落合博満単語

オチアイヒロミツ
7.5千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

落合博満(おちあいひろみつ)とは、ロッテオリオンズ中日ドラゴンズ読売ジャイアンツ日本ハムファイターズで活躍した元プロ野球選手であり、2004年から2011年まで中日ドラゴンズを率いた元監督、元ゼネラルマネージャーGM)。

日本プロ野球史上三度三冠王を達成した大打者であり、また監督としても中日ドラゴンズ黄金時代を築いた名将である。

2011年野球殿入り。

現役時代

ロッテオリオンズ時代

高校時代はほとんど練習に参加せず、映画ばかり見ながら、試合のときだけ野球部に加わっていた。東洋大学でも体育会系の慣習に染めずすぐに退部、大学中退。その後プロウラーしたが、プロテストに向かう途中でスピード違反で捕まり受験料を罰として取られ、プロテストを受けられなくなり挫折。社会人東芝府中に加わり、ここで頭を現す。

1978年ドラフト会議で、ロッテオリオンズから3位名されて入団。本人く、「江川問題」で巨人ドラフト会議をボイコットしていなければ名されていたらしい。

プロ入り時、既に25歳だった。背番号は6で、巨人時代の1994年日本ハム時代は背番号6を他の選手(それぞれ篠塚和典田中幸雄)が使用していたため、それぞれ60、3を付けていた時期がある以外は現役のほぼ全期間を通して背番号6を付け続けた。

入団当時の監督であった山内一弘の熱血導を煙たがったりもしたが、後年自分の打撃が出来上がった時に思い返してみると、山内導が生きていたという。このこともあり、山内落合が敬する数少ない野球導者のうちの一人でもある。

ルーキー時代に自分を酷評した金田正一を嫌っているというとも言われているが、本人はそれを否定している。ただ、「若い選手にそんな言い方をしたら潰れてしまう。」という趣旨の苦言は呈している。

落合の代名詞でもある「神主打法」は、当時ロッテに在籍していた土肥健二捕手の打撃フォームを参考にしたものであった。

2年1980年の後期シーズン(当時は前期後期制)より、ようやくレギュラーの座を掴む。落合本人は、稲葉光雄投手(前年まで3年連続2ケタ勝利)を打ち崩した7月26日阪急戦(札幌円山球場)を「この試合が私の分岐点であり、現役生活の開幕試合」 と述べている。

1981年は、7番セカンドで開幕を迎えた(3番本、4番リー、5番レオン、6番有のど迫打線)。この年は下位打線を打つことが多かったが、打率.326本塁打33本、90打点という素晴らしい成績を残して初の首位打者いた。セカンドで初のベストナインにも選出された。

監督山本一義に交代した1982年は、4番セカンドで開幕を迎えた。シーズン中は3番を打つことが多かったが、打率.325本塁打32本、99打点の成績を残して史上最年少で初の三冠王き、2年連続のベストナインセカンド)と共に最優秀選手にも選出された。契約更改では「ミスターロッテ」と呼ばれた有藤通世を上回る額で判を押し、文字通りのチームの顔となった。

1983年は、解雇されたレオンに代わりファーストにコンバートされた。低迷するチーム成績と呼応するように落合の成績も伸びず、打率こそ前年を上回る.332を残し3年連続の首位打者いたものの、本塁打打点は振るわなかった。ベストナインにも3年連続で選出(ファーストでは初)。

1984年シーズンより、恩師となる稲尾和久監督に就任する。有の外野コンバートにより落合ポジションサードとなった。4番打者としてチームを引っったが打率チームメイトの高沢秀昭を下回る5位(.314)に終わり、連続タイトルがついに途切れてしまった。ただ、ベストナインには4年連続で選出された(サードでは初)。

捲土重来を期する落合1985年、とてつもない成績を残す。打率.367、本塁打52本、146打点2度となる三冠王いた。打率2008年内川聖一横浜)に破られるまでの右打者歴代最高打率記録であり、本塁打1963年野村克也南海)の残した数字と並ぶ当時のパ・リーグタイ記録である。50本塁打は、1977年王貞治以来の大台到達であった。5年連続のベストナインサード)と共に2度最優秀選手にも選出された。

