茶筅単語

チャセン

茶筅(ちゃせん)とは、製の茶道具である。筌とも書く、使用方法はニコニコ動画においてである。

概要

現実では抹茶を点てる具として使用されるが抹茶が伝来する前から日本にはせん(中曽せん)が存在し第2次世界大戦中には代用食として番茶が用いられた際にもせんが用いられた。

茶筅と茶筌

今も議論がなされている漢字の違いであるが大局的には茶筅の字で統一されており、筌の字は高山産(奈良県生駒高山町)を意味するブランド名として定着しつつある。

なお「茶筅」が文献に登場するのは1107年中国の『大観論』で、「筌」は951年に日本の『王筌由来記』であるため筌の方が150年もい。また王筌由来記に出てくる「也堂筌」はその姿形からしせんの一種であると判断できるが、大観論では文字のみでありそもそもせんなのか不明である。

なお「筌」と「筅」の文字に注すると、筌はを捕る具で先細りの籠のようなものである。一方「筅」とは昔のタワシのことである。也堂筌を見れば分かるように「筌状」に穂が編みこまれているのがわかることから筌とは形状を意味している可性もある。

文献上では茶筅文字が多いが、高山山)氏がわびの開祖である村田に依頼されて作ったせんでは筌の文字を使用しているため現在でも高山産に関しては筌の字を用いる。また当時これは後土御門天皇に献上された際に陛下は大変その技巧を褒め「高穂」という名が与えられ、高山筌の別称にもなっている。ちなみにこの時の穂数は不明であるが、当時の高山でとれるの種類や技術から546472本立の(破)で糸は糸であるとされる。山氏や地名が高山漢字が変更になったのはこの高穂の名をもらったことによる名である。(山⇒北倭村高山⇒(生駒町と合併後、単独制)⇒生駒高山

せんのうち高山産は97近くのシェアを持つため産=高山筌と考えてもほとんど差し支えない。

なお筌の文字は常用外漢字であり、終戦当時は朝日新聞から筌組合に対し筅の文字を使うことについて了承を申し込んでおり高山茶筅という文字を見ても当時の印刷業界の限界であるから仕方がない。

茶せんの種類

せんの種類は有名なものでは100種類程度であるが、基本的には不特定多数であり新しい流せん師に製作を依頼し、出来上がればその時点で認められる。の種類(・煤)×本数(32486480100120)×糸色()で単純にこれだけで54種類もあり、少々のアレンジオリジナルちゃんを作るのは容易である。よく参考文献に登場する内山一元氏(著・筌博物誌)も燁々流という流を立ち上げ、筌師(久保山)に「・78本立て・糸」を流せんとして昭和中期に制作してもらっている。

は表・裏・武者小路の種類でそれぞれ区別しているが穂数については複数の種類を使用していることで有名であり特に裏千はすべての穂数を使用している。千は「千十職」と呼ばれる職人集団を保有しており他流を抜きん出た洗練さを維持しているが、茶道必要不可欠に近いせんに関しては「高山筌を使用する」として今だ千専用の職人は存在しない。

簡易説明

【煤

囲炉裏の煙や油などを長年に渡って吸い込んだ屋根裏の建築材。表千が使用する。現在はそのような屋がないため、専用施設で作っているが作り方に変わりはない。なお作るのに数か100年くらいかかっているためそもそもこれ自体がかなりの高価であり、せんにすると万は軽くえる。

(破)のこと、煤黒色に対応してという。裏千及びその他の茶道が使用する。歴史的には元祖にあたるので最も多くの流が使用し、種類も多い。また穂数も多く初心者向けせんがっているため現在裏千せんが市場的を圧巻している要因でもある。

とも言うが、煤と混合される場合がある。煤のような一色ではなく、自然に斑模様に黒色がかった色合いをしている。武者小路が使用する。流通はほぼ皆無であり、ほとんどが職人との直接契約で売買されているためよほどの大手か老舗でもない限り店頭で見ることは稀だろう。

糸・糸・(朱)糸】

基本は糸で編み込んでいる。というのも糸では渋が変色して不格好であるし、赤色はあまりの色とは合わないため=献上用、飾り用 =祝い事用 というに常用するものではないことが多い。

茶せんの歴史

せんの歴史は古く、初出は日本書紀までさかのぼる。内容が正しければ高天原天照軍)が大和奈良地方)を定する際に、それに協した中曽地方の住民に褒美として神武天皇が授けたことになっている。年代にすると紀元前600年以上前に存在したことになり、仮に神話の話だとしても日本書紀編纂の720年にはすでに日本に存在していたことになる、ただし姿形については現在「中曽せん」として受け継がれている姿しか判明していない。

