著作者人格権単語

チョサクシャジンカクケン

著作者人格権は、著作者の人格権の総称。

概要

著作権を保有する者”ではなく“著作者”が保有する権利をす。著作者人格権は氏名表示権、同一性保持権、名誉望保持権などからなる。ベルヌ条約で保護が義務付けられており、逆に言えばベルヌ条約非加盟ではこれらの権利が保護されていないこともある。

日本ではこれらに加え表権も著作者人格権に含めている。

著作者人格権の処分可能性

著作者人格権の処分可性はベルヌ条約に規定がない。このため著作者人格権の放棄を認めるかどうかについては各の各法域が異なる対応を取っている。ベルヌ条約加盟160えるためその全てを記述することはできないが、以下にいくつか例を挙げる。

上述のように日本には著作者人格権の放棄に関する規定はない。しばしば「日本では著作者人格権が放棄できない」とされるのは、厳密には法によるものではなく、その他の一般的な人格権と著作者人格権とを同質のものとみなす立場からの説明である(日本では序良俗に反するため、一般に人格権と総称される権利は放棄できないと解されている)。その一方で、「著作者人格権の放棄は序良俗に反しないため、著作者人格権を放棄することは可である」とする立場もある。

実際にどちらが正しいのかについては、判例が出るのを待つしかない。

米国のベルヌ条約違反

際的に、米国はベルヌ条約がめる著作者人格権の保護義務を満たしていない、と考えられている。

  • ベルヌ条約加盟後も、米国は氏名表示権や同一性保持権を視覚芸術にしか認めていない。
  • ベルヌ条約加盟後も、米国は名誉望保持権の保護を明文化していない(各州のコモン・ローに基づき保護している)。

これは、著作者人格権米国に存在しない、ということではない。米国著作者人格権の保護がベルヌ条約の要基準よりも弱い、ということである。

パブリックドメインとの関係

著作者人格権が放棄できない日本[1]では、作者生存中に作品をパブリックドメインにすることはできない」などと言われることがあるが、そもそもある著作物がパブリックドメインであるかどうかと、著作者人格権が保持されることとは関係がない。一般に、パブリックドメインというのは「著作物に関わる知的財産権消失している状態」をすためである(財産権の有であり、人格権の有ではない)。

例えばフランスでは著作者人格権は永続的に保護されるが、著作権の保護期間は著作者の死後70年なので、その期間が過ぎると著作物は「パブリックドメインDomaine public)」になると説明されている。米国英国では著作者人格権の放棄が法によって認められているが、これらの著作者が著作物を「パブリックドメイン」にする場合、多くのケースでは著作権放棄の宣言がされるだけであり、わざわざ署名によって法に基づく形で著作者人格権の放棄が行われることは稀である。

日本で(著作者の生前に)作品をパブリックドメインにできない、という説明は、以下のような事実に基づく誤解とされる

また現在でも、上述のような米国著作者人格権保護の緩さ・複雑さが、このような誤解に拍をかけていると考えられる。

関連商品

関連項目

注釈

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%91%97%E4%BD%9C%E8%80%85%E4%BA%BA%E6%A0%BC%E6%A8%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

著作者人格権

7 ななしのよっしん
2018/04/30(月) 20:13:26 ID: iGWoccHp3O
そしてをつけられる。


どんどん片方に有利な言論になっていくな大百科は。

その内この権利もアンチが湧きそう。
そうならない事を祈るよ。
8 ななしのよっしん
2018/04/30(月) 20:19:33 ID: mvQC3/4o/f
お、吉崎アンチはこんなとこまで湧いてんのか
怖いなあ
9 ななしのよっしん
2018/04/30(月) 20:27:24 ID: q70aW0efxe
>>4
こんな所まで出張ご苦労様です、噂のプレミアム会員さん
10 ななしのよっしん
2018/04/30(月) 21:30:38 ID: iGWoccHp3O
>>8
何でそう思ったのか知らんが、この権利を肯定して得するのは吉崎観音だけじゃない。ヤオヨロズもなんだよ。

逆に否定するとカドカワ等の企業が得する。
11 ななしのよっしん
2018/05/01(火) 07:50:52 ID: 5j2n4fkqnj
よそでも書いたけど現実問題としてんな滅をやったら関係各社が黙っちゃいないだろうと
それにアニメ版にやべー差別表現やが含まれていた訳でもない以上名誉を損ねるとは見なされない、つまりこの権利を行使するには根拠薄弱だ
たつき教団員の言うような暗の行使なんて理なんだよ

にしても一切の権利を譲渡してます、を何かの特権を取得したんだ!!!!!とか解釈されるとは思わなかったろうなあ
12 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 12:57:08 ID: KccXcTJknq
著作者人格権が争われた日本でいちばん有名な例は、たぶんひこにゃん事件だと思うけど、あの際は一介のデザイナー自治体が争って、デザイナー側の言い分(納品した3つのイラスト以外のデザインを勝手に自治体に作られることが、侵にあたる)が通ってる。

わりと強い権利であることは間違いないよ。
13 ななしのよっしん
2019/03/26(火) 09:07:06 ID: XEGfevh3Qn
そりゃまあ普通だったらこの権利をわざわざ行使する必要ない
なにかしら放送したりするのは原作者にとってもうれしい事だし
ただけものフレンズは全く注浴びてなかった作品が社会レベルまで大ヒットって例だから
通常の事例には当てはまらないんだよなあ
14 ななしのよっしん
2019/04/09(火) 18:04:51 ID: vzFjAgutQS
普通だったらこの権利を行使する必要ない様に関係者同士が交渉して契約を交わすわけだしな
ただ、吉崎観音が、著作人作権を行使できる契約を獲得しました!と大騒ぎして喧伝した辺りから異常な気配を感じてしまうの事実なんだよ
15 ななしのよっしん
2019/04/10(水) 00:38:14 ID: XkF8G7uJ3D
吉崎観音先生コンセプトデザインを務め一時は総監督として利益を度外視してIPの質を保つとまで断言した作品が平成最後にして最大の駄作とまで貶められるほど滅変されているのは著作者人格権の侵なんじゃないでしょうか?
もし著作者の意に沿わない、IPコンセプトを否定してしまうような作品がのさばり、これが先生のせいだと言われるのは本当に吉崎観音先生が可哀想だと思います。こういう時に著作と著作者を守る事こそ著作者人格権の役だと思っています。
吉崎観音先生は遠慮なく著作者人格権を行使されるべきだと思います。
16 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 15:49:26 ID: cZKUwzvV7t
Dグレイマンのアニメ2期がBlu-rayDVD発売中止になって一切のアニメ版権展開がくなったのって、星野先生著作者人格権が作動したからなのかな
作者本人がインスタ削除直前までアニメージュのホモイラストに苦言を呈してたから絶対そこで揉めたと思うんだけど、それって作品展開を止められるほどのがあるということ?