1986年も打ちまくり、打率.360本塁打50本、116打点という数字を残して2年連続3度三冠王いた。ベストナインサード)にも6年連続で選出。

しかし、シーズン終了後敬する稲尾監督が解任されてしまう。福岡市内で行われた「落合選手を励ます会」で、稲尾から「去年のオフ巨人から落合トレードの話があったが、条件が折り合わずに蹴った」という爆弾発言が飛び出し、落合も翌日開催の日米野球の試合前に「自分を一番高く買ってくれる球団と契約したい」と発言。球団から事情聴取を受ける事態となるが、大台(1億円)を巡る年俸闘争や次期監督の有との不仲などの要因が積み重なり、球団は落合放出に踏み切ることになった。当初は巨人との間で交渉を進めていたが、交換要員が折り合わず牛島和彦放出んだ中日ドラゴンズとの交渉がまとまった。落合上川二・平沼桑田茂という、4対1のトレードとなった。

中日ドラゴンズ時代

移籍1年1987年は、打率こそリーグ3位の.331を残したものの、ナゴヤ球場の広さに苦しみ本塁打は前年からほぼ半減の28本に低迷、ノンタイトルに終わった。6年連続で受賞していたベストナインもついに落選してしまう。

1988年も2年連続のノンタイトル本塁打打点リーグ2位)に終わり、打率は.293に低迷した(リーグ9位)。しかし、チームセ・リーグ優勝を果たし、落合シーズン途中でファーストに回っていたため2年ぶりのベストナインファースト)に選出された。

1989年打率.321本塁打40本、116打点の好成績を残し、3年ぶりの打点王いた。両リーグ打点王は史上初であった。2年連続のベストナインサード)にも選出された。

1990年数字そのものは前年を下回ったが、本塁打王打点王二冠王いた。両リーグ本塁打王も史上初であった。3年連続のベストナインファースト)にも選出された。シーズンオフには年俸を不として、日本人選手として初めて調停を申請した。

1991年は2年連続の本塁打王いた。移籍後初の首位打者も射程圏内であったが、最後の最後で古田敦也に敗れて2位に終わった。4年連続のベストナインファースト)にも選出された。

1992年一気に衰えが表出し、全くタイトル争いに絡むことなく終わった。

1993年はさらに衰えが顕著となる。5月7日の対横浜戦で史上初の両リーグ200本塁打を達成。同年オフ、導入されたばかりのフリーエージェント制度を行使してFAを宣言し、巨人に移籍した。

読売ジャイアンツ・日本ハムファイターズ時代

巨人に移籍した時は既に40歳をえていながらも、長嶋茂雄政権初期の巨人軸打者として活躍し、1995年2000本安打を達成(前述の通り名球会入りは拒否)。1996年西武からFAで移籍してきた清原和博の入団に伴い出番をめて自由契約ヤクルトスワローズ日本ハムファイターズからオファーが来たが、額を提示してきた日本ハムに入団する。1997年は前年に死球を受けた左手の怪もあり、打率.262、3本塁打、43打点に終わり、翌1998年は開幕こそ4番で起用されるも、この年の日本ハムは「ビッグバン打線」の元年ともいえる年であり、シーズンが進むにつれスタメンから漏れ代打起用が増えていった。戦意を失った落合は、10月7日ロッテ戦で5回に代打出場したのを最後に、自由契約という形で現役を引退した。

生涯通算打率.311日本人右打者の歴代最高打率。鈍足の右打者でありながら圧倒的な打撃成績を残し続けたことで、「プロ野球史上最高の右打者」に挙げられることも多い。

ポジション一塁手三塁手。二塁を守っていたこともある。歴代全プロ野球選手ベストナインを選出する際には、一塁は王貞治、三塁は長嶋茂雄がいるため、本職ではない二塁手として選出される場合が多い。

中日監督時代

引退後は解説者を務めたのち、2003年オフ中日監督に就任。それまでコーチの経験がかったため本人は断ろうとしたが、妻に押しきられて就任を受諾した。

就任直後「補強を凍結し、現有戦を10底上げして日本一になる」という約を掲げる(この年行った補強は、現役引退のはずがゴタゴタで巨人を退団した川相昌弘と、横浜を退団したドミンゴ・グスマン広島を戦外になった筒井正也の獲得のみ)。また「一芸に秀でた選手を使う」という方針も掲げた。それまで3年間一軍登板かった川崎憲次郎開幕投手に抜するなど、全ての選手を横一線で競争させることでチームを刺セ・リーグを制覇し、同じく1年伊東勤率いる西武ライオンズとの日本シリーズに挑むが3勝4敗で敗れた。

