花山薫単語

ハナヤマカオル
ネタバレ注意 禁欲の果てにたどり着く地など高が知れたものッッ
強くなりたくばネタバレ!!!
ここから下は自己責任で突っ走って問題ない!!!15mまでなら!!!

花山薫とは、グラップラー刃牙シリーズの登場する極である。

概要世界最強の喧嘩師

暴力団山組の組長であり別名“日本一の喧師”と呼ばれ屈の「素手喧(ステゴロ)」の実の持ちとして名を馳せている。初登場は刃牙幼年編で当時は15歳現在は19歳・・・であるが刃牙17歳18歳になっているので花山薫も19~21歳と考えられる。刃牙と戦った時が15歳で直後に刑務所内で誕生日を迎え16歳となり、再登場した際には19歳であった。
刃牙シリーズでも屈人気キャラクター作者も非常に気に入っており、なんとスピンオフ作品の疵顔(スカフェイス)が2作品も連載されるほど。

父親王会との抗争で亡くなり、2年後にの後を承継する形で弱冠15歳にして山組の二代組長に就任する。
19歳(15歳時も含め)でありながら見はバッチリ暴力団組長身長は190.5cm、体重166kgの巨
スーツに身を包み、紫色のシャツ、縁のない眼鏡(場合によってサングラス)、革の靴を好んで着用。この眼鏡戦闘時には外すがこれが戦闘開始のゴングである。
キャバレー山組で経営しているが本人は女性にはあまり興味がないようだ。

葉巻ワイルドターキー飲する等とても19歳には思えないが、部屋には雑誌やポテトチップスの袋があったり大衆食堂で旗付きのオムライスを食べたり、メイド喫茶に足を運んだりなど意外な一面もある。っていうかやっぱり女性には興味があったのかもしれない。
特にオムライス公式で彼の好物となっている。
よく行くの住人達からは非常に慕われており八屋さんから野菜を分けてもらったり、トイレとかもすぐ貸してもらえたりと色々な人々によく慕われている。
上記の食堂の店にもかなり親しまれており、食堂で食べるオムライスは隠しメニューらしい。
その他、山を知る暴走族達に至っては、暴走行為をしていても山とすれ違う時は皆自らバイクエンジンを切り、言で山の前を開けて静かにを通る。く「ソーゾク」。
釣りに関しては性と呼ばれるほどの才があり40cm級の釣り上げサメもついでに殺した。
作中ではラフな格好(シャツに短パン、つばつき帽子サンダル)で藤木組長秋田太郎クルーザーの上で釣りをしており、クルーザーの船長秋田太郎から釣りの腕を賞賛されていた。
放浪癖があり山手線を一周することもあり、ブラブラするがその間に刺客に襲われることも。

全身に「侠客(おとこ)立ち」と言う名のでかい刺青を彫っており、その上に抗争での傷や創が大量に走っており、前述したとてつもない巨体で、しかも全然しゃべらず何を考えているのかが分からない人間とは思えない凄く怖い見たをしているが、実際は非常に心優しい性格をしており、何より母親には溢れんばかりの情を注いでいる。特にバラ束を押しつぶして一滴の香水を絞り出して、病気で一気に老け込んでしまったの顔にふわっと広げるシーンは名場面であり後で刃牙にパクられた花山薫という人物を端的に且つ深々と表現している。
上記のシーン以外でも、時折覗かせる心優しい一面を見せるときはとても優しい眼をしている。時々メガネの反射の都合で見えないこともあるが。
幼少期は意外にも普通なルックスで10歳の山が回想シーンの登場するがちょっと体が大きい程度でいたって普通。しかし15歳になったころにはもはや大人をもえる巨体を手に入れていた。成長期ってのにもいくらなんでも限度ってもんがあるだろうに。

刃牙とは一度死闘を繰り広げたことにより、お互いを認め合い確固たる友情を築く。またレックス(登倉士)とも友情をはぐくみ、その友人の田中KEN山組の組員であり学生時代からの友人でもありお互いにに信頼し合っている。特に田中KENは花山薫へは高い忠心を持っており尽くしている。とは最大トーナメント以来実質の舎のような関係を築いており、山を崇拝しそして山もを非常に気に入り頼りにしている。
最近は作者画力向上によりかなりイケメンになってきており人間らしい顔つきになってきているが、モデルである形敬からは少々遠のいた。

山と言えば有名なのが背中一面に掘られた刺青「侠客立ち」である。これは組長の就任の際に彫り師に彫らせた物であるが、この侠客立ちのモデルの博徒はズタズタにされながらもを守り抜いたことから「られてない侠客立ちは侠客立ちにあらず」として単身対立している組の事務所に乗り込み40余りを殺全滅させ、その際に自身の背中らせて侠客立ちを完成させた。

モデル

モデル実在した安藤組のヤクザ形敬。作者はこの形を扱った本田著の『疵』を参考にし山のキャラクター像を作った。傷だらけの顔や縁なしの眼鏡スーツなどの外見、素手喧への底的なこだわりなど形の特徴はそのまま山に反映されている。

実際の形敬の人物像に関しては様々な意見が残されており、喧においては無敵ヤクザ社会カリスマ世しなければ関東暴力団の勢図は塗り替えられていたとも、喧の強さも人間的にも一般的な軍人レベルでそこまで大したことはなかったとも言われている。また、都市伝説として、「『拳銃ハジキ)でははとれんぞ』と日頃から口にしていた形が、ある時に拳銃で撃たれたが形は担ぎ込まれた病院をすぐに抜け出し自分を撃った相手を一晩中探してした」という花山薫顔負けの逸話も残されている。

