荀彧単語

ジュンイク

荀彧(荀イク)とは、三国志に登場する人物である。

文字コードの都合上、荀イクと書かれる事が多い。

概要

荀彧(163年 - 212年) 字は文若。諡は敬。に荀荀諶

中国後漢末期曹操に仕えた政治家

王佐の才

の仲介もあって袁紹からスカウトされたが、
袁紹は大業を成す事の出来ない人物だと見切らてしまい、仕官先を曹操に変えた。
曹操は荀彧を名軍師・張良に例え、大いに歓迎したという。

曹操が徐州遠征中に、本拠地の州で邈と陳宮呂布を引き込んで謀叛を起した。
その際荀彧は留守を任されていたが、邈からの使者の言動から謀叛を見抜き夏侯惇程昱らを使って次々と先手を打って反抗拠点を確保し、曹操の帰還まで守り抜いた。
その後も陶謙が病死したことを知って、呂布を放って徐州を攻めようとする曹操を説得し、本拠地州を先に定させた。

また呂布との戦闘で劣勢になった際に、袁紹から援軍の申し出があった際、実質臣従を要するような内容にも関わらず、弱気になった曹操が申し出を受けそうになったのを、程昱と共に押し止めている。
同様に官渡の戦いで弱気になり、本拠地の許へ撤退しようとした曹操に対しても、これを励して考え直させている。

他にも劉協献帝)の擁立を強く訴える等
政・戦争両方において大きく貢献。
の礎を築いた者として高く評価され「王佐の才」とも呼ばれた(王佐とは『王を佐(たす)ける』意味)。

当時トップクラスの名士で人材ネットワークの中核にあった荀彧は、甥の荀攸をはじめ
戯志才郭嘉、鍾繇、陳羣歆、司馬懿襲、杜畿辛毘王朗、孫資、康、厳
錚々たる人物を推挙している。
荀彧は曹操に、中原で台頭するための策と人材を用意した。
しでは、曹操下の8割までを制することができなかったであろう。

ファッションリーダー

采(見た)が良く、後漢きっての狂人・禰衡も荀彧を「弔問の使者に丁度良い」と馬鹿にしながらもその采の良さは認めている。
またある時枝に頭をぶつけ、冠がんだ事に気付かずに居た事があったが、それを見た人々が(荀彧がしているのだから流行だと思って)んだ冠を真似したという。

謎の死

を想う荀彧だったが、次第に献帝を蔑ろにする曹操との間に裂が生じた。その後死去。
お前はもう用済みという意味にも取れる)を贈られて自殺したという説もあるが、
いずれにせよその死にまつわる明らかになっていない。

小説などの作品でも荀彧の意と最期の描き方は多
「反曹操を集めて一斉に検挙するために敢えて曹操に反抗した」
「あくまでこの時期の就任に反対しただけ」
「そもそもの忠臣ですらなく、曹操覇者にすることだけを考えていた」
曹操の忠臣であった。董昭らが曹操祭り上げ、荀彧は陰謀に巻き込まれた」
などの描写が見られる。
なお、荀彧一家は後継者補筆頭の曹丕より、やや曹植寄りだったことを付記しておく。

各メディアでの荀彧

イク様と呼ばれる事が多い。

蒼天航路

漫画蒼天航路』では曹操と荀彧の関係が複雑化。とても深いものとなっている。

『三國志』シリーズ・ニコニコ歴史戦略ゲー

ニコニコ歴史戦略ゲーでは『キャーイクサーン永江衣玖)』と較されたり、または『キャーイクサーン』自体が荀彧本人をす。

『三国志大戦』

あいやーっ!  ご苦労様です。

三国志大戦3ではLE荀彧&R荀彧『玄妙なる反計』、UC荀彧『駆虎の計』、軍師カードR荀彧がある。

荀イク(19)に合わせてるのか、武1知9。

『玄妙なる反計』は通常の看破や反計よりも消費士気が多いせいでやたら連発すると自軍の士気が枯渇して自滅を招くため注意して運用しなければならない。相手への牽制にもなるこのカードを常に動かしてらせるその様はプレイヤーからは『イク様が見てる』と呼ばれることも。MADがいくつかある。

真・三國無双シリーズ

無双7empiresから参戦 (CV大原崇)
その智謀は「王佐の才」と言われ、曹操からの信頼も高かった武将。無双ユーザー三国志ファンからは「やっときたか」というが多かった。
三国志の著者・陳寿く「めっちゃイケメンだった」というのがあってか、ビジュアルもかなり涼しげなイケメンとなっている。
相手の身分を問わず敬語を使うキャラである。また、その口調の中で人物の才覚を常に気に留めていると思しき面が見受けられる。
武器は「」と呼ばれるで、何個も投げてを作り、チャージ攻撃を発動させるとその爆発してダメージを与えるという
そのアクションを見て「お前のような政治家がいるか」というものがいるが、それを無双で気にしたら負け。

関連商品

関連項目 

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8D%80%E5%BD%A7

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

荀彧

115 ななしのよっしん
2017/10/26(木) 10:18:43 ID: QTKdBz/kqO
禰衡と孔融は実務官僚としては全く役に立たないが、手元に置いて学術的討論でもさせて書物に残しておいたら後世に相当な財産になっただろうにと思う
内容が儒教批判だから生かしておくだけで相当危険だろうけど
116 ななしのよっしん
2018/05/18(金) 18:09:54 ID: 5fKfth9jlA
曹操にどこまで付いていくつもりだったのかとか、そのの残る最後とか想像しがいのあるキャラだな
117 ななしのよっしん
2018/06/01(金) 01:41:56 ID: af1A4ljX/6
荀彧が送られてきた…?」