2005年横浜からタイロン・ウッズを獲得して連覇を狙うが、ウッズが乱闘で出場停止中に始まった交流戦で失速。後半に阪神を猛追するも逃げ切られ2位に終わる。

2006年落合自身「この年が最強」と言い切るチームを作り上げ、阪神の猛追を振り切ってリーグ制覇を果たすも、日本シリーズ日本ハムの勢いの前に屈した。

2007年シーズン2位に終わるも、クライマックスシリーズを全勝で勝ち上がり日本シリーズへ。前年敗れた日本ハムリベンジを果たし、53年ぶりの日本一へ導く。第5戦での山井大介の降については物議を醸した(後述)。中日の選手・監督として初の正太郎賞を受賞。

2008年は波に乗りきれず3位。2009年巨人に大きく引き離され、3位とも離れた2位独走に終わる。

2010年はほとんど補強を行わず迎え、前半戦は苦戦したが、投手が5試合連続完封を達成するなど巨人阪神が失速した場からスパートをかけ、貧打を投手カバー優勝CS前の「全選手登録抹消」が話題を呼ぶ。CSでも巨人を破り2007年に果たせなかった優勝を狙ったが、日本シリーズではロッテと死闘の末2勝4敗1分で敗れた。

2011年統一球からか、前年以上の貧打に陥り前半戦から大苦戦。8月の時点でも一時は5位に沈むなど、Aクラス入りすら危うい状況であった。しかし9月22日、首位ヤクルトとの直接対決を前に任期満了による落合退任が突然発表されると、チームは逆に奮起し猛な追い上げを見せ、ヤクルトを逆転。最大10ゲーム差をひっくり返し、球団史上初の連覇を成し遂げた。チーム打率チーム得点とも12球団最下位での優勝プロ野球史上初の記録。最後の標であるリーグ優勝からの全制覇をしてソフトバンクとの日本シリーズに挑み、圧倒的不利の下評の中3勝3敗の逆王手まで持ち込んだが、最終戦に敗れ、悲願の全制覇はならなかった。

在任期間の成績は優勝2位優勝2位日本一)→3位→2位優勝優勝(連覇)と、歴代の中日監督の中でも最長政権となり、最高の成績を残した。中日球団の70年以上の歴史の中で、優勝9回のうち4回が落合政権である。
8年間全てAクラス入り(しかも3位は一度だけ)、クライマックスシリーズファイナルステージ皆勤賞一、リーグ優勝からの日本一だけは果たせなかったものの、名将の称号を確かなものにしてグラウンドを去った。

GM時代以降

2013年オフ中日ドラゴンズ初のゼネラルマネージャーに就任。同時に選手兼任監督に就任した谷繁元信とともに、12年ぶりのBクラスに転落したチームの再建を任されることになった。

2年前に半ば追い出されるように中日を去った落合だが、落合の後を継いだ高木守道監督率いる中日は、2012年こそ2位を確保したものの、2013年は4位に転落。落合解任の理由に観客動員の低下を持ち上げ、首中日OBで固めファンサービスの強化を謳ったが、逆にますます観客動員は低迷した。このため落合解任を導した坂井球団社長を失い、監督時代から落合の理解者であった白井文吾オーナーの発言が増したというのが落合GM就任の背景のようである。

しかし、Bクラスから抜け出すことはできず、2016年に至っては20年ぶりの最下位となる結果を喫し、2017年1月契約了をもって退任した。
現在野球解説者として活動する。

人物・戦術

選手時代は生活の全てを野球げており、その尋常でない練習量に関する逸話には事欠かない。ただ本人は努を人に見せることを嫌い、カメラの前でそういった姿を見せることはほとんどかった。また前述の通り、プロとして年俸での評価を何よりも重視した姿勢を見せ、何かと物議を醸した。

また、先述の通りプロ入り時から一時期の例外を除いて背番号6をつけ続けていた。監督期も背番号は66、和歌山県太地町には落合の記念館兼別荘の形が6形、フレームに六と入った眼鏡など、6へのこだわりは強い。