当初は用途があまり定まっておらず、民芸品として行商などにより叩き売られていた模様。今の本来の使われ方をし始めたのはやはり抹茶が広まった室町~安土時代である。特に同時期に千茶道高山筌の登場が一気に日本茶道として日本に普及するきっかけとなった。


茶せんの穂数

穂の数は、実際には内外合わせて表示数の2倍の本数になる(80本立なら160本)。但し100本立と120本立はこれに従わないのは本数を因数分解した際に人間の手では5で割れるのはせいぜい1回が限界であるためである。ちなみに100本立と120本立の名称については高山筌組合が「80本以上を100本立、90本以上を120本立と表記」としており他の業者がこれに習っただけである。※wikipediaにある穂数は製作課程が統一された最終的な現在の数値であり、元々の意味は上記の通りである。

そのため純に2等分のみで作られる64本立を別名「常穂」としてせんの本数の基本としている。

穂数の話題では「本数が多いのは将軍や大名用」と言われ素人が使うことを遠慮する人も多いが、実際には本数が多いほうが抹茶をおいしく点てやすくむしろ初心者向きであり、特に茶道では相手よりも多くの本数を使うことで「自分は未熟なので・・・・」と相手に敬意を表する意味がある。また相手が常用している穂数が72本立「数穂」または64本立「常穂」以下ならば相当な腕の持ちである。一応48本以下の「荒穂」などがあるが、これは濃用なので用途が違うことに留意。

最大手の茶道である千では三千とも72本立を「」としている。たまにある流では「78本立」が存在する。これは「未熟なために穂数の多いせんを用いたいが80本以上は大名用で民が使うわけにも行かないため、80立から1本(糸巻きの関係上2本)折った」ことに由来し、これもひとつのわびさびの形である。

【濃抹茶文化の基礎である「食葉」を最も楽しめるお茶、ただ味としては濃すぎるためかなり上級者向けお茶と言える。

【薄】一般的にお抹茶茶道というとこちら、お湯との割合もよく、泡立てることで自然な甘みが出るため飲みやすい。

【穂数48本以下】4832・16本立が基本、ともに濃用でありまともに使える人はかなり希少であろう。

【穂数54本】薄用として最低本数であるがまず店頭でも見ないし、使用者もあまり見ない。

【穂数64本】別名:【常穂】せんの穂数としては中間にあたり、最も基本とされているが、実際にこれを扱えるのは上級者である。よほどの着があるかの味にこだわった人もでもない限り使うことはオススメできない。

【穂数72本】別名:【数穂】千ではこの本数を【】としており三千共通の基本本数となる。常穂よりは幾分か使いやすいとはいえ、基本的には難しい部類に入る。この本数を使いこなせるのが人のレベルの差の一つになろう。

【穂数78本】80立から1組(2本)折って作る。80本立ては庶民に許されていないが、72本立ではなかなかおいしいを点てにくい初心者の苦心の策。当然現代では全く不要

【穂数80本】大名(1万石以上)用として使用が許可された本数、このあたりからお茶を点てやすくなり、初心者向け

【穂数100本】将軍用として使用が許可された本数、現在は基本的に120本の方がより点てやすいが、120本だと素人呼ばわりされることもあり、ある程度練習したらこちらに切り替えるというのが多い。現在最も生産・販売量が多い。

【穂数120本】歴史的には新しい本数。天皇用といわれるが、特にそんなことはない。初心者でも点てやすく、幼稚園児でもそこそこおいしいが点てれるため実際に奈良県幼稚園では使用されてたりする。100本立と同じく多く生産され値段も安いことから、茶道を始める人がとりあえず試しで使ってみるのもよいだろう。

文献

おこの記事の筆者は

内山一元 『筌博物誌』

久保左文 『高山筌』

及び個人資料を参考にしているため了承されたい。

論文等

論述的なものであれば九州大学宮川泰夫氏の「細工の工芸化と第工芸産地の変容」に詳しく書かれているが内容については混乱を起こす記述が多いため注意を要する。

久保・左文の兄弟婚姻関係で結ばれた谷村丹後,そして久保太郎の4人が第の組合の中核をなした」とあるが4人とも襲名名であって本名ではない。内容から察すると左と左文が兄弟であることから左22(本名:為次郎)、左文は初代(本名:八之助)、喜太郎については久保(19代太郎)が別記されていることから20代(本名:健次郎)であると考えられるが丹後については18~21あたりとしか推測できない。

「技術習得先は,久保喜一郎の息子久保修で,その孫で芳園を営む久保とは兄弟子をなす」とあるが芳園を営む修のの祖)は久保健次郎(20代久保太郎)のため、この記述は誤り。なお吉田信一が1947年に参入したという記述であるが、1955年生まれであり、まだ生まれてすらいないため兄弟子であることはない。(たぶん兄弟子になったのは修であろう)「久保喜一郎以来の株式会社園」という記述からも全に喜一郎と喜太郎(健次郎)を勘違いしている。

