編集  

若宮アンリ単語

ワカミヤアンリ

若宮アンリとは、アニメHUGっと!プリキュア』の登場人物である。CV染谷俊之依田(幼少期)

概要

フランス人の日本人との間に生まれたフィギュアケーターの少年輝木ほまれとは幼い頃からのスケート仲間である。

スケートの技術は世界レベルで、モスクワ等で行われた大会でも優勝するほどの実の持ち。その一方で「王子」呼ばれるほどの美形で、ワンピースなど女性物の衣服も着こなせてしまう。しかもこれが似合いすぎるんだ。ということでモデル業もやっていたりする。

最初に登場したときはほまれをスケート世界に戻そうと、強引にモスクワに連れて行こうとする。その時ほまれを応援するはなを見て「責任な応援は彼女の重荷になる」と叱責するが、ほまれがはなたちとの交流や応援を通じて成長しさらにジャンプも再びできるようになった事で考えを思い直すことになる……のだが、何の気まぐれかそのままラヴェニール学園のスポーツ特進クラスに編入してしまう。ちなみに制服も自己流の着こなし。

その生まれ、そして海外生活が長かったり中性的な容姿もあってか、古いしきたりやジェンダー差などに囚われない考えの持ちでもある。例えばその生まれについてはなが「ハーフ」と言ったら「半分じゃない。大和撫子パリジャンダブル」と返したりとか。えみるルールー興味を持って衣装提供で繋がりがある吉見リタ催のファッションショーモデル出演を頼んだとき、これまでも考えが相容れなかったえみる・正人が、名門であるゆえか古い考えに囚われ、ショーテーマが「女の子でもヒーローになれる」ということに反発しえみるを連れ帰ろうとするが、その時女装姿で彼を一する。しかし正人がオシマイダーにされたときにその心の内を知り、彼を慮る一面も見せている。以降正人とは良好な関係を築くようになったのだが、そのどうみても、ねえ視聴者のお様方には好評だが、現当夫妻はフリーダム、跡取り息子はこの状況、アンドロイドといちゃこら大丈夫!?

また、プリキュア達の戦闘撃し、その時のエールたちの言動から察し、さらにエトワールのジャンプがほまれのそれだと見抜くなど、洞察に長けており、そのため物語中盤時点でプリキュアの正体がはなたちだと見抜いた劇中一の一般人でもある。そんな状況かつ本人の性格もあって、はなたちにプリキュアについてを向けたりインタビューでわざとぽろっと言おうとしたりと、からかう場面もあったりする。

しかし、アンリ自身「ジェンダーレス徴」としてもてはやされることにストレスを少なからず感じているようである。さらには自身の心も体も成長しているため、心の底では時間を止めてしまいたいような胸の内もあったりする。そんな折りにリストルからクライアス社社員のスカウトが来るのだが、「未来を守るため奮闘するプリキュア達の敵にはなりたくない」と断ってしまう。しかし報告を受けて「彼のきが曇る前に救いたかったのだが」と意味深な言葉を言って残念がるクライ社長アイスショーで足首を痛め、傷ついた足を引きずるアンリ、そして捨てずに持っていたリストルの名刺から出てくるトゲパワワ……アンリのこれからはどうなる。

悲劇、絶望、応援、そして奇跡の翼

ワールドジュニアカップ出場のために調整を続けるアンリではあったが、やぱり足の不調をほまれに見抜かれていた。だがアンリはこの大会を最後の晴れ舞台にすると決めていた。しかし、大会当日会場に向かっていた時に交通事故に見舞われることになる。足に大ダメージを負い再起不とまで言われ、もはや絶望の淵に立たされたアンリ。そんな彼の前に再びリストルが現れ、ついに闇落ちさせてしまった。