監督としては「勝利こそ最大のファンサービス」という立場をとり、勝てる試合は確実に勝ちにいく采配にした。また選手の情報(特に故障など)を開しないなど底した情報管理の体制を取った。そのため、チーム状態が悪いように見えても、シーズンが進んでいくと気が付けば上位にいるということが多かった(2010年2011年はまさにその典である)。ただその分、明らかな捨て試合を作ることもあり、プロ野球の「業」としての側面を軽視しすぎである、という批判を受けることも多かった。

2007年日本シリーズにおいて、日本一のかかった第5戦、8回まで安打四球、パーフェクトを続けていた山井大介を降させ、守護岩瀬仁紀を送り出した采配は各方面で物議を醸した。岩瀬は9回を3人で抑え史上初の継投による完全試合を達成(ただし参考記録である)。この采配は「業」よりも「勝利」を優先する落合采配の徴ともいえる。

戦術としては、就任当初はタイロン・ウッズ福留孝介などの強打者を擁し、その打撃川上憲伸山本昌岩瀬仁紀らの強投手を生かして盤石な試合運びを行う、といったものであったが、その後川上や福留らが相次いでメジャーなどに移籍すると、他チームを戦外となった選手(中村紀洋河原純一ら)の積極的な登用と投手コーチ森繁和による投手整備に努め、その投手を有効に活用し少ない失点で逃げ切るという戦法に変貌していった。さらに、他チームの意表を突く戦術も多用し(所謂オレ流な例として2004年開幕投手川崎憲次郎を起用)、中日黄金期を現出した。一方、在任中に生え抜きの若手打者はあまり育たず(一応、落合在任中にレギュラーに定着した生え抜き野手には森野将彦大島洋平がいる)、荒木雅博井端弘和和田一浩といったベテランレギュラーり続けたため、打撃の成績は高齢化と相まって徐々に降下していった。このため、チームは勝てたが次代への野手育成には失敗したという批判もよく言われる。

ボヤキ節で有名な野村克也とは違い、監督時代は滅多に選手を責めることはなかった。ただし褒めるわけでもなく、基本的には寡黙。負け試合では試合後にコメントを残さないことも多かった。が、外野守備要員である英智フライを落球した際に「あいつが捕れないなら、も捕れないさ」と発言したエピソードや、2006年タイロン・ウッズ優勝を決める満塁弾を放ったときの号泣する姿など、ときおり見せる選手への信頼や情に溢れた言動から、ツンデレ監督と呼ばれた。

裏方やマスコットにも気を配る姿がたびたび撃されている。ドアラとも仲良しで、よくじゃれ合っている。

類のガンダム好きとしても有名。00も毎週楽しみに見ていた。息子福嗣され、ガンダムに限らずアニメ全般、深夜アニメまで嗜んでいる。家族って『CLANNAD』を視聴し中村悠一ファンになったとか。

自己流を貫き閥的なものを嫌う性格や、その言動から、球界では何かと毀誉褒貶がしい。たとえば『燃えよドラゴンズ』の作詞作曲者である山本正之は反落合で、本来その年の監督名が入る「○○監督胴上げだ」の部分の歌詞が、落合の就任以降は2006年優勝記念盤で「落合監督」になった以外は全て「オレ流監督胴上げだ」になっている。中日監督時代も球団上層部からはほとんどの敵にされており、白井文吾オーナーひとりが絶大な信頼を寄せっていた。2011年の解任劇も、そのあたりの事情が大きい。

野球殿堂の投票では2年続けて1票足りず落選していたが、2011年にようやく殿堂入りを果たした。

家族

妻・信子
長男福嗣

どちらも個性的な人物で、度々ネタにされる。
この二人について金村義明は「福嗣と信子何とかしてほしい」とうっかり漏らしている。

特に一人息子福嗣自由奔放すぎるキャラクターから生きる伝説とまで呼ばれた。
くわしく知りたい人はこちらをexit参照の事。

成績

通算打撃成績

通算:20年 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 2236 9257 7627 1335 2371 371 15 510 1564 65 4 88 1475 63 1135 236 .311 .422

通算監督成績

通算:8年 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 備考
NPB 1150 629 491 30 .562 日本一1回、優勝4回、Aクラス8回、Bクラス0回

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%90%BD%E5%90%88%E5%8D%9A%E6%BA%80
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