花山組について

山組とは藤木組系列の暴力団組織であり、藤木組は山組及びその他多くの暴力団組長達で構成されている。
秋田太郎という人物が現在藤木組の頂点に立っておりゴッドファーザーと呼ばれる。No.2に若頭の清水治郎が続き藤木組を構成する組長達をまとめる本部長のような役割をしている。

山組先代の三の死去により二代として花山薫が後を継ぎ若頭として先代から木崎が仕えている。木崎はとは極として以上にゆかり深く山のことも小さいころから知っており山の握の強さに初めて気づいた男である※1
木崎は自分より年下の花山薫にも自分以上の器を認め忠を誓っており、山の示には必ず従い全てを尽くしている。また喧以外で山に危を加えるものにはであろうとも立ち向かい、それが範馬勇次郎ピクルであれど例外ではない。
普段は山のことを大将と呼んでいる。
単なるヤクザの部下上以上の関係を築いており、ヤクザとしての仕事以外でも、時々日常生活で天然な一面を見せる山のフォローをしたりする。
勉強はかなりできる方だったようで、作中では、山は上ので聞いていたがいろいろと物知りな一面を見せ、創面では夏休みの宿題をやらずにそのままにしていた山に徹夜必死になって勉強を教えるシーンがある。しかし肝心の本人が掛け算九九の一部を間違って覚えていたことと、途中で山が尽きてを開けたまま眠ってしまったため、結局宿題は終わらなかった。
学校通知表をみて成績が良くないことを山と面と向かって叱り話し合うほど心配しており、その反面、通知表先生コメントで「結果は伴っていないがいつも前向きにに良く取り組んでいる」と評価されていたことに関しては涙を流して喜んでいた。

組員には先代から引き継がれた者たち以外にも山の学生時代の友人もおり下っ端である田中KEN学生時代からずっと山に付き従っている。
下部組織と言うわけではないが暴走族の厳駄山組を慕っており密接な関係を築いている。特には花山薫とはよく飲みに行く様子が見られる。年齢はおそらくの方が上だが花山薫に全に忠を誓っている。

かなりのお金持ちなようで高級に高級な装が立つ。組の事務所も非常に広大な広さを持つ純和風の建物で庭の広さもかなりのもの。10歳の頃は山の自宅はそこまで高級というわけではなく、かなり広かったもののそこそこ一般的であったが現在はかなり大きくなっている。

ファイトスタイル・技

×体重×スピード=破壊

日本一の喧師の名前も伊達ではなく、ドアノブをめちゃくちゃに握りつぶし、大量の重りの付いたバーベルの端っこを持って軽く持ち上げたり、重ねたトランプの一部だけを千切るほどのとてつもない握・剛腕をもち、胴回し回転蹴りを放つほどの身軽さもある。その握の強さはあの烈海王にも非常に高く評価されており自王の未熟さを摘するときに引き合いに出した。
その握は、バキ外伝-疵面-にて不良試しとして手で切ったビール瓶を両手で握って圧縮し元通りに戻してしまったころから計算すると550t以上はあるとされる(参考文献exit)。
さらにその規格外な握のために、本気で拳を握ってしまうと自身の拳そのものが壊れてしまう(作中ではこれを、ブラックホールのその巨大な重力ブラックホールそのものが飲み込まれてしまう事と同じと述べている)ため、生まれてから一度も本気で拳を握ったことがい。前述のビール圧縮の際にも特にそこまでんでいる描写もいため花山薫の握550tを優にえていると推測される(ちなみに範馬勇次郎が石炭を握ってダイヤモンドに変えたが、それに必要なは10万気圧、つまり100t。同じく勇次郎もまったくんでいない上にあの範馬勇次郎なので、どちらが握が強いかはハッキリしない。少なくとも最低で勇次郎100t以上、550t以上ということだけである)。
またタフネスや精も凄まじくどんなに殴られようが顔面を爆破されようが一切顔色を変えず然としている。
その驚異の身体を持っているのにもかかわらず、生まれてこの方トレーニングというものをしたことがなく全ては私生活や抗争のさなかに自然と鍛えられたのである。
時には人以外の暴な生き物(サメや巨大猪など)ですら強な握豪腕で屠ってしまう。
本人が言ったわけではないが「鍛えることは女々しい」という思想をもっており、性で強過ぎる体を与えられたが故に更に強くなるために鍛えることは卑怯だと考え鍛錬を捨てたのである。※2ただし体育の日は除く
また戦闘において武器など言断で一切の駆け引きや卑怯な手段や格闘技などの技術は使わず、更には回避行動も取らずガードもしない。相手の攻撃を全て受けたうえでパワーで押し切るのが花山薫の自身の信念なのである。※3
本気になった時にはファイティングポーズを取る。そのポーズガラきで一見隙だらけのようだが、ガードを一切捨てている山にとっては攻撃に特化した構えがベストであり、全で殴りやすいこの構えはむしろ理想的と言える。同様のファイティングポーズ死刑囚のスペックも得意とする。

