蒋幹単語

ショウカン

「蒋幹」ショウカン ? ~ ?)とは、後漢末期曹操配下の政治家であり、三国志演義では周瑜に言い様に操られるピエロな役回りにされている人物である。

字(あざな)は「子」。

モータルコンバットボスではない。

正史では

三国志演義では、赤壁の戦い時に、周瑜に言いように操られてある意味敗戦の戦犯ともいえる散々な役割を与えられているが、正史では蒋幹に対する記述そのものが少なく、赤壁の戦いに参加したことも記されていない。

揚州九江の出身で、周瑜とは顔見知りの仲だった。

優れた立ち振る舞いと弁舌を評価されて曹操から招聘されて仕官し、曹操から周瑜孫権のもとから引き抜くように命じられて揚州の周瑜のもとに訪れたが、スカウト的であることをすでに周瑜に察知されていた為、周瑜から厚くもてなされるのと同時に孫権への忠を聞かされた蒋幹は、何も言わずに去った。

その後、歴史上に蒋幹は登場しない。

演義では

赤壁の戦いの前に曹操営の説客として登場する。

軍が不得手な軍を率いる曹操より、周瑜の説得と孫権軍の内部を調べる間諜の役を得て陣内に侵入した。

周瑜の前に現れた蒋幹は、曹操についている事は伝えなかったが、すでに周瑜には看破されており、旧交を温めようとする周瑜の接待攻撃をうけて、同じ寝床で寝る羽になった。

が覚めた蒋幹は、周瑜の机の上にあった手紙を盗み見て、そのまま手紙をもって曹操のもとに戻り、劉表軍から曹操の配下となり、戦が不得手な曹操軍にかわって軍をとりまとめていた蔡瑁允が内通している事を、拠の手紙と共に曹操に報告した。

怒った曹操により、蔡瑁允が処刑されたが、実はこの手紙蔡瑁允の軍の立ての巧みさを見て取った周瑜が、二人を除く為に用意した偽手紙で、蔡瑁允にとっては全に濡れ衣だった。

軍の将を失った曹操軍は、との戦いに備えて水上に逗留したことで船酔いや伝染病に苦しめられた為、再度、周瑜のもとを訪れた蒋幹が、偽手紙を盗んだことをとがめられて周瑜のもとを逃げだした際に、偶然(棒)めぐり合った龐統ホウ統)を曹操のもとに連れ帰った。

龐統ホウ統)は、曹操に対して船同士を鎖でつなぐ連環の計を進言し、水上の要塞化することで兵士たちの病気がおさえられるようになったと喜んだ曹操だったが、実はこれも周瑜の策だった。

火計で曹操軍を船ごと焼き払おうと考えていた周瑜だったが、さらに効果的にする方法に苦慮していた際に龐統ホウ統)と出会い、連環の計を曹操にすすめるためにわざと蒋幹を逃げ出すように仕向けたのだった。

結果、鎖でつながれた曹操軍の船は、赤壁の戦いにおいて軍の火計により、残にも焼き払われ、蒋幹は結果的に周瑜サポートしてしまったのだった。ピエロだねぇ・・・

その後は蒋幹は登場しないが、「三国志話」では赤壁の戦いの敗走の際に、敗戦の責任を問われて曹操軍の兵に殺されている。 

その他「蒋幹」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照exit

関連動画

 

関連データ

コーエー三國志シリーズにおける蒋幹の力一覧。

統率 政治 身体 運勢
三國志 16 73 18 78 43
三國志II
三國志III
三國志IV 31 22 68 26 13
三國志V 13 67 39 39
三國志VI 19 20 70 19 42
三國志VII 18 68 63 51
三國志VIII 17 66 62 44
三國志IX 8 7 67 63
三國志X 9 7 69 62 47
三國志11 9 6 65 64 47

関連商品

関連コミュニティ


関連項目

関連人物

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%92%8B%E5%B9%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

蒋幹

1 ななしのよっしん
2015/01/07(水) 12:06:19 ID: Q3NrAR4fQo
蒋幹を召喚
2 ななしのよっしん
2019/04/30(火) 16:57:13 ID: 303A5OvpAi
6の幹がまさにな件