落合博満

385 ななしのよっしん
2021/10/20(水) 13:07:49 ID: Ha/6C9FPwk
監督でめっちゃ優秀なのに
球団社長にクビにされたとかいろんなところで言われてるけど実際どうなん?
386 ななしのよっしん
2021/10/31(日) 18:18:26 ID: uS/Krb+5YC
嫌われた監督いい本だけど著者の中に落合はこういう人だと先入観があってそれに当てはめて書いてるように見える
いや落合本人と会ったこともないからそんなこと言う資格がないのだが
387 ななしのよっしん
2021/12/05(日) 21:46:15 ID: xNA8gdOJha
もし監督復帰しても(に当たる)今の20代位の人とうまくやってけねえなと内心思ってそう
388 ななしのよっしん
2021/12/25(土) 09:47:18 ID: CzNnSrtmQp
43歳でプレーした野手の成績
落合 .301(376-104) 21本 OPS.924
門田 .264(367-97) 18本 OPS.810
和田 .298(218-65) 5本 OPS.750
山崎 .229(362-83) 11本 OPS.653
本 .218(348-76) 12本 OPS.628
野村 .226(133-30) 3本 OPS.621
繁 .216(379-82) 6本 OPS.602
福留 .154(78-12) 1本 OPS.468

1996年
落合博満(43) .301 21本 86打点 OPS.924
イチロー(23) .356 16本 84打点 OPS.926
389 ななしのよっしん
2022/03/05(土) 14:07:53 ID: JahuXspUaY
監督として結果を出したのに何故かファンからかれていた稀有な野球人。自分は好きだったな。
390 ななしのよっしん
2022/05/10(火) 19:18:09 ID: ZuEQrcAM0R
長所も短所も底している人。導者や参謀にさんと人に恵まれたお陰で落合博満という野球人が生まれた

ご意見番的に扱われてから一部から老害と謗られるようにさえなったが、一見古そうな考え方でも論理があるから安易には否定できないはずなんだよね。どこか古代哲学者めいてるんだよ
選手はずっと体を動かしていないと怪をする等の持論を周りが独り歩きさせるんじゃなくて、落合以外のかでもいいからもっと深掘りして研究してほしいね
391 ななしのよっしん
2022/06/08(水) 14:12:22 ID: h5TbVLP84Z
>>389
別にファンからかれてたわけでもないよ。落合中日時はNPB全体の観客動員数が不気により減してるなか、それを最小限に留めてる数少ない球団だったし、ファンの多くが落合の一挙手一投足に注してた。
ただ、敵的なタニマチ排除や守秘的な運営マスコミなどに嫌われた人物。観客はそれなりに動員できたけどタニマチ排除のでボックス席やシート席が売れ残り、本人も勝ちまくったで年俸も爆増(歴代2位)。
そのせいで経営からも嫌われて半ば追い出される形になった。
392 ななしのよっしん
2022/06/08(水) 14:14:04 ID: h5TbVLP84Z
シート席じゃなくてシーズンシートの間違いや。
393 ななしのよっしん
2022/06/20(月) 01:39:45 ID: 9X29s/7Za2
野球監督としては、練習量を厳格化し
駄を減らす最高の監督なのだと思う。

ただ、プロ野球監督としてそぎ落としてはいけない
部分を「野球駄」としてしまう所に
落合監督ネックがあるのだと思う。

広告・年間定席の大口購入先をの大量購入と軽視し
スズキ鈴木修氏をを激怒させ、購入額を減少させる。
秘匿義の底は良いが、お膝元の中日スポーツにすら
ノーフォローで売上削減に貢献してしまう。
394 ななしのよっしん
2022/06/24(金) 09:23:48 ID: h5TbVLP84Z
まぁ、実際に落合が本当に中日の売上削減に貢献したかというと怪しい部分もあるけどな
自分で行っておいてなんだけど、シーズンシートなんて当時の不気を考えれば一番っ先に削減されるべきものだし言い訳に使われた部分もあるとは思う
むしろ落合政権の常勝軍団をうまく売上に載せられなかったのは経営や広報の問題でもある。落合が抜けた後にどうなったかと言えば外野の席だ
のある監督ってなに?と聞かれた際、星野さんのようになら?長島さんのようにFAで有選手を集めれば?本当にがあるのか?と
そう見ると世間を色々な意味で騒がせてオレ流を掲げた落合監督があったと思うんだよね
中日自体に増した選手や落合監督の年俸を支えるだけの経営がなかった、立って負けてくれりゃいい体質だったのもあると思う。

おすすめトレンド