技一覧

握撃
花山薫を代表する技。(これを繰り出す様子を見ていた警官は「技とは呼べません」と言っていたが、便宜上技として記載する)相手の腕や足を両手で挟みこむようにして握り、圧をかけ挟んだ部分を一気に圧縮し破裂させる技である。トンデモ理論なので理解が追いつかない人もいると思われるが、(実際これを食らったスペック自身も一理解が追いつかなかった)作者自身もあり得ないと思いながら友人の助言を受け考案した技なので心配はいらない。
握れさえすれば確実に攻撃を決められるため寝技やグラップリングとの相性は抜群である。上記のサメを屠った技であり、スペックとの戦いの決め手になったのもこれ。作中では触れられていないが破裂されたところはもとより、破裂させるために握りしめられた部位もただでは済まないだろう。
自分から積極的に人体にこの技を仕掛けたことは実はそれほど多くない。
作中ではもっぱらトランプの束の一部を引きちぎる、ゴムタイヤを引きちぎる等、人以外に対して使われることが多い。
ヤクザキック
ただの任せの蹴りであり非常に雑な攻撃だが、花山薫がやれば人が10数m吹き飛ぶ強な技となる。
パンチ
体をほぼ後ろへ捻る特徴的且つ大なテイクバックの構えから放たれるパンチでとてつもない威を誇る。シーンによってはコマの中に上記の計算式が当てられる事もある。愚地克巳ガードを貫き、刑務所格子を端から端までふっ飛ばしたり、巨大なをふっ飛ばしたりと規格外極まりない。並みのはおろか、防弾ガラス等の特殊な措置が施された頑丈なすらパンチ一発スクラップにするほどの威がある。
縦に押しつぶし
別名ジャガる。最大トーナメント時にジャガッタ・シャーマンが押しつぶされたことで有名だが、実は更にそれ以前に花山薫が刃牙に絡んだ不良を縦に押しつぶしていた。
胴回し回転蹴り
最大トーナメントにおいて戦時に先手で放った一撃。
タックル
ピクルと出会ったときに使用。踏んでコンクリートがえぐれるほどの強タックル。ただただ体が強いだけではなく極の親分としての仁義や責任、人情等も相まってその威がかり的な破壊を持ち、恐竜を仕留めて捕食していたピクルと互の威を発揮した。その際ピクルは好敵手の登場に涙を流して喜んだ。

刃牙幼年編

この当時山は15歳であった。谷川から刃牙と戦ってもらうように依頼を受ける。その後以前刃牙と交戦経験のあるユリー・チャコスキータイトルマッチ直前に襲撃し心を折ることはできなかったものの圧倒的な実で撃破する。
これは実質的な刃牙への宣戦布告であり、それに応える形で動いた刃牙の襲撃を受ける。一方的に攻撃を受け警察の到着により反撃をする前にさっさと逃げられてしまうという屈辱を受ける。その時やつあたりでキャデラックをものの10なるほど粉砕した。
その後は刃牙を機をいながら追跡し、高層ビルにあるゲームセンターにたどり着いたところで襲撃し幼年編で屈の名勝負が始まる。

開戦直後に一気にゲーム機まで刃牙をふっ飛ばす。以上の怪力を発揮し刃牙を散々殴りつけた後にゲーム機叩き付け、更にはビルの強化ガラスをぶち抜く勢いでビルから刃牙を放り出す。
刃牙を転落死させることができたかのように思われたが、先ほど刃牙叩き付けたゲーム機コードが命綱となりギリギリのところで掴まれ這い上がられてしまう。その後もパワーを活かして戦うが徐々に逆転されてしまう、が山はまだ本気ではなかった。
ユリー・チャコスキーを倒す時に使用した握撃を解禁する。恐るべき握撃の強さの前に刃牙を圧倒するが性での流れを読み取り始めた刃牙にてこずってしまう。更には刃牙から強な攻撃を喰らいダウンを取られかける。しかし、自身をここまで追い詰める強敵の登場に歓喜していた。
いよいよ全を出すことにし、ファイティングポーズを取り一気に攻め込み刃牙全に打ちのめす。しかし刃牙が気合いで復活。それを再びパワーで撃ち返そうとするがパンチ一本を正確に撃ち抜かれ一本ずつが折られてしまう。
それをメキメキと理やりの形に直してパンチを打ち込むが、が何本も折れて拳が弱っていたところにエルボーカウンターを決められ拳がめちゃくちゃな形になる。それでもなお理矢理拳の形に直し殴りかかる、と見せかけて温存していた左拳で刃牙を攻撃する。しかしこちらも刃牙エルボーカウンターで拳が崩壊する。
追いつめられた勝利を確信した刃牙に一の隙ができ、ギリギリのところで渾身のパンチを決め刃牙20mくらい吹っ飛ばしてノックダウンする。が刃牙が口の中に意識が飛んだ時用にガラスを仕込んでおり口の中をズタズタにしてその痛でを覚ましノックダウンを回避されついにその気合いに敗北を認める。刃牙刃牙で「試合なら山さんが勝ってた」と山を賞賛する。

を尽くした者同士半ば友情に近いが芽生えていたところに、巨範馬勇次郎乱入。勇次郎の喧は“まだ始まったばかり”というおかしな解釈で暴れ出し刃牙は一撃で倒され、山も挑むが両足をへし折られる。部下の木崎も勇次郎に挑むがドスを山をに防がれる。生まれて初めて恐怖を感じたこの経験は山にとって拭いきれないトラウマとなった。

