色違い単語

1377件
イロチガイ
10.0千文字の記事
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

色違いとは「色が違う事」をす。ニコニコ動画ではその他に以下の様な意味を持つ。

  1. ゲームキャラクターで、同じ姿で色だけが違うこと。カラーパレットの変更でキャラクターの種類を増やせるため、容量を節約したかった昔のゲームに多い。色違いのプレイヤーキャラクターについては次の記事も参照。→ 2Pカラー
  2. 通常と違う色のポケモン(色違いポケモン)のこと。この項で説明する。

概要

色違いポケモンとは、極めて低い割合(8192分の1、およそ0.0122XY以降は倍の4096分の1)で出現する、通常とは違う色をしたポケモンのこと。は基本的に通常ポケモンと大差ないが、戦闘に出したりステータスを確認したときにエフェクトがつくため、ポケモンと呼ばれることもある。
金銀版で初登場。このシリーズではいかりのみずうみギャラドスに遭遇するイベントがあるため、第二世代をプレイした人なら一度は見たはず。エフェクトは当時が白黒ハードでもプレイであったため、白黒画面での色違い判別用として導入されたシステムだった。

進化による色の変化が複雑で、通常色であれば進化前後でほぼ同じ色をしているポケモンも色違いを進化させると進化前とは大きく違う色になるケースがある(マリル緑色マリルリ色)。逆に通常色との違いが色の微妙濃淡グレイシアなど)や模様の反転トゲキッス系統)程度しかないなど非常に分かりにくいケースもある。

素の出現率は前述の通り1/4096と極めて低いが、以下のように色違いの出現率を上昇させる方法がいくつか存在する。

剣盾でのみ、色違いエフェクトが2種類(スクエア、)ある。スクエは通常野生ポケモンが出やすく、は孵化ポケモンで出やすくなる。ダイマックスアドベンチャーの場合は確定でエフェクトになる。

融合させるフォルムチェンジ形態のポケモン(ブラックキュレムホワイトキュレム日食ネクロズマ月食ネクロズマバドレックスバドレックス)は融合元のどちらかが色違いであれば色違いになる。

国際孵化

第4世代からの仕様
内産と外産でタマゴを作って孵化させることで、色違いの出る確率が上昇する。第4世代では4倍の1/2048になり(正確には色違い判定が3回増えるので1/2048.4くらい)、第5世代では倍率が6倍(判定回数5回増加)になっており1/1366、更に第6世代からは出現率が素で2倍になっているので1/683の確率で色違いが産まれる。
HGSSでは国際孵化の性格遺伝が効だったが、BWから性格も遺伝するようになったので有用性が増した。
詳しくは個別記事参照。

更に、第7世代では「妹前固定孵化」という進化系が登場した。こちらも個別記事参照。

ひかるおまもり

BW2以降では全図鑑を完成させると「ひかるまもり」を貰える。これは持っているだけで色違いとの遭遇率が上がるというもの。
具体的には色違い判定の回数が2回増えるため、出現率はおよそ3倍の1/1365(XY以降)になる。
国際孵化と併用した場合は判定回数が計7回増加することになるので、元の8倍で1/512になる。この場合はおまもしから33%程度の増加になるので、そこまで劇的に上がるわけではない。
7世代以降は地方図鑑を完成させるだけで貰えるようになり、入手難度が下がった。というかそもそも全図鑑自体が止されている。

ソフト別の方法

色違いを入手するための方法は色々用意されている。連続・連鎖系のものは場所を大きく移動したり、電を切ると連鎖が切れる。

金銀クリスタル

DPt・BDSP

  • ポケトレ
    使用することでむらが揺れて、うまいことやれば連鎖して戦闘後に再度むらが揺れる。連鎖数に応じて色違いの出現率が上昇する。
    運と地形にも左右されるが、やり方を把握していれば難しくはない。具体的な方法は関連動画参照。
    長くないむらと花畑でしか使えないため、それ以外の場所でしか出現しないポケモンの色違いは狙えない。
    BDSPだと連鎖数に応じて2Vや3Vも確定する。

XY

  • ポケトレ
    DPtから1世代挟んで続投。基本的な仕様は同じ。ただし図鑑上で棲息が確認できたとしても、群れバトルでしか出ないポケモンは狙えないので注意。
    60連鎖すれば3V確定になる。
  • 群れバトル
    群れバトル自体には特別な効果はないが、5体同時に出てくるため出現率が単純に5倍の1/819になる。
    それだけなら大して高い確率ではないが、他の方法とは違って判定回数が増えるわけではないため、ひかるまもりを持っていれば倍率が乗算されて1/273まで上昇する。しかもあまいかおりを使うだけでいいので非常に楽。
    狙える種類は群れバトルにおいて高確率で出現するポケモンだけなので、あまり多くはない。
  • 連続釣り
    連続で釣りを成功させるだけで、色違いの出現率が大幅にアップする。
    具体的な確率は不明だがかなり高くなり、短時間で色違いを入手可。ただ、連続で釣っていくと判定はシビアになるので、結構集中しないと難しい。
    「つれないなぁ…」の時も失敗扱いとなるが、周囲3マスが岩・に囲まれている場所、あるいは特性が「ねんちゃく」「きゅうばん」のポケモンを先頭にして周囲2マス以上が岩・に囲まれている場所で釣れば、確実にポケモンが食いついてくれる。

ORAS

  • サーチ機
    図鑑ナビのサーチ機で出現したポケモン忍び足で近づき、連続で倒す(or捕獲する)ことで色違いが出やすくなる。
    運次第ではあるが100連鎖しても出ないことも多く、時間がかかりやすい。忍び足さえミスらなければいいので難易度は低いが。
    サーチしたときのポケモンむら(長い・水中含む)では動かないため問題ないのだが、砂漠洞窟・屋内・水上といった場所では一定間隔で移動する。こちらは忍び足ゆっくり近づく必要があるので、むら以外の場所で色違いを狙うほどの連鎖を続けるのはほぼ不可能

SM・USUM

レッツゴーピカブイ

  • 連続ゲット
    例によって連鎖系で、連続ゲット11回以上で色違い判定+3回(≒確率4倍)、21回以上で+7回、31回以上で+11回となる。また、ひかるまもりの他にもコロンを使用するだけで色違い判定が+1回されるため、最高で15倍の1/273となる。
    しかしピカブイの連鎖には他にはない特徴がある。連鎖中のポケモン以外でも確率が上がり、またフィールド上のシンボルにも色違いが反映される。余計なポケモンシンボルはしばらくしたら消えるし、連鎖中以外のポケモンに接触しても逃げれば連鎖は途切れない。
    つまり、適当ポケモンで31連鎖してコロンを使用した後は当ての色違いが出るまでその場で待てばいいのである。待っている間に他のポケモンに当たっても逃げれば問題はない。画面からを離し過ぎると色違いを逃しかねないが、かなり楽に色違いを狙うことができる。

剣盾

  • ダイマックスアドベンチャー
    剣盾DLC、冠の原での要素。
    伝説のポケモンを入手するため、という側面が強いコンテンツだが、シンプルに色違い確率が高く設定されている模様。その確率は1/300るおまもり込みで1/100。1周あたり4体まで捕獲できるので、大体25周に1体くらいのペースで何かしらの色違いが手に入る。
    ただしこの色違い、なんと終わった後の報酬画面まで色違いかどうか分からない。マルチで同じポケモンを捕まえても色違いかどうかは個人個人で異なる、ポケモンGOに近い方式。
    基本的に色違いかどうかを判別するために毎回ボールを消費してしまうため、ガンテツボールなどのレアボールを使いたいときはリセットすることになる。ただしリセットペナルティもあるため、連続リセットは2回までにしてその後は1度普通クリアする、を繰り返すのがよい。

    1/100確率で色違い伝説を獲得できるというのは中々に破格。
    しかしながら1周に時間がかかるため効率がいいかと言われるとやや微妙。そもそも勝率というがあり、ソロだと勝率5割を切る場合もありやってられない(攻撃性の低い相手であればソロでも十分な勝率になるが)。何ならジガルデに関してはマルチでもそうそう勝てない。
    一方で一般ポケモンの色違いを同時に狙える、というのが大きなメリットであり、とにかく色違いが欲しい場合には非常に有効。出現するポケモンの種類は決まっているもののかなりの種類がいる。
    また、「せっかく出現した色違いを捕まえられなかった」という悲しいことにならないのも良い。
    単純作業ではなくある程度楽しみながら色厳選ができる、というのも人によってはメリットだろう。…まあこの運ゲーを楽しめるかどうか、というのは別問題だが。

レジェンズアルセウス

SV

不思議のダンジョン

一部作品で色違いを仲間にすることができる。ただし全種類に存在しているわけではなく、色違いが存在するポケモンは限られている。

冒険団では36種に色違いがおり、通常色を多く倒すほど出やすくなる。「倒すと確実に仲間になる」「おなかの最大値が通常色の倍」という特徴がある。

救助隊のリメイク作、救助隊DXにおいては、一部ダンジョンに出現する強敵ポケモンが色違いになる場合がある。冒険団のような性差はいコレクター要素。
色違いの出現率自体は高く、普通ストーリーを進めている途中に出会った人も多いだろう。ただし、ストーリークリア後に入手可になる、ポケモン仲間になりやすくなる装備がないと仲間になってくれない。それがあっても仲間になる確率はさほど高くないので、可な限り確率を底上げしてりたい。

探検隊ではイベントキャラとして色違いのセレビィ(通称デレビィ)がおり、超ポケダンでは仲間にすることが可。また、救助隊DXにおいても少し特殊な方法で仲間にすることができる。

マグナゲートでは色違いのホウオウと戦うことができるが、仲間にはできない。

ポケモンGO

何かしらのイベントの際に適宜色違いが追加されており、野生やで入手できる。
最大の特徴として、マップ上で同じポケモンであってもトレーナー毎に色違いかどうかが異なる。
レイドボスでも同様であり、ゲットチャレンジまで色違いかどうかは分からない。
ちなみに、色違いが直接野生で出現するのは進化前のポケモンのみらしい(一部例外もある)。
ただし、ポケモン自体の実装タイミングとそのポケモンの色違いの実装タイミングが基本的に大幅にずれているため、お当てのポケモンの色違いが実装されていない場合もある。
例えばジョウト地方ポケモンのうち、テッポウオバルキーなど計9種類のポケモン2022年2月のGOツアージョウトという一大イベントタイミングでやっと実装されることとなったが、そのタイミングは第7世代のポケモン実装される直前である。
ジョウト地方ポケモンの大半が実装されたのは2017年2月であり、この9種類は丸々5年の間色違いが実装されていなかった状態で放置されていた、ということになる。

色違いの出現率は入手手段によって異なる。おおよその確率は以下の通り。
・野生:1/500
:1/50
レイド(一般ポケモン):1/50
レイド(伝説ポケモン):1/20
コミュニティデイ:1/20
レイドバトルデイ:1/10

この中でも特に、コミュニティデイでは色違い入手が容易。一種類のポケモンしか出現しないが、対ポケモンはわんさか出るので簡単に手に入る。ただし、「デイ」とか言っておきながら3時間しかイベントが行われないため要注意。割とクソ運営
ポケモンGOからのポケモンHOMEへの移送も実装されたので、色違いが欲しい場合はポケモンGOはかなりの狙い。難点があるとすれば、ボールの種類が少なく所謂オシャボしづらいことだろうか。特にレイドなどではプレミアボールしか使えない。

色違いブロックルーチン

BW以降の一部の伝説のポケモン幻のポケモンには「色違いブロックルーチン」といわれるシステムが組み込まれており、これらのポケモンは通常のプレイでは色違いが入手できなくなっている。剣盾では伝説ポケモンだけでなく、最初の御三家にもブロックルーチンが組まれた。
これは改造判定だけでなく単純にゼクロムレシラムカイオーガグラードンレックウザのようなストーリーに関わってくる戦闘で色違いを出してしまうと、ストーリーの演出で動くポケモングラフィックと実際の戦闘時の色が噛み合わなくなって展開的に台しになってしまうことを防ぐための措置といわれる。
ただし以外は後の世代では普通に入手できるようになる。その世代中に配信で入手可になる場合も。

英語では

英語では色違いのことは"Shiny"と言われることが多い。そして、色違いブロックルーチンは"Shiny Lock(ed)"と言われる。また、色違いの文脈で"stars" と言われた場合はそれは色違いのエフェクトであるという意味。

例えば、以下の例文

In Pokemon Sword & Shield, Calyrex and Galarian Birds are Shiny Locked. Regieleki and Regidrago are not. All Shiny Pokemons in Dynamax Adventure are stars.

は、以下のように意訳できる。

ポケモンソードシールドの中では、バドレックス(Calyrex)とガラルは色違いブロックルーチンの対である。レジエレキレジドラゴはそうではない。ダイマックスアドベンチャーの色違いポケモンエフェクト

備考

幻のポケモンの色違いは当然ながら入手難度が全体的に高い。そもそも5世代以降はブロックルーチンが組まれたため、直接色違いが配布されない限り入手は不可能

その中でも、セレビィクリスタルバージョンVCが配信されるまで、色違いが実装済みの中では最もレア度が高かった。不思議のダンジョンシリーズでは登場する数少ない色違いなのに、本編シリーズでは文字通り級であったのだ。
その理由は、色違いのセレビィを狙えた一の配布が「そもそもこの方法でセレビィゲットした人がほとんどいない」方法だったため。
それは当時まだ普及率の低かった携帯電話が必要な、マイナーネットワークサービスを使用する方法。しかもセレビィ配布の宣伝もほとんどなかったようで、配布の事実も知らなかった人が多かったと思われる。
その上で1/8192を狙う必要があったため…正規の方法で入手した人が一体どの程度いたのか、気になるところである。