しかし、エールたちは堕ちてしまったアンリに懸命に呼びかけ、そして応援する。本当になりたい自分とは何か。そして彼は悟る。スケートを通してファン笑顔にし、その笑顔を自らのパワーにすること。それこそが自分のなるべき姿。アンリはその強い意志とプリキュアたちの応援のによって奇跡を得ることになる。まさかの歴代初の男子プリキュアキュアアンフィニの誕生だった(「infini」は「限」の意)。アンフィニは麗なスケーティングで猛オシマイダーを翻弄、そして嘆き悲しむ観客たちを笑顔にして、アスパワワで溢れさせてエールたちに浄化を託す。

変身が解けると、やはり怪した足は治らず。しかしアンリは再起を決意する。もう一度なりたい自分を探す、ゼロからのスタートでも自分のなりたい若宮アンリになるために。

関連静画

関連商品

若宮アンリに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

若宮アンリに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8B%A5%E5%AE%AE%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%AA
ページ番号: 5542940 リビジョン番号: 2647724
読み:ワカミヤアンリ
初版作成日: 18/09/25 10:49 ◆ 最終更新日: 18/12/05 09:15
編集内容についての説明/コメント: 表現を見直し、関連静画
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

若宮アンリについて語るスレ

17 : ななしのよっしん :2018/12/04(火) 13:07:09 ID: 0jDwfM6XRC
>>15
初登場時に男はこうあるべき、女はこうあるべきと言っていたえみるが男のおさんになってしまうのか…(困惑)

実際コミューン使って変身してるセバスチャンや彼やペコリンと同じような条件で変身したリオがいるからまとめの「初の」って部分は大いにひっかかるが
視点を変えて、「少しプリキュア達のコミュと離れた位置にいる同年代の準レギュラー変身者」と考えるとそこの先駆者的なポジションになったのかね
18 : ななしのよっしん :2018/12/05(水) 12:59:58 ID: XY2SUPH+nM
セバスチャンは人工のアイテムによる変身だし、ピカリオはそもそも妖精だから、史上初の男性プリキュアでやはり間違ってないと思う
19 : ななしのよっしん :2018/12/06(木) 10:55:40 ID: 7OOkPOyi0C
でも本作におけるプリキュアの根幹を成すプリハート+ミライクリスタルを使っての変身じゃないのがネックよね。
仮面ライダーで例えたら「ただの怪人」が仮面ライダーを自称する様なもんとも言えるし。
20 : ななしのよっしん :2018/12/06(木) 13:22:29 ID: QoikbBkGrR
 別に男のプリキュアがいてもいいとは思うけど、アンリのこれはあくまでもイベント的な存在で次回からはなたちと一緒に変身して戦うわけじゃないだろうからここまで騒ぐようなことではないと思う
21 : ななしのよっしん :2018/12/06(木) 16:43:05 ID: 6hfm0NJBoA
実際エコーみたいなもんだろう
許せない現実に立ち向かう反逆の意思を宿した時、世界がそいつを祝福するんだよ
22 : ななしのよっしん :2018/12/07(金) 03:09:04 ID: hWauVByCYt
メイン空気にしてまでサブキャラメイン賛否両論展開するのは流石
23 : ななしのよっしん :2018/12/09(日) 09:16:52 ID: 0jDwfM6XRC
>>15
確かにさあやは活かしきれてない感あるし同意なんだが次に物足りないと感じるのは周りのキャラに割食いつつあるはなだと思う
24 : ななしのよっしん :2018/12/10(月) 13:56:16 ID: h/IxcRKdh5
トイレは常に個室使ってそう
25 : ななしのよっしん :2018/12/10(月) 17:03:27 ID: nRrBYljMrz
アニメージュに変身前の状態で正人といるピンナップついてきた
中に声優対談もあったし一回きりの番外キュアとしては確かに厚遇かもな
26 : ななしのよっしん :2018/12/11(火) 01:12:22 ID: 5vd3Lmo9Kv
>>19
仮面ライダーよりは『光戦隊マスクマン』のX1マスクが近いかな?

マスクマンたちの強化プロトタイプで、デザインネーミングパターンも一切共通性なし、1話限りのゲスト
これがデザインそろえてもう数話出番が伸びて専用メカまでついたのがジュウレンジャードラゴンレンジャー(そういえばこいつもだな)。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス