花もて語れ単語

ハナモテカタレ

花もて語れとは、片山ユキヲが描く朗読漫画である。(スピリッツ2010年3月号~2012年2月号 → ビッグコミックスピリッツ2012年25号)。キャッチコピーは「癒し系熱血朗読ストーリー」。

概要

世間的にもそれほど有名ではない「朗読」をテーマにした漫画。権利絡みもあり、漫画内に登場する作品は、著作権の切れているものが多いので、「青空文庫」などweb上で読めるものが多い。

片山ユキヲはテーマを取り上げた理由を「誰も手を付けていない分野にしたかったexit」とっている。確かに朗読というテーマは希有であり、そのしさと作品のおもしろさから「毎日新聞デジタルMANTANWEBexit」「朝日新聞exit」などで紹介されている。

あらすじ

7歳の時に両親を事故で失った佐倉ハナ叔母さんに引き取られ、田舎町の小学校へ転入する。元来の引っ込み思案な性格から一人でいることが多かく、想することで時間を潰していた。その小学校教育実習に来た折口二と出会い、朗読を知ることになる。だが時間と共に朗読のことは忘れてしまい、相変わらずの引っ込み思案もあり、それほどみんなと打ち解けられるわけでもなかった。それから15年後、社会人となり都心部にて一人暮らしを始めたハナは、再び朗読に出会う。

登場人物

朗読作品(括弧内の作品は外部リンクとなります)

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8A%B1%E3%82%82%E3%81%A6%E8%AA%9E%E3%82%8C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

花もて語れ

1 ななしのよっしん
2013/01/21(月) 17:26:55 ID: 9TZfMIpUzP
ヤバい。今週の展開は熱すぎた。