明治期には既に原料の材は,地域外から移入されており」とあるがそれはない。高山筌は一貫して高山産のを使用している。これは高山の痩せた土地で生息するでないと繊維に強みがく穂がすぐに折れてしまうため、そもそも良質なを仕入れる必要はい。これについては調に協した筌師や企業高山筌組合でない者(中国産茶筅等を扱っている店等)の名があることから信憑性を欠くものと思われる。可であれば訂正をしてもらいたい。特に文中に中田喜造商店の名が良く出るが、喜造商店は韓国茶筅を販売したことにより組合を除名されており、「嬉選」という品質表示をしているが組合の定める「名作」「特選」の品質表示とは全く別の独自の品質であるため購入の際には留意されたい。

高山茶筌と外国産茶筅の見分け方

よく中国産韓国産が産と偽って販売されているため、見分け方を記述しておく。

簡単な見分け方

偽物だと判断できるのは表示方法である。組合は一貫して「高山筌」の記述に統一しているため「高山筌」「高穂」「高山筌師製作」などの表記はすべて偽物と思ってよい。そのほか台筌の下に敷いている)は和でできており業者に特注で造られているが偽物は単なるだったりするほか、ひどいときには燥剤が入っている。高山筌は天日干しされているので多少の湿気でカビが生えるようなことはい。また正規品には日本伝統工芸及び組合のシールられているため大半の偽物はそれで判断がつくであろう。

難しい見分け方

表示方法については偽造しようと思えば偽造できるため、表示以外の方法の見分け方を記述しておく

1 色
  偽物の多くは(破)である、高山産は油抜きという方法により洗うためうっすらとベージュ色をしているが韓国産については漂剤で脱色するための色が病的にい。この漂剤は水槽実験金魚死亡する程度に危険であるため新品の場合はで洗って使用するように注意が必要。なお中国産は洗い方が不十分なため逆に黄色っぽく油()がっぽく表に出てくるときがある。

2 穂の内側
  色については周りのや明るさによって見分けが難しいため、天井にかざして穂の内側を見る方法がある。このとき、穂の内側から毛が生えているように見えるのは偽物である可性が高い。これは高山産は味削りという技法によりせん包丁で削って薄くしているのに対し、韓国中国産ヤスリで薄くしているため繊維が切れてケバ立ってしまうからである。しかし使っていくとそうなっていくこともあるので新品のケースに入っている場合にしか使えない見分け方であることに留意。

3 穂先のい方
  偽物は異様なほどにっているため見たに関してはむしろ偽物のほうがきれいである。しかしせんは抹茶を点てる時に初めて完成系になるように造られている。先端を曲げられた穂先は抹茶(またはお湯)に付けるとやわらかくなり元の状態に戻ろうとする。そのため製作時点では穂先はやや強めに曲げられており、その加減は穂先の強さにあわせて調整されるため均一になることはい。まるで機械で造られたかのような璧な姿のせんがあれば少し疑ったほうがいいかもしれない。

関連動画


MAD素材としての需要も、それなりにあるようである。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8C%B6%E7%AD%85

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

茶筅

1 ななしのよっしん
2009/11/20(金) 22:48:01 ID: A2swK5myZX
抹茶のまともな記事がいっていうのに茶筅の記事があって吹いたw
表千茶筅は煤製でこげ色なんだぜ。
2 ななしのよっしん
2010/09/26(日) 23:56:38 ID: aqZ4zNey/r
茶筅といえばこの人
>>sm12144732exit_nicovideo
3 ななしのよっしん
2010/10/28(木) 22:26:38 ID: uKyPKoRPUm
>>sm12517848exit_nicovideo

>>sm12457191exit_nicovideo


>>mylist/20691756exit_list
4 ななしのよっしん
2011/09/12(月) 19:37:43 ID: CxQYuyFhAT
> …MAD素材としての需要も、それなりにあるようである。
それってごり押しって言うんjうわなにをするやめろ

オチャー!!
5 ななしのよっしん
2014/12/03(水) 22:19:30 ID: JKDCAuLi3g
産地の「高山」ってのは岐阜県高山市ではなく、奈良県生駒高山なんでだれかそう書き足しておいていただけませんかね
6 ななしのよっしん
2016/09/23(金) 14:20:55 ID: v/A0DiNEG+
織田信長の次男信雄の幼名は、産まれたときのがこれにそっくりだったから茶筅丸と名付けたそうな…。
7 ななしのよっしん
2017/02/26(日) 16:45:17 ID: IS/ru/290X
茶筅に対する熱い思いは伝わった

急上昇ワード