英雄単語

エイユウ
このページ曖昧さ回避のためのページです。

英雄(えいゆう)

武勇によって傑出した業績を残した人のこと。[英]Heroヒーロー)/Heroineヒロイン

歴史上の「英雄」

歴史上、英雄と評される人物は数多い。ただし「ある人物を英雄と呼ぶか」は意外とデリケートな問題でもある。

例えば戦争で名を遺した人物は味方側から見れば英雄であるが、相手側にとっては全面的に好意的な評価はしがたい、という場合がある。

また、「その生涯において、非戦闘員虐殺など現代の観点からみると残ともとれる行いが伝えられている(武将系の人物に多数)」、「一時は英雄と称賛されたが後にその名を大きく汚すような行動をとった(ジル・ド・レなど)」、「英雄と呼ばれる元となった業績自体の評価に議論がある」などの理由から、ある人物を「英雄」と評すること自体が論争の元になることもあるのだ。

英雄(ひでお)

日本人男性の名前である。

実在する人物

ニコニコ動画関係者

架空の人物

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8B%B1%E9%9B%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

英雄

167 ななしのよっしん
2017/04/28(金) 19:11:03 ID: ZzFFlSSglw
すげえ納得した
168 ななしのよっしん
2017/08/09(水) 18:15:42 ID: DnRYOcSb9V
英雄(ひでお)ならいくらでもいるぞ
169 ななしのよっしん
2018/03/18(日) 22:42:52 ID: r8oTXt0qv4
英雄のいない時代は不幸だが、英雄を必要とする時代はもっと不幸だ」
ンッン~名言だなこれは。
170 ななしのよっしん
2018/04/21(土) 13:59:56 ID: UP7vpIPGzv
の言葉?
171 ななしのよっしん
2018/11/02(金) 06:05:07 ID: g2VmGMrEPh
英雄が現れるってのは動乱の時代でもあるからな
上にミジンコの話が有るがその通りだと思う
英雄って呼ばれる人は一般人とは価値観が異なる
だから穏な時代なり社会穏さを取り戻したらのある異質な人間として排他されるのかもしれない
172 ななしのよっしん
2019/02/10(日) 17:35:51 ID: ADnlaRV6BF
一般人英雄天才の働きを通して自分たちの生活が今より豊か(マシ)になることを期待しているから彼らを支持してを貸す
英雄天才自己顕示欲や性欲を満たせるから社会のためにその才を消費し一般人のために尽くす
つまりは自分のために結ぶギブアンドテイクの関係でしかない

もちろん英雄に本気で感情移入(自己投影)してるもいれば、己の理想に殉じる高潔の士だっているが、どれも突き詰めれば同じことだ

173 ななしのよっしん
2019/02/11(月) 22:17:28 ID: cHL3H/IESE
>>sm32578395exit_nicovideo
174 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 00:41:38 ID: IiMG/n9d5C
私見だが、初志のある英雄英雄で大きくその後の在り様が変わってくると思う

「初志」っていうのは「自分の持つを何のために使うか」っていうことで
これがはっきりしている初志持つ英雄は戦いに対して強い動機を持つ
強い動機によって、普通人間べると困難な状況を打破する可性が高まるし
この動機が個性・魅に転じることで多くの人を引きつけることもできる
総じて安定して持続的なを得やすい

逆に初志の英雄(某ライダーで出てくる英雄に憧れて追いかけてるだけのや、英雄める民衆に祭り上げられただけの)は戦いに対する動機が弱い
そして自己評価の高さにも関わらず、困難に対する姿勢や魅一般人と大差ないという事態によく陥る
このギャップが闇堕ちトリガーになりやすいので、安定性持続性は初志持つ者にべて劣る
175 ななしのよっしん
2019/06/12(水) 08:32:52 ID: GXrtUQSXC5
承認欲求を満たす手段として英雄になればいいんじゃね?ぐらいの某ライダー
人類を滅ぼしてでも自分が英雄になることが人生的そのものだった某博士とだと
そりゃモチベーションも執念も全然違うわな

英雄なんてエゴと狂気の塊みたいな、自己完結の破滅願望持ちみたいな者にしか務まらない
他人から認められたいとかされたいとか、そんな普通の精じゃ理な話
そして流されやすい大衆は簡単にその狂気に巻き込まれて、諸共に崖へひた走るというわけだ
176 ななしのよっしん
2019/06/20(木) 01:03:41 ID: FdeKiBnFx2
平和とか穏の土台というか犠牲になった側を悼む気持ちがある限り湧いて出る