芥川龍之介単語

アクタガワリュウノスケ
芥川龍之介

芥川龍之介とは、日本小説家である。明治25年生まれ、昭和2年没。

概要

に短編小説を書き、作は時期により変わり幅広い。
自殺により生涯を終え、その命日は『河童忌』と呼ばれる。
遺書に記された自殺の動機は「ぼんやりとした不安」。

現在でも大きく注される賞、芥川賞として名を残しており小説家としての知名度は高い。

仲間内では異常速読であることが有名であった。

代表作

関連動画

 

朗読

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8A%A5%E5%B7%9D%E9%BE%8D%E4%B9%8B%E4%BB%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

芥川龍之介

30 ななしのよっしん
2015/11/06(金) 14:01:01 ID: W+yjRwHE87
小学生の頃、蜘蛛の糸を読んでどっちもオチが理不尽だと思ったのはいい思い出。
主人公に選択の余地はないのかよと。
31 ななしのよっしん
2015/11/20(金) 12:32:29 ID: Ymes7aKICx
偏頭痛だったらしいなこの人
自殺の原因の一つだとか

侏儒の言葉は時々読み返してる
32 ななしのよっしん
2016/06/25(土) 21:51:32 ID: /nL106uY4X
あまり知られてないが長男俳優&演出、三男は音楽家として活躍して
何気に息子達もそので非な活躍をしている。
33 ななしのよっしん
2016/07/24(日) 17:42:02 ID: gM+MM2rvEu
今日河童忌か
さあ全集を読もう…
34 削除しました
削除しました ID: fD+hQmZU3V
削除しました
35 ななしのよっしん
2018/01/30(火) 21:07:28 ID: +CfnsXdc8u
>>26
自ら命を絶った人間折の範疇には入らない。(結核など時代的に不治の病だったものによる病死等)


記事の文調はぶっきらぼうだが、実際に遺書とは言わずそれに準ずるメモのようなものが自宅に残されていて(のうちに命を絶っていた。さんと子供たち人は眠っていて気が付かなかったという)それも、理由を強いてあげるとすればぼんやりとした不安のようなものなのですという優しい文体であったとう。

前日の夕餉を家族みんなで楽しく食べた(家族作家仲間友達付き合いを大事にしていたり冗談が好きだったり内田などの言によると人の好い人物だったようだ)後の事であったと。
36 ななしのよっしん
2018/04/23(月) 23:16:00 ID: w/K16nxNFZ
こいつの作品、だいたい虚淵玄みたいなのばっかり救いのない話作るかっけぇーみたいなのばっか
37 ななしのよっしん
2018/04/30(月) 11:49:35 ID: 1sMruYHTLP
逆な作品なんだけどな。

虚淵玄ルサンチマンで善悪問わず世の中の強弱が明確なスタイルの作品をつくり、世の中が破滅していく。

芥川ニヒリズムで善悪や強弱から自分が身を引いたスタイルの作品で、世の中がどうでもよく自身が破滅していく。

38 ななしのよっしん
2018/10/17(水) 02:31:51 ID: +CfnsXdc8u
>>36
浅薄すぎてコメントを見てるだけでおかしくなりそう…
39 ななしのよっしん
2018/12/08(土) 18:07:23 ID: vYXHHJsXD+
「妖婆」の引き込まれる描写からまさかの自滅エンドで盛大に肩透かしをくらった思い出。てっきり「敵を騙すにはまず味方から」的な展開を想像してたもんだから