作られない)。
    細かい条件等はくが、具体的な確率は1/256~3/256とかなり高い。しかもストーリー中に色違いのギャラドスが確実に手に入るため、連鎖的にタマゴグループ不定形・人鉱物以外の色違いを狙うことが可。ただし仕様上、この方法だと♂♀7:1のポケモン理。
    当然、色違いのメタモンゲットできればタマゴを作れる全てのポケモンで狙うことができる。しかもこの場合の確率1/64と更に高くなる。
    ただし、当然だが孵化環境が今とべるとすこぶる悪い。タマゴ1つ当たりの労は今の倍以上であろう。とはいえ1/512とべても最大8倍出やすいため、効率は良い。

不思議のダンジョン

色違いが仲間にできるのは基本的に冒険団のみ。36種に色違いがおり、通常色を多く倒すほど出やすくなる。「倒すと確実に仲間になる」「おなかの最大値が通常色の倍」という特徴がある。

探検隊ではイベントキャラとして色違いのセレビィ(通称デレビィ)がおり、超ポケダンでは仲間にすることが可

マグナゲートでは色違いのホウオウと戦うことができるが、仲間にはできない。

ポケモンGO

現在ポケモンGOにはコイキング系統とピカチュウ系統の色違いが存在する。

マップ上で同じポケモンであっても、トレーナーによって色違いかどうかは違う。

色違いブロックルーチン

BW以降の一部の伝説のポケモン幻のポケモンには「色違いブロックルーチン」といわれるシステムが組み込まれており、これらのポケモンは通常のプレイでは色違いが入手できなくなっている。
これは改造判定だけでなく単純にゼクロムレシラムカイオーガグラードンレックウザのようなストーリーに関わってくる戦闘で色違いを出してしまうと、ストーリーの演出で動くポケモングラフィックと実際の戦闘時の色が噛み合わなくなって展開的に台しになってしまうことを防ぐための措置といわれる。
ただし映画限定で配信されたゲノセクトORASで色違いが解禁されたゼクロムレシラムの例もあるため、現在色違いが入手できないポケモンも今後の作品で開放される可性がある。

備考

幻のポケモンの色違いは当然ながら入手難度が全体的に高い。そもそも5世代以降はブロックルーチンが組まれたため、直接色違いが配布されない限り入手は不可能

その中でも、セレビィは色違いが実装済みの中では最もレア度が高い。不思議のダンジョンシリーズでは登場する数少ない色違いなのに、本編シリーズでは文字通り幻級に存在していないのだ。
その理由は、色違いのセレビィを狙える一の配布が「そもそもこの方法でセレビィゲットした人がほとんどいない」方法だったため。
それは当時まだ普及率の低かった携帯電話が必要な、マイナーネットワークサービスを使用する方法。しかもセレビィ配布の宣伝もほとんどなかったようで、配布の事実も知らなかった人が多かったと思われる。
その上で1/8192を狙う必要があったため…正規の方法で入手した人が一体どの程度いたのか、気になるところである。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%89%B2%E9%81%95%E3%81%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

色違い

857 ななしのよっしん
2018/08/10(金) 16:18:01 ID: cBAT3wgg9Q
今までに捕まえた色違いポケモンミツハニーアンノーンしかいない件
858 ななしのよっしん
2018/10/10(水) 13:52:02 ID: YrNPtDaIr+
冷静に考えたら、キラーマシンヘルバトラーですら256分の1なんだから、きつらで音を上げてるようじゃ色違いなんて理だよねぇ
859 ななしのよっしん
2018/11/06(火) 21:53:33 ID: njnoC7EQpE
今じゃポケモンも種類が多すぎるから
色違いは色がどう違うのか知らなかったって人は多そうだな

の場合ポニータギャロップがそうだった
まさかあんなに美しいだとは
860 ななしのよっしん
2018/11/09(金) 04:27:35 ID: 5+HM/OChNa
色違いは出やすくなったとは言え
海外産6Vメタモン持ってない、るお守り持ってない、そもそもるのがダルすぎて理・・・みたいな条件ったら基本的に縁の存在だからね
配信系くらいか

861 ななしのよっしん
2018/12/20(木) 22:33:37 ID: YB1NYXvRfN
ウルトラホールの通常種は色違いが出やすいの分かるわ。
実際、ホールの輪っかの数に応じて補正がかかるらしいし(2重吸い込みがオススメ)。

どうでも良いけど、色違いめざパヤトウモリようやく出た。
半年かかったけど。
862 ななしのよっしん
2019/02/21(木) 01:14:18 ID: 1YKKRwuQ5n
ウバメの森の木にずつきしたら色違いオニスズメが出てきたけど、る演出見逃したら「どこが?」って考えるぐらい色違いっぽくなかったなぁ。
って進化させてオニドリルにしたけど、やっぱりぱっと見で判断難しかったなぁ…。
でも重な色違いだったから大事に使ってたなぁ。

結局で見れた色違いギャラドスメノクラゲドククラゲしか見なかった。
863 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 18:26:44 ID: eRQ9mY+i3p
UMでの国際孵化にはまって今はイーブイに挑戦中だけど、1500個越えても色違いが産まれない…
もしやイーブイ色違いは存在していないのでは…?と本気で思い始めてきたところ

その前にやったツタージャ30匹以内に産まれたし、ひかおまあり国際孵化での色違い率ってかなり偏るよね
輪ので孵化させたくてずっと反転世界にいるけど、もしかしてそれが関係してたりする?
いやいよなさすがに
864 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 21:08:40 ID: eRQ9mY+i3p
863だけど色イーブイ存在しました
真っ白かわいい
1589匹で産まれたぜ!反転世界じゃダメなんてことも当然なかった
865 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 21:17:40 ID: 09dmuLFDWz
なんのかんの元の確率が低いからね
4.5%程度の運の悪さだからよくあるよくある
866 ななしのよっしん
2019/04/28(日) 08:51:34 ID: weiFJXRZaq
色違いハズレはあまりいないイメージ

急上昇ワード