萩原佐代子単語

ハギワラサヨコ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

「萩原佐代子」(はぎわら・さよこ)とは、円谷プロの「ウルトラマン80」の「ユリアン子」役や、東映スーパー戦隊シリーズ科学戦隊ダイナマン」の「ダイナピンク立花レイ」役で知られる女優である。

「萩原さよ子」名義で活動していた事もある。

概要

1962(昭和37)年12月1日生まれ。東京都出身。

1980年に「カネボウレディサマーキャンペーンガール」に選ばれた。同年に水着グラビアを見た円谷プロプロデューサーからをかけられた事で、「ウルトラマン80」に「子/ユリアン王女」役で出演する事が決まり、演技経験がいに等しい状況の中で体当たりの演技を見せた。

2006年に放送された「ウルトラマンメビウス」にユリアン役での出演を熱望もわなかったが、2010年開の映画ウルトラマンゼロ THE MOVIE 決戦!ベリアル銀河帝国」にユリアン役で出演することになり、およそ30年ぶりにユリアンを担当した。

1983年には、東映スーパー戦隊シリーズ第7作「科学戦隊ダイナマン」にて「立花レイダイナピンク」役に抜され、大胆な生身アクションと共に替えの下着しの状況で水落ちするなど、フェンシングを得意とする火薬戦隊紅一点を好演した。

ダイナマン撮影当時は、日本大学学生だった為、「弾北斗ダイナレッド」役の「沖田さとし」にレポートの書き方を教わったりしていた。

2011年開の映画ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー決戦」に、ダイナマンを代表して宇宙海賊達にダイナマンの大いなるを授ける立花レイ役で出演した。

1986年には、東映スーパー戦隊シリーズ第10作「超新星フラッシュマン」にて、招き猫すらNGな大の嫌いだった立花レイから一転してネコ科の敵幹部「レー・ネフェル」を演じた。スーパー戦隊シリーズ戦隊メンバーを演じた役者は後年の戦隊で敵役を演じた初めての例でもある。

超新星フラッシュマン終了後にアメリカに留学する事にして芸界を離れ、結婚して3人の子を設けたが離婚し、保険の外交員をして3人の子供を育てていた。後に「科学戦隊ダイナマン」で共演した時田優と再婚。主婦業に余裕がでてきた2006年に芸活動を再開し、庭の平和を守るのが精一杯の中でたまに主婦以外の活動もしているとの事。

主な出演作品

ユリアン役

立花レイ/ダイナピンク役

スーパー戦隊シリーズ

TVドラマ

映画・Vシネマ

その他の出演作品については wikipediaの関連項目参照exit

関連動画

 

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

科学戦隊ダイナマン

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%90%A9%E5%8E%9F%E4%BD%90%E4%BB%A3%E5%AD%90

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

萩原佐代子

1 ななしのよっしん
2014/01/05(日) 18:59:16 ID: C5cBPZWxUM
キョウリュウグリーン/ソウジ君の母さんだったとは…
2 ななしのよっしん
2014/10/08(水) 12:35:47 ID: fH/jIEJHEL
ウルトラマンライダーライダー戦隊ヒーロー変身した役者さんって結構いるけど
ウルトラマン戦隊変身したっていうのはしいよね

急上昇ワード