芸術選奨単語

ゲイジュツセンショウ
4.7千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

芸術選奨(げいじゅつせんしょう)とは、文化庁催する芸術の各分野に対する顕制度。

概要

1946年に始まった文化庁芸術祭で、1947年から参加演・参加作品の中で優れたものを「文部科学大臣賞」として顕したのが始まり。1950年芸術祭から分離して「芸能選奨」という独立した賞となり、1956年現在の「芸術選奨」という名前になった。

毎年3月発表。各年度において、演劇音楽文学映画・美術など、芸術の各分野において優れた業績を残した者に「文部科学大臣賞」が、またその分野の優れた新鋭には「文部科学大臣新人賞」(第18回から)が贈られる。

70年以上続いているだけあって部門も時代とともに追加されたり消えたり対範囲が変わったりしており、第70回(2019年度)時点では「演劇」「音楽」「舞踊」「文学」「美術」「映画」「放送」「大衆芸」「芸術」「メディア芸術」「評論その他」の11部門がある。過去には「古典芸術」部門(能楽人形浄瑠璃などが対、第54回から演劇部門に統合)、「レコード」部門(第3回~第5回まで)があった。各部門の対範囲も時代によって変わっているようだがよくわからない

パッと見で対がわかりにくい部門について補足しておくと、第18回(1967年度)から追加された「大衆芸部門」は落語ポピュラー音楽漫才など、第59回(2008年度)から追加された「メディア芸術部門」は漫画アニメ・ゲーム現代アートなどが対

個人のみならず、劇団や楽団などの団体に贈賞されることもある。同じ部門を2回獲ることはできないが、複数の部門で別々に受賞することは可

大百科に記事のある受賞者

演劇部門・文部科学大臣賞(第1回~)

演劇部門・文部科学大臣新人賞(第18回~)

音楽部門・文部科学大臣賞(第1回~)

文学部門・文部科学大臣賞(第1回~)

文学部門・文部科学大臣新人賞(第18回~)

美術部門・文部科学大臣賞(第1回~)

レコード部門・文部科学大臣賞(第3回~第5回)

映画部門・文部科学大臣賞(第4回~)

映画部門・文部科学大臣新人賞(第18回~)

放送部門・文部科学大臣賞(第18回~)

放送部門・文部科学大臣新人賞(第18回~)

大衆芸能部門・文部科学大臣賞(第18回~)

大衆芸能部門・文部科学大臣新人賞(第18回~)

メディア芸術部門・文部科学大臣賞(第59回~)

メディア芸術部門・文部科学大臣新人賞(第59回~)

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8A%B8%E8%A1%93%E9%81%B8%E5%A5%A8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

芸術選奨

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 芸術選奨についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!