そんなセレビィも、クリスタルVCでは特別なことをしなくても捕獲イベントが発生するようになっており、事色違いを入手しやすくなった。…1/8192を引く必要があるというのは変わらないが。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

色違い

948 ななしのよっしん
2023/11/06(月) 13:00:12 ID: OMVtXRCWez
自分は大抵かがやきパワーを利用して出現させてオシャボに入れる事がどだけど、テツノブジンヒスイヌメルゴンのような難しいらは交換でゲットしてたな(オシャボ厳選は理だけど)
あと自分は色の違いによっては配色からあだ名を付けてるポケモンもいる(ウツロイドだったら「キイロイド」、テツノブジンだったら「シルバージン」とか)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
949 ななしのよっしん
2023/11/07(火) 09:22:26 ID: O4As/AD3cI
>>943
THE・老害
お前マゾなだけだろ、ゲームに文句押し付けてんじゃねぇよ
👍
高評価
1
👎
低評価
5
950 ななしのよっしん
2023/11/23(木) 14:37:54 ID: aNWSRFl85b
金銀開発途中でゲームボーイカラー対応になったことで追加された要素、というイメージが強いけど
実はカラーの発売が表されるかなり前から色違いの存在は表されており
当時の雑誌では「色の違いはスーパーゲームボーイで確認できるぞ」と紹介されていたりする
当初はスーパーゲームボーイの販促要素だったのだろうか?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
951 ななしのよっしん
2023/12/17(日) 22:23:10 ID: iJGyd6Yc4Y
>>949
分かるが暴言使うのも良くないよ
言葉のキャッチボールをしよう
自分も押し付けてるわけじゃないし聞かれたから答えただけよ
👍
高評価
2
👎
低評価
3
952 ななしのよっしん
2023/12/17(日) 22:36:56 ID: xfLWhSPpD0
ゲーム開始から2〜3時間程度で色違いゲットできると奮するよね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
953 ななしのよっしん
2023/12/26(火) 14:17:03 ID: OMVtXRCWez
SVでは伝説のこれをゲットできない模様(つまり全員色違いブロックルーチンがかかっている)
オシャボ涙目だが、そういうのは前作でやれというのか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
954 ななしのよっしん
2024/01/23(火) 05:06:08 ID: vGdko1mWEE
色違い自体は入手簡単になったとは言えサイズとやろうと思えば更に付加価値止められる要素あるし今くらいが個人的には良いかなぁ
あんまり苦行にしすぎるとゲットした喜びよりストレスが上回る
👍
高評価
3
👎
低評価
0
955 ななしのよっしん
2024/02/04(日) 23:47:57 ID: T0rzJMoJbU
ポケモンによってはこっちの性別を捕まえたい、あのボールに入れたいって人もいるから出にくいよりも工夫次第で出やすくなる方がいいと思う。
出ない時はとことん出ないけど、SVは本当色違いが出るから見つけ次第ゲットするものだからポケモンGOを除けば歴代でも一番色違いを捕まえている気がする。
これでLEGENDSアルセウスみたいに色違いが近くに出現している時は効果音エフェクトがあればより見つけやすくなるのに・・・と思うのは贅沢なのかな。通常色と見分けつきにくいのとか背景保護色になっているとかサイズが小さいのとかが本当分かりにくいから。
👍
高評価
1
👎
低評価
0
956 ななしのよっしん
2024/02/25(日) 16:38:47 ID: njnoC7EQpE
自分は現状肯定かな
好みでないし対戦で使う予定でもないむらでキラッて出てきたとき、昔は「お前じゃねぇ!」ってなったり、運をそこで使ってしまったのではと勘繰ったりしてむしろモヤモヤしてたけど
最近は「好みのポケモン色違いは意図的かつ苦行を介さずに入手できる」とわかっているから、穏やかな気持ちでポジティブに受け取れるようになった
👍
高評価
1
👎
低評価
0
957 ななしのよっしん
2024/03/27(水) 21:08:41 ID: 29vS542hpE
サンドウィッチやお守り等駆使すれば、伝説など一部除いて1時間程度れば大体ゲットできるからありがたい。
そこから持ちとか厳選するとなるとまた地獄だが、あくまでやりこみ要素だし、運よく双方持ったポケモンに遭遇すると幸せになれる。
👍
高評価
0
👎
低評価
0