刃牙が勇次郎に挑むことを聞きつけしていた刃牙を掛ける。そのついでに刃牙に絡んでいた不良ジャガる。刃牙に元気がないためそのまま刃牙にあがりこみ話を聞き、母親が受けられないことに悩んでいた刃牙に、自身の母親が死んだことを打ち明けて生きている限り希望があることを言い聞かせ、それを勇次郎戦へのモチベーション向上につなげ飲み明かす。
翌日のからユリーとペアを組み刃牙のスパーリングの相手を12時まで務める。その後刃牙と勇次郎の試合を観戦、刃牙を倒し赤沢江美を殺した勇次郎が暴れ出し打ちのめされる。

最大トーナメント編

幼年編から4年後、最大トーナメント開催に伴い徳川光成からが掛かり刃牙との再戦をして出場する。
幼年編以降も幾度となく抗争を繰り広げ傷が増えたが圧倒的に体が大きくなり強くなっていた。
気易くをかけて来た刃牙に本気で潰しにかかることを警告する。

一回戦では日本拳法の達人:稲城文之信と対戦。強な直突きを顔面に喰らい刃牙世界死亡フラグとされるを折られ、反撃の攻撃も回避され渾身で放ったアッパーも足で防がれ苦戦を強いられるかと思われたがそのアッパーを防いだ稲城の足がへし折れていた。さらに追撃の一撃を加え両腕と背を砕く。それでもなお稲城が反撃の関節技に入ろうとしたものの尽き一回戦を突破する。較的圧勝だったが最後まで意地を見せた稲城文之信には敬意を示す。

二回戦では愚地克巳と対戦、天才同士のしい戦いが始まる。
愚地克巳が油断していたところを先制胴回し回転蹴りを決める。が油断していたとはいえ不意打ちに近かったため追撃はしなかった。には馬鹿にされるもののパワーガードを貫いてダメージを与えを追い詰めるが勝利を見据えて逃げにしたため決定的なダメージが与えられず、の体が回復した時点で猛な反撃を喰らう。
一方的に攻められるが握撃を解放し逆転しさらに追撃するも開き直ったに猛反撃を喰らう。しかし渾身のパンチを決めを吹き飛ばす。決着がついたかと思われたが加藤清澄と末堂厚志援ととりあえず上段正拳突きを受け復活したマッハ突きを解放し形勢を逆転される。
追い詰められ最後は自分が最も信頼する背中の任客立ちで攻撃を受けるが意識が飛んでしまい立ったまま敗北する。部下の木崎からは今の山の姿こそ侠客立ちとしてに映り、立な侠客立ちだったと評される。

大会出場者のから尊敬されていることを打ち明けられ次戦のアイアンマイケルとの闘いをげるという宣言を受ける。結果はが根性を見せて善戦し、更には重傷を負ってなお戦うマイケルの将来を心配したセコンドが乱入マイケル側が反則負けとなり勝利をもぎ取る。それを祝福しは千を抱きしめた。は三回戦に駒を進めたが催者側から負傷欠場を宣告されリザーバーアレクサンダー・ガーレン3回戦に出場することになる。当然納得のいかないガーレンに挑むが天井に突き刺されてしまう。山も挑むが万全のガーレンに愚地克巳戦後山が敵うはずもなく隙を突かれバックドロップを決められ倒される。
それ以降は静かに観戦し優勝した刃牙を祝うためにチャンピオンロードに駆け付ける。
蛇足ではあるが花山薫との実際の実関係はともかく大会での成績は花山薫が2回戦敗退に対しは2回戦勝利し負傷欠場なので実質敗で結果自体はの方が好成績である。

最凶死刑囚編

5人の脱獄した死刑囚と戦わせるべく責任徳川光成から召集を受けて死刑囚との闘いが始まる。
スペック刃牙デート中に襲撃しようとしたところに乱入する。刃牙史上でも非常に人気の高い死闘が始まる。
顔を掴んで引っっていきそこそこ離れたところで突っぱねる。これも半ば不意打ちに近かったため簡単に離したものと思われる。極であるからかスペックからは「自分と同じサイド人間と言うに思われていた」という会話中に不意打ちで顔面に蹴りを喰らう。さらにもう一撃喰らいスペックは周辺のものを使った武器攻撃を敢行し一方的に攻め続ける。
山がファイティングポーズを取った際にはスペック山が本気になったことを感じ取り最も危険な武器である素手になる。二人は奇しくも同じファイティングポーズの使い手であった。スペックが一気に山を殺すべく自由の女神を崩壊させる威(※4)5分間の無呼吸打撃を敢行。一気に攻め込み徐々に山の体勢が崩れていくが、そのまま殴られながら持ち直し渾身のパンチを決める。このタイミングスペック特殊部隊の高速の鉄球の集中火を喰らってノーダメージだったエピソードられパンチが効いていないのかと思いきや、メチャクチャ効いていた。
山は「まだやるかい?」と戦意を確認しながらも次々とパンチ打ち込み形成を全に逆転させる。しかし数発ブッ飛ばしたところでスペックが隠し持っていた弾を山の口に押し込み破裂させ山の顔面を爆破する。がしかし

まだ・・やるか・・・!?