荀彧「きっと功を上げて宝物で埋めてみせよとの励だな。一層頑るぞう!」
118 ななしのよっしん
2019/07/06(土) 15:00:38 ID: dCoF9RiGeo
曹操本質的に甘えたがりのお坊ちゃん気質でかに引っって貰いたいタイプ(だから袁紹の舎になった)であるのと同時に、コンプレックスの塊で上から目線で物を言われるのが嫌い(だから袁紹と次第に険悪になって袂を分かった)という複雑な人格の人間だった事が、荀彧の栄と破滅にそのまま繋がったように思う。
もしで何事もなく曹操勝利下を統一して荀彧の予定した通り革命が穏便に達成されたとして、それで果たして史実のような末路に至らずに済むかどうかは何とも言えない。荀彧という存在自体が曹操コンプレックスを刺し心安らげないのは甥の荀攸に対するエピソードからし明らかなので……。
119 ななしのよっしん
2019/07/14(日) 20:31:38 ID: H5mhG9+Nck
最近は一周回ってテンプレ荀彧の解釈が正しく思えるようになってきた。
荀彧の死に際して曹操とひと着あった、と世間に思われてたのは事実だと思う(ゼロから史書に出てくる話題とは思えない)
室の存続と曹操の存続が両立するって考え方はそこまででもない(譲、簒奪、新王なんて前例は当時王莽しかない)
120 ななしのよっしん
2019/07/14(日) 21:34:31 ID: dCoF9RiGeo
の存続と曹の存続両方を考えるなら位に上る事に反対はしないでしょう。を作る以前の曹操の権勢はあくまで曹操個人のものであり、例えば曹丕はあくまで副丞相の職位しかなく曹操全てを継承する法的根拠がない(所詮リーダーに依拠した私的な軍閥だから。袁紹も結局確固とした継承の根拠がないから一族バラバラになって空中分解し、孫策の急死によって一族の流から弾かれた)。
それこそ曹操戦死なんて事になれば、を失った曹丕達は軍事を持たないから権闘争から弾かれ、曹操政権は曹を排除した形で諸軍閥に空中分解する危険すらあった。
・王を作れば曹で代々継承していく法的根拠を成立させる事が出来る。以後に曹操がその路線に突き進んだのは明らかにその為。
曹操にしてみれば、まさかこの次善策に荀彧が断固反対し、曹操一代による統一・譲路線に固執するなんて考えもしなかったと思う。
121 ななしのよっしん
2019/07/15(月) 11:50:29 ID: H5mhG9+Nck
>>120
結論から言うと>>119の「室の存続と曹操の存続が両立するって考え方はそこまででもない」は書き方が悪いので文言自体は視してほしい。
自分の観測回りでよく見た
曹操の権が大きくなれば曹を簒奪するのは時間の問題。最初から荀彧もそのつもりで仕えてるから今更反対はおかしい。」って意見に対する反論のつもりだった。

素直な書き方にすれば
になったら室滅亡が既定路線になるから反対した」
という文言のほうが正しいだろうか。
曹操に付いていくし尽するけど室滅亡は違うでしょ」くらいの感覚。
122 ななしのよっしん
2019/07/16(火) 02:31:10 ID: dCoF9RiGeo
荀彧曹操の簒奪を容認していた事(実際には容認どころか最も過革命推進論者だと思うが)と、封建に反対する事は矛盾しないよ。荀彧の忠臣ではなく曹操の忠臣である前提ならば。
簒奪に重要なのは人徳アピールで、10もの広大な地域をとして私物化するなんてその逆。領土的野心に忠実な俗物と非難を浴びて人徳・評判が失墜してしまいかねない。荀彧が恐れたのはそれだろう。なにしろあの王莽でさえ列侯された際の領土以外は簒奪するまで持っていなかったのだから。
陳泰皇帝弑殺などとんでもない話だ、直ちに賈充を処刑し下に詫びなさいと言ったのと理屈は同じ。簒奪に反対だったから抗議の言葉を述べたのではなく、簒奪が既定路線だからこそ評判落とす真似はするな、と諌言したと考えるのが自然と思う。
123 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 22:02:04 ID: H5mhG9+Nck
荀彧曹操の簒奪を容認していた事(実際には容認どころか最も過革命推進論者だと思うが)と、
封建に反対する事は矛盾しないよ。
別にそれが矛盾するとは思ってないし、言ってないよ。
矛盾すると思うから>>121のような考え方になったわけじゃないし。

https://ci.nii.ac.jp/naid/110008921059exit
上記論文で三国志後漢書の違いを述べ、范曄が荀彧の忠臣として記していることを明らかにしている。
でも逆の見方をすれば、あくまで史書から断定できるのはそこまでであって、「実は荀彧の忠臣ではなかった」なんて見方は陰謀論的な推測からしか導かれない。
歴史ファンならそういう見方をしても何も問題はいけど、同じ歴史ファンとしては范曄やその他の史の「の忠臣」という見方のほうが妥当ではないかと思った
そしてその考え方に矛盾はないと考えている。
124 ななしのよっしん
2019/07/21(日) 22:11:26 ID: H5mhG9+Nck
>>123で述べた「陰謀論的な」というのは
座勇一が「陰謀の日本中世史」で述べた陰謀論の特徴の、
(正確には夫氏が述べたらしいのですが元文献までは当たれず)
1)因果関係の単純明快すぎる説明
2)論理の飛躍
3)結果から逆行して原因を引き出す
の、2)に該当しているきらいがあると思い、「陰謀論的」と表現しました。
荀彧革命推進論者である、というのが陰謀論だと思って書いてわけではないので、誤解なきよう。

急上昇ワード

2019/09/17(火)12時更新