董襲単語

トウシュウ

董襲とは、三国志に登場する人物である。

気宇壮大の水軍指揮官

字は元代。会稽余姚(浙江寧波)の出身。身長は八尺(約184cm)あり、武勇に優れていた。孫策が会稽に入した時に拝謁し、孫策は董襲を立に思いすぐに起用した。以後、山越の賊や勲や黄祖の討伐で活躍した。

孫策の死後、孫権が跡を継いだが呉夫人は若年の孫権を心配して、張昭や董襲らを召して相談を受けた。董襲は「江東の地勢は堅固で、討逆将軍孫策)が民衆に恩徳を施し、討虜将軍孫権)がそれを受け継ぎ、張昭殿が万事を統べ、董襲はじめ等が牙となっております。地の利、人の和は備わっており、何の憂いがありましょう」と答え、皆はその言葉を頼もしいと思った。

その後鄱陽の賊を討伐したが、董襲の向かう所、賊はすぐに打ち破られ逃げ散ったので行く所敵はかったという。この功で偏将軍に昇進した。208年(建安13年)の黄祖討伐の時、黄祖必死の防戦でなかなか攻めきれなかったが、董襲は凌統と先を受けて突撃し、黄祖を塞いでいた二艘の衝(大船)をつないでいた縄を董襲が断ち切り、黄祖を討ち取る事が出来た。孫権は翌日行われた宴で董襲に酌をしながら「今日の宴は、縄を断ち切ったおかげだ」とその功を褒め称えた。

曹操が濡須を攻めた時、孫権は董襲に五艘の楼船を監督させて濡須口に駐留させたが、突然が吹いて楼船は横転した。左右の者がすぐ逃げるように言ったが董襲は「将軍としての任務を受けているからここにいるのだ。撤退すると言う者はる」と言ったのでも意見する者はいなかった。しかし楼船は転覆し、董襲は殉職した。孫権はその葬儀に参列し、遺族らを手厚く保護した。

各メディアにおける董襲

三国志演義

孫策の前に、彼に向かった厳白虎の首を持参して仕官を申し出る。その際、王朗に遠ざけられていた旧友虞翻孫策に推挙する。
その後、孫権を守って周泰が負傷した所を、名医の佗を推挙して看病させた。

三国志大戦

ディフェンスに定評のある人として評価が高い。防護戦法の使い勝手は異常

董襲の関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%91%A3%E8%A5%B2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

董襲

1 ななしのよっしん
2012/02/25(土) 23:30:24 ID: opC19iYYBg
董襲も波間にのまれた
2 ななしのよっしん
2012/05/17(木) 20:39:03 ID: RLf11WknSs
張昭と一緒に呉夫人から相談受けるとは、その頃すでにかなり出世してたのかな
地元の名士ではなかったとしたら、武勲だけで駆け上がったことになり、凄い名将だったのか
3 ななしのよっしん
2013/07/14(日) 21:14:33 ID: /ogGj3EJAz
しかし>>2のように重用されていたのかと思いきや
黄祖を討てたのはこの人のおかげ!みたいに書かれているのに
この功で出世もしていないし
に封じられてなければ子孫についても全く記述がないの多い人

一緒にめられている11人の面子を見ても将軍として結構な立場
にあったはずなんだが・・・
記述がすっぽりどっかで抜け落ちているような
妙な違和感があるんだよね
4 ななしのよっしん
2015/06/14(日) 07:07:30 ID: O0PXm/jp7N
っ先に逃げたセウォル号東方船長らに董襲を煎じて飲ませたい。