菅井きん単語

スガイキン

菅井きんとは、長年、数々の名脇役を演じてきた個性女優である。

概要

東京府東京市込区(現:東京都新宿区早稲田町出身。女優になる前は東京帝国大学(後の東京大学学生課で事務職員として勤務していた。しかし、芝居への情熱が抑えられず、劇団俳優座に入団。このとき、当時の本名であった須斎キミ子をもじった現在の芸名を脚本家久保栄に付けてもらった。女優業への専念についてに相談したが、「女優とは美しい女性がなるものだ」と反対される。その舞台を見ることなく、息を引き取った。

新劇時代に映画監督映画女優としてスカウトされ、1951年に『にそよぐ』で映画デビュー。以降は様々な作品で場を盛り上げる名脇役を演じ、2010年まで精的に活動。に「必殺」シリーズでは婿いびりでお染みの中村せん役、『太陽にほえろ!』では柴田純(ジーパン)のタキ役で松田優作と共に理想的な子像を演じきった。一方で『家なき子』では優しさを隠してババアとして冷に接する田端江役にて強インパクトを残した。その実にも認められ、1990年には綬褒章を、1996年には勲四等宝冠章を受賞している。
しかし、2010年に自宅で転倒し大腿折してしまい、それをきっかけに自分の足では歩けなくなってしまう。その為、女優業を休まざるを得なかったがインタビュー以外は女優として仕事ができなかったため、事実上の引退となった。一時は認知症の噂もあったが2014年10月2日放送の『ノンストップ!』にて元気な姿を見せ、認知症であることを否定した。人生カーテンコール2018年8月10日14時、東京都内の自宅にて行われた。心不全が幕を下ろすキューだった。名は院慈錦大女優として最後となった作品は『 またたき』であった(テレビドラマだと『龍馬伝』が最後の出演作品)。

プライベートでは映画プロデューサー佐藤正之と結婚し、流産を経て一人を設けた。しかし…代表作である必殺シリーズで演じてきた中村せんのイメージが強すぎるゆえに結婚が破綻してしまうのではという危機感を募らせてしまい、よりによって出演者クレジット藤田スタッフが揉めている最中で降希望してしまったため、あわや必殺シリーズは存続の危機に立たされてしまった。スタッフ菅井を引き止めるため、『必殺からくり人』を延長、『必殺からくり人・血風編』を制作し、『新・仕置人』のクランクインを遅らせることに。これにより、事にに行くことが出来、菅井はせん役を継続することにした。夫が亡くなった後は夫婦と生活しており、曽孫もいたという。また、亡くなる2ヶ前まで喫煙していたほどの愛煙でもあった。

小ネタ

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

菅井きんに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%8F%85%E4%BA%95%E3%81%8D%E3%82%93

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

菅井きん

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 菅井きんについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!