芸術家の糞単語

ゲイジュツカノクソ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

芸術家の糞とは、イタリア芸術家ピエロマンゾーニ(1933-1963)による作品。通称「ウンコ缶」。

概要

1961年ごろにマンゾーニが「30g、自然保存」というラベルが付けられた金属の缶に自身のフンをせっせと集めて作り上げた衝撃的な前衛アート資本主義社会の価値などに関連した議論を巻き起こした。

当時の30gの価格と同じ値段で90個も販売されたが飛ぶように売れた。というか現在ではよりもよっぽど高値が付いており2016年には2500万円で売却され、数年以内に億越えするのではとも言われている。

特定コミュニティ黄金という別名が付けられているウンコが本当の黄金えた逸品。

ただし本当にクソが詰まっているかは不明。一緒に働いていたアゴティーノ・ボナルミは中身は石膏であると言している。中に何が詰まっているか確認するためには開封するしかないが一度開けてしまえば芸術品としての価値は落ちるというカラクリのため購入者も中々確認できないでいる模様。現在、缶切りで開けられた缶は一つだけで、しかもその缶の中にはさらに小さな缶が入っていた。

フランス芸術家ルナールバージルはこのウンコ缶を開けるというパフォーマンスを自身のアートとして発表しやはり大きな議論を巻き起こした。

関連動画

関連静画

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

芸術家の糞

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 芸術家の糞についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!