と顔面を爆破されてもモノともしない山におびえた間に強パンチを喰らい公園のてっぺんまで飛ばされ感電し焼け焦げ気絶する。
そのまま山は警察署までスペックを連行する。スペックを捜索していた警察からは感謝され治療を勧められるがこれを言で拒否、その代わりで送られることになった。ががうまく発進しないので後ろを確認すると、スペックが復活していた!いや、もう2~3分かそこいらで。
ただ復活しただけではなく松本警視を除いた周辺にいた警察官全てを殺松本警視にも攻撃を加え警察署で武器を調達、そのまま山の乗るを一気にゴロんとひっくり返し、外に引っり出した山を警棒がグニャグニャになるほど叩きつけ拳銃撃し膝を破壊、更には(※5)試し割の理論を利用してコンクリートの上で山の頭を全体重をかけてめちゃめちゃに踵で踏みつけ、意識がもうろうとしている山に対し更に隠し持っていた拳銃でもう片方の膝を破壊し、とどめとして口に拳銃を突きつけ頭を撃ち抜こうとする。
が、ここで山がかつて殺されかけた勇次郎を思い出し覚醒拳銃は撃たれたものの顔を横に向けを撃ち抜かせその隙にスペックからマウントポジションを奪い取り、乗りですわそう 子供の喧みたいに、今度は山が試し割の理論スペックの頭を殴りまくる、それからはもうヒドいもんですわ。記事主のワタシがこう言うのもなんですけど…チョット憧れちゃいますね男として。記事主やってても そこはホラ 男の本っていうか…ハハw。
一方的に打ち据え決着が見えてきたところでスペック閃光弾を使用、普通人間ならば反射的にふさぎ込むほどのであるが山は持ちこたえた。それでも視は奪われており攻撃を外してしまいスペックに背後から裸絞めを喰らう。武器攻撃が多かったスペックが最後の最後で最も信頼に足るとして頼りにした武器はやはり素手であった。
本来なら脱出不可能な技であるが握撃を使うことにより脱出、更にはスペック太ももをつねってひき千切るカステラじゃあるまいし。スペックが最後の反撃の一手として中一本拳で山のまでに届きそうな勢いで突っ込むが、同時に山は喉を掴んで潰して勝利する。山は最後には立っていたそうですよ。これが花山薫と言う男なんでしょうねェ。
というような解説を当時山を送るの運転手を務めていた片恒夫巡査(34)が務めてくれた。現在では定番となっている「後に○○はこうる~~」形式の解説(?)であるが、この刃牙史上ではこれが初のそのスタイルの解説であり、片巡査の独特の言い回しが非常に好評であった。握撃のことを「アレは技とは呼べません」とコメントしたのも彼である。

死闘を終えた山はまだ傷も癒えぬうちに徳邸で説教を受けていた。刃牙柳龍光敗北した巻き添えである。静かに話を聞いていたが、刃牙に対してくどくどと分かり切ったことを言っている徳川光成にややキレて反論する。

分かり切ったことをくどくどと・・・

これはその時の段階で死刑囚に勝利を収めている山だからこそ言える一言であった。が成には顔面を殴られてしまい、負けて一番悔しんでるであろう刃牙を差し置いてわしが一番悲しいんじゃあ!!と泣き喚かれてしまった。ボケ老人め・・・。そこに警備を全滅させて侵入してきたドリアンと遭遇するが、その場は心会の愚地親子や加藤清澄に譲る。ドリアン手榴弾を使用し屋敷の部屋が吹っ飛ぶが事脱出していた。

その後しばらく登場しなかったが刃牙でいるところに登場し、刃牙に対して女が欲しいのかが欲しいのかを問いかける。刃牙は戸惑ってすぐに返事ができなかったため思いっきり蹴っ飛ばす。ここでが自身をおいてきぼりで話をする山にキレて、山を一方的に滅多打ちにし更には石を投げつけるという暴挙に出た。
刃牙が急いで仲裁入り一命を取りとめるが、全に刃牙ビビっており「殺されるって・・・」とつぶやいていた。山も投石攻撃による痛で作中で山が苦痛のをあげていた。勇次郎にはこの一件はにもにもならん余計な世話焼きことだと言われたが、しかしこれが刃牙に対して本気になるきっかけの一つになったのは間違いない。
その後刃牙VS柳龍光シコルスキーのさなかに偶然なのか監視してたのか途中から突然現れ刃牙の成長を確認した。負けそうになったところ放置され刃牙に逃げられてしまった柳龍光シコルスキーをあわれなで見て、山に対しビクビクしている二人に「やらねぇよ!」と言いその場は後にする。

刃牙に犯されている事を聞きお見舞いする。
その後は中国大擂台賽編で烈海王の口から名前が出た程度で、しばらく登場しなかったが刃牙の最後で地下闘技場で刃牙リアルシャドーを見届ける。

ピクル編

自身の組の経営する店の前で心会とピクルが絡んでいるところに遭遇。ピクルべをする。好敵手を見つけたと思ったピクルに殴り飛ばされるがすぐ立ち直りお互いにタックルをかまし合い本気でべをする。

原始だ恐竜だと御大層な騒ぎだが、それっぱかしじゃあんちゃん

新宿(ここ)じゃあ通らねェ

コンクリートを砕く勢いのタックルピクルの経験でトリケラトプスと同等であった。いよいよべから戦闘になろうとした間に刃牙登場。実は山の狙いは刃牙が来るまでの足止めであった。ピクルの提案でそのまま地下闘技場に向かうが刃牙ピクルが戦う流れになった時には、自分勝手な都合でむやみに命懸けの戦いに引き込むことに

