花村元司単語

ハナムラモトジ

花村元司(はなむらもとじ)とは、昭和時代の強プロ将棋棋士である。木村義雄十四世名人門下。静岡県浜松市出身。現役中に67歳で病没した。段位は九段。

A級16期で、60歳にA級に昇級するという最高齢A級昇級記録を持つ。棋戦優勝3回。タイトル名人戦を含め、九段戦2回、王位戦の4回挑戦したが、全て阻まれ、冠の帝王といわれてしまった。

子に深浦康市九段、森下卓九段を筆頭に、窪田義行七段、吉田利勝、池田修一、野本虎次、武者野勝がいる。特に森下はその才を見込んで手取り足取り定跡を教えたが、奇しくも師匠と同じく冠の帝王となってしまった。その呪われたかのような門下の、初タイトルという悲願は、子の深浦康市えている。

概要

元々は真剣師として、賭け将棋で生活してきたという異例の経歴を持つ。そして、升田幸三香交じりの駒落ちで勝ち越したことで、異例のプロ入試験が実施され、プロ入りした(なお、真剣師からプロ入りを打診された人物といえば、後の小池重明もそうであるが、彼は素行不良が原因で、却下されている)。

全に自由奔放で、かつ定跡に囚われないものであり、独特の嗅覚を持っていた。そのため「使い」という異名が付けられている。また、気迫る形相で対局に挑んでいたことから「東海」とも呼ばれ、恐れられた。しかし、大山康晴敵であり、彼の奇襲を全く寄せ付けず、通算43勝9敗と全くのにしている。そのため、彼は子たちに対しては、奇襲ばかりしていた自分とは裏に、定跡を重視するように南している。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8A%B1%E6%9D%91%E5%85%83%E5%8F%B8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

花村元司

1 ななしのよっしん
2018/05/24(木) 23:15:15 ID: LECFGU3Tn7
あふれ出る曲者感が魅的。
2 wkym
2019/02/05(火) 20:40:16 ID: Oc70UDv0U5
個人的な感想ですが村九段という存在があったからこそ瀬川六段、今泉四段という存在が産まれたと思いました、村九段の存在がかったら今の編入試験制度に繋がったか分かりません。