葛西純単語

カサイジュン
1.0千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

葛西純とは、日本プロレスラーであり、日本を代表するデスマッチファイターである。

通称「レイジモンキー」。

俺っちの概要

1974年9月9日生まれ、北海道帯広市出身。現在FREEDOMS所属。

1998年大日本プロレスに入団。2000年に大日本アメリカCZWとの抗争に突入すると、CZW側に付き渡デスマッチに本格参入。

2002年に大日本を退団し、ZERO-ONEに移籍するも、前座要員に甘んじたり、橋本真也の付き人という黒歴史を経験するなど、不遇の時代を送る。

2005年伊東竜二から参戦を呼びかけるが上がり、ZERO-ONEを退団し、フリー参戦扱いで大日本に復帰。後に金村キンタロー率いるアパッチプロレス軍に入団。同年6月8日日本横浜文化体育館大会にて行われた"天使"沼澤邪とのシングル戦では、それまで危険すぎるという理由で実現に至らなかった「ミソ」を初投入。パワーボムボード上に叩きつけられ設置されたカミソリの形状そのままに背中から大出血を起こす事態に。試合後、「スポーツライクなデスマッチをやっている」と伊東佐々木デスマッチ論に対抗すべく、沼澤とキチ●イタッグ045邪気違'sゼロヨンジャンキーズ)」を結成。

その中で伊東との対戦の機運が高まったが、その度に自身が内臓疾患で入院、伊東が負傷欠場、葛西が膝の半月損傷で欠場と、まさしくイタズラのごとく泡と消えていった。しかしその対戦は、2009年11月20日日本後楽園大会にて実現する。『カミソ十字架ボードαデスマッチ』として行われたこの試合は、満員の観客を動員し、バルコニーからのダイブも敢行、29分45という時間切れギリギリで勝利。この年のプロレス大賞ベストバウトを受賞(デスマッチでは19年ぶりの快挙)。

論、沼澤との045邪気違'sとしての活動でも結果を出し、2010年にはチーム初のBJWタッグ王座を獲得。以降、トータル3回獲得し、関本大介佐々木義人、バラモン兄弟ヤンキー二丁拳銃宮本裕向&木高イサミ)と、大日本を代表するチームとの対戦を経験し、タッグ戦線の中心的存在となっている。また、パートナーである沼澤とのシングルマッチも不定期で組まれ、毎回高い評価と、編集泣かせの大「キチ●イ」コールを得ている。

関連動画

045邪猿気違's対決

 

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%91%9B%E8%A5%BF%E7%B4%94
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

葛西純

1 ななしのよっしん
2022/05/08(日) 23:23:44 ID: HpHErTx8q3
タカタイチマニア2.5とてもいい試合でした
エルデスペラード選手とのシングルマッチ楽しみにしてます!