いいのか・・・・・?こんな初(ウブ)いのを巻き込ンじまって・・・・

める。すぐに山自身はピクルから地下闘技場に誘い込んだことを理由に言わなかったことにするが、刃牙自身もそれもそうだと自重しようとする。しかしいきなりピクルが一気に刃牙を客席まで蹴っ飛ばし、刃牙敗北してしまう。
後日ピクルの食糧問題がアルバート博士の研究により解決し、ファイター達がピクルに挑む口実がなくなってしまうのではないかと危惧した徳川光成から相談を受ける。その際新宿でぶつかり合いをした時の経験でピクルは戦うこと自体も大好きであると太鼓判を押した。刃牙めてピクルに挑戦するときに烈海王徳川光成と観戦する。
今までの山は無口でなに考えているよく分からなかったがこの時はに度々格闘技について質問したり、吹き出しを使った心理描写がより多く描かれ、最終的には驚き役を務めたりと非常にかわいらしい今までにない花山薫であった。
ピクルの合気投げで刃牙と決着をつけた際は生殺与奪があるピクルを勝者だとしつつもレベルが高いピクルが技術を使用するのは強者の不文に反するとして心情的には刃牙に軍配を上げたいとった。この山の審判には賛否両論あるが徳川光成にはその見解も正しいと言われている。

勇次郎戦

刃牙が勇次郎と戦うことを聞きつけ刃牙をぶつける。当然芝千敗北するが刃牙に本気を引き出させた事を確認する。事後報告の際、刃牙に一矢報いたことにはすごくうれしそうな表情で評価していた。両腕が折で使えないに飲みにくいであろう普通コップお茶普通に出す等ほんのり天然さが見られた。
自身の舎になろうとした者に対し、烈海王を殺せたら舎にしてやるという理難題を押し付け、烈海王に挑ませたりした。これは烈海王が撃退することを見越しての示でありそうやって敗北することで自身の未熟さを思い知らせて成長させることが狙いであろうが烈海王からすればいい迷惑・・・というか迷惑極まりないと思われる。戦うのが好きだからイイのかもしれないが
その後ついに二人が戦い始めたことを聞きつけ観戦に向かう。その際もっと前に行って観ますか?というに対し「ここで良い・・・・」と応えつつちゃっかり最前列まで行っていたりとかわいらしい。その後は両者の戦いを最後まで見届ける。

刃牙道

続編の「刃牙道」でも序盤で少しだけ登場。範親子の喧撃して以来、他の格闘達と同じように「あくび」が止まらなくなっており、範馬勇次郎と少し散歩をした後に喧を仕掛けるものの、逆に吹き飛ばされて気絶してしまった。しかし徳く「いい顔だった」とコメントしており、彼とのぶつかり合いに満足した様子が伺える。

その後、テレビに出たことをきっかけに「盗り」を始めた武蔵に対し、警察特殊部隊を動員するなどの対処を始めたが、大量の殉職者を出してしまう惨事となり、最打つ手なしかと思われた。そんな時、警視総監の内海武蔵を止める相手として推したのが山だった。最初は断ったが、涙をこらえながらり殺された同僚の話をし、土下座までしようとした内海を止めてその事情を察した後、烈海王られて最後を遂げたことを知ると、討に乗り出す。
戦いの中で「真っ白」と武蔵が感じるほどに純仁義や責任、人情を持ってをぶつけるが、最終的に遊びを捨てた武蔵数の傷を負わされ、刃牙が仲裁に入ったことで戦いは終了。
現場で山の戦いを見ていた内海と警官達の手によって病院に運び込まれ、鎬紅葉の手術によって一命を取り留めている。

バキ外伝-疵顔 スカーフェイス-

花山薫率いる山組、さらにはその山組を下とする藤木組と王会との抗争を軸に据えてヤクザとしての花山薫を、本編では見られない私生活の花山薫を描いていく。

日常編

ある日中高校時代の知り合いから挑戦を受けこれを軽くあしらう。挑戦者のヒロシは名前など覚えていないだろうと思っていたが山はしっかりと名前を覚えており今度また会う約束をしてその日は別れた。それっきり現在再会したのかどうかは不明である。この時に山自身が2度敗北していると発言する。
山を倒した人物として名前を上げられるのは、範馬勇次郎、範刃牙愚地克巳アレクサンダーガーレンであるが、この四人のうち万全の状況の花山薫を倒したのは範刃牙愚地克巳だけであり、範馬勇次郎アレクサンダーガーレンは満身創痍の状態の山を倒しただけなので、2度の敗北と言うのは範刃牙戦と愚地克巳戦のことだと思われる。

4年前に刃牙との喧の末に逮捕されてしまい刑務所に捕らえられていた。刑務所でじっとしていると外で花火が上がる。これは事前に組員と取り決めていた約束で、もし山のを借りたいときは花火を挙げるように命じていた。
格子やををパンチ一発でふっ飛ばして出所するとそこには母親がお誕生日のお祝いとしてチョコナッツクッキーを持ってきていた。本来ならこんなむちゃはせずに出所を待ってお祝いするところであるが病気でいつ死んでもおかしくない状態だったのでお祝いに駆け付けたのであろう。この年に山は刃牙や勇次郎に敗北しさらに母親を失うという動の一年であった。

再び時間軸は現代に戻る。花山薫が定食屋に入って旗付きのかわいらしいオムライスを食べていたところ割れた瓶が床に落ちていたので握りしめて修復する。するといきなり知らない男がこれから山組でお世話になります!と誓ってくる。一で事情を察知し頭をなでて頑んな!と優しくをかける。
元々この男は山組志願者であり面接して来たところだったのだが、面接で自慢の剛腕を見せたが期待の新人扱いしてもらえず挙句一から修行と言い放たれしょげていたのだが、花山薫本人の姿を見て慢心していた自分を反し心機一転して速花山薫に挨拶を入れたのである。これ以降この男は田中KENの舎として作中で活躍しているのが見られる。

ある町を歩いていたらレックス(登倉士)にを掛けられ痛風を痛みで紛らわせてほしいと頼まれる。痛みのせいでひどく暴れまわるレックスであったが、山に拳を潰されを引き千切られふっ飛ばされトラックに轢かれたところでついに痛風の痛みが消え大喜びした。以降レックス山は友好関係を結ぶことになる。

ある日釣りに向かい多くの大物釣りあげていたところ、※6根がかりを起こしてしまい自らに潜って針を取りに行くが巨大なホオジロサメの襲撃を受ける。噛みつきをかいくぐりを潰し、そこから腕を突っ込みを破壊、サメ勝利する。
サメはおそらく今だに勇次郎でもチャレンジしていない大物と思われる。

自身の父親にして初代山組組長三の七回忌に出席する。この回から山の顔にでかい傷跡ができるがこれは本編スペック戦によるものと思われる。この時の回想で抗争に出向く父親を止めようとするをかばい父親の腕を掴み、その時にに本気を出すように言われ握撃をやってのけたエピソードられた。飲みの場では山本人が席を外していた際に、周囲にいた藤木組の大物たちからは剛腕がありながら忠義を尽くす山の態度を高く評価された。ちなみにこの時、藤木組長秋田太郎が咥えたタバコに自分のライターで(片方の手でよけを作る丁寧な付け方で)火をつけるシーンが描かれている。その姿はまさに極において、静かに組長に忠を誓う侠客そのものであった。
三の七回忌の時に王会に偵察され、山組との抗争がはじまりかけていた。

源王会抗争編~現在

山が中の商店を歩いていたところをヤンキー3人から撃を受ける。弾をものともせず相手に走って追いかけビルをふっ飛ばし追いつくがを破壊しただけで取り逃がしてしまう。
再びこの三人組により山が狙われるが偶然レックスが通りかかり三人をぶちのめす。そのまま山はレックスと飲みに行くことにしバーで一杯やることに。そしてたった一杯でレックスは酔い潰れて気絶し倒れてしまった。
ニ度命を狙われながらそれでもぶらぶらしていた山だが電車内で襲ってきた刺客を一人あっさりと返り討ちにする。

その後メイド喫茶で一しているときにグランドマスターが登場して喧の美学がどうのこうのってきたのでとりあえず一撃で店の外まで殴ってふっ飛ばすグランドマスターはすぐに立ち上がり立っても小さいが山に幻術を仕掛ける。幻術に惑わされてしまい一方的に打ちのめされるが、必死で踏みとどまり気合いで幻術を解除。グランドマスターに攻撃を加えようとするが通行人を次々人質に取りを次々殺しながら逃げるグランドマスターにうまく手が出せない。
しかし山が通行人も巻き添えにする覚悟を決めたところでグランドマスターも人質は意味とみなし正面から迎え討つことにする……ように見せかけて待機させておいた105人のスナイパーライフル山に一斉射撃を命じる。
拳銃程度であればものともしないがライフルで頭を射抜かれたのは流石に致命傷でありそのまま山は崩れ落ちてしまう。

絶体絶命であったが死亡確認に近づいてきた敵の兵士達をブチのめしレックス山を救出しそのまま病院へ向かう。レックスはその後は復讐のために出向く。山が倒れた知らせは徳川光成に入り即座に鎬紅葉に協を要請、休日返上で紅葉は現場に駆け付ける。さらに山組の組員が病院に駆けつけ、率いる厳駄暴走族(ガンダム)も全員集合山復活に向けて檄を飛ばす刃牙はどうした。駆け付けた紅葉ビキニパンツ一丁でのままで中に到着し、白衣を上に羽織ったらそのまま手術開始。しかし弾は心臓の深部にまで到達しておりもはや手遅れであった。弾の摘出には成功しできる限りの手を尽くし、手術はひと先ず終了し紅葉ビキニパンツのまま仮眠。

そして何の根拠もなく山復活!田中KENに連絡しスーツなどを持って来させて、敵を探して歩きまわり、敵の現役スワット隊員の男を捕らえて殺。さらには調していた敵の取っているビルに単身突入し、マシンガンなど重装備の男達を全滅させて指揮官ミスターサタンミスタージハドのもとに向かう。また藤木組全体も若頭の清水が殺されたことにより動いており王会に対して総攻撃を開始。山はミスタージハドと対峙しパンチを3度かわされ17発もの弾を喰らうもののついに渾身の一撃を決めビルのを破るほどふっ飛ばし殺する。

その後厳駄の協グランドマスター襲撃に向かう。到着すればそこではすでにレックスが暴れまわっておりコンクリートをカステラじゃあるまいし食パンのようにむしってマシンガンのごとく投げ飛ばしグランドマスター以外のほぼ全員を殺していた。花山薫とグランドマスターが戦う流れになっていたがレックスグランドマスターチビハゲ・ウゼエ・オカマと好き放題暴言を吐きキレたグランドマスターレックスが戦うこととなる。レックスは以前山にボコられており且つ刃牙世界ではでかい人は噛ませ犬負けることが多いので心配されたがグランドマスターの攻撃をものともせずスピード面でも互の動きを見せグランドマスター全に渡り合う。そこでグランドマスターは幻術でレックスを操りそのまま山にぶつけようとするがレックスが大で幻術を防ぎ失敗、さらにはレックスが一気に反撃に出てダメージを受けてしまう。しかしグランドマスターはここで何かに気付く……作者が連載を投げてしまうことに……。
一応しばらくした後のエピソードとして

られている。
現在このシリーズはここで連載打ち切り、さらには新たなる花山薫の外伝が始まったりでますます復活の見通しが立たない。刃牙本編が終わったことだしそろそろ復活できそうなものだが・・・

新たなる外伝、バキ外伝-創面(きずつら)-

花山薫が倉鷲高校入学しそこでの学校生活軸に据えてストーリーを進めていく。
山は入学後は決して悪さをせず規に従い良い子にするつもりでいたためヤンキーにお布施を要された際には大量の札束の入った財布丸ごと渡したり、学校を創造した建学者の像を拝み像と握手して像の手をグニャグニャにする等ごくごく一般的高校生として学校に通っていた。 一般的な学生なのできちんと制服も標準のものを着る。布地が10倍なんて誤差誤差
ある日登校すると色々な場所にトラップが仕掛けられてあり速負傷する、教室に入ると同級生の井クロスボウを持って挑んでくる。が善良な学生山は拳銃ショットガン手榴弾物などを大量に渡してあげるという優しい行動に出る。心を打たれた学生トイレに行くのも忘れて敗北を認める。
ある日体罰許可持ちの教師に絡まれる、くどくど話が長かったが要するに太いズボンのことを注意したかったようである武器持って来てることはいいのか?。さっそく体罰を振るうが鉄壁筋肉に怖気づいてしまいその教師体罰許可を返上する。これが一般的な学生である。

脚注

  1. ただし藤木組の組長秋田次郎が生まれてすぐの山にを握らせてコイツは強くなると確信したというエピソードもある。
  2. ただし体育の日はが決めたそういう日なので国家への忠の意を込めてランニングを行なったりトレーニングをする。これには流石の芝千驚愕した。
  3. スペック戦でを撃たれそうになった時にを撃たせるように顔の向きを変えたり等、自身の命がかかっており且つ相手が武装している時に、もしくはかを守る時に限って必要最小限の回避行動を取ったり奇襲をかけることはある。
  4. 5分間の呼吸打撃は渾身の打撃を5分間休みなく打ち続けるという攻撃。
  5. 試し割とはブロック等を素手で壊すことであるがその時床を等の固い場所を選び床と少しスペースを開けて殴る。すると殴られた対物はその勢いで固いゆかに突し実質はその床の固さのもので対物を拳速で殴っているということになり非力なものでも岩を砕いたりすることができる。当然強なものがこれを使えばもっと危険なものになる。
  6. 根がかりとは海底釣り針が引っかかること。
  7. ちなみに田中KENはごく短期間であるが率いるメンバーとの引き継ぎの際に総長を務めた。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8A%B1%E5%B1%B1%E8%96%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

花山薫

199 ななしのよっしん
2018/10/13(土) 06:28:51 ID: kW1MhMYQi2
ライオン子供めっちゃハード人生やぞ。
200 ななしのよっしん
2018/11/16(金) 21:17:50 ID: ldX0DeQpSi
作者に守護られてるキャラ
誤:強くなる努をしない
正:周りが勝手に噛ませになっていく
201 ななしのよっしん
2018/12/14(金) 15:29:57 ID: /3gveIcndH
やたら宿の握に尺をとってたから次は山が餌食にならないか心配だ
オリバでさえあの扱いだし
202 ななしのよっしん
2019/02/16(土) 16:07:53 ID: 3LopAT8v8G
>>201
いずれ噛ませとして宛がわれるとは思うが山が出張るのは武蔵の時みたいに大分先なんじゃないのかな
その頃には宿トンデモな握設定も(いつも通り持て余して)山といい勝負するレベルに大幅にトーンダウンしてるんじゃないかと
203 ななしのよっしん
2019/04/02(火) 01:50:27 ID: b7GIJyewCm
グランドマスターは結局レックスが倒したやろ
読んだ記憶あるぞ
204 ななしのよっしん
2019/04/07(日) 16:38:41 ID: 6iwFpD5qQ/
山の握550tを軽くえるわけねえだろ。科学的に検証したらそうなるんだろうけど、人知えてるでさえベン300・オリバでさえデッド500だから有り得ない。しかも外伝山は本編とは全然違うし
205 ななしのよっしん
2019/04/07(日) 16:42:00 ID: 6iwFpD5qQ/
刃牙道読んでないけど、そんなに山女々しくなってるのか。最トーから2部はまさに「の中の」って感じだったよな。てかなんで身長190にしたんだろ。チビすぎだろ。板垣は2m20ぐらいにしたいと思ってるはず
206 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 07:24:49 ID: D4AEf6lYLR
女々しいかは知らんがスカフェイスとか見ると年相応というか若者らしいって所も結構あるぞ。ターキー以外にもアイスクリームオムライスも好きだし、>>183も言ってたが事務所にも庭用のアイスクリーム作る機械を持ち込んでたりした。
あと造趣味の様で、握の強さと意外な器用さでかなり綺麗に作り上げてた、でも他人に知られるのは嫌なようで見られてたら即丸めてた。
207 ななしのよっしん
2019/05/08(水) 14:39:47 ID: 3NXCwxnbsE
>>197
モーションは山のパクリなはず
ちなみに技名はリングにかけろの剣崎の技からまるまるパクリ
SNKは際どいパクリむかしから多かったから・・・
208 ななしのよっしん
2019/05/23(木) 21:23:25 ID: rG6lshx9Ww
左眼義眼になってた?